97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座、四月大歌舞伎夜の部
土曜日は、歌舞伎座、四月大歌舞伎夜の部に。一階七列目だったのだが、前の席とその右がずっと来ないという実に見やすい環境。前の昼の部は、右前にとんでもなく座高が高い和装女性が座って往生したから、観劇の神様も帳尻合わせてくれたか(笑)

2017041613375178a.jpg 20170416133809c76.jpg

最初は、近松門左衛門作の時代物人形浄瑠璃から由来の演目。「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」土佐将監閑居の場。傾城も反魂香も出て来ない段だけを切り取って上演するのだが、題名はケロっと「傾城反魂香」というのが歌舞伎独特の豪快さ。

吃音者の絵師又平が主人公で、通称「吃又(どもまた)」。舞台の台詞でも「吃り(どもり)」という言葉が普通に使われるのも、古い芸能である歌舞伎独特の大らかさであり、また豪快さでもあるのだが、放送禁止用語なので、NHK「にっぽんの芸能」では放映できないよなあ(笑) イヤホンガイドでも、さすがに憚ったか、「吃り」という言葉は使われてはいなかった。

絵から外に出た虎を「書き消す」。手水鉢の後ろに描いた絵が石を貫通して表に「抜ける」など、絵画の持つ独特の呪術性を活かした演出。あの手水鉢は、いったいどんな仕組みになっていたのだろうか。なかなか興味がある。

浮世又平後に土佐又平光起を吉右衛門、その女房おとくを義理の息子である菊之助。筋書きでは吉右衛門が「若い女房が持てて幸せです」と冗談を言って居る。

吉右衛門は、弟弟子に先を越された無念と断腸の思い、言葉が思う通りに出ない苦悶や焦燥を、重みはあるが実に自然に演じている。菊之助の女房おとくは、亭主の吃音と対照的なポンポン良く回る台詞廻しで鮮やかな印象を残す。歌六の土佐将監は堂々たる貫禄。注進役の又五郎、狩野雅楽之助は短い出だが切れ良く演じて印象的。最後の大団円は、絵筆の持つ奇跡の力でハッピーエンド。

20170416133826b7e.jpg

ここで30分の幕間。花篭で「さくら御膳」で一杯。

次の演目は、山城屋、成駒屋三代が共演する「桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)」。いわゆる「帯屋」。

18世紀に実際に京都で起こった、親子ほど年の離れた男女の心中事件に題材を取った「桂川物」。この世話物浄瑠璃を歌舞伎に移した作品。帯屋の主人、長右衛門を藤十郎、恋仲になる14歳の信濃屋娘お半を孫の壱太郎が演じる。

藤十郎は最近、置物のような出演しか見たことがなかったが、花道から普通に出て来るし、舞台でも演技しているのに感心。座の中心に座ると、ちゃんと上方の柔らか味と存在感がある。夫をかばう女房お絹の健気さを、扇雀が印象的に演じる。憎々しげに義兄を追い出す算段をする弟儀兵衛は染五郎。上方役者の中で勝手分からぬままに孤軍奮闘という形であるが、軽妙さはあまり感じないものの、こんな役も立派に演じている。

死を覚悟して出てゆくお半を、自らも死を選ぶために長右衛門が追って花道を去る。長右衛門と心中の約束をしながら裏切られた藝妓が、あの世から若い女にとり憑いて呼んだのだという、和事風味の一種のスリラー的ラスト。

切りの演目は、三代猿之助四十八撰の内、「奴道成寺(やっこどうじょうじ)」

道成寺物は人気舞踊劇なだけに種々のバリエーションあり、これは白拍子花子が、実は狂言師左近という奴であったという趣向。最初に所化坊主が大勢出て、白拍子が求めに応じて次々と舞を披露するという趣向はどの作品にも共通する骨格。手ぬぐい撒きもあったが近くに飛んで来なくてよかった(笑) 

猿之助は舞踊が達者で、この演目のしどころである三面の舞も賑やかに演じる。ただ、まあ、簡単そうに演じるが大変だなと思うものの、やんややんやの喝采を送るほど面白いとは思わないなあ。まあこれは私に舞踊を理解する素養が無いからだと思うのだが。

引き抜きやぶっかえしなどの派手な演出も印象的。紀伊の国、豪華な満面の桜を背景に、猿之助が鐘の上から舞台を睥睨して極まって賑やかにかつ盛大に打出し。

スポンサーサイト
歌舞伎座、四月大歌舞伎昼の部
日曜日は、歌舞伎座四月大歌舞伎、昼の部に。小雨が降っているので面倒になり、タクシーで歌舞伎座横まで乗りつける。

四月大歌舞伎は発売日をスッカラカンに失念しており1週間前に戻りで取った花道脇の席。

201704101538269db.jpg

花道の出入りは迫力あるけれども、舞台中央はちょっと遠いか。おまけに座高に底力ある着物姿の中年女性が斜め前の席だったので、役者が中央に立つと演技は見えない。まあこればっかりは運ですな。

最初の演目は、満開の桜が美しい舞踊劇、「醍醐の花見(だいごのはなみ)」。栄華の絶頂の秀吉が、京都醍醐寺に桜の樹を700本も各地から運ばせて、実際に開いた花見の大宴が題材。

前の日に桜を観に行ったこともあり、舞台に咲き誇る満開の桜はちょうど今の季節にピッタリ。鴈治郎は体型が福々しいから栄華を誇る役によく似合う。

秀吉の側室同士が恋のさや当てをしながら、次々に舞を披露するのだが、舞踊の最中も全員がゆるゆると酒を酌み交わすという祝宴の目出度い演出。しかし、最後の部分では秀吉の最期を暗示する、咲き誇る桜の陰には隠れた死のイメージが。実際の史実でもこの祝宴の後に秀吉は没したという。壱太郎、尾上右近がなかなか印象的。


30分の幕間は花篭で「花車膳」。

20170410153843a92.jpg

次の演目は、「伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)」

「追駈け」から出るのは珍しいらしいが、「地蔵前」と続くこの場面での隼人は、真面目さは伝わるが、可笑しさはあんまり伝わらない。この人は全体に動きがカクカクしている印象。以前何かで花道での大見得を見て、これが実に感心しなかった。その時よりも勿論進歩していると思うけれども、大男だけに軽妙な所はあんまり無いよなあ。

「油屋」「奥庭」の舞台装置は、以前、勘九郎、玉三郎で観た際には、祝祭都市伊勢の過去の栄華を納得させる豪華絢爛な印象だったが、前の舞台装置もあんなだったっけ。なんだかそんなに煌びやかに見えないのだが。桃色の暖簾は記憶にあるけれども。

染五郎はこの手の役にはよく合っている。猿之助は、仲居万野のネチネチ嫌味な所を鮮やかに演じる。上手いもんだね。油屋お紺を演じる梅枝は、いまいち印象が薄く、縁切りの場面でも、なにかサラサラと終わってしまった。私が睡魔に襲われていたのかな(笑)

20分の幕間の後で、時代物の人気狂言、「一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)熊谷陣屋」。結構登場人物が多い世話物の後に、時代物の重たいのを持ってくるというのもちょっと見物には疲れる印象。

そもそもが一の谷の合戦の頃の源平の話だし、熊谷直実の陣屋は神戸の現在の生田神社辺りというから神戸出身としては親近感が沸く。背景は六甲山系だなと思ったり(まあ全然そんな感じではないのだが)

やはり何度も演じられた名作だけあって筋は良くできている。「一枝を切れば一指を切るべし」という制札一枚で主君の真意を「忖度して」(←最近また流行ってますなw)忠義のために敦盛を助け自らの子供を手にかける悲劇。日本人は昔から「忖度」が得意。勿論史実とは違うけれども昔の人形浄瑠璃作者は、このフィクションを源平の戦いに持ち込むことで、悲劇が交錯する壮大な物語を作り上げた。

集まった町人が制札を読むのはいつもの段どりだが、「弥陀六が来ている」だのどうだと言うのは初めて聞いた気がする。

何度も手掛けているだけあって、熊谷直実は、幸四郎が手慣れたもの。猿之助はここでも熊谷妻相模を熱演。一門も率いて、宙乗りもやって、女役の大役もこなすというのは実に大変だろう。女形一本でもいけるのではとも思うが、なかなか事情が許さんのでしょうな。女形で宙乗りというのもあんまり例がないだろうし(笑)

藤の方、高麗蔵も高貴さがあり相模との格の差を見せて無難に成立。染五郎の義経も似合っている。御曹司はよいよねえ。弥陀六の左團次も掌中に納めた本役。義経を昔助けたことによって平家の滅亡を招いてしまった後悔がよく分かる円熟。

熊谷最後の花道では、「高麗屋!」の大向うが嵐のよう。ただ「大当たり!」という調子乗りがいたが、あれは余計なんじゃないかな。「たっぷり!」というのも本来はかけるべきではないと聞く。まあ、大向こうは調子に乗ると失敗するのだろうなあ。

しかし、あんなに大向こうから声がかかったら、それはやはり気分が宜しくなって、さすがの幸四郎もやり過ぎるのでしょうな。大仰な泣き顔はちょっとクサいほどにくどかったかも。前回観た芝翫型が割とアッサリした切りであるから余計に花道が目立つのかな。

そういえば、大向うの中に、「鶏爺さん」が復活したような声を聞く。しかし人間、あれほど声の張りと声量が回復するものだろうか。やはり、若い世代の別人、「二代目鶏爺さん」なのだろうか。まあ、元より私も素人であるから、大向うの事情はサッパリ分からないのだが(笑)



赤坂大歌舞伎 「夢幻恋双紙 赤目転生」を観た。
土曜日の夜は「赤坂大歌舞伎」を見物に。TBS赤坂サカス辺りは出来てから初めて来た。天候はよろしくないが、桜があちこちで満開。

201704091935203e1.jpg 20170409193542307.jpg

会場は赤坂ACTシアター。付近は建物が入り組んでおり、何故かやたらに行列している人が多く、最初は違う列に並びかけた。

20170409193557766.jpg 20170409193614cf8.jpg

劇場は割とこじんまりとしている。中村座の定式幕。設備も新しく綺麗だが、椅子は席間も狭くちょっと貧弱な印象あり、歌舞伎座の座席は素晴らしいなあと再認識。

演目は、蓬莱竜太 作・演出の新作歌舞伎「夢幻恋双紙(ゆめまぼろしかこいぞうし) 赤目の転生(あかめのてんせい)」

江戸時代の貧乏長屋に住む太郎(勘九郎)は、隣に越してきた貧乏一家の歌(七之助)に恋をする。病に伏せる父親と、与太者の兄に苦労する彼女を救いたいと夫婦になった太郎は、実は気が弱く、言い訳ばかりでやる気もなく、仕事をやっても続かないダメ男。どんどん転落してゆく太郎と歌の前に歌の兄が現れ、太郎は殺される。しかし太郎が意識を取り戻すと、彼は歌と初めて出会った子供時代に戻っていた。

それ以降も太郎は転生輪廻を繰り返す。勝ち気で上昇欲と支配欲の強い男、誰にでも好かれる他人思いの控え目な男。しかし何故か歌との関係はいつも上手く行かずに彼は転生を繰り返すことになる。勘九郎は違ったキャラクターの男を見事に演じ分ける。七之助と勘九郎の息もピッタリ。猿弥、鶴松、いてうも活き活きと幼馴染の友人たちを演じる。

舞台の背景は江戸世話物。登場人物の拵えも江戸世話物。切り絵調の舞台美術は斬新。回り舞台や花道は無いのだが、建物の方が別々に動かされて組み合わされたり、客席から観客が登場するなどの趣向が目新しい。病に苦しむ父親の横で七之助が衣装を何枚か脱いで行くだけで、時間の経過と生活の転落ぶりを現す演出にも感心した。歌舞伎の立廻りや肝心な見得で打たれる「ツケ」についてはちゃんとあって、やはり歌舞伎だなあ、と満足した。

一瞬下座音楽風の三味線が鳴ったが、基本的にバックグラウンドはピアノで。嵐の雨などは現代的な効果音が録音で流れる。それでも随所に歌舞伎らしさが散りばめられた、一種のパラレルワールド、あるいはタイム・パラドックス物。

そして最後に観客は、歌と兄の関係性の本質、兄源乃助が何故眼帯をしており、太郎を執拗に殺しに来るのか、赤目を巡って運命の輪が回る転生輪廻の真相を目の当たりにする事になる。エンディングがオープニングへとループする実に印象的な演出。

赤目と共に回る因果と転生に、「バタフライ・エフェクト」も思い出した。新作歌舞伎というのは、歌舞伎であって狭義の伝統歌舞伎ではない。しかし何事も受け入れるという根本の進取の精神において、やはり歌舞伎の本質を受け継いでいるのだった。歌舞伎好きでなくてもまったく問題無く楽しめる劇でもある。

終演しても観客は通常の演劇のように当たり前のように帰らず、拍手を続け、カーテンコールは3回あったかな。しかし、大向うは無かった。無くてもまったく違和感は無かった。まあ新作だと要らない気もするよねえ。




歌舞伎座、「三月大歌舞伎」昼の部を
土曜日は歌舞伎座で「三月大歌舞伎」昼の部を観劇。

031101.jpg 0311002.jpg

ここしか取れなかったが、席は若干前過ぎたかな。

歌舞伎座では開演前に売店でスパークリングワインを一杯やる習慣。ただ本日は飲み疲れもあり生ビールにしようと思案しつつ店頭へ。しかし注文する前に既に売店の美人のおねいさんがスパークリングワインを注ぐ態勢に入っている。「あ、あ、スパークリングワイン」と初志貫徹しない情けない注文w 寿司屋でも、今日は飲むまいと思っても、「常温ですね」と酒が自動的に出て来る。覚えてもらうと言う事は、自由が制限されることでもあるんだなあ。

まず真山青果作の新歌舞伎「明君行状記(めいくんぎょうじょうき)」。歌舞伎座では16年前に同じ梅玉主演で出ているが、久々の公演。

亀三郎も大奮闘。梅玉の池田光政は、陽明学者として学問ばかりの大人しい高潔の士という雰囲気で出るのかと思ったら、割とくだけた感じのざっくばらんな殿様。しかし人間の大きさがあり、若い者の血気に逸り過ぎた自分への疑念を爽やかに受けとめて、見事な裁きで放り投げるという機知と教養溢れる人物の豪快さを存分に見せる。

真山青果の新歌舞伎らしい、火を吐くような台詞の休みない応酬が特徴的。梅玉は人物としてはしっかり成立していたが、台詞が多いためか結構トチっていた。口跡が明瞭であるため逆にトチリが目立つとも言える。吉右衛門ならムニャムニャ言って切り抜けるし、幸四郎なら妙な声色でごまかすと思うけれども(笑)

ただ、座組みとしては、横綱大関が居ない相撲の巡業のような地味さが感じられるもの。まあ、こればかりはあれこれ配役の都合があるだろうから仕方ないか。

関係無いが、最近は鶏爺さんの大向こうを聞いてない気がする。顔も知らないが、聞こえないとなると元気なんだろうかと気になるな。

30分の幕間がここで。花篭で「さくら御膳」。

0311003.jpg

次の演目は、「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」より、渡海屋・大物浦の段。いわゆる「碇知盛」。渡海屋銀平実は新中納言知盛を仁左衛門。源義経を梅玉。この人はやはり義経役に座りが良い。女房お柳実は典侍の局が時蔵。典侍の局になってからが実に高貴な雰囲気が出てよろしい。安徳帝は、去年の染五郎「碇知盛」でも当時まだ武田タケルだった市川右近が演じていたっけ。

昨年の歌舞伎座の染五郎でも観たが、仁左衛門は生まれついての立ち役というか、知盛は大きく輪郭がクッキリしており圧巻の迫力。演出としては物語が分かりやすい。義太夫狂言で分かりやすいのが良いかどうかはまた難しい問題かもしれないが。

うちの主人は天候観るのが得意でと女房が語る部分は、義経主従を騙してこれから嵐になろうとする日に出港させ、それに乗じて船を襲う算段であったという部分は、今回初めて理解した。なぜか染五郎の時は分からなかったな。イヤホンガイドが教えてくれなかったからか(笑)

