FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
大阪松竹座、「七月大歌舞伎」昼の部に遠征
令和元年七夕の日は、名古屋で大相撲初日を観戦予定。土曜に前乗りする予定であったのだが、どうせなら金曜の夜に大阪まで出て、土曜日は、久しぶりに大阪松竹座で「関西・歌舞伎を愛する会 結成四十周年記念 七月大歌舞伎」、昼の部を見物。

IMG_1001.jpg

ここで初日前に「船乗り込み」があったんですかなあ。

IMG_1002.jpg

グリコの横には中車が。

IMG_1005.jpg IMG_1010.jpg

この日は祇園の総見とかで、一階上手側壁際には綺羅びやかな着物の舞妓さんがズラリと。他にも落ち着いた着物の「お姉さん」が沢山来場。会場は実に華やかである。

最初の演目は、「色気噺お伊勢帰り(いろけばなしおいせがえり)」

松竹新喜劇の舞台を歌舞伎化。伊勢参りの旅から帰った大阪庶民の巻き込まれるドタバタを描く喜劇。

伊勢参りは大阪庶民の娯楽で、お参りを済ませた後は、精進落としとして、遊郭に繰り出すのが通例。昔から門前町には悪所が付き物とも聞く。「伊勢音頭」でも出てくる、「御師」という、今でいうツアー・コンダクターのようなものが居たのだが、結構な金額がかかり、庶民は「講」に入り、毎月少額を積立し、クジで当たったものが順番に積立金を使って伊勢参りに行ったのだとか。

貧乏だが二枚目の大工清八が、郭で遊女に適当な事を言って大モテしたのだが、その遊女が清八を訪ねてきた事から始まるドタバタ。ラチも無い気楽な喜劇だが、芝翫はチャランポランな色男が良く似合っている。鴈治郎はんも、歌舞伎辞めてもそのまま松竹新喜劇か吉本新喜劇で通用する出来。

扇雀も壱太郎も軽妙に演じて上手いものだが、実は底なしの悪女であったという遊女を演じる梅枝は、軽い役であってもちょっと手に余った風があった。最後に丸く収める秀太郎は流石の風格あり。

次は短い舞踊劇、「厳島招檜扇(いつくしままねくひおうぎ) 日招ぎの清盛」

この世を我が世と思い権勢をふるった平清盛が、扇で呼び戻すと落日が戻って来たという故事を舞踊劇化。平清盛を、病気で倒れて以来久々に片岡我當が演じる。動きは片腕しかないが、セリフはちゃんと入っているしなかなか堂々たるもの。進之介、萬太郎、壱太郎、中村福之助など若手を配して。

幕間のイヤホンガイドでは弟の仁左衛門のインタビュー。兄の我當が舞台に上がれるようになった事を喜びながらも、歌舞伎を知らない人が見たら「なんだこれは」と思うかもしれない、しかし、歌舞伎のお客様の中には、不自由な身体で演じても、「ここまでよくなったのか」と喜んで頂けるお客様もいる、まあお客様への甘えではあるのですが、それでも復活はよかったと。

様式美にあふれた豪華絢爛な舞踊。


最後の演目は、「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」より、「渡海屋・大物浦の段」。いわゆる「碇知盛」。

渡海屋銀平実は新中納言知盛を仁左衛門。関西ではこの演目はおそらく演じ納めとの事で見物に来たのであった。

源義経は菊之助。高貴な若武者として印象的に成立。女房お柳実は典侍の局が孝太郎。

仁左衛門は生まれついての立ち役で、知盛は大きく輪郭がクッキリしており圧巻の迫力。演出としては物語が分かりやすい。
渡海屋奥座敷、注進に来た家来が伝える戦の劣勢、沖の船から明かりが次々と消えて行くのを見て、知盛の奇襲が失敗した事を知り、平家の女官達が驚愕し慄いて泣く場面は、歌舞伎の様式的な美に満ちているのだが、歌舞伎座で見たほうがずっとスケールが大きかった。これは小屋の大きさで仕方がない。

西国に落ち延びる義経の船が嵐に会い、平家の亡霊のせいだと言われた故事に、史実では、壇ノ浦で平家滅亡と共に死んだ平知盛と安徳帝が実は生き延びていたと言う虚構を巧みに持ち込んだ筋書きが優れている。

復讐の鬼となった知盛が、最後には父清盛の悪行を振り返り、昨日の敵は今日の味方と、安徳亭を義経に託し納得して死んでゆく人間劇。しかし、壇ノ浦で平家を滅ぼした大殊勲の義経さえも、今や頼朝と不仲になり落ち延びる身。運命の輪が巡る歴史の無常の中に、虚構を見事に挿入した歌舞伎の名作。碇を海に投じ、それに引き込まれて海に消えて行く知盛を演じる仁左衛門は実に大きく、年齢を感じさせない見事な動き。凄かったなあ。

打ち出しの後、新大阪駅構内の居酒屋で串カツを肴に一杯やった後、新幹線で名古屋に移動したのであった。









スポンサーサイト
歌舞伎座、六月大歌舞伎「夜の部」
先週、金曜日は年休奨励日。のんびり朝寝して、午後は歌舞伎座「六月大歌舞伎」夜の部に。


20190618210102a92.jpeg 201906182101223b3.jpeg

新作歌舞伎、「月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと) 風雲児たち」の通し上演。「三谷かぶき」とも銘打たれている。

江戸の鎖国時代、、嵐で難破、漂流。ロシア領アリューシャン列島にたどり着いた伊勢の商船。この船の乗組員たちが日本へ帰国するための許可を追い求め、遥かサンクトペテルブルクまで移動してエカテリーナ女帝に拝謁し、帰国する。この苦労を描いた、みなもと太郎の原作漫画を三谷幸喜が脚本化。今回、新作歌舞伎として歌舞伎座にかけることに。

襲い来るどんな苦難にもめげず、日本への帰国という意志を貫き通し、他の乗組員たちを鼓舞し続けた大黒屋光太夫を幸四郎が印象的に演じる。そもそも実話に基づく物語だという。

三谷幸喜は、あちこちにドタバタと笑いを入れて、実に賑やかにして退屈しない脚本に。幸四郎、猿之助の掛け合い部分も面白く、ロシア版「弥次喜多」の趣あり。

ただ、三谷は、俳優八嶋智人とのまったく歌舞伎味の無い(笑)イヤホンガイドの対談で、幕開きに登場する狂言回し役の松也の名前も覚えていない位だから、歌舞伎知識は殆ど無いと思わせる。登場人物の個性が現れた脚本との評もあるが、白鴎、幸四郎、猿之助、愛之助位しか、おそらく三谷は知らないのでは。

一幕目の冒頭、最初から定式幕は開いており、立体的な舞台装置の上に波をイメージした巨大な布がかけられている。

花道から登場した松也はメガネにスーツ。大学教授風に、「答えないと単位をやらんぞ」などと客をいじって笑わせると共に簡単な状況説明。かなりアドリブも入っているような。

日本には元々優れた大型帆船製造の技術があったが、諸大名の反乱を恐れた徳川家康が、帆が1本の帆船しか建造を許さなかったため、船の操作が安定せず、この頃は海での遭難が多かったというトリビアは興味深い。なるほどねえ。

波が描かれた布を使った嵐の描写の後、最後の手段として帆柱を切り倒し、沈没は逃れたが、操船の手段を失ってあてなく漂流し続ける商船神昌丸と乗組員たちが登場。

手前勝手な個人主義の愛之助や、文句が多いが頭の回転が早く、洒脱で軽妙なセリフで客席を沸かせる猿之助など、人物の個性は良く立っており、面白い。役者同士の楽屋落ちのくすぐりも連発。

