fc2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
先週、空いている日を訪ねるメッセージを入れたら、月曜が空いているという。会社帰りに「新橋鶴八」訪問。

席には最初からビールグラスがセットされているのだが、冷酒を所望。最初は福井の酒「白龍」。すっきりした純米酒だが旨味がある。

珍しく最初にカツオを切ってきた。「皮目は炙りたてで、白龍にも合いますよ」というのだが、よく考えてみると、隣の客に出すついでなのであった(笑) 

大常連O氏がカウンタに居る時は、大体長居してなかなか注文しないので、他の客がタコなど注文するとついでに切って「はい、ご注文のタコです」などと勝手にO氏に出しているから、同じような仕事。私は別に放っておいてくれても、自分の好みでどんどん注文するけどねえ。

最初に味の濃いカツオは順番としてどうかと思うけれども、身肉には初夏の爽やかさ。皮目が香ばしい。

アオリイカは皮目に細かく包丁を入れて。ねっとりした甘さあり。アワビ塩蒸しは鶴八系独特の仕事。身肉の歯ごたえと香りがよい。

あれこれ近況を話していると、最近、あまりブログ更新してないじゃないですかと。うるさいなあ(笑)

ニュー新橋ビルにも変化があり、とある会社がデベロッパーから降りたので、建て替え計画が一旦延期になり、この店の賃貸契約も最近延長したのだとか。しばらく同じ場所で営業できる訳で、なかなか結構な話。

まあこのビルは、元闇市だった場所に建っており、土地や建物の権利関係が複雑に錯綜していると聞く。中国系マッサージのうるさそうな店子も多くて、建て替えするから出て行けなどと言うと、バリケード張って抵抗するかもしれないな。新橋の魔窟、九龍城の再開発はなかなか大変だろう。

鶴八系の暖簾は今後どうなるのかなどの話もあれこれ。まあこればっかりはね。分らんね(笑)

お酒は、高尾の天狗、七賢とお代わりを貰って。つまみは続いてカレイ。タコは柔らかく旨味がある。漬け込みのシャコもつまみで。種札を見るとアナゴが無いのだが、いつも入れている対馬産に良いものが無いのだとか。

適当な所で握りに。カレイ昆布〆、コハダ、アジ、赤貝だったかな。酢飯はふっくらと米の旨味があっていつも通り旨い。ただ握りの大きさは、以前から大きかったものの、以前と比べて更に更に大きくなった気がする。4つくらいしか食えないなあ。マグロは出ただろうか。ちょっと記憶にないのだった。


スポンサーサイト



神保町「鶴八」訪問。
6月の神保町「鶴八」訪問。当日電話で席確保。

早い時間に入ってみると既にカウンタの先客と親方が運転免許返納の話盛り上がっている。運転にはまだまだ自信があるが、万一の事故があっても困るから返納するのだとか。高齢者運転の話をしていると石丸親方が、クリント・イーストウッドが麻薬を運ぶ映画が面白かったと。「運び屋」ですな。

お酒は〆張鶴の冷酒。お通しはホタルイカ。

親方は大相撲五月場所中日に桝席を取って観に行ったそうだが、ここの出方は真面目で酒は人数分1杯だけの規則をきちんと守っていたとのこと。ちゃんとした相撲茶屋もあるんだな。しかし、桝席は前のほうに行く程、客の民度は低く柄が悪くなるからなあ(笑)金は持ってそうなんだけれども。

白身はマコカレイ。もうヒラメよりもカレイのほうがずっと良いと親方。アワビ塩蒸しは適度な歯応えを残し香りが良い。トリ貝も立派。舞鶴との事。アジもふっくらとして脂が乗る。「美味いでしょう」と親方が笑う。小柱もつまみで。

お酒を切り上げ、お茶を貰って握りに。まず中トロ2。コハダも2。もう大型なのだが脂は乗ってネットリした旨味。「鶴八」の仕事。アナゴ2。軽く炙って脂を溶かす。これまたトロトロで口中で溶け崩れる。最後は「鶴八最後の弟子」君が巻くカンピョウ巻で〆。