渡海屋奥座敷、注進に来た家来たちが伝える戦の劣勢と、沖の船から明かりが次々と消えて行くのを見て、知盛の奇襲が失敗した事を知り、平家の女官達が驚愕し慄いて泣く場面は、歌舞伎の様式的な美に満ちて印象的に成立している。

西国に落ち延びる義経の船が嵐に会い、平家の亡霊のせいだと言われた噂。戯作者はここに、史実では、壇ノ浦で平家滅亡と共に死んだ平知盛と安徳帝が実は生き延びていたと言う虚構を巧みに持ち込んだ。

復讐の鬼となった知盛は、最後には父清盛の悪行を振り返り、昨日の敵は今日の味方と、安徳亭を義経に託し納得して死んでゆくのだが、壇ノ浦で平家を滅ぼした大殊勲の義経さえも、今や頼朝と不仲になり落ち延びる身。運命の輪が巡る歴史の無常の中に、虚構を見事に挿入した悲劇。

切りの演目は、十世坂東三津五郎三回忌追善狂言。

0311928.jpg

「神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきょくまり)」 いわゆる「どんつく」

舞踊劇だが全面に出て狂言回しの役をする、荷持どんつくを三津五郎の長男巳之助。親方鶴太夫を松緑。どちらも踊りの流派の家元であるから、舞踊は流暢であるが、神楽というのは歌舞伎の舞踊とはまた違って結構大変なのでは。。海老蔵は、夜の助六だけだと誤解していたが、この「どんつく」にも、大して見せ場ないものの、若旦那役で出演。「助六」は夜の部切りであるが、これがあるから昼の興業にも来なければならない。人気あるからと楽してサボらず、役者として精勤せよとの松竹のメッセージであろうか(笑)。

松緑が毬を使った大道芸を見せるのだが、この日は調子が悪かったか、「アレ?」っとやたらに毬を落として、逆に観客が沸く。あれはしかし確かに本職の大道芸人でも無いのだから難しいだろうなあw

彌十郎、團蔵、時蔵、魁春、彦三郎、菊五郎、尾上右近。大御所も花形も、「どんつくどんつくどんつくどんつくどどんがどん」とみんな楽しそうに賑やかに踊って面白かったのだが、床机に座って出番を待つ時の肝心の巳之助は、あんまり楽しそうではなかったのが少しだけ気になった。親父の面影でも脳裏をよぎっただろうか。江戸の風俗を偲ぶ舞踊劇。

打出し後、地下のロッカーから荷物を出して東京駅まで。大丸地下で弁当を買って新大阪行きの新幹線に乗り込む。大阪エディオン・アリーナで開催される大相撲三月場所初日の観戦が翌日に控えているのだった。忙しい(笑)

歌舞伎座三月大歌舞伎、夜の部
土曜日の夜は、歌舞伎座三月大歌舞伎夜の部に。

qwe111.jpg

昼の部の終了が遅いこともあるが、夜の部はほぼ満席で、入口はごった返している。

最初の演目は、「双蝶々曲輪日記 引窓(ひきまど)」。人形浄瑠璃から歌舞伎化された狂言だが、その八段目。二段目「角力場」は前にも歌舞伎座で観た。

相撲取りの濡髪長五郎は「角力場」にも登場していたが、今回は彌十郎が演じる。役者が大柄であるから、相撲取り姿がよく似あう。義理立てから止むなく人を殺めてお尋ね者となり、今生の別れに昔、養子に行かされて別れた実の母親を訪ねてくる。そして、その母は再婚し、相手の先妻の子である南方十次兵衛(幸四郎)が村の役人に取り立てられ、濡髪長五郎を捜索しているという状況。

実の息子を逃がしたい、しかし昔の忠孝の常識では義理の息子こそ立てねばならない。板ばさみになった母親の葛藤。そして、義理の母親の苦しい心を察知して、濡髪を逃がしてやろうとする十次兵衛の思いやりが、引き窓を小道具に交錯する。派手な動きは無く、主役が引き立っているとは言い難いが、台詞劇としてなかなか印象的に成立している。十次兵衛の女房役魁春が、義理の母親を立てなければという心情に溢れる。

ここで15分の幕間を経て、「けいせい浜真砂(けいせいはまのまさご)」

石川五右衛門を主人公にした歌舞伎狂言も多いが、主人公を女に変えた女五右衛門物、長編の「けいせい浜真砂」から「南禅寺山門の場」だけを上演。

上演わずか10分。浅黄幕が切り落とされると豪華な山門。藤十郎は煌びやかな衣装が見所。あとは山門がせり上がり、仁左衛門が出て来て、それで幕となる。上演わずか10分。藤十郎はこの10分の為だけの歌舞伎座出演。贅沢なもんですな(笑) 仁左衛門は、昼の部が「義経千本桜」で終わった後、この10分の為にだけ、「どんつく」、昼と夜の入れ替え、「引窓」と、3時間以上も待っていることになるのだから、歌舞伎役者も大変だ。海老蔵は、夜の部「助六」出演のみで、夕方に歌舞伎座入る前までは子供と朝飯食べたり歯医者行ったりメンテに行ったり、ブログをせっせと更新する余裕すらあるみたいだけど。

ここで30分の幕間。三階花篭にて「さくら御膳」を。ホタルイカや飯蛸、桜餅など春の彩り。

qwe115.jpg

さて、最後の演目は、本日夜の部メイン、「河東節開曲三百年記念」と銘打った、「歌舞伎十八番の内 助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」

河東節は、成田屋が主演する「助六」の伴奏にしか使われない江戸発祥の三味線浄瑠璃。今では素人の旦那衆や奥方がやっており、助六が上映される時は、その時だけの「名取」となり、歌舞伎座の舞台でも交代で勤めるのだとか。確かに看板には当日の出演者が。「ぼたん」とあるのは海老蔵の妹。

qwe112.jpg qwe117.jpg

筋書きには当月の出演者一覧があり、大勢名前が挙がっているが、「ナイルさん」というのは、歌舞伎座向かいの「ナイル・レストラン」オーナーじゃないかな。

裃姿の右團次が口上を。この最初の口上も、成田屋が上演する助六にしかない伝統ある所縁の演出。

絢爛豪華な吉原を背景に、粋で洒脱で鉄火で女にモテモテ。江戸っ子の理想を体現したような花川戸助六が、「どうだ格好いいだろう」と大見得を切って舞台で活躍する。昔の江戸で人気であった曽我兄弟の設定も重ねて。

「出端(では)」と呼ばれる助六の登場は、幕が開いてから45分ほど経ってから。そして花道で延々と15分程、花川戸助六の男伊達と格好良さをたっぷりと舞台一面に振りまく。土曜は、西の桟敷と花道の間、いわゆる「ドブ」の4列目だったので、花道はもう手が届くほど。助六登場は実に迫力あり。ただ、意休さんやくわんぺらは遠かったが。

海老蔵にとっては何度も演じた助六。成田屋の御曹司に生まれなければ、若いうちから助六を主演することはまずなかろう。成田屋の成田屋による成田屋のための、当代の團十郎、あるいは海老蔵が劇の中心に屹立する煌びやかな一大プレゼンテーション。演者も多く、だからこそ、そんなに度々演じられる演目ではない。

海老蔵は、時として良い歌舞伎役者だとは思わない面もあるのだが、この花川戸助六に関しては、鼻筋がスッと通った見事な男伊達で台詞にもまったく上滑るような癖も無く、劇場全体を手の内に睥睨して、寸分の隙もなく煌めいている。成田屋の当代や御曹司が一番映えるように考えられた伝来の演目なのだから当然といえば当然か。

qwe113.jpg

江戸の昔、一日千両の金が動く場所というのは、歌舞伎と魚河岸、それに吉原くらいとイヤホンガイドで。お互いの世界は深い付き合いがあり、「助六」がかかる時は、今でも江戸紫の鉢巻を魚河岸の旦那衆から貰う仕来りに。さすがに最近は吉原も、江戸の昔ほどの一大遊興地ではなくなったから、こちらからは唐傘などは贈られないのだろう。もっとも浅草界隈の旦那衆とは、平成中村座や襲名のお練りなどもあり、今でも歌舞伎界とは結構付き合いがあるのだろうが。

江戸情緒に溢れた傾城達の揃い踏みが賑やか。華やかに次々登場。髭の意休は、元々ニンに合った左團次が手慣れた体で演じる。しかし、あれは床几に座ってずっと背を伸ばして役の大きさを見せねばならず、結構大変な役だ。

女形大役の三浦屋揚巻は雀右衛門が初役で。悪態の初音は、普段はおっとり上品な大夫でそんな事は決して言わないのだが、愛する間夫をけなされ、意を決して悪口をきくという風情が良い。ただ品格はあって立派に成立しているが、匂い立つような艶やかな色香には、ほんのちょっと欠けるか。まあこれは役者の個性というものかもしれないけれども。くわんぺら大王は達者な歌六。

福山かつぎの巳之助、国侍や奴、通人の股くぐりや楽屋落ちを散りばめたお笑い部分も、白酒売新兵衛を演じる御大菊五郎の和事風味もあって実に和やかに成立している。普通の狂言というよりも、一大祝祭としての成田屋宗家の「家の芸」。今度「助六」が歌舞伎座でかかるのは、海老蔵の團十郎襲名披露興行だろうか。 観れる内に観ておこうと、日曜の夜も「助六」だけ観に行ってしまった(笑)

qwe118.jpg


歌舞伎座、「猿若祭二月大歌舞伎」昼の部を観た
江戸歌舞伎390年を記念する歌舞伎座、「猿若祭二月大歌舞伎」昼の部に。

20170212125440f28.jpg 20170212125504690.jpg

歌舞伎そのものは、京の河原で出雲の阿国が始めた「歌舞伎おどり」が原型というのは良く知られた話。江戸歌舞伎は、初代猿若勘三郎が390年前に京から江戸に下り、官許を得て今の京橋辺りに「猿若座」を常設歌舞伎小屋として開設したのが始まりだとか。

猿若勘三郎が中村勘三郎の初代だが、血統は明治になって断絶して松竹創業者の預かりとなっており、これを時を経て襲名したのが十七世中村勘三郎。新歌舞伎座開場前に早世した十八世勘三郎を経て、中村屋の当代は勘九郎、七之助の兄弟。猿若祭は夜の部に勘九郎子息の初舞台もあり、昼の部も勘九郎、七之助が大活躍。

最初の演目は、「猿若江戸の初櫓(さるわかえどのはつやぐら)」

30年前の「猿若祭」が初演の舞踊劇。出雲の阿国と猿若勘三郎が一緒に江戸に下ってくるというフィクションを導入部に、猿若が官許を得て猿若座を設立するまでを華やかな舞踊と共に見せる。猿若は勘九郎が軽妙に、出雲の阿国は艶やかに七之助が演じ、彌十郎、鴈治郎が脇を固める。華やかかつ目出度く踊る江戸の風情が印象的。歌舞伎はやはり相撲と共に江戸の華ですな(笑)

20分の幕間を挟み、「大商蛭子島(おおあきないひるがこじま)」

歌舞伎が大いに発展した江戸天明期に江戸中村座で初演された演目で、長く埋もれていたが昭和37年に復活。しかしその後、昭和44年に初演と同じく二世松緑主演で再演されて以来上演が途絶えていたという珍しい演目。

頼朝が伊豆に蟄居して、手習いの師匠となり、しかも好色で習いに来る娘達に、妻の門前でもエロエロなちょっかいを出すというのが江戸の大らかな風情を感じさせて面白いが、歌舞伎お馴染みの「実は」の設定が、入り組んでしかも荒唐無稽な気がして、これが継続して上演されなかった一因でもあるのでは。しかし、髑髏や女房おふじの燃え上がる嫉妬の演出には奇妙なオカルト色もあり、なかなか興味深い。

当代松緑が、正木幸左衛門実は源頼朝を好演。好色な手習い師匠が、実は源氏の総大将であり、決起する覚悟をする最後の場面まで、なかなか印象的に成立している。勘九郎が地獄谷の清左衛門実は文覚上人、七之助が、おます実は政子を演じる。

嫉妬する古女房おふじは、時蔵が熟練の技で演じるが、糟糠の妻の門前で(源氏挙兵の為に北条氏の力を得なければいけないとはいえ)政子と祝言し、初枕を交わすために寝室に入る頼朝はとんでもないな(笑) まあ、これはこれで当時の観客は喜んだのだろうが。

しかし、なんだかんだあっても、最後は賑やかに頼朝挙兵となり、目出度し目出度しで幕というのが、おおらかな天明歌舞伎の趣。

20170212125535a74.jpg

30分の幕間に花篭で「猿若祭御膳」で一杯。

次の演目は、「四千両小判梅葉(しせんりょうこばんのうめのは)」。河竹黙阿弥が盗賊を描いた「白波物」。菊五郎が江戸城の御金蔵を襲う盗賊、野州無宿富蔵、梅玉が同じく盗みに加担する藤岡藤十郎。その他、菊五郎一座が出演する気楽な世話物。左團次が牢名主松島奥五郎を演じる江戸時代の牢屋風情は、黙阿弥が色々取材して盛り込んだらしいが、珍しくも実感があって面白かった。一種のピカレスク・ロマンだが、日常から離れた悪漢を描く物語は、古今東西を問わず、一種の「Sence of wonder」を刺激する。

最後の「扇獅子(おうぎじし)」は、石橋の舞台を江戸に移した清元舞踊。江戸の風情を背景に、鳶頭と芸者が機嫌よく踊る舞踊というのはあれこれあるが、どれも賑やかで切りにはよい。華やかに打出し。


歌舞伎座、「猿若祭二月大歌舞伎」夜の部
土曜日の午後は、歌舞伎座、「猿若祭二月大歌舞伎」夜の部を見物。

201702050740427aa.jpg

中村屋御曹司の初舞台とあって早い時期から夜の部は土日完売。平日も一階席は空き無しという販売状況が続いていたが、1週間ほど前にポロっと数席出た戻りを拾ったもの。しかしTVで報道されたからか、今では平日も夜の部は全席完売。席が拾えたのはラッキーだった。

前日に、録画していた「中村屋ファミリー5歳と3歳、兄弟初舞台SP」を観て予習済み。しかし、歌舞伎俳優の家に生まれるというのは大変な事ですな。

20170205074110305.jpg 20170205074127a15.jpg

祝い幕はゴシック調のフォント。普通はゲージツ系で有名な書家が書いたりするものと思って居たが、なんだかパワポのプレゼンのようで逆に新しい感じがする。初舞台を寿ぐ企画が劇場のあちこちに。

20170205074153add.jpg
2017020507421168d.jpg
20170205074229437.jpg
20170205074242b2a.jpg

最初の演目が、「門出二人桃太郎(かどんでふたりももたろう)」

御曹司達の親父である勘九郎もその弟の七之助も30年前にこの演目で初舞台。そしてその父である十八世勘三郎も、昭和34年に「桃太郎」で初舞台であったらしいから中村屋代々のお披露目演目。

勘九郎の長男と次男が、三代目中村勘太郎 二代目中村長三郎を名乗って兄弟桃太郎を演じる。幹部俳優から若手花形まで総出で舞台に出て、御曹司の門出を祝福する。3歳と5歳でこの大舞台を踏むというのは、まさに銀の匙をくわえて生まれて来た特別待遇だが、本当に役者の道を選ぶのかどうかについてはこれから思春期を経由して、様々な葛藤が生じてくるだろう。簡単な決断ではないが、折角生まれついて宝船に乗っているのであるから、盛大な航海の無事を祈りたい。

幼い兄弟が登場すると観客は万雷の拍手。幹部俳優が列座した口上も心温まるもの。この日は特に大きなトチリは無かった模様。梅玉は相変わらず面白い。初お目見得や初舞台、襲名披露というのは、何時観ても予定調和の目出度さが実に良い。

犬彦、猿彦、雉彦も軽妙に祝祭を盛り上げる。花道近くの席だったので桃太郎兄弟を間近で観れてなかなか面白かった。演目のせいなのか、1階席前方には子供連れの客が多し。これはこれで珍しいが、中村屋御曹司の同級生とかなのか。