イヤホンガイドでの三谷によると、猿之助は最初の舞台稽古からずっとふざけ続けており、最後のほうになって三谷から「一度だけ真面目にやってもらえませんか」とお願いした由。

難破船がアリューシャン列島に辿り着いてなんとか生き延びるところまでが第一幕。ここで30分の幕間。

20190618210148806.jpeg 20190618210206260.jpeg

「花篭」で芝居御膳で一杯。小皿にパンがついたメニューを食しているお客が結構居て、あれは何かいなと思っていたら、この劇のロシアに引っ掛けた「ボルシチ定食」なのであった。

男女蔵は、切り倒した帆柱で激しく頭を打ち、大分ネジが外れてしまった妙な船員を好演。幸四郎の大黒屋光太夫は、第一幕ではどこか頼りなさを感じさせるが、やがて全員を鼓舞する意志の強いリーダーとして成長してゆく。染五郎も後半になるにつれ、責任感を感じる大人の船員に。高麗屋の成長譚でもある。白鴎は若手中心の座組にきちんと重みを与えている。

大雪原を犬橇で走り続けるスペクタクルなど見所も多く、随所に挿入される笑いの部分と若手による熱演、日本への帰国と別れを描く第三幕も盛り上がった。
 
大詰めでも松也が登場し、「皆さん、私はもう帰ったと思っていたでしょう」と観客を笑わせる。最後にはカーテンコール2回あり。客席スタンディングオベーション状態に。公演としては大いに盛り上がった。

ただ、脚本そのものには、さほどの歌舞伎味はなく、歌舞伎風の演出は、幸四郎、猿之助や愛之助など、歌舞伎役者たちが舞台稽古で「あれを使おう」「こうやろう」など相談して次々に決めて行ったという。歌舞伎役者は元々が演出家を兼ねているから、自在にそんな事もできるのだろう。

つけ打ちや義太夫、簾内の下座音楽など、歌舞伎の仕掛けも一応使用されてはいるのだが、さほど印象には残らず、若干妙な歌舞伎風味ではある。まあだから「歌舞伎」ではなく、「三谷かぶき」と称する所以か。客席にも、歌舞伎ファンではない観客も結構いたと思うのだが、誰でも楽しめる3幕。多様なものを平然と内包できる、歌舞伎の柔軟性と奥深さを感じさせる公演でもあった。これもまた歌舞伎だと感じた舞台。

歌舞伎座、「六月大歌舞伎」昼の部。
先週末、日曜日には歌舞伎座で「六月大歌舞伎」昼の部。

20190605204642a0a.jpeg

まず短い舞踊が2つ続いてお昼の幕間という、割と珍しい構成。

最初は、「寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)」

イヤホンガイドで最初に出てきた翁役の東蔵が人間国宝だと知ってビックリ。知らなかった(笑) 知っとけよという感じですが。能がかりの舞踊の後、幸四郎と松也の三番叟が揃って踊る。幸四郎は舞踊への出演が多いが、松也は三番叟初役だとか。確かにあまり舞踊で見ないが、なかなか息が合っている。五穀豊穣を願い、邪気を払う。まあお祓いを受けているような目出度い演目。

10分の幕間の後、「女車引(おんなくるまびき)」

「菅原伝授手習鑑」にある、荒事の豪快さと歌舞伎の様式美に満ちた有名な段を、松王丸、梅王丸、桜丸のそれぞれ女房が踊るという、「女暫」や「女鳴神」のような趣向。そもそもは吉原の郭で演じられた芸に由来するとか。実に短い舞踊劇。魁春と雀右衛門という大ベテランに挟まれて、児太郎がまだ初々しい若い女房役で踊って頑張っている。

ここで30分の幕間。花篭にて海鮮重など。

201906052047002d6.jpeg 20190605204719967.jpeg

次の演目は、吉右衛門の、「梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)」。鶴ヶ岡八幡社頭の場。

梶原平三景時は普通歌舞伎では悪役だが、この演目では智と情を兼ね備えた爽やかな武将。初代吉右衛門から当代に受け継がれた当たり役であるが、播磨屋は実に機嫌よく、格好良く演じて結構な話である。

歌六の六郎太夫は、源氏再興を心に秘め、娘婿の為に二つ胴で切られて命を捨てようとする腹の座った親父役が堂に入っている。長男の米吉が娘の梢を可憐に演じる。

又五郎の大庭三郎、息子歌昇の俣野五郎も大きく脇をしっかりと固めた。よく出来た演目だけあって、最後の「石切」はやはりカタルシスあり。

最後の演目は、「恋飛脚大和往来(こいびきゃくやまとおうらい) 封印切」

実話を元にした上方和事の有名な演目。この段に続く大詰めの、「新口村」はちょっと前に歌舞伎座で出た。雪の降りしきる中、おそらくもう生きては会えない親子の今生の別れ。静かな詩情に溢れた美しい幕切れ。

イジイジウジウジした上方和事の若旦那というのは、ガンジロはんがやるとデップリ太り過ぎて色男に見えないのだが、仁左衛門がやると若々しくも可愛げのある色男に見えるのが素晴らしい。場内の拍手を一身に集める。

秀太郎も孝太郎も出て松嶋屋結集。秀太郎の井筒屋おえんは流石に上方歌舞伎の貫禄あり。大向うでは、鶏爺さんの声が微かに聞こえたような気がしたが、あれは空耳だろか。

愛之助が、傾城梅川を金にあかせて身請けしようとする丹波屋八右衛門。彼に嘲られ、追い詰められて亀屋忠兵衛は飛脚業にとっては死罪となる、公金の封印を切ってしまうのだが、愛之助はペラペラよく口は回るが、憎々しい敵役としてはちょっと軽い。あの煽りで、死を覚悟して封印を切るまで行く気がちょっとしないというか。

八右衛門と梅川が手を取り合って花道を去るラストは、死への道行き、あの雪の降りしきる「新口村」へとつながっているのだった




歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」、夜の部
GW連休9日目の日曜は、「團菊祭五月大歌舞伎」夜の部。令和最初の歌舞伎座公演。


20190507155617b44.jpeg
20190507155644cf2.jpeg
20190507155707e99.jpeg 201905071557278eb.jpeg
201905071557472c9.jpeg 201905071558094e2.jpeg

菊之助の長男、寺嶋和の史丑之助襲名披露演目があるので、歌舞伎座には祝い幕が。弁慶と牛若丸の絵はジブリの宮崎駿の手になるものだそうである。この絵があったので、菊之助は当初予定の配役を変更して、弁慶役を務めることにしたとイヤホンガイドで。

この日は大向こうに鶏爺さんがいて、殆ど聞こえない声を、最初の幕から盛大に掛けている。空耳のような気がするがやはり幽かに聞こえる(笑)

最初は短い舞踊。「鶴寿千歳(かくじゅせんざい)」

昭和天皇即位の大礼に際して寿ぎの舞踊として上演され、それから節目節目に目出度い舞踊として上演が続いている。まさしく令和最初の歌舞伎興行にふさわしい演目。箏曲と鳴物だけの伴奏というのはなかなか珍しい。

鶴は千年生きるという伝説を背景に、時蔵と松緑が鶴として踊る。宮中の男に扮して、梅枝、歌昇、萬太郎、左近と音羽屋の若手も揃い踏みで。左近は大きくなったなあ。

次の演目も、七代目尾上丑之助初舞台 「絵本牛若丸(えほんうしわかまる)」。父親の菊之助も初舞台で務めた演目。しかし花道で肩車される所くらいしか記憶がないのだそうである。今回の丑之助もまだ五歳。幼稚園の年長組。果たして記憶に残るだろうか。