神保町辺りは薄暮の風情も良い。勘定を済ませて、のんびりと地下鉄の駅まで。



「新ばし しみづ」訪問。
5月最後の土曜日は「新ばし しみづ」。結構久々。5月は大相撲にも行ってたからなあ。

運動がてら歩いていったので、結構蒸し暑く感じる。お酒は何時もの常温ではなく冷たいのを所望。お通しはシラスおろし。つまみはいつも通り見計らっておまかせで供される。清水親方と近況など雑談しながら。

白身はもうカレイに。イサキがあるのも珍しい。夏の魚だが脂がネットリ良く乗っており、特に湯引きした皮目が美味い。

タコは大変立派なもの。スミイカは細切りで。アワビ塩蒸しは肝も添えて。カウンタ奥の客が、「アワビが旨すぎてまるでカマボコのようだ」としきりに繰り返すのだが、カマボコってそんなに美味かったっけ。この人の中では「しみづ」が大赤字で出している立派なアワビの塩蒸しよりも、どこかのカマボコのほうが上位にあるんだなあと心底ビックリ。世の中は広い。まあ、モノの味は好き好きだが。

カツオは生姜醤油で。爽やかな夏の香り。トリ貝はもう随分と身が厚くなった。小柱もつまみで。ホタルイカは沖漬けとオリーブ漬けと両方が供される。そろそろシーズンも終わりだろうか。アジは肉厚。脂がネットリと乗ってきた。

ウニは赤と白と二種類を食べ比べ。この辺りでつまみ終了。お茶をおらって握りに。

握りはまず、中トロ2。筋を外してある剥がしの部位。普段は取れない場所だとか。口中でネットリと旨味が溶け出す。コハダが1。イワシは酢〆の仕事で脂が蕩けるよう。アナゴはトロトロで塩で1、ツメで1。最後はカンピョウ巻半分で〆。いやあ美味かった。

「P.M.9」に寄って食後の一杯。ジンのドライ・マティーニ。その後、ブランデーかと思うほど濃厚なウィスキーを一杯。あれ、何か濃いなと思ったら度数55度だそうで。しかし芳醇な香りを楽しみながらチビチビと。結構酒が回ってタクシー帰宅。


銀座「鮨 み富」訪問。
先週の火曜日は、久々に出社。在宅の時は食事で外に出るのも億劫になりがちだが、出社すると、さて帰りは何処かで一杯やるかと言う気になって気晴らしによい。

当日電話したら空いているというので、銀座「鮨 み富」のカウンタを予約。電話と取った女性から「握るのは何時もの三橋ではありませんが」と念を押されたが、火曜日につけ台に立つのは三橋親方の新富寿司での兄弟子である三井さんである事は前から知っている。一度火曜日に訪問しようと思っていたのだが、今まで不思議に火曜に訪問した事がなかった。

夕方早い時間に店に入って窓際のカウンタに。三井さんとはこの店で何度も仕込み場から顔を出した時に挨拶しているが、つけ場に立っているのを見るのは銀座「新富寿司」以来。だとするとずいぶん前だ。三井さんは身体をちょっと壊し、父親の介護もあって店を上がったのだが、体調も戻り、退店後も連絡を取り合っていた弟弟子になる三橋親方に、早く新富辞めて独立して自分を雇ってくれと頼んでいた由。この店を出す時にも二人で物件を色々と見て回ったのだという。

お酒は、東力士 「酔夏」。スイカの絵がラベルにある口当たり良く爽やかな夏酒。

おまかせであれこれ切ってもらって雑談すると、自然に話題は昔の銀座「新富寿司」の事になる。夏になると店内が涼しくて好きだった。「つけ台の後ろも広かったし、カウンタ席の後ろも広々してましたよねえ」と三井さん。仕込み場も一人にひとつシンクがあって広かったし、店の奥の座敷も広かったらしい。昼から通しでやっており、何時行っても空いていたものなあ。社長が商売っ気無かった事もあれこれ喋ると面白い。

切ってもらったのは、まずマコカレイ。シマアジはぷるんとした舌触りがよい。トリ貝もなかなか身が厚い。小柱もつまみで。小口に切った海苔をパラッとかけて。小柱に海苔は良く合う。貝類では最近、閖上の赤貝は貝毒が出て出荷止めになっていると。