25分の幕間の後、「絵本太功記(えほんたいこうき) 尼ヶ崎閑居の場」。いわゆる「太十」。

武智光秀を芝翫が。以前、吉右衛門で観た時は、登場の時の異形の迫力が素晴らしかったが、芝翫にはイマイチ迫力が無い気が。顔は大きいのだがなあ。

デップリ太ったガンジロはんが武智光秀の息子、悲劇の若武者という設定もちょっと。肉体ではなく芸を見るんだと言われればその通りではあるのだが、それにしてもねえ。

魁春、錦之助、孝太郎、鴈治郎、秀太郎と堅実かつ錚々たるメンツが揃っているのだが、観てさほどのカタルシスを感じないのは演目としてのストーリーがイマイチなのだろうか。時代物狂言として淘汰され、この段だけが生き残っているのだが。橋之助は最後にちょっと出るだけだが、声も朗々としてなかなか良かった。ガンジロはんの役やらせればよかったのに(笑)

20170205074258bb2.jpg

ここで30分の幕間。三階の花篭で「猿若祭御膳」。きび団子付き。しかし、6時40分から食事というのは若干遅い気がする。席に戻ると、空いている席も散見される。まあ最初の演目だけみて、遅くなるから帰る人もいるのか。子供連れは最後まで居れないか。

最後の演目は、「梅ごよみ(うめごよみ)」。向島三囲堤上の場より深川仲町裏河岸の場まで。最初の幕では花道にも水面を描いた敷物が引かれているが、船が花道を去って行くしかけ。江戸深川の情緒溢れる場面。

気楽な世話物だが、許嫁がいるにも関わらず芸者にも惚れられて、あっちにフラフラ、こっちにフラフラとモテモテの優男丹次郎を染五郎が演じる。全ての揉め事はこの人のフラフラが原因なのだが、染五郎はこんな役も上手くなかなか印象的に成立。丹次郎を挟んでいがみ合う恋敵の深川芸者、仇吉、米八を菊之助、勘九郎が。

菊之助花道の出は実に妖艶で美しい。諸事情あろうが、ずっと女形で行けばよいのになあと思わせる。勘九郎は先月も女形だったが、男勝りの辰巳芸者としてはきちんと成立。児太郎は素人の町娘がよく似合っている。

羽織を着て男名前、男勝りの気風が売り物であった辰巳芸者同士の鉄火なやり取りが実に小気味よく、最後は茶入れも戻って大団円。気分よく打出し。予定よりもだいぶ早めであった。

壽新春大歌舞伎、昼の部を観た
先週土曜日は、歌舞伎座で壽新春大歌舞伎、昼の部を観た。結構団体客が入ってるような。

20170117110423cab.jpg 201701171105301af.jpg


最初の演目は、「大政奉還百五十年」と銘打った、「将軍江戸を去る(しょうぐんえどをさる)」

江戸城明け渡しと征夷大将軍辞任を直前に控え、謹慎中ではあったものの、主戦論者の意見に傾いて行く徳川慶喜に染五郎、将軍を諌める山岡鉄太郎を愛之助が演じる。刀のつば競り合いで火花が散るような真山青果独特の会話劇。

「松浦の太鼓」の殿様よりも、こちらの徳川慶喜のほうが、まだ染五郎には合っている印象。尊王と勤皇の違い、水戸藩の心得違いを命を掛けて箴言する山岡鉄太郎というのは史実とは違うらしいが、愛之助が口跡良くなかなか印象的に演じる。

ここで将軍が辞さなければ、大勢の無辜の江戸の民が戦火の犠牲になることになる。そう説得されて江戸を去る決意をする徳川慶喜。オリバー・ストーン監督の「ニクソン」。ウォーターゲート事件で罷免に直面したニクソンは補佐官に最後の打開策が無いか尋ねる。「軍を使いますか? そうした大統領も過去には居ました」と進言され、「それでは内乱だ」とニクソンは大統領職を辞する決意を固める。そんなシーンも思い出した。

栄華を誇った徳川家の将軍が、東京の外れ千住橋から江戸を去ろうとする寂しい朝。江戸から東京に変わろうとする新しい時代の夜明けに、ひっそりと消えていった最後の将軍。なかなか印象的なお話。爺さまの俳優でやるとまた味があるかもなあ。

20170117110604481.jpg

30分の幕間で花車膳。花篭食堂も大混雑。ほうおう膳よりも軽めでお昼には結構。

二番目の演目は、「大津絵道成寺(おおつえどうじょうじ)」

「京鹿子娘道成寺」を本歌に派生した道成寺物、河竹黙阿弥作の舞踊劇。愛之助が五役を早変わりで演じる。

大津絵というのは仏教画で、そこに描かれた絵が題材で、藤娘も有名な題材なのだとか。見たことないから分からないなあ。舞台のほうは、本家の狂言同様、引き抜きの衣装替えなどもあるが、「早変わり」や「傘下の入れ替わり」、「見台抜け」、「御簾への飛び込み」など、歌舞伎ならではのギミック満載。最後は「押し戻し」で染五郎演じる矢の根の五郎が登場するなど、飽きさせない演出に満ちている。

愛之助演じる藤娘の女形は初めて観たが、目元もクッキリ、結構印象的に成立している。その他、早変わりで鷹匠、座頭、船頭、鬼を演じ分ける。

最後の演目は、伊賀越道中双六「沼津(ぬまづ)」

呉服屋十兵衛を演じる吉右衛門は、花道からの軽妙な出が良い。駄賃稼ぎに荷物持たせてくれと持ちかけてくる雲助平作の歌六も、滑稽ながら味のある演技。客席に下りて楽屋落ちを取り交ぜて観客を笑わせながら歩く様も良い。そして花道に戻り、怪我をした平作に、十兵衛が印篭から妙薬を取りだして塗ってやるとたちどころに治り、雀右衛門のお米と行き会って家に招くところから、既に悲劇の萌芽が始まっている。

貧乏なあばら屋の風情に雀右衛門のお米のクドキが可憐に映えて、歌六の親父も実に人情味があり、安定感がある。雲助平作が実の父であると気付いた吉衛門十兵衛の思い入れも胸に響く。

最後は先に旅立った十兵衛に父娘が追い付き、暗闇の千本松原での、親子の情と義がせめぎ合う悲劇となる。ここでも吉右衛門の親を思う悲嘆が見事に成立している。近松半二作、義太夫狂言の名作。円熟の名優揃いで実に見応えがあった。

歌舞伎座壽初春大歌舞伎、夜の部で本年初歌舞伎
先週末三連休の初日は、歌舞伎座、壽初春大歌舞伎、夜の部を観劇。

201701112032420f0.jpg

歌舞伎座もお正月の雰囲気。

20170111203410f73.jpg
2017011120343688a.jpg

最初の演目「井伊大老」は、以前、吉右衛門で観たが今回は幸四郎。御両人の実父白鴎の当たり役。しみじみした情感は、なんとなく吉右衛門の方が優っていたような印象もあるが、最初の幕、裃で屹立する井伊大老の幸四郎は威風堂々として威厳あり。足軽の娘だった昔から、何一つ変わらず井伊直弼をひたすらに愛し続けるお静の方を可憐に玉三郎が演じ、故郷彦根の酒を酌み交わす場面は圧巻。

屏風に書いた井伊直弼の字に剣難の相と死に向かう運命を見抜き、「一期一会」とだけ書き残して、一目も会わずに風のように去る禅の高僧、歌六演じる仙英禅師は格好良いですな。そして禅師の態度から、自分は日本の将来の為に、その礎となって死なねばならぬのだと天命を悟り、生まれ変わったら大老にはなるまいとお静の方に静かに語る井伊直弼。小品だが印象的な筋立て。

2017011120331803c.jpg

次の幕間では、花篭食堂で『ほうおう膳』を。ごく少量ながら紅白なます、いくら、数の子、黒豆など随所にお正月の雰囲気。まあ、雰囲気のものだから、ほんのちょっとで良いのだよね。

次は舞踊。五世中村富十郎七回忌追善で長男の鷹之資が踊る「越後獅子」。

20170111203346a6f.jpg

鷹之資は、筋書きの写真でも実に若い。孫でもおかしくない年格好だが、富十郎がエラく年取ってからの子供なんですな。調べると、中村鷹之資は平成11年4月11日生まれ。父親の5代目中村富十郎は、昭和04(1929)年06月04日生まれ。没が平成23(2011)年01月03日。70歳の時の子供。

梨園では血縁が物を言うが、逆に親父が早く亡くなって後ろ盾が無いと子供は大層な苦労をする。富十郎が亡くなった時には、まだ11歳の小学生。富十郎もこの世を去る時はさぞや心を残しただろう。しかし播磨屋が後見役になっているとのこと。七回忌追善で歌舞伎座の舞台に上がれて幸せな話。

「天王寺屋」という大向うは、普段あまり聞かないので珍しい気がするけれども、親父が亡くなって残された若者を応援する自然な気持ちは誰だって持っている。随分と大向うも賑やかにかかっており観客の拍手も盛大。荒波だが、頑張れよと観客は誰も分かっている。追善には良かった。舞踊も若々しく達者な印象。ただ、こう言ってはなんだが、華はあんまり無いのかなあ。

もっともこの舞踊は上下に分かれており、後半は玉三郎の「傾城」。まあ、好意的に考えれば鷹之資だけでは持ち切れないので、助っ人に強力な玉三郎を置いたとも言えるが、やはり玉三郎の存在感は素晴らしく、後から出て全てを浚って持って行くのだった(笑)

「傾城」の玉三郎は実に美しい。傾城と呼ばれる最上級の花魁は背高が条件で、当時でも五尺五寸、165センチあったとイアホンガイドで。江戸時代では、今で云うスーパーモデル級。高い履物もあるから花魁道中に出くわした慣れない人は口をポカーンと開けて魂消ただろう。まさに「籠釣瓶花街酔」の世界。

20分の幕間の後、切りの「松浦の太鼓」は染五郎。来年は幸四郎襲名であるから染五郎は今年限り。ラストスパートか最近は、実に出演演目も多く、まさに獅子奮迅の活躍。シンプルでカタルシスのある良い狂言。これも前に吉右衛門で観た。

ただ、染五郎は達者できちんと成立しているのだが、やはり若い俳優でやると松浦の殿様が若干「バカ殿」に見える。爺さまが演じると「なんで討ち入りしないんだ」という焦れた憤激が、赤穂浪士贔屓の江戸の雰囲気を伝え、物語に逆に興味深い陰影を与えるのであるが。

しかしどの演目も面白かった。新春初歌舞伎を楽しんだ一夜。

歌舞伎座、「十二月大歌舞伎」第一部「あらしのよるに」
先週土曜日は、歌舞伎座、、「十二月大歌舞伎」第一部に。

20161223111927cbd.jpg

獅童が主役を務める新作歌舞伎「あらしのよるに」。狼と山羊の友情を描いた絵本が原作だが、実に面白かった。獅童はまさしく獅子奮迅の大活躍。八月納涼歌舞伎「東海道中膝栗毛」で、ラスベガス支配人役の獅童を観て、
どの登場人物も派手で滑稽なのだが、ラスベガスの場面で登場する獅童の劇場支配人は特にテンション高く、「あんた正気ですか」と思うほどの壊れっぷりで爆笑した。あそこまで突き抜けると、演じてるほうも清々しいだろう(笑)さすが「ピンポン」の獅童。もっとも歌舞伎で他の役を演じる時の引き出しにはならないかなあ(笑)

と書いたものの、今回の「がぶ」役とは結構テンションの共通項あり。やはりちゃんと芸の引き出しになっていたのであった。歌舞伎は凄いね。真っ暗な嵐の夜、相手が捕食者である狼と知らずに仲良くなった相手役の山羊を松也が演じるのだが、これもなかなか印象的に成立していた。

20161223111944948.jpg

途中の幕間、花篭で「つきじ膳」。

絵本が原作だけあって観客に子供もちらほら。がぶとめいが客席に降りて練り歩く演出、A2ブロック6列目から客席の間を無理やり通って花道に上がって行くのだが、「こんなところにかわいいお花が咲いてるでやんすよ」とがぶが観客席に座った子供の頭を撫でる面白いアドリブ。

「山羊を食いたい」と狼の心情を語る浄瑠璃に向かって、「食わねえよ!」「お前、何を勝手に語ってるんだ!」と主役の獅童が舞台から突っ込み入れるなど、歌舞伎の約束事を踏襲しつつもそこからは敢えて踏み込んで行く面白い演出。後半では客席前方にも送風機を使って風が吹く。歌舞伎座前方では時折、本水がかかったり、煙管のタバコ臭やら着物に炊き込めた香などが漂ってきたりするものだが、映画の4DXのようだ(笑)歌舞伎の演出とケレンの妙も堪能した。実に面白い舞台。


歌舞伎座で、「十二月大歌舞伎」第三部を観た。
土曜日の夜は、歌舞伎座で「十二月大歌舞伎」第三部。玉三郎が若手を率いる舞踊中心の演目。

20161211194515218.jpg 2016121119453106e.jpg

しかし、昼に映画「この世界の片隅に」を観て、夜は歌舞伎座第三部というのは、何処がと言われても困るが、微妙に気分の切り替えが必要な気がするものだなあ。

最初の演目は「二人椀久(ににんわんきゅう)」。以前、歌舞伎座、玉三郎ー海老蔵で観た。

豪商椀屋久兵衛が傾城松山に入れ揚げた為、家督を取り上げられて座敷牢に幽閉されて狂死したというのは大阪で有名な実話であったらしいが、その久兵衛が牢から逃れでたのかあるいは全ては夢幻の中なのか、一夜だけ松山と再会して踊るという幻想的な舞踊劇。

定刻となり柝が入ってから、幕が開くまでやや時間あり。何かトラブルあったかな(笑)

踊るのは玉三郎と勘九郎。遊興に身を持ち崩した若旦那というのは、海老蔵には合うが、勘九郎には合わない気もするけれど、これは台詞も無い舞踊であるからして、勘九郎はカッチリと真面目に勤めてきちんと成立している。

玉三郎は主舞台セリの出から暗い舞台での幻想的な舞踊、スッポンからの引っ込みまで、実に妖艶でコケティッシュでもある傾城を演じて印象的。しかしまあ、正月に豆まきだと金銀を撒いたというほどの散財できる財産を持ちたいもんですな。座敷牢に幽閉は嫌だけど(笑)

20161211194547f6f.jpg

ここで35分の幕間。最近は襲名の舞台が続き「襲名御膳」ということになっていたので、「ほうおう膳」は久しぶりな気がする。夜の7時過ぎ、後の演目は舞踊の1時間だけであるから、寝る心配も無く日本酒も飲んでいい気分。

切りの演目は、「京鹿子娘五人道成寺(きょうかのこむすめごにんどうじょうじ)」。道行より鐘入りまで。

玉三郎が、勘九郎、七之助、梅枝、児太郎と4人の花形を白拍子として従え、自分は主役として、格の違う所を見せ美味しい所だけ全てさらって行く豪華絢爛かつ賑やかに行う宝塚レビューのような舞踊劇。総勢五人の「京鹿子娘道成寺」は興行初だとか。

最初の道行き、七之助が花道から出る時に「成駒屋ァ~!」と云う大向うが複数聞こえた気がしたんだけど、あれは空耳かな。それとも何か意味があってそう掛けてるんだろうか。時折、素人の私でも、アレ?屋号が違うんじゃないかと思う時があるけれども、あれも私の空耳か、あるいは何か訳があって今スポットライトが当たっている人以外に掛けたりする事があるんだろうか。大向うも奥が深いですな。何言ってるか元々分からない「鶏爺さん」はご愛嬌だけれども(笑)

勘九郎の女形は、意外にと言っては失礼だが美しく、一瞬アレ誰だっけと思うほどキチンと成立している。まあ親父も女形をやったし、母方の祖父先代芝翫は女形だったからなあ。

引き抜きであっと云う間に変わる壮麗な衣装。清純な娘ぶりから恋を知った妖艶さ、そして鐘を見つめる狂気を演じ分ける舞踊もそれぞれに面白い。七之助が花道で紅を拭った懐紙を客席にポイと投げたり、所化坊主達が手ぬぐいを客席に撒いたり、昔の小屋の人気興行を思わせる賑やかな趣向も面白い。元々があれこれ趣向があり、五人も白拍子がいると実に賑やかであっという間に大詰め。鐘に絡みつくような蛇身を模した5人の見得も、玉三郎を最上段に見事に決まった。