菊五郎と吉右衛門が祖父という歌舞伎界のサラブレッド。人間国宝の爺や2人が揃って相好を崩し、孫の初舞台を見守る。

しかし口上では、吉右衛門が寺嶋和史(かずふみ)の本名をド忘れ。しどろもどろのアーウーで乗り切り、観客の笑いを誘う場面あり。以前、TVの番組で孫と遊んでいる所では、「かずくん」と呼んでいたので、本名がつい抜けたのでは(笑)

丑之助は口上もはっきり言えて、セリフも入っており、見得も立ち回りも立派にこなして観客の暖かい大きな拍手を受ける。音羽屋と播磨屋のDNA。銀の匙を加えて生まれてきた御曹司の前には、生まれながらにして甘美な栄光への道が準備されている。よいなあ(笑)

父親の菊之助、時蔵、雀右衛門、松緑、海老蔵、左團次など賑やかに一幕に付き合う。

ここで35分の幕間。

201905071558384c9.jpeg 201905071558592fd.jpeg

花篭で「芝居御膳」で一杯。もう連休も最終盤だとなんだか寂しい気分。

幕間の後、「京鹿子娘道成寺(きょうかのこむすめどうじょうじ)」

菊之助の白拍子花子は、華やかで、しなやかで、気品高く美しい。まさに時分の花。美しいほど、最後の女の情念が深く心に響く。

所化坊主の手ぬぐい撒きでは、ボーッとしていたら、手拭いが私の顔のほうに一直線。「危ねえ!」と思ったら、隣のオバさんが片手を伸ばしてバシっとナイスキャッチ。やはり準備しておかないとビックリしますな。

しかし、菊之助は、團菊祭で息子の丑之助襲名初舞台という事もあろうが、昼の部で「勧進帳」義経。「め組の喧嘩」の鳶、藤松で舞台を駆け回る。夜の部は、襲名披露の「絵本牛若丸」で弁慶となり息子を肩車して花道の引っ込み。そして「京鹿子娘道成寺」では一人で踊り詰めの白拍子花子と、七面六臂の活躍。一日に義経、弁慶、白拍子花子を演じるというのも珍しいのでは。

最後の演目は、「曽我綉俠御所染(そがもようたてしのごしょぞめ)御所五郎蔵」。若手中心の座組。

大立者でもなかった父親を、若くして失った松也が、團菊祭で頑張るというのは、菊五郎劇団の人情を感じるところ。しかし御所五郎蔵というのは、よく考えてみれば、金に不自由して妻を遊郭に落とし、その妻に裏切られたと思って怒り、違う傾城を切ってしまうという、そんなに格好良い役でもないか。

最初の遊郭の場、一面の桜が咲き誇る吉原。河竹黙阿弥の渡り台詞が心地よく響く。星影土右衛門役の彦三郎は流石に立派な口跡で台詞は朗々と響く。これに気押されたか、松也のほうが、時折発声がはっきりしないのが残念。ちょっと無理しているのではないか。

梅枝の傾城皐月、尾上右近の傾城逢州、坂東亀蔵の甲屋与五郎も印象的。ただ全体としてあまり後味のよい作品ではないなあ。
令和初歌舞伎、「團菊祭五月大歌舞伎」昼の部。
連休最後の週末は歌舞伎座で。土曜日は、「團菊祭五月大歌舞伎」昼の部。

201905061337389f0.jpeg

最初の演目は、「寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)」

松緑は、この狂言では扇の要、座長格の演じる敵の工藤左衛門。筋書によると2月に実父の追善公演を行った時に大先輩方にお世話になり、今回はその息子達が活躍できる出し物で「ご恩返し」したかったとの事。確かに若手ばかり。

木阿弥の優れた台本と練られた台詞。歌舞伎お約束の人物像がダイジェストされたような配役。こんな伝来の歌舞伎様式美の「フォーマット」があると、若手や初役ばかりでも、美しく目出度い一幕がきちんと成立する。

尾上右近の大磯の虎、米吉の化粧坂の少将、どちらも艶やかで美しい。萬太郎の曽我五郎は、若干生硬で小さく、荒事らしい天衣無縫な大きさには欠ける。実兄の梅枝が役でも兄役の曽我十郎。こちらは女形だけに和事味の柔らかさあり。兄弟が並ぶと、女形の兄貴の方が大きい。サイズ感でいうと萬太郎に荒事の立役はちょっと難しい所か。

20190506133816361.jpeg

2019050613384198a.jpeg

ここで30分の幕間。三階花篭、「花かご膳」で昼間から一杯。この日は結構食事場は混雑していた。

次の演目は、「歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)」

来年の團十郎襲名を控え、海老蔵として最後に演じる市川宗家、家の芸。同世代の松緑、菊之助とのこの演目での共演は20年ぶり。

海老蔵は台詞が上ずることもなく眼力鋭く観客を掴む。成田屋の家の芸だけあって、大看板を除けば海老蔵が自家薬籠中の第一人者と言っても過言ではなかろうが、楷書の弁慶と云うよりも、ちょっと慣れきって悪ズレした感が微妙にある。

海老蔵の「弁慶」は前も歌舞伎座で見たが、確かにあの顔芸は目を引いて面白いのだが、何かこう、怪異なものを見たという印象がする。この時代を生きる、一人の市川海老蔵という歌舞伎役者が演じているのだという所まで、見る側が突き抜ければ印象的。型を演じるのが歌舞伎という古い観点から見ると、微妙に違和感があるのかもしれない。

本人の芸が枯れてくると、印象はあるいはまた違うのだろう。しかし、筋トレばかりして元気だから、なかなか枯れないかもしれない(笑)

松緑の富樫は、きちんと演じて単体では悪くないと思ったが、山伏問答など、火花が散るように弁慶とガップリ対峙して、緊張を互いに波のように盛り上げてゆく印象があまり無かった。大相撲で云うと巡業の花相撲のような印象。富樫は段取りではできなくて、弁慶同様に心中の葛藤がある、ある意味もうひとりの主役なのだが、やはり、海老蔵とはちょっと噛み合わないのか。

菊之助は、義経の高貴さ生まれながらの大将であった気品を十分伝えてお見事。

海老蔵、飛び六法の引っ込み直前では、誰かの耳から外れた落ちたイヤホンガイドの解説が聞こえて来るほど観客は息を呑んでいた。しかしあのイヤホンガイドの音量も凄いな(笑)

最後の演目は、「神明恵和合取組(かみのめぐみわごうのとりくみ)」、いわゆる「め組の喧嘩」

品川島崎楼より神明末社裏まで。

菊五郎劇団お手の物の演目。年齢を感じさせない粋で鯔背な鳶頭を、当たり役として菊五郎が演じる。菊之助も凛々しく爽やかな男伊達。来週から大相撲夏場所が始まるので、五月の團菊祭ではタイミングが良く、前にも出ている。

菊五郎軍団の一糸乱れぬ大群衆の大立ち回りは実に見所あり。屋根に立てかけた梯子を、手を使わずに菊之助以下の若手がそのまま駆け上がって行く圧巻。筋書きによると、なんでも昔は、相撲取りを客席に落としたり、千秋楽では梯子でセットの小屋を粉砕したり、無茶苦茶やったらしいが、確かに大暴れのカタルシスが主眼の演目。