カツオもつまみで。爽やかな香り。ヤリイカはもう子は持っていないのだが、醤油で。小さいのを仲卸に寄って貰っているのだが、季節もそろそろ終わりだと。小さなゲソにはツメをかけて供する。漬け込みの蛤もつまみで。

三井さんは新富の時よりも太った様子。ちょっと前に怪我して休んだそうだが、長く頑張ってもらいたい。

この辺りでお茶を貰って握りに。

イサキと鯛は昆布締め。どちらも皮目に旨味あり。光り物でカスゴとアジ。カスゴの身はふっくら。白身を酢締めにする独特の旨さ。稚鮎も貰う。身肉は爽やかな香り。頭の酢漬けも別に供される。最後にカンピョウ巻で〆。ほろ酔い気分でタクシー帰宅。これから段々と出勤と外食を増やして行こう。


神保町「鶴八」訪問。
先週木曜は、打ち合わせの為出社。6月からは出社率をもっと上げて行く予定。当日電話すると、入れるとの事で夕方は神保町の「鶴八」に。

扉を開けると当日の一番乗り。

菊正以外の冷酒は、本日、越乃寒梅別選があると言うのでそれを。新潟のお酒が人気になる先駆けになったお酒だったなあ。伯父さんもこの酒が好きだったとしみじみ。

お通しはホタルイカ。もうすっかり身が太って濃厚な旨味が出ている。しばしカウンタは1人だったので親方と雑談。「しみづ」に行った時、斜め前に「焼き鳥 烏森 しみず」が出来ていた話をすると、「えっ、邦は焼き鳥もやり出したんですか?」と言うので、関係の無い店のようだと説明。女将さんはそういえば「しみづ」からそんな事を聞いた覚えがあるとの事。

まずヒラメを切ってもらう。身肉にはまだしっかりした旨味が乗る。今年のカレイはまだ小型が多いとの事。塩蒸しも身肉に弾力があり香りが良い。初カツオは初夏の爽やかな香り。「髪結新三」を思い出すなあ。大ぶりだがサッパリした旨味が良い。

トリ貝はもうかなり大ぶりな身。淡路の産。昔は淡路のトリ貝はあまり聞かなかったが、やはり海中の地質を改善したり種貝を入れたりして漁業者が努力しているのだろうか。

この辺りでお茶を貰って握りに。

中トロ2。コハダ2は鶴八伝来、ネットリした旨味あり。アナゴ2は軽く炙って温めるがトロトロ。お椀が出て、最後はカンピョウ巻で〆。何時もの物が何時ものように美味い。ホロ酔いで帰宅。

「新ばし しみづ」訪問。
先週金曜日は午後から出社。スーツにネクタイは堅苦しいけれども、やはり仕事に集中できる気がする。片付ける仕事を一覧にしておいたのだが、随分と捗った。

会社を出て予約しておいた「新ばし しみづ」に。烏森神社の参道を曲がると、「烏森 しみず」という新しい焼き鳥の店。前の古い店を壊して小さな店舗を建てていた場所。

入店して清水親方に「焼き鳥にも進出したの」と聞くと関係ない店だとか。しみづグループじゃないんだ(笑) しかしすぐ目と鼻の先に紛らわしい名前の店を出すのも如何なものか。「こっちは「新ばし」だし向こうは「烏森」、「づ」と「ず」も違うって言うんですよ」と清水親方も不満そう。口調からすると文句つけに行ったのでは(笑)

お酒は常温をもらって始めてもらう。お通しは、しらすおろし。

この前「新橋鶴八」で会った「祇園まつもと」の話とか。

つまみは見計らって出てくる。ヒラメ。今年は良くなるのが遅かった分、まだカレイよりも良いのだとか。スミイカは細切りで。トリ貝と青柳。蒸し牡蠣は甘みとネットリした旨味。トリ貝も牡蠣も淡路島の産だとか。種札には無いのだが。

ホタルイカと白魚のオリーブオイル和え。これも毎年春に出るが実に美味い。アジも脂はまだ薄いが、癖のない旨味。カスゴもつまみで。北寄貝紐は串に打って炙る。子持ちヤリイカは小型のものにツメをつけて。ウニでつまみ終了。