本筋には関係無いんだけど、恋焦がれた僧安珍が隠れた鐘を蛇に化し焼き尽くして殺した清姫を巡る道成寺物語は有名。歌舞伎の演目でも幾つものバリエーションを観たがそれぞれに面白い。しかし清純な清姫を狂わせた安珍は、若く美形で相当な破戒のエロ坊主だったんでしょうなあ、と余計な感慨が(笑)

打出しは8時45分頃。考えてみれば玉三郎の舞踊劇2本で幕間を除く実質上演時間は1時間40分。昼に観た映画「この世界の片隅に」が2時間6分だから、それよりもずっと短い時間で歌舞伎座の第三部が成立して、幕間で食堂も営業して、一等席が1万5千円。なかなか効率のよい営業なのでは。まあ二部制の興行は時として長過ぎる時があるけれども。


歌舞伎座「十二月大歌舞伎」第二部を観た。
先週、日曜の午後は歌舞伎座の「十二月大歌舞伎」第二部に。

2016120719141476f.jpg 20161207191442974.jpg

12月は、国立劇場も京都南座顔見世興行もあって、大幹部はあちこち分散。歌舞伎座は三部制。第一部は獅童の新作歌舞伎、第二部は中村屋兄弟に松也、中車が同座。第三部は玉三郎と中村屋。花形中心の座組なるものの、演目はバラエティに富んでいる。

20161207191459132.jpg

第二部は、開演が3時、終演が5時37分。途中25分の幕間なるも食堂の営業は無しと、時間が短くて良い。実は最初に第一部と第三部だけ取って第二部を忘れていたのだが、戻りで一階を押さえたのでとりあえず最初に見物。

「吹雪峠(ふぶきとうげ)」は宇野信夫の新歌舞伎。石川耕士と共に玉三郎が演出に名を連ねる。

美しい様式的な吹雪の中、峠越えの最中に思わぬ吹雪に遭遇し、かろうじて人の居ない山小屋に辿り着いた夫婦者。実は道ならぬ恋に落ちて駆け落ちしたやくざの女房とそのやくざの弟分。演じるのは七之助と松也。

この二人が辿り着いた山小屋に、彼らが裏切ったそのやくざの兄貴が何たる偶然か同様に吹雪を避けて転がり込んでくるという極限状態。

掛け落ちした二人が密室の極限状態で裏切った相手に遭うという心理劇。中車が演じる兄貴分直吉は、裏切った女房を思い切ったとの述懐から、いや、本心ではやはり二人を生かしてはおけぬと、憤激に変わる展開がさすがに芸達者でリアル。

愛し合ったお互いが死を前にして互いに裏切るというのは、ちょっとジョージ・オーウェルの「1984」を思い出すエピソード。「1984」~そう、なんて哀しい再会で以前書いたが、体制に反抗して秘密裏に愛し合った男女が思想警察に逮捕され、お互いを裏切るまで拷問を受ける。実に哀しい話。

しかしこの新歌舞伎では、お互いに裏切り合うあさましい姿を見て、耐えきれなくなって雪の中に掛けだしてゆくのは裏切られた兄貴の直吉。シノプシス自体は、さもありなんという納得の行くものだけれども、実際の舞台では、おえんと助蔵二人の仲違いが若干唐突な気が。カタルシスを持って見せるには、やはり30分程度では芝居の尺が短すぎるのかもしれない。

25分の幕間を挟んで「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ) 寺子屋」。今回は「寺入りよりいろは送りまで」

勘九郎が初役で松王丸。松也の武部源蔵、梅枝の戸浪、七之助の千代と若手花形中心の座組みながら、今まで観た「寺子屋」の中でも、大変輪郭がスッキリして物語として分かりやすい出来。勘九郎の松王丸が、なかなか大きく印象的に成立しているからかもしれない。

「寺子屋」の涎くり与太郎は若手にとって三枚目の大役だが、「寺入り」から出ると、千代が連れてきた下男との掛け合いで「オウム」の場があって更に「美味しい」役。弘太郎が好演。

寺入りからだと、七之助の千代の実子を思う心情が印象的に描かれる場面があり、これもよかった。松也はなんというか、全体に平板で普通な気がしたけれども。ファンが聞くと怒られるかもしれないが、そういえば、今まであまり松也で感心した事ないなあ(笑)

いろは送りで、「たっぷりとお願いします」と大向こうを掛けた輩がいた。「たっぷり」というのは、そもそもが勘違いな大向こうだと何処かで読んだ記憶があるけれども、上演中に携帯鳴らす客や、一階席前方で大向うかける客と同様に、気にしない客はまったく気にしないのだなあ。

大向こうというと、「鶏爺さん」は、「吹雪峠」の時は何故かやたらに声が聞こえたが、「寺子屋」の時は気付かなかった。退勤時間が早かったのか。

2016120719153459a.jpg

打ち出しの後、銀座松屋「宮川本廛」で一杯飲んで鰻を食する。話から察すると、お隣の客も歌舞伎座帰りだったようだ。三部制は拘束時間が短く済んで結構よい面あり。ただ、三部全部見ると普通の月より高い計算になって、松竹にやられたという感じがするのだけれども(笑) 





歌舞伎座、「吉例顔見世大歌舞伎」、夜の部。
土曜日は、歌舞伎座、吉例顔見世大歌舞伎、夜の部。

20161106135147a63.jpg 20161106135212a7e.jpg

先月に続いて成駒屋親子襲名披露公演を兼ねる。顔見世と襲名披露が重なって狂言立てが忙しく、昼の部は4時終了で夜の部が4時半開演。入れ替えはごった返している。夜の部終演予定が9時20分だから長いね。

最初の演目は、「元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)」、御浜御殿綱豊卿。

赤穂浪士討ち入りのを題材に真山青果が昭和初期に書いた「活歴」物。最後の段である「仙石屋敷」、「大石最後の一日」は以前に観た。

「御浜御殿」は幕が開くと御殿女中による綱引き。実に派手で陽気な演出。仁左衛門は、武士の本懐が忘れられつつある元禄の世で、しかしそれでもなお武士の義に生きようとする懐の深い殿様を堂々たる風格で大きく演じて実に印象的。赤穂浪士に深く心を寄せ、討ち入りをやり遂げさせてやろうという本心を隠しながらも、浪士の一員、染五郎演じる富森助右衛門の本心を探るギリギリの鍔迫り合いのようなやり取りが素晴らしい。染五郎は荒事「毛抜」の弾正よりもこちらの役のほうがずっと合っていると思うなあ。

家名再興の嘆願と敵討ちが相容れないという矛盾。武士としての志を最後まで追求する事こそ武士の本懐だという述懐。真山青果の名台詞が印象的に場面場面で突き刺さる。武士としての義に生きよと助右衛門の軽挙妄動を諭し、何事もなかったかのように能の舞台に出てゆく仁左衛門の素晴らしい風格。静かな桜満開の能舞台を背景にした幕切れも印象的だった。

次の「口上」は、大幹部勢揃いで成駒屋襲名を寿ぐ。今月は菊五郎が居ないので、皆、大人しいかと思ったら、鴈治郎が「芝翫さんとは公私共に仲良くさせて頂いておりますが、私(し)のほうを語りますとわたしにも火の粉が掛かって参りますので」とか、左團次が「芝翫さんは元気に浮名を流せてうらやましい。この20年、私が男女の仲で浮名を流して居ないのは、全て私の不徳の致すところです」など、結構楽屋落ちのくすぐり満載。何を言われても神妙な顔で息子たちと列座しなけれなならない新芝翫の心中は如何ばかりか。歌舞伎の先輩や仲間たちはみんな面白くも楽しいなあ(笑)

染五郎は大分声が荒れていたが、「今回襲名する成駒屋さんよりも多い五演目に出ております」と頑張りをアピール。仁左衛門は、「先程の演目で喋りすぎましたので、きちんとした口上のご挨拶は1月の大阪松竹座で。皆様とお会いするのを楽しみにしております」と関西歌舞伎興行を宣伝。襲名も全国回るからなあ。松竹座にも遠征するか(笑)

30分の幕間は三階花篭で「襲名御膳」を。随分と混んでいる。

201611061352467a0.jpg 201611061353015ae.jpg

次の演目は、時代物の名作、「盛綱陣屋(もりつなじんや)」

興味深く観た。襲名披露で思い入れのある演目だといえ、二ヶ月続けて陣屋というのはちょっと狂言立てとして単調かな。元橋之助は顔が大きく、押出しもよく、最初の出などは良いのだが、演技になるとあまり大きさを感じないところあり。やはり台詞廻しかなあ。

顔を赤く塗った幸四郎の和田兵衛は、なかなか大きくも豪快で、今回初めて、吉右衛門とやはり兄弟だから似ているなあと妙な感慨を感じた。子役尾上左近は良く健闘。豪華な座組でないとなかなか成立しない狂言だが、あまり豪華過ぎても襲名披露の主役が霞む。今回の新芝翫は、まあ頑張ったのでは。

「芝翫奴」は橋之助の元気な踊り。11月の公演中、三兄弟が前半、中盤、後半と分担して踊るのだとか。前半は長男橋之助の担当。足の筋肉など見ると歌舞伎役者がいかに舞踊で足腰を鍛えているかよく分かる。

打ち出しは9時20分過ぎ。やはり歌舞伎座から出ると時間かかったなあという気がする。遠方から来る見物は大変だろう。


歌舞伎座、「吉例顔見世大歌舞伎」、昼の部
木曜の祝日は、歌舞伎座、「吉例顔見世大歌舞伎」昼の部。

20161105124445860.jpg

成駒屋親子4人の襲名披露が先月に続き、二ヶ月連続で看板にも。夜の部には口上も行われるが、この日の夜の部はカード会社の貸し切りとなっているようだ。

中村橋之助改め 八代目 中村芝翫
中村国生改め 四代目中村橋之助     
中村宗生改め 三代目中村福之助
中村宜生改め 四代目中村歌之助  

祝幕は先月とまた変わり、派手で前衛的なデザイン。

最初の演目は能由来の祝祭舞踊。「四季三葉草(しきさんばそう)」。翁が五穀豊穣を祈って踊るのが縁起良く目出度いという趣向。 梅玉の翁、扇雀、鴈治郎も軽やかに祝祭を踊る。

二番目の演目は、「歌舞伎十八番の内 毛抜(けぬき)」

江戸荒事を染五郎が主演で。おおらかな主人公が派手に繰り広げる、歌舞伎の様式美に満ちた分かりやすい勧善懲悪の物語。主人公の粂寺弾正毛抜は染五郎が初役。染五郎は、初の弁慶役程には力が入っていないが、しかしこの狂言の粂寺弾正は、力を入れて頑張る役ではない。自然で大きくおおらかなニンや柄を見せる役であり、逆に染五郎には弁慶よりも難しい気もする。松也、梅枝、廣太郎、児太郎など花形が勢揃いで。

昼の幕間は、三階花篭、花車膳でビールを一杯。

「祝勢揃壽連獅子(せいぞろいことぶきれんじし)」は、襲名披露狂言として、成駒屋親子が踊る連獅子。新たに作られた間狂言では、文殊菩薩として人間国宝、藤十郎がセリから有難くも登場。もはや拝むしかない(笑)萬太郎、尾上右近が小坊主、梅玉と仁左衛門が豪華に付き合う。

舞踊の最後、見所の毛振りでは芝翫も元気であったが、三兄弟のうち一番上手側で踊る一人(福太郎かな?)が明らかに一人だけテンポが遅れる。カツラの具合が悪かったのか、あるいは体調不良か。元気盛りの若者であるはずなのに、ちょっと気になった。

25分と長い幕間の後、最後の演目は河竹黙阿弥の「盲長屋梅加賀鳶(かがとび)」

幸四郎で一度観たことがあるが、秀太郎、梅玉、左團次など前回と同じ配役で、気楽な世話物。花道に勢揃いした鳶連中のつらねは、歌舞伎ならではの様式美に満ちた派手で豪華な趣向。

悪人だが憎めないところもある道元を幸四郎が軽妙に演じて間然とする所が無い。最後はだんまりの捕物の後、チョンパの終わり。

気楽に演じる面白い世話物が最後というのは気楽に観れてよいが、襲名披露と吉例顔見世が重なっており、狂言立ては豪華なるも、流石に詰め込み過ぎの感あり。本日は夜の部に行くのだが、これもちょっと終了が遅いよねえ。

歌舞伎座、「芸術祭十月大歌舞伎」夜の部を観た。
土曜日は、歌舞伎座夜の部。

中村橋之助改め 八代目 中村芝翫 襲名披露
中村国生改め 四代目中村橋之助     
中村宗生改め 三代目中村福之助 襲名披露
中村宜生改め 四代目中村歌之助     

賑やかに襲名披露が並ぶ「芸術祭十月大歌舞伎」。

fb7c421c80281.jpg 4408-9134-1e2c3f3f7ef4.jpg

131-3bdd372ba982.jpg

この日は10時から大相撲九州場所のチケットと11月歌舞伎座顔見世興行のチケットがどちらもwebで10時から発売ということで忙しかったが、大相撲のチケットのほうが取りづらいからまずそちらを。11月は出張が入っており、九州遠征して見物に行ける候補日は2日だけ。無理だと思っていたが、10時から一息置いてアクセスすると溜席の空きが。すかさずクリックしてカード決済まで無事に持ち込む。空きがあってカートに入れても途中でネット接続が切れたりするから安心出来ないのだ。溜席は本来相撲維持会員の関係者席で、今まで一度も取れたことないので満足。合わせて九州遠征のフライトとホテルをANAのパックで手配。歌舞伎座も一応何時もの辺りの席を確保。昼からは理髪店に行ってサッパリ。その後で歌舞伎見物と盛りだくさんのイチ日。

まず最初「歌舞伎十八番の内 外郎売(ういろううり)」。歌舞伎十八番に名前は残っていたが内容的には昭和になって十二代團十郎が復活させたもの。曽我物語の骨格と「暫」などの外形を借りて、いかにも古式江戸荒事を感じさせる演目になっている。

外郎売は松緑の口跡が朗々として良く、正月によく上演される江戸様式美に満ちたお目出度い演目を、しっかりと要となって演じ上げた。松緑は荒事が似合う。今月の舞台では昼の部「女暫」の舞台版も洒落っ気と粋があってよかったし、「幡随長兵衛」でも出尻清兵衛でしっかり脇を固めて大いに活躍している。

長めの休憩があって、大幹部勢揃いの襲名を祝う「襲名披露 口上」。綺羅星の如く人間国宝やら文化功労者が揃う口上はまさに歌舞伎の圧巻。坂田藤十郎は、三兄弟の一番下、歌之助を歌右衛門と間違えかける。我當さんは、三兄弟の名前を一人すっ飛ばして、それに気づき「ンガ~!」と慌てたが、もう一人の名前は、一度忘れるともはや出て来ないのだった。まあ、やはり三兄弟が揃って似たような名前で襲名というのは、お年寄りの大幹部にとって覚えるには大変なんだろうなあ。

児太郎、梅玉も、福助が歌舞伎座の舞台に復帰するために懸命にリハビリしていることを述べて客席から大きな拍手。成駒屋のもう一つの大名籍、歌右衛門の襲名は宙に浮いた形になっているが、どうなるのかね。

菊五郎の「奥さんに叱られながら」というのは笑いを呼んだが、似たようなくすぐりを連日やっているのだろう。一部トチリもあったが、もとよりお目出度い席であるからして、それを咎める雰囲気など無く、客席からは和やかな笑いと大きな拍手が。襲名披露というのは目出度くも派手で実によい。ただ時間は大幅に押した。

幕間では花篭で「襲名御膳」を。なかなか結構。

b119-1244f830a81a.jpg 968f-cdf7d1224fb8.jpg

幕間後は、新芝翫の襲名披露演目、「一谷嫩軍記 熊谷陣屋(くまがいじんや)」

芝翫、花道の出は重厚で立派。というよりも芝翫は顔が大きく映えるから、出は何時だって実に立派だ。しかし今回は、魁春の相模、菊之助の藤の方の絶望と相手の悲劇への同情が重層的に交錯する中心にどっしりと座り、芝翫型の隈取った赤い顔も映えてなかなか印象的に大きく成立している。