時蔵の女房おくらは、亭主が命を掛けた喧嘩に行かないのが承知できないという、鉄火な江戸の女ぶりが見事。

いったいどうやってこの喧嘩のケリをつけるのかと心配になる群集劇の大暴れであるが、大詰め、梯子を使って、屋根の上から絶対的仲裁者として舞台中央にいきなり降りてくる歌六は実に鮮やか。古代ギリシャ劇では、機械仕掛けを使っていきなり降臨する「デウス・エクス・マキナ」(機械仕掛けの神)という役があったらしいが、古今東西意外に同じ事を考えますな(笑)

今まで血みどろの大喧嘩をしていたのに、仲裁者が現れると、恬淡と「ではこの喧嘩、預けましょう」というのも、口は悪いが腹の中には何も無い、江戸っ子のカラッとした気っ風の良さと共に、江戸の風が吹く、実に印象的な幕切れ。


歌舞伎座 「四月大歌舞伎」昼の部
先週の日曜日は、歌舞伎座「四月大歌舞伎」、昼の部。個人的には平成最後の歌舞伎鑑賞である。

20190416213820a28.jpeg

最初に二階に上がって階下を見ると、確かに両花道が設置されている。前回、夜の部に来た時は迂闊ながら、最後の演目まで上手に仮花道が設置されている事に気づかなかった。

20190416093616709.jpeg

最初の演目は、新作の歌舞伎、「平成代名残絵巻(おさまるみよなごりのえまき)」

平成最後の歌舞伎座公演とあって、天皇御代変わりを寿ぐ祝祭舞踊。栄華を誇る平清盛亭から、清水寺。桜が舞う豪華で煌びやかな演出。まあ筋立て自体は気にすることもない気楽なもの。

福助はおそらくまだ右半身がうまく使えない様子で、左手以外は動きのない役。歩けるのだろうかと心配になるが、結構台詞も多いのに、声はなかなか立派に朗々と響く。劇中では、新元号「令和」を織り込んだ台詞も。

福助息子の児太郎が立役で、遮那王を演じる。女形の声の高さと違う部分もあるのだろうが、声がちょっとガラガラ。風邪でも引いたか。巳之助は平知盛。声がよく通って立派な武者。いわゆる碇知盛で有名な役。

源氏の白旗、平家の赤旗がそれぞれに両花道に分かれ、定式幕が閉まった後の両花道幕外の引っ込み。巳之助と児太郎がそれぞれ六法を踏んで、さらばさらばと立ち去って行く。派手で実に目出度い。しかしさほど仔細に見るべき所もない演目。

30分の幕間。

20190416093635195.jpeg

先だっての夜の部よりも客が入っているが、まだ割と空いている。そういえば一階席にも空席が所々で目立った印象。海鮮重など。

次の演目は、「新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)」。いわゆる「野崎村」だが、前の段の「座摩社」が出るのは40年ぶりとか。

お染久松物語を背景に、田舎娘の成就しない悲恋を描く。

「座摩社」については、この場があると、野崎村に訪ねてくるお染が唐突ではなく、久松の深い関係も事前によく分かる。単純に久松との祝言を喜んでいる久作娘お光を見た時点で、「ああこの恋は成就しないんだ」と感じる事ができ、お光の「嬉しかったはたった半時」に至る悲嘆が実に身に染みる。

ただ、この「座摩社」の段は、お染めに横恋慕する手代小助が前面に出た上方喜劇仕立て。手代小助を又五郎が大仰に、かつ達者に演じるものの、客席はまったく沸かない。たまたまこの日の客だけかもしれないが、悪く言うと又五郎は「スベっていた」。又五郎にしたら「なんで笑わねえんだ、このヤロー」と思っているかもしれないが、松竹新喜劇のような上方お笑いの風味がちょっと無いのだよなあ。

時蔵のお光は、祝言を告げられた純朴な歓喜、自分よりずっと裕福そうな町娘への少女ならではの素直な嫉妬など、若々しく演じて芸の力を感じる。久松を思い切った後の悲しく殊勝な姿から、大詰めで二人を分別ある女の如く礼儀正しく見送った後、純朴な田舎娘に戻って親父の胸に泣き崩れるまで、鮮やかに印象的。

前に七之助がお光をやった時は、今までの人生で大根は一度も切った事が無いのではないかという手つきであったが、さすがに時蔵は、大根をサクサクと難なく刻んで行き、家事を一所懸命にこなしている田舎娘らしさを表現したのも手練れの役者。女形は何でもできなければいけませんな。

雀右衛門のお染については、クドキの場面など流石の芸の力で印象的ではあったが、娘役をやるにはちょっと肥え過ぎであるようにいつも思えるのだが。歌六の百姓久作は、初役なのだそうだが、娘を思いやり、お染久松に別れてくれと嘆願する、情愛深い親父を演じて心を打つ好演。

優柔不断な色男の風情は、久松を演じる錦之助のニンにまさにある。結局この人が全ての揉め事の原因になっているのだが、白塗りの色男は常にどこかケロっとしているのだった。色男というものは、大概そういうもんなんだなあ(笑) 大詰めで、物事を丸く収めにやってくる、油屋後家役、秀太郎もまさに本役の風格あり。

切りの回り舞台による、久作家の表から川沿い土手への場面転換は、実に歌舞伎らしく印象的。両花道を使って、水路と土手で、お染久松が別々に戻って行く。

この日、大向こうは、微かに鶏爺さんの声が聞こえたような、あるいは錯覚だったような。全般に少ない。一階からは殆ど無いのが実に結構である。

次の短い舞踊劇は、坂田藤十郎米寿記念と銘打った、「寿栄藤末廣(さかえことほぐふじのすえひろ)」、「鶴亀」。

坂田藤十郎は今年の12月に米寿になるのだそうで、記念の祝祭舞踊。本年1月に、大阪松竹座で初演されてこれが二度目。話の種に見れてよかった。

藤十郎の女帝は開幕、舞台中央のせり上がりから登場。よく言えば春風駘蕩、ゆったりと品格のある舞踊。悪く言うと、「あっ、動いている動いている」と、ちょっとパンダを見るような感慨。しかし米寿でまだ歌舞伎座の舞台に立つのは立派。役者は一生現役ですな。

猿之助が亀、息子の鴈治郎が鶴で目出度い祝祭の舞踊。壱太郎、児太郎、米吉など花形の女形も煌いて美しい。藤十郎の息子、孫の三代が同座した目出度い舞台。

最後の演目は、「御存 鈴ヶ森 (ごぞんじすずがもり)」

江戸の人気者であった白井権八と幡随院長兵衛が出会う場面を描いた有名な一幕物。 「だんまり」の滑稽な立ち回りもよく出来ている。この場で飛脚を演じた又五郎は、結構ウケていた。

そして大詰は、人生を左右することになる男2人の運命的な出会い。菊五郎は若々しく怜悧な剣の達人で、堂々たる侠客、幡随院長兵衛役、吉右衛門の台詞が朗々と響く。歌舞伎の大看板二人がガップリ四つに組んで、大相撲で言うなら千秋楽の横綱同士の結びの一番の如し。これこそ歌舞伎の醍醐味。実に見ごたえがあった。


歌舞伎座「四月大歌舞伎」、夜の部
先週土曜日は、歌舞伎座「三月大歌舞伎」夜の部。

ajIMG_0493.jpg ajIMG_0494.jpg
ajIMG_0495.jpg

駅からブラブラ歩いてセブンイレブンに寄ったら、横の公園で桜が満開。まだまだ咲いているが、この週末までかな。

ajIMG_0496.jpg

最初の演目は、仁左衛門の、「源平布引滝 実盛物語(さねもりものがたり)」

仁左衛門はこのところ歌舞伎座出演が続くが、毎月良い。人死にのある、ある意味暗い話でもあるのだが、この「実盛」では、最初から最後まで、仁左衛門は、颯爽と明るく背筋の伸びた主人公の実盛を演じる。