この辺りで握りに。まず中トロ2。コハダは1。珍しくイワシ。酢で〆てある。ネットリした旨味。ハマグリ1、穴子は1貫を塩とツメで半々に。最後はカンピョウ半分で〆。

勘定を済ませて外に出て、久しぶりに「PM9」。ジン・マティーニを一杯。その後、白州やスコッチなど貰ってすっかり酔いが回った。

「新橋鶴八」訪問。
3月大阪場所が始まる前の水曜日は「新橋鶴八」。空いていると五十嵐親方からSMSでメッセージがあったので予約。

店に入ると一番手前に「祇園 鮨まつもと」の松本親方。来ている事はメッセージで教えてもらっていた。「しみづ」で修行している頃から知っているが、会うのは実に久々。商売順調なようで結構ですな。

カウンタ奥に座ると隣は松本氏の奥さん。何度かお会いした事があるので、これまた実に久々ですねとご挨拶。なんでも宝塚歌劇団に入った娘さんが東京宝塚劇場に出演しているので、友人のご夫妻と遠征して見物してきたのだとか。宝塚も一度見て行ってくださいと勧められる。オッサンでも宝塚を見に行く人はいると聞くけれどもねえ。

娘さんのほうも上京した際に同僚とこの店に来た時に会った事があるのだが、スタイルは良いし背筋がピーンと伸びて、オーラがあったねえ。あれが宝塚仕込みという事なんだろうか。あれ、長々と何の話をしてるのだっけ(笑)

お酒はまず、七賢、そして亀泉。最後に高尾の天狗。前回の教訓でこの順番にした。

つまみは見計らって切られてくる。

まずヒラメ。大ぶりな身。ブリのような大きさのブロックから柵取りしているのはメジマグロ。白く脂が乗っている部分を供するのだが、脂はくどくはなくサッパリしている。ホタルイカもつまみで。濃厚な旨味が乗って来るにはもう少しかかるか。

サバはまだ生っぽさを残す浅い〆。「鶴八」「しみづ」は、もっと強めに〆ているが。トリ貝は兵庫だとか。まだ身は薄いが香りはちゃんとある。イワシは酢で〆ずに生で。脂が良く乗っている。アナゴ一夜干し塩焼きはこの店の名物。これも香ばしく脂が乗る。タコもつまみで。

「鮨 まつもと」御一行と合わせて出たので、何時もよりつまみを食べ過ぎたかもしれない。

握りはまず中トロ。マグロヅケ。ここのヅケは柵を湯引きして醤油につける古めの仕事だが、マグロの旨味が引き出されて酢飯との相性が実に良い。その酢飯は米の旨味が残る香り高い炊き具合。タイも握りで。コハダは鶴八伝来の仕事。ネットリした旨味あり。赤貝、漬け込みのハマグリで〆。この日は随分食べたなあ。

20220325203518ffd.jpeg

随分と日が経ったのだが、五十嵐親方に貰ったメモを頼りに記録。しかし解読にはちょっと時間を要した。


歌舞伎座、「三月大歌舞伎」第二部。河内山と芝浜
先週土曜日は、歌舞伎座。「三月大歌舞伎」第二部。

演目はまず、「天衣紛上野 河内山(こうちやま)」

最初にこの演目を見たのは海老蔵の河内山。いかにも昨日覚えましたと言う雰囲気のペラペラうわずった台詞廻しが気になって、何でこの演目が人気なのかよく分からなかったが、河内山という人物の胡散臭さだけは十分伝わった。

次に見たのは吉右衛門の河内山。実に機嫌よく、小悪党が悪漢の大名を策略にかけ金まで巻き上げて、最後に花道から「馬鹿め~!」と一喝して、豪快に笑って去るというラストに、この演目を見た庶民はさぞ痛快で溜飲が下がっただろうと得心がいって、実に面白かった。役者の力はエライもんですな。次に見た白鸚の河内山は、やや暗く屈折した人物造形に感じた。