しかし後半は、團十郎型では最大の見せ場である「幕外の引っ込み」の「16年は夢だ」の台詞が劇の途中に挿入されるだけで見せ場にならないということもあり、義経の吉右衛門と弥陀六の歌六に舞台の中心を、あれよあれよという間にそっくり持って行かれるような印象に。まあ役者の格から言っても仕方ない面あるけれども。芝翫型の「熊谷陣屋」のほうが本家の文楽に近いのだそうであるが、だとすると「16年は夢だ」の台詞を掴み取って、幕外の引っ込みに使った團十郎の芝居の構想力、演出力が素晴らしかったということなのだろう。勿論、別の型を残すのも歌舞伎の歴史には実に意味のあること。

最後の演目、「藤娘(ふじむすめ)」の玉三郎は、暗転した舞台から、目が覚めるチョンパの出。若い娘の初々しい恋から酔った女の艶めかしい酔態まで一人で美しく踊り分けで、舞台を独り占めに。先月の「元禄花見踊」同様、最後の締めに全部持って行く圧巻の印象を残す。

いや~、なかなか面白かった。

「芸術祭十月大歌舞伎」初日昼の部。
先週の日曜日は「芸術祭十月大歌舞伎」初日昼の部。口上がある夜の部は人気で思うような席が取れなかったので、取り敢えず昼の部から。

2016100319394322c.jpg 2016100319400175e.jpg


成駒屋、中村橋之助一家総出の襲名披露公演でもある。

中村橋之助改め 八代目 中村芝翫
中村国生改め 四代目中村橋之助     
中村宗生改め 三代目中村福之助
中村宜生改め 四代目中村歌之助  

20161003193904707.jpg 20161003193922690.jpg

と4名の襲名を記念する賑やかな副題がついており、歌舞伎座表にも立派な看板が。

入場してみると、着物の女性も何時になく多いし報道のカメラも入っており、襲名披露公演ならではの華やかさを感じる。


20161003194021e1a.jpg 2016100319404126e.jpg

初日昼の部、真っ先にかかるのは、「初帆上成駒宝船(ほあげていおうたからぶね)」

祝い幕が引かれ始めた途端、鶏爺さんの発した「ウニャワラワヤ~」と云う意味不明の弱弱しい大向こうをかき消すかのように万雷の拍手が。歌舞伎座に来たという気がするなあ(笑)

今回の襲名披露用に作られ、成駒屋三兄弟が一緒に踊る新作の祝祭舞踊。長男は二十歳。二男は大学生、三男はまだ中学生なんだそうだが、きちんと踊りの稽古をしたことが伺える。イヤホンガイドによると、元橋之助にして新芝翫の姉、すなわち三兄弟の叔母が踊りを指導したと。可愛い甥っ子達の襲名披露舞台の指導であるから随分と気合いが入ったろう。

連れ舞の後は舞台が暗転し、大きな宝船に乗って三人が再び登場。背景の書き割の遠景には歌舞伎座や東京の高層ビルが描かれている。時代を越え行く若者たちの船出を祝うシュールな演出。目出度い舞台を見物できて良かった。

しかし歌舞伎の名家に生まれた御曹司でなければこのような扱いはしてもらえないのも事実。彼らは船出の時から、ある意味既に宝船に乗っている恵まれた境遇。まあ、歌舞伎の御曹司に降りかかる一番の災難というと後ろ盾である親父の早世であるが、親父も不徳の致すところながら元気そうであるからして心配無いか(笑) 三人いるなら一人くらい女方を目指してもよさそうだが。

20分の幕間の後、「女暫(おんなしばらく)」。 以前、2015年の「壽初春大歌舞伎」に玉三郎で出たのを観た。

「暫」は歌舞伎十八番の荒事。悪玉によって善玉が斬られようとするとき、「しばらくしばらく~!」と團十郎が現れ、途轍もない強さを見せつけて悪玉を全て蹴散らし、威風堂々と去って行く。「女暫」は、荒事の主役を女方がやるという面白い趣向。設定や脚色もオリジナルの「暫」がほとんど残っている。

主役の巴御前を演じるのは七之助。中村座初演時に玉三郎に習ったというが歌舞伎座では初めて。京都の北野天満宮を舞台に賑やかに登場人物が並び、様式美に満ちてどこか大らかな、江戸荒事の物語が始まる。
  
七之助は鳥屋からの声も張りがあり花道の出も凛として背筋の伸びた美しい姿。花道で、途中に小姓がお茶を運んでくるのも荒事のおおらかな演出を踏襲している。市川宗家にちなんで三枡の紋で登場し、女武道としてバッタバッタと悪役をなぎ倒す爽快な物語。轟坊震斎に松也、女鯰若菜に児太郎、紅梅姫に尾上右近と花形中心の舞台だが、又五郎が重鎮として蒲冠者範頼で扇の要を締める

幕外の引っ込みになった花道で、七之助は素の親戚に戻ってお辞儀し、祖父も喜んでいると思いますと襲名祝いの口上。七代目芝翫の次女が十八代目中村勘三郎に嫁ぎ、その息子が勘九郎と七之助。考えてみると成駒屋三兄弟と同じ祖父を持つ孫同士なのであった。

松緑演じる舞台番松吉が出て来た所で、今度は、衣装が重すぎて大変だから早く楽屋に戻らなければ、こんな大きな太刀は持てないから、あんた運んでよとか、急に女に戻ってのグズグズが始まって観客は大笑い。顔見せ興行でよく演じられた楽屋落ちの楽しい部分。

女方なので六法の引っ込みをどうやればよいか分からないというお約束の楽しい場面。松緑は、先月の「らくだ」でも味があって面白かったが、今回の演目でも、「ここで、中村屋~!と声がかかりますから」などと洒落っ気をもって軽妙に場を盛り上げ、客席を大いに沸かせた。実に面白い演目だよなあ。

Ctv133sUAAA3XoZ.jpg Ctv133mUMAAV35G.jpg

昼は花篭で「襲名御膳」なるものを。基本的には「ほうおう膳」がベースなのではあるが、今回襲名披露の成駒屋一家の好物を献立に織り込んだというもの。一筆箋の記念品付き。成駒屋全員が好物だというドラ焼きもついており、ちょっとカロリー過多かな(笑)

昼の後は「お染 久松 浮塒?(うきねのともどり)」

お染を児太郎、久松を松也が演じる舞踊劇。舞台は向島辺りの隅田川土手。背景には筑波山。 純情な田舎娘の悲恋を描いた「野崎村」の題材にもなった「お染久松」の物語。大店の娘と奉公人との許されざる恋と心中事件は18世紀に大阪を震撼させた実話で、早速浄瑠璃や歌舞伎に取りいれられた。

家出して身の振りかたを考えあぐねる若い二人を、話題のお染久松であると察し、気持を引き立てようとする女猿曳を軽妙かつ流麗に菊之助が踊る。「女暫」も「「お染 久松 浮塒?」も、先代芝翫が好んだ演目だったとのこと。

最後はいよいよ橋之助改め芝翫が主役を演じる「極付 幡随長兵衛(きわめつきばんずいちょうべえ)公平法問諍 」

舞台の序幕は劇中劇。江戸古式の荒事風味を残す興業が舞台中央で行われているが、ここで見物の客と興業側にもめ事が起き、仲裁に新芝翫演じる町奴の頭、幡随院長兵衛が実際の歌舞伎座の客席から颯爽と登場。舞台に上がっ行き、客席に語りかけると、客側もまた江戸時代の小屋で今まで見ていた劇中劇の見物であるような気分になる面白い演出。新芝翫は顔が大きいから舞台では堂々と映える。

この「公平法問諍」の段だけでは、命をやり取りする遺恨というものがイマイチ分からないのではあるが、詳しい事情は分からずとも、敢然として死地に向かう幡随院長兵衛の粋な男伊達を見物する演目であるから、別に深い事情はよいのである(笑)成駒屋三兄弟も子分役で。

雀右衛門演じる女房お時は、夫に従い立てながらも、実は命を捨てに行かせたくないと云ういじらしい本心が垣間見えて、なかなか印象的に成立している。

菊五郎演じる旗本の水野十郎左衛門は、単なる悪党ではなく、武士としての胆力も鷹揚さも兼ね備えた男。しかし自身の面子を立てるために幡随院長兵衛を殺すことになるのだが、止めを刺しながら「殺すには惜しい」と呟くところは、男を知る男の大きさを見せる。

「歌舞伎美人」のインタビューで、橋之助改め芝翫は、「荒削りな男の中の男を演じてゆきたい」と立役としての芝翫復活への抱負を述べている。確かに橋之助改め芝翫は、端正な顔面が大きく、隅どりしても見得を切る場面でも見栄えがして座りは良いのだが、演じる人物に荒削りな大きさを感じた事があまり無いのだよなあ。吉右衛門には何度も人物の大きさを感じたことがあるけれども。まあ、世代的にもちょうど中二階といった所で、なかなか中途半端な所があるのかもしれない。しかし目出度い襲名披露興行初日を十分楽しんだ。来週は夜の部を見物。


歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」昼の部
20160907172942f35.jpeg
先週の日曜日は、歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」昼の部に。前日に夜の部を見物したから二日連続の歌舞伎座。さすがに昼夜一日通して歌舞伎座というのは今まで一度もやったことないな。

20160907172853ce2.jpeg

最初の演目、「碁盤忠信(ごばんただのぶ)」は出演陣総出でだんまりを繰り広げる最初の場が実に賑やか。染五郎と菊之助がそれぞれ両花道を同時に使った幕外の引っ込み。夜の「吉野川」用に両花道が設営されているので、使わねば損という感じなのかもしれないが、両方同時の幕外の引っ込みは初めて観た。

染五郎の碁盤を使った荒事風見得や立廻りも印象的。古式の江戸荒事ではないのだが、染五郎が懸命に奮闘している様子は伝わってくる。この秀山祭では染五郎が一番大変な気がする。まあ血族である叔父さんと曽祖父の為に一肌脱いて健闘ということだろうけど。

20160907172916314.jpeg

ここで35分の幕間。花篭で「つきじ膳」なるものを。海鮮の小丼が3つ。炭水化物が多い気もするが、なかなか結構。

二番目の演目「太刀盗人(たちぬすびと)」は軽妙な松羽目物の舞踊。あの化粧では誰やら分からないが、又五郎が滑稽な演技で笑いを誘う。真面目な田舎者を体現してかっちり踊る錦之助との対比も面白い。彌十郎も言われるがままにあっちに行ったりこっちに行ったりと腰の定まらない役人役だがこれも軽妙で笑いを誘う。

「一條大蔵譚」以前に吉右衛門で一度、仁左衛門で一度見ているが、仁左衛門の大蔵卿にはどこまでも公家を感じるのに対して、吉右衛門大蔵卿にはどこか武家の本性を感じる部分がある。秀山際では初めての演目だとのことだが、手慣れた演目で流石に吉右衛門が実に分厚く演じる。魁春も印象的に成立している。

作り阿呆と源氏再興を願う源氏けいの血を引く能力ある男の本性を何度も揺れ戻す終盤は、心根を侵食しつつある幽かな狂気すら感じるような迫力。この日は大向うの鶏爺さんが随分と元気。まあ元気とは言っても他の日との同社比であって、他の大向うに比べたらもう聞いていられないような老残を晒すヘナチョコな声なんだけれども(笑)

朝は雨がパラついたが打ち出しで外に出るとカンカン照り。

歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」夜の部
先週土曜日は、歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」夜の部に。

20160905153438491.jpeg 2016090515351181b.jpeg

今月は上手側に仮花道が設営してあり、両花道を使った公演。前に歌舞伎座で両花道観たのは、15年4月の四代目中村鴈治郎襲名披露「四月大歌舞伎」だったっけ。

最初の演目が、義太夫狂言の名作「妹背山婦女庭訓 吉野川(よしのがわ)」。吉右衛門、玉三郎コンビでのこの演目の公演は14年ぶりになるとか。染五郎に菊之助と豪華な布陣。これが大当たり。素晴らしくも圧巻の出来。

幕が空くと背景は満開の桜、舞台中央には吉野川の大きな清流が滔々と流れる。上手と下手にそれぞれ邸宅がしつらえてあり、義太夫も両側に分かれての掛け合いで。両花道が川岸で、中央の観客席はちょうど川の水底に存在するかのような壮大な舞台。

両岸に別れた妹山側と背山側のシンメトリーな世界を交互に巡る運命の輪。それに翻弄される人間達を襲う壮大な悲劇。親子の情愛と慟哭に満ちた別れ。相手を生かすために自分が死を選ぶ、自己犠牲に血塗られた若い恋人達の悲恋。観客は吉野川の水底からその全てを目撃する。

柿本人麿は刑死したという梅原猛の「水底の歌―柿本人麿論」を思い浮かべると、観客席にいる自分自身が、古代の権力者から死を賜って水底に沈んだ霊魂であるかのような気分になってくる。観客もまた舞台の一部。

舞台の序盤は、下手側の妹山が女の情愛、貞節と恋の論理、上手側の背山側が男と忠義、政治の論理と対象的に交互に語られるのだが、壮大な悲劇が舞台を覆うにつれ、吉野川を介して向かい合う二つの世界は共鳴し始める。

冒頭、はしゃいだ若い娘の恋心を描く雛鳥のクドキは一途で可憐。久我之助も凛々しく端正。後の恐ろしい悲劇が際立つ。そしていよいよ、吉右衛門と玉三郎、人間国宝2名が両花道に分かれての出となる。権力者蘇我入鹿に無理難題を押し付けられ、危機的な状況を背景にしての帰宅。

この応酬が大変に重厚。玉三郎演じる定高は自分の娘雛鳥が、入鹿の妾となるより自らの恋に殉じて死ぬ方が幸せであると女の情で分かっている。吉右衛門の大判事にとっては、帝を守り蘇我入鹿をいつか倒すためには、息子の久我之助に腹を切らせるしかないのが道理。しかし互いにその腹を隠しながら、女の情と男の論理が死と悲劇の濃厚な香りの中で吉野川を越えて朗々とせめぎ合う。

そして、背山側では久我之助の切腹、妹山側では、自らの死によって愛する久我之助が助かるのだと思い切った雛鳥の美しくも哀しい歓喜と、双方の親子を巡る悲劇が静かに進行する。

大判事と定高の二度目の対面。我が子を犠牲にして相手の子供を助ける心づもりが互いに食い違い、吉野川を挟んで身ぶりだけで伝えあう狼狽と慟哭も歌舞伎の様式美の中で、実に印象的に描かれている。

雛飾りと雛鳥の首だけが吉野川を渡って行く「雛流し」の婚礼も美しくも哀しい。吉野川に弓を入れて、大事に大事に首を回収する大判事の慈しみと懸命さも実感を持って伝わってくる。

しかし、大判事が雛鳥の首を手に取ったその時に携帯の電子音鳴らした馬鹿者がいて、なんとも残念な気分に。主電源から切れとあれほど言われていても、メールチェックした後でそのまま電源切らずに携帯をカバンに仕舞うオバサンを歌舞伎座で何人見ただろうか。そんなモンスターに注意しても絶対に他人の言う事は聞かないからなあ。

最後は定高と大判事が両岸で万感の思いで見つめ合う場面で幕。悲劇も涙も慟哭も、全てを吉野川が流し去って行く。客席からは万雷の拍手。狂言の名作を名優渾身の名演で。息を呑んだ素晴らしい2時間だった。

30分の幕間は「吉野川」の感動を振り返りながら、花篭の「ほうおう膳」で一杯。

201609051535436ef.jpeg

次の演目は、「眠駱駝物語 らくだ」。これは古典落語に題材を取った気楽な喜劇。一杯飲んでから見物するにはちょうど良い。染五郎は悲劇の貴公子から、愚図な紙くず屋に変身して、お客を大いに笑わせる。松緑も鉄火な江戸っ子のちゃきちゃきした口調が良い。「山の段を語らせるぞ」と凄む台詞に大笑い。大家の玄関外でなにやらしきりにらくだの死体とドタバタやる染五郎にもお客さんは大うけ。ただ上手側の席だと見えなかっただろうけど。歌六と東蔵の因業な大家も軽妙に成立。