寺嶋眞秀が子役、太郎吉役で大活躍。三味線に乗る台詞も立派にこなす。歌舞伎は一種の男系相続だが、音羽屋の血筋といえば血筋であり、人気が出たらどうなるんだろう。「サワコの朝」で母親の寺島しのぶは、「父親が歌舞伎役者ではなく、御曹司ではないので」と語っていたが、歌舞伎が大好きらしい。

歌六の瀬尾は初役なのだそうだが、赤っ面の憎らしい押し出しと、「戻り」の孫を思う祖父との慈愛が両方くっきりとした輪郭で描かれ、実に堂々たるもの。上手い役者は何をやっても達者だ。松之助と斎入も、しっかりと脇を固める。

源氏の白旗を絶対に守り抜くと握りしめた小万の手に、切り落とされた際に霊魂が宿り、死体に繋ぐと小万が反魂する。実盛は、自分がいずれ討たれる遠い未来を幻視して、その時には老人になっているが、間違わないように髪を染めて戦場に出ようと語る。子供ではなく手が生まれたというエピソードも含めて、全体に流れる不思議なオカルトじみた雰囲気が独特。

最後は仁左衛門が、これまた颯爽と馬で去ってゆくのも後味よろしいですな。

一階席前方に居たのだが、やたらにイキった声で、役者の出と入り、見得のたびに声を掛ける男がすぐ後ろに居たので、大変にウザかった。大向うは幕見か3階でやってもらいたい。一階席で後ろから声が掛かるとは予想していないので、結構気に障る。しかも、時々屋号間違えていたと思うけど。なんなんだ(笑) 仁左衛門の時は他にも一階席で声掛ける客多し。不思議なり。

ajIMG_0498.jpg ajIMG_0499.jpg
ajIMG_0500.jpg

幕間は三階の「花篭」で芝居御膳。ホタルイカ、タケノコ、タラの芽、鰆、桜豆腐など、春の彩り満載。しかし、この日は「花篭」ガラガラ。客席はまあまあ埋まっていたと思ったが。団体の客がいないのか。

ajIMG_0491.jpg

そういえば、この前、こんなA4のハガキが松竹から届いていた。4月はチケット売上が芳しくないのか。昼も夜も大看板が出ているのだけどねえ。

二番目の演目は、「猿翁十種の内 黒塚(くろづか)」

猿之助の「黒塚」は以前にも歌舞伎座で見た。猿之助は、粋な江戸の鉄火な女も似合うが、この婆さんの役も、なんだかよく似合う。基本的に女形の人なのかも。鬼婆は、隈取をした一種のケレン味のある変身であるが、これまた印象的。

ロシア舞踊を先代の猿之助が取り入れたという幻想的な舞踊が美しい。

しかし人をさんざん殺した鬼婆も、仏のお慈悲で助かると言われて喜んだ後で、ケロっと裏切られては、それはまあ激怒するだろうなあと同情もする物語。阿闍梨役の錦之助がまた、ケロっとしている(笑) まあ、この人の持ち味であるが。念仏で調伏されてさすがの鬼婆も、最後に大見得を切って、しかし一巻の終わり。

最後の演目が、「二人夕霧(ににんゆうぎり)」

「廓文章」、いわゆる「吉田屋」の後日談。初代の夕霧が亡くなり、二代目の夕霧を身請けして、伊左衛門が昔取った杵柄で、「傾城買指南所」を開きながら食い詰めた生活をしているところに、なんと亡くなったはずの初代が現れる。

上方和事、伊左衛門を鴈治郎が演じる。気楽に見れる「吉田屋」のパロディだが、魁春が、若き傾城にちゃんと見えるのに感心。お酒が回っていたからかな。しかし、孝太郎は若き傾城にはあまり見えなかった(笑) やはり芸の底力か。 魁春も既に70歳と思うが、雀右衛門ほど肥えておらず、首のや手の動きと、顎から首にかけての線が綺麗なのが効いていると思う。

そして、めでたしめでたしの大団円。この「二人夕霧」のラストで、今回の公演で両花道が設置されていた事に気づく。いや~、気づかなかった。夜の部では、仮花道は「二人夕霧」で、最後のらちもない場面で一瞬使われるだけだから、メインはきっと昼の部なんだな。


打ち出しは9時近くと、結構遅い。いささか疲れたので、帰宅は歌舞伎座横で捕まえたタクシーで。

タクシーに乗ると、運転手が「今、中目黒まで行って来たんですが、人が多くて大変でした」と。目黒川の花見客が大混雑だったらしい。今年は「花に嵐」が無く、開花した後で寒くなったので開花が長く続いた。しかし目黒近辺に住んでる人は花の季節は群衆で大迷惑だろう。

このタクシー運転手の説によると、花見の人出で外国人観光客が多いのは、目黒と上野だが、千鳥ヶ淵は外国人が少ないのだとか。まだ外国人にはあまり有名ではないのかな。そういえば、前の週に桜を見に行った浅草の隅田川公園も、 宴会をやってるのは日本人だが、歩いているのは外国人だらけ。着物を来た中国人観光客も大勢いた。インバウンド向けの貸衣装屋があるんだな。

歌舞伎座「三月大歌舞伎」、昼の部。
もう先々週になってしまったが、土曜日は朝4時半起きでゴルフ。早めに終わって東関道でスイスイ帰宅と思っていたら、事故渋滞に遭遇。トラック2台を含む玉突きで乗用車が大破。現場を通りかかった時に、丁度、救急車のストレッチャーで首を固定され苦悶の表情で運ばれる若者を目撃。大怪我でなければよいが。交通事故は嫌だねえ。やはり車間距離取るのが一番と思うが。

この日は大相撲大阪場所7日目。幕内の相撲は余裕で生中継を見れると思っていたが、渋滞のせいで結局録画観戦に。

でもって日曜日は、歌舞伎座「三月大歌舞伎」昼の部。

20190325160235130.jpeg

最初の演目は、「女鳴神(おんななるかみ)」

歌舞伎十八番の「鳴神」。この主人公を女形に変えたもの。歌舞伎座では27年ぶりの上演とのことで、実に珍しいものを見た。歌舞伎は長い歴史があるから、古い作品には立役を女形に変えた趣向が結構あるようだ。前に見た「女暫」も面白かったなあ。

オリジナルは女の色香に惑って法力を失ってしまう鳴神上人の話だが、「女鳴神」は、美男子にメロメロになった尼さんの話。鳴神尼が孝太郎。雲野絶間之助が鴈治郎。

口移しで水を飲ませたり、酒に酔ってしどけなく身を任せたり、大変エロティックに演出されている。ただ、鴈治郎はデップリ太って、鳴神尼がメロメロになるような美男子に見えないのが難点だなあ。このあたりは美男美女の配役で見たかった。押し戻しの場面、鴈治郎二役の佐久間玄蕃盛政もは二役で演じる。荒事風味は薄いが、恰幅がよく目出度く成立。孝太郎も鬼女の隈取りした後半のほうが見栄えがずっと良い気がする。

二番目の演目は舞踊、「傀儡師(かいらいし)」

傀儡師とは人形遣いの事のようだが、八百屋お七や船弁慶などの人形芝居を次々に踊り分けるというのだが、舞踊にはまったく素養が無いもので、イヤホンガイドの解説を聞いても舞踊のどこが何を表しているのかサッパリ分からないのであった。しかし24分も一人で踊り続けるのだから、歌舞伎役者の体力には驚かされる。