今回の仁左衛門の河内山は、作品の人物が具現化するというよりも、仁左衛門の格好良さが全面に出てくるような出来。

講談を基に河竹黙阿弥が歌舞伎化した人気作品だが、演者によって作品の印象が違うのが面白い。

お数寄屋坊主(茶坊主)は、将軍屋敷の接待事の幹事などを務めるのだが、地位は高くないものの将軍直参の侍で、将軍などにも直接口を聞ける立場にあるのが強み。現代で言うと、セクハラ、パワハラを好き放題にやっている子会社の社長に、本社役員秘書室直属の秘書役がお灸を据えるといった所だろうか。

もちろん、河内山は決して単なる善人ではなく、その地位を利用して悪も働くのだが、強き悪を挫き弱者を助ける気概も持っている所が観客の心をつかむ。歌舞伎にはこんな愛嬌のある小悪党が結構多いなあ。

鴈治郎は、セクハラ。パワハラ、セ・パ両リーグ制覇の悪辣な大名を演じてなかなか印象的。河内山に最後に「馬鹿め~!」と一喝されるほうにも役者としての重みがいるのだが、きちんと成立している。歌六や新之助も印象的。

先週見た後に、仁左衛門は体調不良で、今週9日からこの「河内山」を休演。見ておいてよかったが、最後の出演日を見た人のTwitterによると、最後は花道を去らず、舞台上で「幕引け~い」と終わりになったとか。孝太郎ブログによると体調不良の原因は分からないので大学病院で検査したのだとか。ギックリ腰や膝の痛みとかではないんだな。心配だ。

次の演目は、「芝浜革財布(しばはまのかわざいふ)」

落語の「芝浜」を歌舞伎世話物にした演目。菊五郎が魚屋政五郎。時蔵の女房おたつとの掛け合いが夫婦の情愛を感じさせて実に良い。大金を拾ったと大宴会を開く長屋の面々も落語の歌舞伎化として、江戸の風が劇場に吹いてくるよう。気楽に見れて面白い演目。

「大金を拾ったのは夢だったんだよ」と女房に諭されて、改心して酒を断って一心に働き、稼ぐに追いつく貧乏無しを地で行って大きな店を持つに至った主人公が、実は本当に財布を拾っていたのだと女房に知らされるラスト。今日くらいは飲みなよと酒を進められて、「いや、よしとこう。また夢になるといけねえ」という落語のサゲは、落語では絶妙なのだが、舞台の切りに使うには確かに難しい。歌舞伎では最後の演出をちょっと変えている。しかし、これはこれで幸せな大団円。めでたしめでたし。

寺嶋眞秀は、楽屋落ちを交えた笑いを誘う場面で、小僧役を実に軽妙に演じて華がある。丑之助よりも人気が出ると、いつかは音羽屋のお家騒動になるのではと余計な心配が脳裏をよぎるな(笑) まあ、歌舞伎の襲名は、そんな騒動の歴史だものなあ。ま、知らんけど(笑)左團次さんも元気そうでよかった。


歌舞伎座「二月大歌舞伎」、第一部。
2月19日は歌舞伎座「二月大歌舞伎」第一部。すっかり記録を忘れていた。

202203031458464d7.jpeg

最初の演目は、「元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)」御浜御殿綱豊卿。

真山青果の科白劇。新歌舞伎の名作であるが、徳川綱豊卿は梅玉が襲名興行でも演じた当たり役。

浅野内匠頭が刃傷沙汰により切腹を賜り、忠臣蔵討ち入りの前。徳川綱豊卿の御浜御殿が舞台。莟玉演じる寵愛を受ける中臈お喜世は、かつて奉公していた浅野家から、お家再興を綱豊卿に口添えしてもらえないかとの書状を受け取る。莟玉は女形のなりで舞台に出ると、なんだか随分太って見えるな。

御台所からも同様の嘆願を受けている綱豊卿は浮かぬ顔。後の将軍になるほどの権力者であったから、将軍に上申すれば浅野家再興は容易な事ではあるが、自らが幕府での政治に巻き込まれる。なにより武士の心を知る綱豊卿は、赤穂浪士に深く心を寄せ、討ち入りをさせて本懐を遂げさせてやりたい。しかし浅野家再興が成れば討ち入りの義が失われる。原状回復が行われれば訴訟の利益が失われるような理屈であろうか。