しかし一番の敢闘賞はフグに当たって死んだ仏様役の亀寿。本当に全身の力を抜いていたらおそらく持ちあげるのも大変。死体のように見えながら、ちゃんと担がれたり投げ出されたりは演技であって、ある意味技術が必要だろう。結構妙な所に力が要ると思うなあ。米吉の気楽な町娘役もなかなか印象的。

25分の幕間の後は「元禄花見踊(げんろくはなみおどり)」

元禄の上野。満開の桜の中での舞踊。桜の花びらが舞い散る暗がりを舞台中央のセリから玉三郎が幻想的な登場。そして群舞に。花形を従えて中心で踊る玉三郎は、妖艶にして背筋が凛と伸び、しかし舞は柔らかくも美しい。まるで若返ったかのような雰囲気あり。衣装を変えつつ最後まで中心に君臨する。亀寿は「らくだ」の仏様から今度は粋な元禄の男になって御苦労さま。梅枝、児太郎、米吉も艶やかに。色彩豊かで絢爛豪華な舞台で賑やかに打ち出し。

重厚かつ感動的な歴史物大作に、軽妙な喜劇、煌びやかな舞踊。演目の構成も素晴らしかった。吉右衛門と玉三郎が圧巻の印象を残した夜。


歌舞伎座八月納涼歌舞伎、第一部を観た。
土曜日は歌舞伎座八月納涼歌舞伎、第一部。前の日からどことなく空模様が怪しかったが、出かける時には土砂降りの雨。タクシーで歌舞伎座まで。

20160821123512871.jpeg
2016082112354305d.jpeg

最初の演目は「嫗山姥(こもちやまんば)」 岩倉大納言兼冬公館の場。元々は近松門左衛門の人形浄瑠璃。

以前は傾城として鳴らしたが、今は零落した荻野屋八重桐を扇雀が。紙衣を着て登場し、出奔した夫と再会して当て付けに廓の話を延々と語る。竹本との掛け合いが見所。語りは妙に分かりやすい気がしたな(笑) しかし、観ていて何となくおかしいなと思ったら前半はまったく大向うの声無し。大雨だったから出足が遅いのか。しかし木戸御免なんだから盛り上げ役をサボっちゃいかんよねえ。

相手役は橋之助だがさしたる出番無し。女形が主役を張るのは珍しいが、最後は夫の霊が宿った女武道として顔に隈取りし、立役級の立廻り。扇雀にはなかなかよく似合っている。古くから残った作品ではあるが、話自体にはさほどのカタルシスを感じないかな。

201608211236076e5.jpeg

ここで30分の幕間。花篭で「ほうおう膳」など。何事かと思うほど喧しい団体客がいた。あんなに煩い団体も珍しい気がする。まあ仲良き事は美しきかなだけれども。

次の演目は、「権三と助十(ごんざとすけじゅう)」。岡本綺堂作の生世話物。権三が獅童、助十を染五郎。初夏の風物詩、井戸を浚う「井戸替え」の最中の江戸長屋が背景。大家と共に権三と助十は図らずも、冤罪事件に巻き込まれた親父を助けようと上方からやってきた息子の力になる事になる。

冒頭のやり取りでは染五郎に台詞があまり入っていない風だったのでちょっと意外。第二部の「弥次喜多」が大忙しだから第一部には力入っていないのか(笑) あるいは単に当日調子が悪かったのかね。

獅童は、口は悪いが腹の中には何も無い、おっちょこちょいの江戸っ子を軽妙に演じている。女房おかん役の七之助との喧嘩の言い立てもお互いのテンポ良く面白い。七之助は花魁役もよいが、世話物の女房も見事に演じている。

彌十郎の大家も手慣れた調子で、話の進行役となる。助十の弟、巳之助も爽やかな好演。真犯人の悪党を演じる亀蔵は、嫌味と凄みがあって見事に成立している。

物語のほうは、「大岡裁き」の伝説を背景に、あれよあれよという間にハッピーエンドの大団円に。軽い演目で深みは無いけれども、気分良く打ち出しとなる。

外に出ると午前中の土砂降りがまるで夢だったかのようなカンカン照り。台風が3つも迷走していると天気がすぐに変わるなあ。蒸し暑いが爽快な気分で歌舞伎座を後にした。



歌舞伎座八月納涼歌舞伎、第二部を観た。
夏休み最後の日曜は、歌舞伎座八月納涼歌舞伎、第二部に。2時45分開演、5時10分終演。短いのも助かる。

20160815153855b64.jpeg 201608151525134d3.jpeg


最初の演目は、「東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)」

十返舎一九 原作の所謂「弥次喜多道中」。歌舞伎でも何度も上演されているらしいが、今回は新作歌舞伎として書き下ろされた台本。江戸からラスベガスまで行くのだから壮大な話。

染五郎が弥次郎兵衛、猿之助が喜多八で珍道中を繰り広げる。金太郎と團子も、弥次喜多の道連れ主従として登場。子役ながらなかなか達者なもんである。

20160815152544346.jpeg


看板の写真の染五郎、猿之助見たらまるで松竹新喜劇の如しだったが、実際にはもっと突き抜けて荒唐無稽な悪ふざけ満載。松竹新喜劇の関係者が見たら「うちのほうがずっと真面目でっせ」と呆れるのでは。

澤瀉屋一門が総出演。「ワンピース歌舞伎」の登場人物は出てくるし、染五郎アメリカ公演の背景もちりばめ、更には劇中劇あり、怪談風味あり、ミュージカル風味、ドタバタ劇ありの大喜劇となっており、テンポよい展開で飽きさせない。

そもそもの歌舞伎は面白い物ならなんでも取りこんで来たし、街の流行りもすかさず作劇に活かしてきた芸能。この演目でも時事ネタや楽屋落ち満載。弘太郎の読売屋文春と云うかわら版記者が、「今朝起きたらSMAPが解散していてビックリ」と、くすぐりを入れたり、「五日月旅館に家族で泊まって経費で落とす」など、明らかに枡添前都知事をネタにした部分も。しかし枡添も、うっかり家族で歌舞伎見物にも来れないとは気の毒に。

廻り舞台にラップが流れて登場人物にスポットライトが当たり、次々と踊りながら紹介したり、通路から役者が登場したり、桟敷席の後ろに役者が現れたり、本水を使ったり、随所に歌舞伎らしいケレン味ある演出。「志村、後ろ後ろ!」などドリフ風味も。

どの登場人物も派手で滑稽なのだが、ラスベガスの場面で登場する獅童の劇場支配人は特にテンション高く、「あんた正気ですか」と思うほどの壊れっぷりで爆笑した。あそこまで突き抜けると、演じてるほうも清々しいだろう(笑)さすが「ピンポン」の獅童。もっとも歌舞伎で他の役を演じる時の引き出しにはならないかなあ(笑)

余韻を残さない馬鹿馬鹿しいだけの喜劇だし、設定におかしいところも勿論あるが目くじらたててもしかたない。これこそ歌舞伎だと言われると勿論違うけれど、これも歌舞伎だ。客席は大賑わい。

最後は、猿之助と染五郎が二人揃って宙乗り。「歌舞伎座で三カ月連続の宙乗りもこれで最後でございます。またお会いする日まで」と猿之助が去り際の口上。確かに3カ月連続で歌舞伎座の演目に猿之助の宙乗りが登場していた。お疲れさま。染五郎は空中で全身をグルグル何回転も回して、これも凄かった。歌舞伎役者の身体能力というものにはやはり感心する。

15分の幕間の後、舞踊 「艶紅曙接拙(いろもみじつぎきのふつつか) 紅翫」

小間物屋の紅翫というのは実在した人物らしいが、初夏の江戸風情を背景に、橋之助、勘九郎、七之助、巳之助、児太郎、彌十郎、扇雀など勢ぞろいして楽しげに踊る。でも、舞踊はやっぱり分からない(笑)




歌舞伎座八月納涼歌舞伎、第三部を観た
夏休み最後の週末、土曜日は歌舞伎座八月納涼歌舞伎第三部。

201608151524477d1.jpeg 20160815152402c97.jpeg

納涼に大幹部は出演しないが、染五郎、猿之助、橋之助が主演を務める。三部制で短い時間で観劇できるのもなかなか便利。第三部の開始は6時でもう暑さも和らいでいた。

最初の演目は、「新古演劇十種の内 土蜘(つちぐも)」。松羽目物の舞踊劇。橋之助は中村芝翫襲名前の最後の歌舞伎座で、来月同時襲名する三名の息子を率いて、主役である叡山の僧智籌実は土蜘の精を演じる。

中車の息子の市川團子が太刀持ちを演じる。大事な所で台詞もあり、子役にとっての大役。なかなか達者で感心した。親父が相当仕込んでいると思うのだが、今月は親父は歌舞伎座出演無し。まだ子供だし面倒は誰が見てるのだろうね。歌舞伎に限らず、子供の頃からヘンに達者だと、小さく固まってしまって大人になって伸びないのが人生の常という気もするけれど。

前半は舞踊が続く。舞踊というのは、まあこちらの責任なのだが、やはり何を見るべきか、それぞれの動きがどんな意味を持っているか、などの基本的な素養が無いと分からない部分が多い。こればかりは今更日本舞踊習う余裕など無いから仕方ないなあw

橋之助は叡山の僧智籌実は土蜘の精。花道の出は何時しか忽然と現れて実に不気味な印象。團子に正体を見破られて立廻りになり蜘蛛の糸を発して逃げる。後見は蜘蛛の糸の片付けに大わらわだ。

猿之助、勘九郎、巳之助三人の番卒は軽妙で舞台の雰囲気が変わる。石神の像では勘九郎の次男が登場。最初は後見が操る人形かと思ったが、あんな小さいのに舞台に出るとは。

橋之助が蜘蛛の精として再び現れてからの立廻りは実に不気味で圧巻であった。ここで30分の幕間。

20160815152424ff9.jpeg

花篭で「納涼御膳」を。まあ普通に「ほうおう膳」のほうがよかったかも。三部制だと食堂も結構空いている。

切の演目は、新作歌舞伎 「廓噺山名屋浦里(さとのうわさやまなやうらざと)」

笑福亭鶴瓶の落語を歌舞伎化。もともと歌舞伎は能、人形浄瑠璃、落語、瓦版を騒がせた世間の事件などを自由に題材に取り入れてきた歴史。古い作品の古層には、当時の人しかもう分からない世相やユーモア、常識などが積み重なっている。逆にまったくの新作歌舞伎だと、そういった不明部分が無く、イヤホンガイド無しでも物語の全てを観客が理解できるから、実に分かりやすいお話となっている。

参勤交代の合間、殿様がいない江戸留守居役は寄り合いと称して藩の金で遊興に興じて贅沢三昧。真面目で実直で、田舎者の堅物と嘲られる酒井宗十郎を勘九郎が演じる。これはニンにあるので手慣れたもの。寄り合いで宗十郎を「田舎者の野暮天」と嘲る秋山は彌十郎がこれまた手堅く演じる。

隅田川での花魁浦里と酒井の出会いは、ちょっと「籠釣瓶」を思い出す印象的なエピソード。一本気に吉原までやってきた酒井の相手をする「山名屋」主人平兵衛を演じる扇雀は、酸いも甘いも噛み分けた苦労人ながら、商売人としての筋は一本通すという、吉原の大店主人の風格を感じさせる。最後の場面、奉公人を演じる鶴瓶の息子駿河太郎と関西弁で、「俺にもまだマトモな心が残っていたのかな」と染み染みと述懐する場面も良い。扇雀は二枚目であるから、こんな立役も似合うな。

七之助の花魁姿も華麗だし、「やはり江戸の妻を帯同せず一人で来たか」と宗十郎が散々に笑われる宴席に、燦然として花魁衣装で現れ、皆の度肝を抜く場面も美しいカタルシスを持って描かれる。そしてお礼に来た酒井に自らの生い立ちを語る場面。廓言葉ではなく(廓言葉というのは、田舎から買われてきた娘達の訛りを隠すために、大仰に皆同じ語り口で喋らせたそうであるが)故郷の訛りで話だすという設定も、吉原が本当は苦界なのだという厳然たる事実を感じさせながら、実はまだ汚れていない花魁の本音の心をさらけ出す部分。

傾城の花魁も吉原大店の主人も、自身が幾多の苦労を乗り越えて来た身だからこそ、直情径行で真面目な侍が追い詰められた危機を救うために、その願いを叶えてやろうとするのだった。

華やかな花魁道中で終わるのも爽快。以前に中村屋兄弟で演じた「鰯売り」ともどこか似ている。落語になった原型は、「ブラタモリ」で取材した今の千束町、昔の吉原で聞いた話とイヤホンガイドで聞いたが、実話というよりも、そこには一種江戸の夢物語が伝承されているのでは。歌舞伎のお約束の中で、廓を舞台にした人情話に手慣れた印象で仕上がっており、大変分かりやすく楽しんだ。


歌舞伎座七月大歌舞伎、昼夜の部を観た
7月の9日に夜の部、10日に昼の部と歌舞伎座七月大歌舞伎を観た。

20160722192203648.jpeg 2016072219225382a.jpeg

20160722192323b03.jpeg

しかし10日から、大相撲の名古屋場所も始まり、中日の名古屋遠征もあったりして、歌舞伎日記更新がすっかり遅れてしまった。だいぶ忘れた部分もあるような。これでは備忘録にならんな(笑)

公演は、澤瀉屋と成田屋のタッグ。海老蔵と猿之助が交代に主演して「大歌舞伎」というのは、やはり歌舞伎にも世代交代の波が来ている事を感じさせる。まあ若いとはいえ一門を率いる総帥二人が座頭だから、大歌舞伎といっても一応はおかしくなかろう。しかし、音羽屋、播磨屋、高麗屋などの総帥、今の大幹部連はほとんど70代。この世代がバタバタ逝ったらどうなるのか。もっとも歌舞伎は何度もそんな世代交代の危機を乗り越えてきたと聞くけれど。

夜の部、最初は、「江戸絵両国八景 荒川の佐吉」。先代猿之助の当たり役なのだとか。真山青果作。 新作歌舞伎の世話物。

猿之助はやくざにあこがれる三下奴の佐吉としてまず軽妙に登場。大工辰五郎は、最後まで佐吉とからむ役だが、弟分のような子分のような微妙な役の肌合いは、巳之助によく合っている。

切られて落ちぶれた鍾馗の仁兵衛を猿弥。恰幅良く大親分の風格があるが、逆に恰幅良すぎて落ちぶれた後の悲哀があんまり感じられないか。

海老蔵の成川郷右衛門は序幕の薄情な登場も、お八重の恋人を一刀のもとに切り捨てる凄みも印象的。ただ、最終的には悪役として猿之助に斬られてしまう。脇に回った悪役というのもちょっと珍しいが、海老蔵の成川郷右衛門で「荒川の佐吉」をやりたいと猿之助に頼まれたのだそうである。

手塩にかけて育てた盲目の子供を返してやってくれと恩義ある親分に頼まれ、反発するも子供の将来を考えて受容する心理のやりとりの中に己の運命を悟り、全てを捨てて旅に出る決心をする佐吉は大変に印象的。

まだ暗い早朝から段々と明るくなると、そこは一面の桜、隅田川土手。そこを背景に、もう二度と帰らぬと佐吉が江戸を立つ大詰めの場。幸せに敢えて背を向ける男の一本気な決意が胸を打つ。猿之助は素晴らしかった。世話物であるから、中車の演技も生き生きとしている。休憩無しの2時間。

二番目の演目は、「壽三升景清 歌舞伎十八番の内 鎌髭(かまひげ)と 景清(かげきよ)」

台本が散逸して残っていない歌舞伎十八番を海老蔵が成田屋家の芸として再構成。オリジナルが無いだけに、「助六」や「暫」の「これが歌舞伎十八番だ」という大らかな面白い場面だけを参考に作ってあるので、全編に渡って、あれ、これはどこかで観たようなと感じるものの、総集編を観ているようで妙に面白い。