最後の演目は、近松門左衛門作、「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」

傾城も反魂香も出て来ないが、「傾城反魂香」というのがいかにも歌舞伎。通称「吃又」。序幕として近江国高嶋館の場、館外竹藪の場が出るのが澤瀉屋流なのだとか。これが出ると後半の虎をかき消すシーンやら、救出に向かって手柄を立てるエピソードにつながる。

米吉演じる銀杏の前が、元信への想いを遂げるためにちょっとしたトリックを仕掛けるのだが、米吉がなかなか可愛く成立している。ふすまに血で書かれた虎が実体化して出てくる場面は、馬と同じ要領で人がぬいぐるみに入っているのだが、猿弥との立ち回りで見せる虎としての動きがなかなか面白い。しかし土佐将監閑居の場で出てくる虎の首とまったく違うというのは、小道具の都合なのだろうが、通しで出しているのにどうか。

この演目は、三代猿之助四十八撰のひとつ。以前、吉右衛門で見たが、今回は白鸚が浮世又平。なんでも初役で演じてから30年近く経っての再演。最近は、長年やってなかった役を選んで精力的に演じている印象。やりなれた本役でなければ大変だろうが、新しい挑戦。

得意の弁舌で旦那をたてようとする、健気でしっかり者の女房おとくを猿之助が演じる。この辺りも猿之助は達者なもの。この女房が後ろにしっかりいる事で、又平の哀しみが引き立つ。。

吉右衛門の又平には、吃音の自分へのどうしようもない、屈折した憤激みたいなものが色濃く感じられたが、白鸚の又平は、吃音の具合が割と軽い感じがあって、感情表現もちょっとサラサラしている印象。勿論、悲しみは全ての演技に通じる基調低音となって舞台全編に。

手水鉢の裏に描いた自画像が前面ににじみ出てくる「抜けた!」の場面は、海外の持つ呪術的な力を印象的に表した有名な一場面。

彌十郎の土佐将監光信は、又平の願いを次々に退けながら、年功や手柄を立てる事が重要なのではなく、絵筆の技芸こそが大事なのだと厳しくも優しく見守る師匠を印象的に演じた。








歌舞伎座「三月大歌舞伎」、夜の部
土曜日は歌舞伎座「三月大歌舞伎」夜の部。仁左衛門の「盛綱陣屋」に高麗屋、澤瀉屋の「弁天娘女男白浪」。子役では中村屋の貫太郎、音羽屋の眞秀も出演。

20190314140817274.jpeg

最初は仁左衛門の、近江源氏先陣館、「盛綱陣屋」。人形浄瑠璃由来の時代物。

イヤホンガイドは、モデルになった徳川の時代や背景としての大阪夏の陣や、それに関わる実在の人物を熱心に解説するのだが、必ずしも史実の通りの物語ではないし、逆に物語の興を削ぐような気もするのだが。兄と弟が違う主君に仕えて敵と味方に分かれているという設定だけ理解しておけば、舞台を見るには十分。

敵方である盛綱の弟、知将高綱の一子小四郎が生け捕りにされた所から物語は始まる。左團次の和田兵衛秀盛は花道から派手な登場で貫禄十分。大詰めでもまた威風堂々の登場で、盛綱といずれ戦場で会おう、「さらばさらば」とやるおいしい役だ。

盛綱の主君である北条時政は、小四郎を利用しようとしているが、実子を助けようと弟の高綱が寝返っては、弟の忠義が立たず武将の家としての面目も立たない。秀太郎演じる母親の微妙に、小四郎に自害するよう説得してくれ盛綱が説く場面は、人間の自然な情愛に対立する「武士の世の忠義」に否応なしに従わねばならない、戦国の人間の悲劇を印象的に描く。クライマックスの首実検についてもまた然り。

自らの主君、北條時政が、弟高綱の首を持って陣屋に現れる。首実検で(歌舞伎の首実検はみんなそうだが)他人の首と知った時の驚きと訝しさ。弟の智謀を思い出して、「そうか、策略を仕掛けおったわい」という得心。しかしふと横を見ると高綱の一子小四郎が腹を切り死にかけている。これは一体、という狼狽から、自らの子供を犠牲にして偽首を本物だと思わせる高綱の計画を判じる。ここまで弟がやるのであれば、自分も主君を欺かねばならないと決めた覚悟。

ここまでの息を飲む心の様々な動きを、主君の疑心の目を背中に抱えながら、仁左衛門が圧巻の無言劇で見せる。映画で言えばクライマックスのワンショット撮影のような場面。「盛綱陣屋」は以前、芝翫で観た首実検は、あんまり印象に残っていないのだが。

高綱一子小四郎は台詞の多い大役だが、中村勘太郎が実に立派に演じた。盛綱一子小三郎のほうは音羽屋の眞秀。子役の健気さを見る舞台でもある。微妙の秀太郎も良い。

高綱の首であったかと喜んで、褒美として与えた鎧櫃に、実は間者が潜んでいたという奸計の大詰めも、容易に人を信じない北条時政の狸ぶりを示す印象深いエピソード。狸時政は歌六が堂々たる風格。

ここで幕間。芝居御膳。空豆、白魚、イイダコ。もう弁当のあちこちに春の雰囲気あり。

20190314140836a2d.jpeg 2019031414090162b.jpeg

次の舞踊劇は、「雷船頭(かみなりせんどう)」

奇数日は猿之助が女船頭。猿之助は、艶っぽい江戸の女を演じるのも得意だ。大川端が舞台。空がいきなり掻き曇って雨になると、空から雷神が落ちてきたという想定で、女船頭と雷が、二人で軽妙に踊る。偶数日は幸四郎が立ち役で船頭を演じるらしい。まあ両方観たいというほどのものでもないか。


最後の演目は、河竹黙阿弥作、「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)」

浜松屋店先の名場面の後は、すぐ勢揃いで恰好良く終わる。

この日は奇数日で、弁天小僧は幸四郎、南郷力丸が猿弥。偶数日は、弁天小僧が猿之助、南郷力丸が幸四郎。幸四郎が弁天小僧というのも珍しいし、猿之助の弁天小僧も一度は見てみたいものだが、いかんいかん、3月は大相撲大阪場所もあって遠征するので、夜の部を二度見る余裕はないのだった。危うく松竹の策略にはまる所であった。

浜松屋の場。男だと見破られた後の弁天小僧の有名な啖呵。花道でどちらが荷物を持つかで揉める「坊主代わり」も気楽で面白い場面。

日本駄右衛門は白鸚が貫禄で務めるが、他の白波五人衆は若い世代。花道の渡り台詞、勢揃いの立ち回りも美しく派手。ストーリー無しでも気楽に楽しめる、歌舞伎のお約束と様式美に満ちた一幕。

歌舞伎座「二月大歌舞伎」、夜の部
先週の土曜日は、歌舞伎座で「二月大歌舞伎」夜の部を。

IMG_0294.jpg

最初の演目は、播磨屋の一谷嫩軍記 「熊谷陣屋(くまがいじんや)」

幕が開く直前に、大向こうの鶏爺さんが「ウニャワラワ~」「フニャワラワ~」「ウニャワラワ~」と、消えそうなか細い声で幾つもまとめて声をかけた。しばらく声を聞かなかったがまだご健在だったとは。主要な演者の屋号だとは思うものの、何を言っているのかさっぱり分からない。幕が開く前に掛けるのは、大勢が声を出す場面では自分の声が消されてしまうからだろうが、しかしあんな声で大向こう掛けられてもねえ。