庭の見物と称してやってきた、松緑演じるお喜世の兄、赤穂浪士の富森助右衛門は、実は討ち入り準備に吉良の顔を見聞するのが目的。綱豊卿は助右衛門と対面し、討ち入りの本心を確かめんとする。何があっても決して討ち入りの本心は明かさぬと固く決意した気骨ある一本気な侍と綱豊卿との鎬を削る真山青果独特の台詞劇。

知も情もあり、懐深い鷹揚な殿様を演じて、梅玉は素晴らしい出来。機嫌よく助右衛門を手玉に取って揺さぶりながら、本当は討ち入りするのであろうと問いただす。討ち入りの事を悟られまいと、剛直に本心を明かさない侍は松緑のニンに合ってこちらも梅玉に引けを取らない存在感。火を吐くようなせめぎ合いに満ちた息もつかせぬ重厚な台詞劇。

「わしがお家再興を嘆願すれば討ち入りは成らぬのだぞ」と言われて、ハッと気付き肩を震わせるも口は割らない助右衛門の強情っぷりは、ならばここで一人で吉良を討つべしと吉良を襲う直情径行に結びつく。しかし、吉良に扮してその短慮を咎め、殺すだけが目的ではなく、武士の義をつらぬいて仇討ちの時を待つのだと綱豊卿が諌める大詰め。この能舞台背面の場も実に印象的。新歌舞伎の名作。

次の演目は、「石橋(しゃっきょう)」

能の「石橋」に題材を取った歌舞伎舞踊。獅子の精は、元々、錦之助、鷹之資、左近であったが、鷹之資がコロナで休演。2名での上演。左近の踊りはメリハリが効いており、要所要所で空手の型の如く、ピシリピシリと決まる。随分と稽古しているものと見える。このままずっと歌舞伎の道を歩むだろうか。錦之助も奮闘。歌舞伎役者は体力勝負だなあ。


神保町「鶴八」、本年初の訪問
先週金曜日は、神保町「鶴八」。今年初めて。

20220302221644541 (1)

扉を開けるとまだカウンタには誰もいない。しばしのんびりと親方や女将さんと雑談しながら。2月の最初の2週間は、蔓延防止も出て店もお休みした由。現状のマンボウ下では、会社関係の会食がなかなか戻らないよなあ、きっと。

お酒は銘柄失念するも生酒原酒。17%。普通の酒より少々度数が高い。新酒の時期なんだなあ。しばしするともう1名お客さんが入店してきたが、この日はあと1名入っただけ。随分と静かな日であった。

親方ご夫妻は来週ワクチン3度目の接種。前回副反応あったので念の為当日は店を休むとのこと。親方が薬を飲み忘れたと女将さんが指導するので、生活習慣病の薬の事などで妙に盛り上がる。私もそんな話題にちゃんとついて行けるような年齢になってきた。少年老い易く学成り難し。まあ学問の道には進んでないが(笑)

お通しはハマグリ小柱のづけ。つまみでまず、ヒラメ。大ぶりで身の活かった感じがよく深い旨味がある。塩蒸しもつマミで。滋味ある香り。サヨリは閂のサイズ。そろそろシーズンも終盤か。皮は串に巻いて炙って供される。この香りが実によい。漬け込みのハマグリもつまみで。肝臓に良い気がする(笑)

春の寿司種について親方と雑談。桜鯛なんて言うのは産卵で沿岸に来るから捕れやすいだけで、身の本当の旨味は卵に取られているとのこと。3月はやはり初カツオが、脂は無いものの爽やかな香りでよい。ミルや鳥貝などの貝類も旬だが、寿司種で真の意味で美味いものは春にはあんまり無いなあ。美味い物はやはり冬場だよねと石丸親方の弁。

握りは、中トロ2。コハダ2。酢飯は米の旨味を残した硬めの炊きあがり。コハダはもうナカズミの大きさで半身づけだが、ネットリした身の旨味が素晴らしい。アナゴもふんわりと煮上がった所にコクのあるツメ。最後はカンピョウ巻で〆。のんびりと親方や女将さんと雑談しながら、何時もの物だけ頼んで、それが何時もの通り美味い。東へ西へと新しい店を開拓する気はもう無くなってしまった。いつもの店のカウンタに座るこの幸せ。