澤瀉屋でコミカルな役というと猿弥担当だと思っていたが、市川右近も軽妙な、なまず入道役で、「ホワイ、ジャパニーズ・ピーポー」やら「厳正なる第三者の」とか時事ネタのくすぐりを入れて客席を大いに沸かせる。幕外の引っ込みでは、海老蔵が来春の右近の襲名を話題に出して楽屋落ちでイジる部分なども笑わせた。

最後の大詰めでは、背景に巨大な海老の張りぼてが出てくる派手な演出。津軽三味線の嵐が吹き荒れる。大海老の上で、これでもかとばかり海老蔵が睨み、大見得を何度も何度も切る。海老蔵見物のお客も多いようで、場内は大喝采。幕の内弁当のようにあれこれ詰め合わせてあって、随分お得な成田屋の一幕といった気がした。

2016072219234600d.jpeg

幕間では涼夏御前。

日曜日は昼の部に。

最初は宇野信夫 作・演出の新歌舞伎、「柳影澤蛍火(やなぎかげさわのほたるび) 柳澤騒動」

お犬様 徳川綱吉の時代、貧乏浪人から策謀で老中にまで成り上がった柳澤吉保の生涯を描く。史実とはかなり違う演劇的な脚色がほどこされているものの、柳澤吉保は実在の人。文京区の六義園はこの人が趣味を凝らして作った庭園なのだそうである。一度行ったことがあるが、壮大な日本庭園で、大変な栄華が感じられた。

あばら屋に住む貧乏浪人が出世を願い、将軍の生母桂昌院に取り入り、武家の風習として衆道好みであった将軍綱吉に自分の許嫁を差し出して側室とし、正室追い落としなどの策謀を巡らせて、次々に出世してゆく。所謂、江戸時代のピカレスク・ロマンであるが、海老蔵がこの柳澤吉保の成り上がり過程を、黒光りする悪の凄みと共に印象的に見せている。

おさめの方尾上右近は、吉保をひたすら愛した貧乏だった頃の純情と、吉保に言い含められて将軍のお手付きとなってから、将軍を欺いて吉保と密会するようになる悪女の姿の両方に実感があり、なかなか印象的に成立している。

猿之助演じる護持院は、眼光鋭く、いかにも怪僧、悪坊主といった風情が登場の時から漂って、海老蔵と桂昌院の寵愛を巡って凌ぎを削る印象に残る怪演。東蔵演じる桂昌院もさすがに重厚な貫禄あり。

気楽に観ていて実に面白いが、ただ終盤に柳澤吉保が、あれよあれよという間に破綻してゆく場面は、脚本のせいもあるだろうが、どうも唐突で脈絡がなかったように思うのだが。

せまじきものは宮仕えなどともいうが、あそこまで出世に対する執着を見せつけられると、サラリーマンとしてはちょっと辟易。しかし、あの壮大な六義園の土地を賜り、粋を凝らした造園ができる財が形成できるのだったら、それは出世に執着するなあとも思うのであった(笑)

切の演目は夏らしい舞踊劇「流星」

尾上右近の織姫、巳之助の牽牛が、まるで宝塚のようにセリ上がった派手な舞台から階段を下りてくるように登場。

4つの面を次々と早替えで演じ分ける猿之助の舞踊はキレがよい。最後の宙乗りのための装具を着物の下に装着しているはずだが、えらいもんだね。

最後は猿之助が、時折空中を平泳ぎするような動作も見せて機嫌よく宙乗り。観客席は割れんばかりの拍手で大盛り上がり。宙乗りという得意技があるというのは歌舞伎役者として大きなアドバンテージですな。

昼の部も夜の部も、海老蔵、猿之助がほぼ出ずっぱりで奮闘する、なかなか面白い七月歌舞伎であった。

歌舞伎座六月大歌舞伎「義経千本桜」第一部鑑賞
日曜日、歌舞伎座で六月大歌舞伎を観劇。「義経千本桜」通しの三部制第一部「碇知盛(いかりとももり)」。

2016061916473286b.jpeg 2016061916480012e.jpeg

「義経千本桜」は人形浄瑠璃由来の歌舞伎の名作。筋書きは全てが義経に直接関係ある訳ではなく、各段は独立したオムニバスのような形式。

最初は「渡海屋」「大物浦」を続けて。

船宿の主人渡海屋銀平実は知盛を染五郎が初役で演じる。時代な立役の大役。安徳天皇がまだ生きており、匿われているという実際の史実に縛られない自由な設定。

猿之助は第三部の宙乗りだけでなく、第一部も第二部も重要な役で出演。渡海屋の女房はごく普通だが、実は典侍局になってからが、戦国に翻弄される女性の可憐さと哀れを感じさせてよい。前に観た第二部の娘役の時は声がガラガラだったが本日は若干回復しているような。

市川右近の息子、武田タケルがこの安徳天皇役で初お目見得。横幅の広い顔は親父譲りだが、白塗りにすると日本人形の如し。台詞もしっかり入っている。しかし血統と門閥が一番物を言う歌舞伎の世界においては、成田屋や音羽屋の御曹司の初お目見得とは扱いが随分と違うのがお気の毒というか。「渡海屋」最初の幕での軽みのある愛嬌や、急を告げに戻った場面での動きのある語りなど、親父の市川右近が実に張り切っている。時代な隈取すると、デーモン小暮閣下にも似ているね。

「渡海屋」二幕目、船宿の奥座敷から見える海、戦いで劣勢になった知盛達の船の松明が次々と消えて行き、見守る官女たちが泣き崩れる様は、歌舞伎の様式美に満ちて実に美しい。

「大物浦」、血だらけで戻ってくる知盛も、たまたま花道脇の席であったので実に圧巻。憤激から、安徳天皇の安全を確認した安堵、清盛の圧政を振り返る内省、自分の運命を受容する諦観と移り変わるストーリーもよく出来ている。碇を海に放り投げ、大縄がスルスルと引かれてゆく演出も圧巻。下では裏方が必死に引っ張っているのだろう。

松也の義経はあまり印象を残さない。武蔵坊弁慶の猿弥は重厚。花道の引っ込みでは大向うから「大きい」と声がかかる。全般に時代な葛藤とカタルシスがあって、「いがみの権太」よりも見て面白い段。なかなか楽しめた。

ここで30分の幕間。

201606191648235f4.jpeg

その後は「時鳥花有里」。新作の所作事。染五郎はこちらにも出て、傀儡師で引き抜きからのぶっ返し、面を次々と変える舞踊など歌舞伎舞踊のギミックを次々に披露。梅玉の源義経は似合っている。魁春、笑三郎、春猿など満面の桜を背景に華麗に踊る。次々に変わる背景の変化がいかにも歌舞伎的で豪華絢爛な短い舞踊劇。

歌舞伎座六月大歌舞伎「義経千本桜」第二部
土曜日は、歌舞伎座で六月大歌舞伎を観劇。「義経千本桜」通しの三部制上演。昼過ぎから始まる二部は高麗屋親子に猿之助が同座する「いがみの権太」。

20160612202409824.jpeg

201606122024335de.jpeg

「義経千本桜」は人形浄瑠璃由来の歌舞伎の名作。筋書きはあまり義経には関係なく各段は独立したオムニバスのような形式。「すし屋」は前に菊五郎で観たことがある。今回は、前段にあたる「木の実」、「小金吾討死」が出る。

「木の実」では、悪党だが、軽妙な洒脱さもある幸四郎の人物造形がなかなか印象的。出から千両役者の風格あり。善人と見せて、実は若い侍を手玉に取る悪の凄み、茶屋の女房小せんを演じる秀太郎と、子供との情愛も同時に見せて「すし屋」での「もどり」の伏線として見ても意味深い。

「小金吾討死」では、松也の小金吾が立廻りに大奮闘。歌舞伎の様式美に満ちた一幕。ここで15分の幕間。

「すし屋」は上演回数も多い歌舞伎の人気作品。うちの祖母など「ゴンタな子やなあ」などと昔言っていたが、関西で言う「ゴンタ」はこの「すし屋」に出る「いがみの権太」に由来するのだとか。

猿之助のお里は、田舎娘の健康的な色気があってなかなか印象的に成立している。染五郎演じる弥助実は三位中将維盛もニンに合っている。「いがみの権太」はそもそも昔の幸四郎の当たり役だったそうだが、当代幸四郎も堂々たる風格で演じる。小せんが捕まり、花道で権太を振り返る眼の芝居は、秀太郎巧いなあと感心。

ただ演目としての「すし屋」は、個人的にはあまり好きではない。田舎娘の純な恋は成就しないし、首実検の首は偽物、悪人が善人へと回帰する歌舞伎独特の「もどり」と、歌舞伎のお約束があれこれ盛り込まれた作品ではある。しかしストーリーの展開は実に間延びしてスローで、「もどり」の演出もあまりにも唐突で、カタルシスがあるとは言い難いかなあ。まあストーリーを楽しむというよりも、役者を見物する作品なのかもしれない。

打ち出しで外に出ても、まだ初夏の明るい夕方。そんな点では三部制も良いよなあ。

歌舞伎座、「六月大歌舞伎 義経千本桜」第三部
土曜日は疲れが出てグダグダしていたが夕方から歌舞伎座、六月大歌舞伎第三部に。歌舞伎の三大名作と言われる「義経千本桜」の通し上演。ただ元々が一本筋が通ったような大作ではなく、オムニバスのような形式で、各段が独立に上演されるのも普通だし、別に第一部から観ないと訳が分からないということもなかろう。

20160605113726aea.jpeg 20160605113753fdd.jpeg

第三部は、猿之助と澤瀉屋一門の「狐忠信(きつねただのぶ)」。最初の「道行初音旅」いわゆる「吉野山」には染五郎が珍しく女形の静御前として猿之助の相手を務める。

清元の語りが始まった後、浅葱色の幕が切って落とされるとそこは満面の桜が咲き誇る吉野山。静御前が鼓を打つとスッポンから、猿之助演じる佐藤忠信実は源九郎狐が登場。所作事となる。踊りが進むと清元と竹本の掛け合いに。

染五郎の静御前は、まあそういうのもアリですかという感じではあるが一応きちんと成立している。「吉野山」は以前の歌舞伎座で、坂田藤十郎演じる静御前というのを観たが、演出が結構違う。忠信の髷、元結が蝶のような派手な形で、ちょうど狐の耳に見える趣向が面白い。猿弥演じる逸見藤太は楽屋落ちを含むいかにも滑稽な歌舞伎味を見せて、観客を沸かせる。

幕切れ、子狐の本性を現して蝶と戯れ、引き抜きで一瞬に衣装を変え、花道を狐六法で去る猿之助は実に印象的。

201606051138150a2.jpeg

30分の幕間は、三階の花篭で「あおい御膳」頼んで一杯。三部制だと食事してから来るお客さんもいるのか、食堂はガラガラ。「あおい御膳」は稚鮎天麩羅、鱧、甘味の西瓜など今年初めて食した。そうだ「新ばし 笹田」にしばらく行ってないからなあ。

幕間の後は、「川連法眼館」。いわゆる「四ノ切」。「三代猿之助四十八撰の内、市川猿之助宙乗り狐六法相勤め申し候」と添え書きがある。当代の猿之助が新装なった歌舞伎座で宙乗りを披露するのは初めて。

義経の潜む吉野の川連法眼の館に、本物の佐藤忠信と忠信に化けて静御前を守護していた源九郎狐が鉢合わせする。二役を演じるのは猿之助。笑也の静御前が鼓を打つと、ドロドロと化やかしの物が出る太鼓が鳴り、花道の明かりが点灯、スッポンに目が行くと、花道奥の揚幕が引かれる金属音がして、奥から大きな声がする。しかし次の瞬間には舞台中央のセリから忠信狐が現れているのだった。あえて観客の視点を間違えた所に誘導するミス・ダイレクションのケレン。面白いねえ。

20160605113835956.jpeg

早変わりや舞台裏を瞬間移動してのあちこちからの出など、歌舞伎のケレンに満ちた狂言。親狐の皮で作られた初音の鼓に寄せる子狐の思慕と静御前守護の功を認められてその鼓を賜った源九郎狐の歓喜を全身に現した最後の宙乗り。猿之助の身体能力は素晴らしい。澤瀉屋伝来の芸とも言える、義経千本桜「狐忠信」四ノ切。

澤瀉屋は現代歌舞伎の門閥では傍流なのかもしれないが、江戸庶民が熱狂した歌舞伎のケレンを実に華麗に現代に伝えている。実に面白かった。三部制も公演時間が短く済むので、観劇の時間的負担も少なく、なかなか良いのだが、全部観ると二部制よりも高いというのがちょっとねえ。

歌舞伎座、「團菊祭五月大歌舞伎」昼の部
バタバタして更新を忘れていた。

連休最後の週末、先週の土曜は歌舞伎座團菊祭五月大歌舞伎昼の部。

20160514190829505.jpeg 20160514190853010.jpeg

最初の演目、「鵺退治(ぬえたいじ)」は54年ぶりの上演。梅玉、又五郎、歌女之丞、錦之助、魁春とベテラン揃いで全員機嫌よく演じる、短いハッピーエンドの妖怪退治譚。魁春は、時々だけどハッと綺麗に見える時があるのがやはり芸の力なんだなと思う次第。

15分の幕間を挟んで「菅原伝授手習鑑 寺子屋(てらこや)」

松緑の源蔵は前にも歌舞伎座で観ているのだが、今回初めて、他人の子を斬ってでも主君の子供を守らんとする、忠義と善意との心の葛藤に苦しむ人物として観ていて得心した。海老蔵の松王丸は、首実検で刀を抜く成田屋の型で演じるというが、なんだかあまり人物像に見るべき所が無いという印象がする。細かい形がどうこう言うよりも、よくなぞっていると思うが、例えば仁左衛門の松王に比べると、まあ年季が違うから当たり前なんだけど、なんだか腹落ちしないんだ。

毎朝子供と散歩してギリギリに歌舞伎座入りして5分で顔をして、出番が終わったら直ぐに帰って家で筋トレ。SNS全盛の時代に本人がそんな日常を発信しているから、役者としての神秘性が無くなっているのかとも思うけれども。

もっとも成田屋というのは、「市川宗家」「團十郎」というスーパーブランドを保持する歌舞伎の名門。ただ意外と代々早世で、血統も続いておらず縁戚関係も狭い。音羽屋の嫡男よりもおそらく海老蔵のほうがもっと隔絶して自由な立場なんだろう。海老蔵にも素晴らしい華があるのはその通りで、松竹の興行戦略としてはいずれ團十郎を襲名するに違いない。 團菊祭が菊之助、松緑と合わせて次の世代に引き継がれて行くことは結構な話だと思うけれども。

20160514190909f6f.jpeg

ここで昼の幕間。本日の昼は歌舞伎座3階花篭でほうおう膳。月替わりの葉月御膳と内容は割とかぶっており500円安いので結局こちらでよいかな

幕間後は「十六夜清心(いざよいせいしん)」

女犯坊が犯罪者に転落する朧月の夜。幻想的な場面は「三人吉三」にも似ている。菊之助演じる怜悧な悪が印象的。月夜の白魚漁は江戸の春から初夏の風物詩。雰囲気が良い。

切りの演目は、「楼門五三桐(さんもんごさんのきり)

石川五右衛門と豊臣秀吉を播磨屋と音羽屋の大旦那が機嫌よく演じるわずか15分の演目。最初に大薩摩の語りが5分ほどあるから実質10分。しかしその割にはセットは壮大、人間国宝が二人出て大変お得な気がする。もちろん夜の部最初に、お互いの孫の初お目見得に出演する爺様二人であるから、ちょっと早めに来てもらい、午前の部の最後にも出したら営業上得策という戦略だよね(笑)


歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」夜の部を観た
金曜夜は歌舞伎座、「團菊祭五月大歌舞伎」夜の部観劇。外は雨がポツポツと。席は花道近くのA2ブロック。中央に向かっての前列に座高高い人がおらず実に快適。こればかりはどの席取っても運だからなあ。

20160507092900cf1.jpeg 2016050709291469f.jpeg

最初の演目は、「勢獅子音羽花籠(きおいじしおとわのはなかご)」。そもそも曽我物に題材を取った祝祭舞踊劇だが、今回は菊之助の長男、「寺嶋和史初お目見得」という目出度いイベント事に。