「熊谷陣屋」は人気演目で何度もかかるが、今回の吉右衛門は、今まで見た「熊谷陣屋」の中でも、熊谷次郎直実の苦悩と悲劇が一段と真に迫っており、圧巻の出来であった。

主君である義経の、曖昧な意向を忖度し、実子を敵の高貴な若武者、敦盛の身代わりにして殺したが、前線陣地に自分の妻と、恩人であるその敦盛の母がやって来た。しかも義経まで来ている。首実検を無事終わらせ、これが義経の意に沿う事であったのかをどうしても知らねばならない。極限状況を次々にたたみかける、実に良くできた時代物の傑作。

直実の妻相模を魁春、藤の方を雀右衛門が演じる。

実子敦盛を殺した熊谷次郎直実に、切りかからんと刀に手をかけた藤の方。言葉だけで押しとどめようと、直実は敦盛の死を物語るのだが、これは妻の相模に聞かせる、二人の実子、小太郎を斬った父親としての血を吐くような告白でもある。直実の凄まじい苦悩が明瞭に感じられ心を打つ。

そして義経が登場し、両脇を固めた相模と藤の方の、我が子を失った悲劇と相手への深い同情が、首実検の場で一転して交錯する場面。「お騒ぎあるな」、「騒ぐな」とそれぞれを必死で制する場面も口跡朗々と響き実に印象的であった。

魁春、雀右衛門も熟練の演技。御影の弥陀六を演じる歌六も、物語に印象的な陰影を与える。菊之助義経は高貴に成立。重みは無いが、まあ義経はそういうものかもしれない。

「十六年は一昔」の後、幕外の引っ込みになり、戦の音が聞こえると、カッと武将の顔になるが、しかし直ぐに悲嘆に暮れた僧形に戻る所も印象的。吉右衛門で古典を見ると、常にそれまでにない発見がある。その芸を継ぐ息子がいたらなあと思うが、こればかりは仕方がない。娘婿にあれこれ教えてやってもらいたい。

舞台は素晴らしかったのだが、残念だったのは一階客席で、愚図る子供の泣き声が聞こえた事。公共の場では、子供が泣くことを咎めてはいけないと思うが、周りが全員お金を払って観に来ている劇場で、泣く子供を連れてくるのはちょっと話が違う。しかも何度もやらかしたのであるからちょっと信じられなかった。

IMG_0295.jpg IMG_0296.jpg

幕間は「花篭」で「芝居御膳」など。

次は短い舞踊劇「當年祝春駒(あたるとしいわうはるこま)」

祝祭劇として、昔は新年によく上演されたという「寿曽我対面」のダイジェスト版で、派手で簡単に見れて目出度い、なかなかお得な演目。

梅玉が工藤祐経。鷹狩りの場で討たれてやろうと兄弟に手形を渡してさらばさらば。鷹揚で高貴な殿様を目出度く演じるのはお手の物。

尾上左近は、以前、「蘭平物狂」で観た時よりずっと大きくなって居た。そうか、もう中学生なのか。歌舞伎役者としては、子役でもない、大人でもない微妙な年ごろ。イヤホンガイド解説によると、追善なんだから出したらと梅玉に言われたそうであるが。

なんとなく、顔立ちは父親より爺様尾上辰之助に似ているようにも思える。歌舞伎では隔世遺伝は結構ある気がするなあ。舞踊もなかなか大きく、しっかりしている。ただ発声はちょっと元気が無いかな。十郎は錦之助、大磯の虎に米吉。

幕間のイヤホンガイドのインタビュー。当代松緑は、息子は祖父と父からの預かりもので、立派に歌舞伎役者にするのが自分の責任と述べていた。まあ本人の意志もあろうから無理してはいけないが、歌舞伎役者の伝統が続くと良いですな。

最後の演目は、初世尾上辰之助三十三回忌追善狂言、「名月八幡祭(めいげつはちまんまつり)」

尾上辰之助と昔この演目で共演した仁左衛門と玉三郎が、再び同じ役で息子の当代松緑に付き合うという豪華な追善狂言。この演目は同じ松緑で17年の6月にも見ている。

縮屋新助の、思い詰める生真面目な一途さと陥って行く狂気は、どちらも松緑のニンにある。実に印象的な新助になった。仁左衛門の船頭三次は、色気あるヒモのクズっぷりが素晴らしく良い。玉三郎とのデレデレも濃厚。

粋で気風が良く情に厚い深川の芸者がこの舞台のもう一つの見所。男勝りだが、好きな男には徹底的に尽くす。悪気は無いのだが、考えなく行動するので、廻りを引きずり回す、いわばファム・ファタール。

玉三郎は実に美しく新助を破滅に追い込む美代吉を演じている。ただ、若干、辰巳芸者の粋と張りにちょっと欠けた印象が無いでもない。年齢というよりも一時的に体調が悪いのかな。

大詰めの殺し。本水は無く霧で代用。舞台の本水というのは、温水器がついているとも思えないので、冬場にやると水温が低く、修験者の冬の滝行のようになって役者がやってられないのではないかな。温水を使うと冬場は湿度が低いから湯気が出るだろうし。やはり背景は深川八幡、夏の大祭だし、一種のサイコ・ホラーだから、夏場のほうが良いんだよね。満月はちゃんと出た。

狂気に陥った大詰め、担がれて新助が花道を去る場面。前回の松緑は、上体を起こしたまま、ダッハッハと単に笑いながら去ったのだが、今回は、より動作も声も複雑になり、陥った狂気の闇が深い印象を受けた。

どの演目も見どころあり、実によい観劇であった。夜の部はもう一回くらい観に行きたいものだなあ。

IMG_0293.jpg

歌舞伎座「二月大歌舞伎」、昼の部を観た
先週の日曜日は、歌舞伎座「二月大歌舞伎」、昼の部。

2019020913275123a.jpeg
20190209132818f6b.jpeg

今回の公演は昼夜とも「初世尾上辰之助三十三回忌追善狂言」あり。死後に三世尾上松緑を追贈された尾上辰之助は、当代の四代目松緑の父親ということになる。

最初の演目は、初世尾上辰之助三十三回忌追善狂言、「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)すし屋」

竹本座で演じられた人形浄瑠璃から歌舞伎に。関西では子供が悪さをすると「ゴンタな子やなあ」などと昔は言ったもので、これはこの演目の「いがみの権太」から来ている。 

当代松緑は、「いがみの権太」は初役だそうであるが、「義経千本桜」の三役の中では一番自分の素に近いと筋書きで述べている。確かに本人のニンにあるのだ。菊之助の弥助は高貴な雰囲気、梅枝のお里も田舎娘の純朴な可愛らしさを出して印象的。

演目として見ると、田舎娘の純な恋は成就しない、首実検の首は偽物、悪人が善人へと回帰する歌舞伎独特の「もどり」。歌舞伎のお約束があれこれ盛り込まれた作品。しかしストーリーの展開は、特にいがみの権太が親父に刺されてからが結構間延びしてスローで、「もどり」の演出も唐突。まあストーリーを楽しむというよりも、役者を見物する作品なのかもしれない。前の段にあたる「木の実」「小金吾討死」が出ないと、親父が持って帰る首の由来や、いがみの権太の妻子が身代わりになった事も分かりづらい。

2019020913283747d.jpeg 20190209132854df6.jpeg

201902091329175f7.jpeg 20190209132935d37.jpeg

お昼は花篭で「刺身御膳」。よく見る接客担当の温厚そうなおじさんが福豆の大入袋をテーブルに置いていってくれた。この人は前にも「賢者の食卓」の試供品をくれた。良い人だなあ(笑)

お昼休憩のイヤホンガイドでは、二世松緑、辰之助と子供時代の四代松緑が三代揃ったインタビュー再録。当代松緑は子供の頃からハキハキと自分の言葉で喋り、大層利発な子供だったことが感じられる。