菊五郎の息子菊之助が吉右衛門の娘と結婚して生まれた孫であるから、音羽屋と播磨屋が縁戚に。寺嶋和史は両方の祖父が人間国宝という、歌舞伎界にあっては正しく「Born with a silver spoon with his mouth」と呼ぶべき御曹司。歌舞伎の世界は血脈があれこれつながっており、全員が親戚みたいなものだなあ。

元々の背景は山王祭だが、菊之助に縁の深い場所ということで、神田明神に背景が変更されている。吉右衛門は29年ぶりの團菊祭出演。菊五郎と祖父同士の掛け合いあり。松緑、海老蔵も連れ舞を。鳶と手古舞の群舞。梅枝、右近、種之助などの若女形に、雀右衛門、時蔵、魁春の立女形も総出演。松也と巳之助の獅子舞もあり、実に派手で目出度い祝祭劇。大向うからも矢継ぎ早に声がかかって賑やか。

祝祭が最高潮になったラスト、梅玉に先導され、菊之助が長男を腕に抱いて花道から登場。全員揃った所で相好を崩した両祖父の口上に手締。正面に座ってしばらくは、寺嶋和史君も前を向いていたのだが、吉右衛門爺に抱かれると途端に身体の力が抜けて顔を手で隠す。やはり舞台で客席に正対するというのは、3歳に満たない子供には慣れないイベント。ご挨拶もグデグデになって名乗りは無し。しかし幕引きの直前、菊之助に抱かれると、客席のあちこちに手を振って立派にご挨拶。客席は大いに沸いていた。

二番目の演目は、「三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)」大川端庚申塚の場

隅田川沿いで偶々出会った同名の悪人たちが義兄弟の契を交わす一夜。菊之助のお嬢吉三は艶やかな美しい女形の衣装で登場しながら、夜鷹殺しの場では凄みのある男の声に戻る所が印象的。海老蔵のお嬢吉三、松緑の和尚吉三の「三人吉三」は、團菊祭がこの世代に引き継がれて行くという象徴的な顔合わせ。黙阿弥の七五調の台詞は、歌舞伎を離れて一般に有名になったものもあり、背景に浮かんだ朧月と共に流麗で実に印象的。

20160507092933aed.jpeg

30分の幕間に花篭で、「青葉御膳」。季節感もあり、マグロ刺身はそんなに悪くなかった。

次の演目は、「時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)」

鶴屋南北の作。本能寺馬盥の場と愛宕山連歌の場。織田信長に嫌われて度重なる屈辱を受け、謀反を決意する明智光秀の物語。物語では武智光秀と名付けられた主人公を松緑が演じる。

馬盥(うま用のたらい)で酒を飲まされるのはそれは大層な恥辱だろうが、この盥は漆塗りで立派な家紋も入っており、馬用に見えない。まあ大名はたとえ馬用であっても立派な物を使うんだなあ(笑)切髪のエピソードも、偏執的な信長のパワハラぶりが異様な迫力。

屈辱に耐えに耐え、最後にキレる明智光秀には、ブログなどでみる松緑の実生活での、自分は正当に評価されていないという鬱屈やこじらせたプライドと屈折が投影されているかのようで、底光りした迫力があり、実に印象的だった。

現代の会社生活でも、才気走る部下でもなんだか面従腹背に感じたり、生意気に感じたりして理不尽にパワハラする上司はいる。頭が良い事を見せつけたり、上司が気付いてない事を進言したりすると、かえって逆効果になる事も会社生活では知っておかなければならない知恵。戦国時代も結構一緒だったんだなあと妙な感慨が。光秀は能ある鷹だったがツメを隠すのを忘れた。愛嬌があってゴマすりで馬鹿に見えたほうがパワハラ上司に対しては安全。秀吉はこの辺りの機微が良く分かったタイプだったのでは。しかしこのタイプは自分が上になると威張り散らして大変なことになったりするけどねえ(笑)

最後の演目は「男女道成寺(めおとどうじょうじ)」

清姫の道成寺伝説を題材に取った舞踊劇。白拍子桜子実は狂言師左近を海老蔵が、白拍子花子を菊之助が演じる。常磐津と長唄の掛け合いに、大勢の所化も舞台に登場。白拍子から狂言師だとバレる軽妙な舞踊に、引き抜きで次々変わる衣装も面白い。途中では大勢の所化坊主が客席に手ぬぐいを蒔く演出も。最後は鐘を中心に華やかな見得が決まる。結構時間が押して、打ち出しは9時ちょっと過ぎてたのでは。

外は傘が要るような要らないような微妙な雨。しかし、風が吹いてなくてよかった。

歌舞伎座四月大歌舞伎夜の部を観た
土曜日は歌舞伎座四月大歌舞伎夜の部に。

201604171315490ed.jpeg

熊本の群発地震は未だ収まらず、難儀している住民が多数居る時に、なんとなく気が引けるが、私が観劇を自粛したとて被災地の役に立つ事は何も無い。個人的には赤十字に義援金送るくらいしか出来る事はないのだし。

20160417131652082.jpeg

席はA2ブロック7列目。座高高い人は前におらず実に快適。今月は歌舞伎公演があちこちで行われているからか、場内はところどころ空席あり。当日の食事予約もずいぶん予約あるような感じだった。演目は2本で、幕間は35分の1回だけというのは割と珍しいかな。

最初は松嶋屋親子が出演する「彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)」いわゆる「毛谷村」だがその前の段「杉坂墓所」からの上演。

以前、菊五郎初役で観た際は、ストーリーに脈絡が無くカタルシスが無いように感じたが、今回「杉坂墓所」から出ると登場人物の関係性が分かり、前よりは面白く感じる。人形浄瑠璃から歌舞伎化された作品だが、長い原作の九段目「毛谷村」だけポンと出すと登場人物が分かりづらいのだよねえ。

母思いで心根のやさしい剣豪、毛谷村六助を仁左衛門が上方弁で柔らかく演じるが、なかなか爽やかに成立している。

虚無僧姿で登場するお園は、前に観た際途中で「アッ、これは女だ」と感じて時蔵の芸には感心した記憶あり。顔を隠した虚無僧が立ち回りするのだが、最初は全く男に思えるのものの、途中からどこか女を感じさせるのだ。そして編笠を取るとそこには女の顔が。しかし実際に演じているのは男である女形という歌舞伎の重層性と様式美。

孝太郎のお園も悪くはないのだが、花道の出から女だというのがちょっと分かり過ぎか。この役の演技もなかなか微妙なものなんだなあ。

運命の輪は「敵討ち」を巡り、関係者を主人公の元に奇妙な縁で結びつけて行く。ただ、それでもなお、ストーリーとして若干カタルシスに欠けるように思うのは、やはり現代では「敵討ち」に対する常識がもう失われているからだろうか。電話帳も住民票もSNSも無い昔は、敵討ちの相手を探すだけでも大変だっただろう。彌十郎の杣斧右衛門はいわゆる「ご馳走」。上演回数の多い演目なので、演者による形の違いなどに着目できるようになると、また面白さが増すのだろうけどねえ。

20160417131716ece.jpeg

幕間は三階「花篭」で月替り弁当の「卯の花御膳」で一杯。幕間35分だとほんのちょっと余裕あり。

次の演目は、「高野山開創1200年記念」と銘打った新作歌舞伎、「幻想神空海(げんそうしんくうかい)沙門空海唐の国にて鬼と宴す」

原作が夢枕獏と聞くと「サイコ・ダイバー」シリーズを懐かしく思い出す。休憩無し2時間以上の長い舞台。幻術と魑魅魍魎が跋扈する唐の都、長安。玄宗皇帝と楊貴妃の悲恋が時空を交錯して空海の眼前に展開する。

ストーリーのスケールは大きく、セリやスッポンの多用、墓からの兵俑、スモークの中からの黄鶴の出現など、舞台装置や廻り舞台の使い方も凝っている。琵琶を引きつつ染五郎が歌うというのも面白い趣向。いかにも新作歌舞伎だが、楊貴妃の悲劇を分かりやすく編集して見せる、竹本の演奏による劇中劇が、新作歌舞伎の中にまた歌舞伎が出現するという印象的な趣向。

なかなか面白いが、原作が長いからか全体にエピソードを詰め込み過ぎた感もあり。まったく予備知識無しに観たので途中で誰が誰やら判らなくなってちょっと混乱した(笑)

ほとんど出ずっぱりの主役、空海を染五郎が演じるのだが、意外に印象が薄い。無名の私学僧が何故か突然遣唐使となり、わずか2年の唐留学で真言密教の最高潅頂を受法し、大阿闍梨として日本に真言密教を持ち帰る。この異能かつ偉大な天才宗教家としての空海の大きさがこの舞台ではあまり描かれておらず、どこか世話物に出てくる江戸の町人のよう。役柄としても単なる狂言回しに思えるのだが、これが原作でもそうだったのだろうか。そう思って見ると、松也演じる橘逸勢は「よいしょ」を連発するだけの子分に見えてくるのだった。

楊貴妃役の雀右衛門は、芸者役などやると艶がイマイチに感じるが、狂った楊貴妃役として舞うと妖気に溢れ鮮やかにも美しく成立している。玉蓮の米吉、春琴の児太郎共に伸び伸びと演じて実に魅力的。最後に出てくる憲宗皇帝の幸四郎は、さすがに長い舞台をキッチリと締めて大きかった。

20160417131740a4d.jpeg

打ち出しは9時過ぎ。帰宅して、氷結ストロングで一杯。劇中でも出て来たが、楊貴妃の好物「ライチ」の風味というのが珍しい。

歌舞伎座「四月大歌舞伎」昼の部を観た。
本日は、歌舞伎座で「四月大歌舞伎」昼の部。高麗屋父子が主演する新作歌舞伎をメインにした座組。

201604031844136eb.jpeg 20160403184449895.jpeg

座席は花道寄り。ただ正面方向、斜め前前列にやたらに座高が高い細身の初老女性がおり、舞台中央に俳優が座ると何も見えない。これには悩まされた。まあ、劇場の観劇では仕方ないですな。

20160403184545550.jpeg

最初の演目は、「松寿操り三番叟(まつのことぶきあやつりさんばそう)」

三番叟は、翁を入れて三人出てくるが、これは箱から出した人形が操られながら三番叟を踊るという趣向。能楽が元の三番叟は歌舞伎で様々なバリエーションが成立。箱から出てきた人形が踊るというのは、去年の8月納涼歌舞伎、七之助の「京人形」にも似ている。

染五郎が踊りっぱなしなのだが、生身の人間を上の糸で操られているかのように見せる舞踊のテクニックは凄い。太腿の内側の筋肉とか随分大変だよなあ。歌舞伎役者の舞踊稽古を通じた身体能力というものに感嘆。筋書によると顔の隈取は毎日変えているのだとか。踊り後見を演じる松也とも息は合っていた。人形感は充分出ていたが、空虚感まではどうかな。

二番目は、「不知火検校(しらぬいけんぎょう)」

宇野信夫が昭和35年に書いた新作歌舞伎。暫く上演が途絶えていたが、平成25年に幸四郎が復活上演し、その再演。生まれつき盲目で生まれた富の市が、自らの才覚と非情な度胸によって次々と犯罪を繰り返し、検校へと登り詰めて行くという一種のピカレスク・ロマン。

冒頭は、「親の因果が子に報い」という調子で富の市の少年時代が描かれる。幸四郎が演ずる場になると既に富の市は慇懃だが腹に一物あり、機を見るに敏な悪党。そしてその悪は次々とスケールアップして回りを巻き込んでゆく。

療治に通っていた旗本の留守に、金に困った奥方の手助けをすると見せかけて籠絡して力づくでものにする場面は、この身体的ハイディキャップのある悪党が、普通の人間よりももっと深い業を背負い、もっと深い欲望と悪の深さを持っていることを判らせる場面。

歌舞伎には、髪結新三や加賀鳶の道玄、直侍など、色気のある江戸っ子の小悪党は結構出て来て人気だが、不知火検校は凄みが一段違う。生首の次郎(染五郎)と出会って殺しの分前をやって意気投合する場面も実に印象的。

201604031846244bf.jpeg 20160403184703957.jpeg


ここで30分の幕間。花篭で「卯の花御膳」。作り置きの弁当であるから勿論制約はあるが、それでも随分と品数多く立派なもの。ただお酒も飲んで食事するのに30分というのは忙しないね。

後半の「不知火検校」では、富の市が検校へと登り詰め、犯罪スケールも更に拡大。しかし「針を打ってやろうか」などの場面では客席が沸く。愛嬌もある悪漢ではある。金のためだけに奥方になったおはん役の孝太郎は、旦那の不知火と愛人の房五郎に対する態度の変化をなかなか印象的に演じる。

最終的には不知火検校は数々の罪状でお縄に。縄をかけられて引き回される場面は、周り舞台を使った印象的な演出。ただ、不知火検校を「この人殺し!」「人非人!」と責めて石で打つ群衆役の大部屋俳優に、まったく迫力がない。

検校の権威にひれ伏していた民衆が、その権威がひっくり返ると掌を返して正義を振りかざし、石を持って検校を打つのが印象的な場面であり、だからこそ「てめえらみたいな、肝っ玉のない眼あきの能無しが、何を言ってやがる」と不知火検校が悪態をつくところが盛り上がる。群衆のリンチが盛り上がらないと最後のシーンでこの稀代の悪漢の凄みが出て来ないのだが。

大部屋俳優には、何も言わずに石だけ投げてたのが居たのはビックリ。普段はめったにセリフ無いんだから、こんなモブ・シーンこそ目立つチャンスじゃないか、なんで頑張らないんだ(笑)まあ、目立っても所詮「三階」だからどうしようもないという諦観だろうか。

切りの演目は「身替座禅(みがわりざぜん)」

小品ではあるが、ユーモア溢れる有名な松羽目物。仁左衛門は、地位も金もあり、しかし山の神が怖い大名を軽妙に演じる。逢引の後で陶然とフラフラと花道を舞台に帰ってくる風情は気品ある色気に溢れて見事に成立している。その後の、左團次演じる怖い奥方との出会いも軽妙にして面白い。立役が怖くてブサイクな奥方をやるからか、米吉も児太郎も普段より何倍も可憐に見えるなあ(笑)

歌舞伎座三月大歌舞伎昼の部を観た
仕事がバタバタしてすっかり間が空いてしまったが、とりあえず備忘のみ。

先週日曜の昼は、歌舞伎座三月大歌舞伎昼の部。「中村芝雀改め五代目中村雀右衛門襲名披露」。

最初の演目「寿曽我対面」は若手中心。江戸の庶民が大好きな曽我兄弟が仇討の敵と対面するという、昔から正月によくかかった人気の演目。新年の目出度い雰囲気を残しつつ、白塗りの殿様、赤っ面、女方、和事に荒事と、歌舞伎の様式美に満ちて襲名を寿ぐ狂言。橋之助は深く大きく、勘九郎は柔らかく、松緑は豪快に。扇雀、鴈治郎、友右衛門など襲名ならではの分厚い布陣。

舞踊「女戻駕」は、人形町の大火を経て、浅草郊外の何も無い処に建てられた新吉原の風情を残す書割が面白い。時蔵と菊之助が艶やかに。「俄獅子」は大門をくぐった廓の賑わい。鳶の頭と芸者連。梅玉の粋な鳶頭もよい。江戸の粋と情緒に溢れる舞踊。

ここで幕間。花篭にて「はなかご膳」で一杯。イヤホンガイドでは、新雀右衛門のインタビューがあったのだが、地声ながら、不思議となんとなく女形だなあと感じさせる声なのだった。

襲名披露演目「鎌倉三代記」は。菊五郎休演で菊之助が代演。凛々しくも美しい若武者だが、周りが大看板ばかり並んだ豪華な布陣の中では、一人だけ若干若さが浮くような。まあ急遽立った代打ちだからお気の毒。吉右衛門は実に軽妙に出て、「実は」井戸から再び現れると、今度は重厚で古径な大きさを見せる。上手いよなあ。一瞬にして衣装が変わるぶっ返し、そして美しき大団円の見得も見事。

最後は仁左衛門父子の軽妙な「団子売」。襲名披露独特の華やかな雰囲気を盛り上げて打ち出し。