次の演目も、「初世尾上辰之助三十三回忌追善狂言」。

長谷川伸原作の新歌舞伎、「暗闇の丑松(くらやみのうしまつ)」

序幕の舞台は、隣家も含めて二階だけであり、階下の出来事は物音だけで描写される。丑松と夫婦になった娘のお米を妾奉公に出そうとする強欲な母親お熊と、折檻役に雇われた浪人は、丑松を殺そうと階下に降りて行き、丑松に返り討ちに合うのだが、殺人の場面を見せない演出が逆に舞台に緊張感を与える。

人を殺した暗澹の遁走、兄貴分に預けた恋女房が女郎になっていた再会の衝撃、兄貴分の裏切りを訴える恋女房を信じてやる事ができなかった為の悲劇。丑松はそしてその恨みを抱いて更なる闇に落ちてゆく。大詰めの湯屋でも、殺人の場面は直接には描かれない。それがそこまでの闇が深いだけに、それが観客の想像力を掻き立てる。時蔵と菊五郎は息の合った円熟の演技。

実にエモーショナルな世話物であるが、誰も幸せにならないまさに暗闇の作品。夜の部に出る「名月八幡祭」でもそうだが、辰之助はこんな悲劇に生きる陰影のある役が得意だったようだ。早世した原因になる大病を抱えた故の影であったのかもしれないが、一度舞台を観てみたかったなあ。写真を見ると当代の松緑は目元がよく似ている。

最後は。「団子売(だんごうり)」

芝翫と孝太郎が仲睦まじい団子売の夫婦に扮して餅とつき、面をつけて軽妙に踊る。短い舞踊で打ち出し。





歌舞伎座、「壽 初春大歌舞伎」夜の部
5日の午後は、歌舞伎座、「壽 初春大歌舞伎」夜の部。

20190106135010a8d.jpeg

最初の演目は、「絵本太功記(えほんたいこうき)」尼ヶ崎閑居の場。

何年か前の秀山祭でも同じ吉右衛門で見たが、他の配役も、幸四郎、米吉、歌六、又五郎と大半が同じ。光秀の母、皐月も東蔵で同じであったが、今回急病とかで代役に急遽秀太郎が立つ。逆賊である息子を諌めて死んでゆくというしどころもある役だが、秀太郎自身も演じた事が何度もあり違和感は無い。

主君を討った武智光秀の家族に襲いかかる悲劇。吉右衛門は大時代で重厚な雰囲気のある圧巻の出。怪異な表情が劇場の隅々まで見えるようにゆったりと演じて、たちまち観客をひきつける。

幸四郎の悲壮な若武者ぶりも良いが、米吉の「赤姫」も、おっとりしたお姫様が悲嘆にくれながら夫の初陣支度を手伝う所など、随所に可憐な部分あり、立派に成立している。

しかしイヤホンガイドの配役説明が、昨日発表された代役を反映して既に秀太郎に変わっていたのはびっくり。その部分だけ録音し直したのかな。まさか毎日落語家のように、同じ原稿を解説者が劇場に詰めてライブで喋っているとは思えないのだが。

ここで30分の幕間。花篭で「壽御膳」を。

次の演目は舞踊、「勢獅子(きおいじし)」

日枝神社山王祭を舞台に曽我物も反映した祝祭的舞踊。若い者や手古舞が大勢出る中、梅玉、芝翫が鳶の頭、雀右衛門、魁春が芸者で踊る。

六世歌右衛門は映像でしか見たことがないのだが、魁春は姿や所作がなんとなく似ている気がする。勿論、教えを受けた本人が寄せているものと思うけれども。鳶のぼうふら踊りだけは、何度見ても何がぼうふらなのか合点しかねるなあ(笑)福之助、鷹之資などの新鋭世代も元気の良い所を見せて目出度く終了。

最後は八百屋お七を題材にした、「松竹梅湯島掛額(しょうちくばいゆしまのかけがく)」 吉祥院お土砂の場、四ツ木戸火の見櫓の場。

前半部分は猿之助演じる紅屋長兵衛、通称「紅長(べんちょう)」がお七の恋を叶えようとあれこれ廻して行くドタバタの喜劇風味。

歌舞伎らしく、「U.S.A.ダンス」も登場。初日の様子は一部NHKの番組で生中継されていたのだが、「ハズキルーペ大好き」とか、「寿司なら近くのすしざんまい」など、一部ネタが違う(笑) すしざんまいは、5日に報道されたマグロ初競りで飛び出した3億円マグロのニュースをいち早く取り入れたものと推察。以前、弥次喜多でも「SMAPが解散しましたなあ」など、歌舞伎は速報ニュースを入れるのも得意だ(笑)

七之助は幸四郎を前にしてのクドキなど印象的に成立している。下女お杉の竹三郎は、なんだか随分と拙い感じだなあ、と思ったが、後でプロフィール見ると昭和7年生まれ。役が着いて演技できるだけでも偉いと考えないといけないのかもしれない。

後半はほとんど七之助の一人舞台になり、八百屋お七が恋人に逢う為に火の見櫓の太鼓を叩くエピソードが人形振りで演じられる。降りしきる雪が切ない。黒子2人と息の合った様々なポーズは、普通の演技とは思えないメカニカルな動き。これはこれで七之助の身体能力を活かしたアクロバティックな動きで凄いと思うけれども、これが人形浄瑠璃の人形の動きなのかなという点については、文楽は殆ど見ないので判断は出来かねるのであった。

今月は、歌舞伎座以外に、新橋演舞場、国立劇場、浅草公会堂、大阪松竹座と五座で歌舞伎が掛かっており、まさに新年歌舞伎三昧の月。しかし、私の歌舞伎見物は今回の歌舞伎座のみで終了。来週からは大相撲初場所観戦モードに切り替えとなるのだった(笑)


歌舞伎座、「壽初春大歌舞伎」昼の部。
2日夜に帰京。翌3日は今年最初の歌舞伎観劇。歌舞伎座「壽初春大歌舞伎」昼の部。

20190104124445443.jpeg 20190104124505914.jpeg
2019010412453325d.jpeg

最初は舞踊。「舌出三番叟(しただしさんばそう)」。芝翫の三番叟、魁春の千歳。

三番叟は能楽由来、天下泰平五穀豊穣を寿ぐ定番の祝祭舞踊。庶民に好まれて様々なバリエーションあり。しかしイヤホンガイドによると、今回は演出上、舌を出さないらしい。舌を出さないのなら「舌出」とは言わないのでは。不可思議なり。しかし芝翫は顔が大きい。歌舞伎役者としては大きなアドバンテージだろうか。5頭身くらいなんじゃないかな(笑)

次の演目は、「吉例寿曽我(きちれいことぶきそが)」鴫立澤対面の場。

江戸の昔から正月には曽我物を上演するのが定番だったらしいが、これまた人気のある演目だけに設定を様々に変えたバリエーションが存在。今回は、実に珍しい「女工藤」バージョン。曽我兄弟の敵、工藤祐経の代りに奥方が登場するというもの。筋書の記録では歌舞伎座では初演。

病から昨年復帰した福助が、かなりの台詞ある扇の要役をこなし、弟の芝翫、息子の児太郎、甥の七之助と、成駒屋中村屋一族共演する祝祭。福助はまだ右手が不自由なように見えるが、左手は上がるし台詞はしっかりしている。最後は歌舞伎の様式美に満ちた目出度い絵面で賑やかに決まって拍手のうちに幕。

この幕間で花篭で芝居御膳。 正月3日では食材の手配は大変なものと推察するが、きちんと準備できている。

20190104124645203.jpeg 20190104124702e31.jpeg

次の演目は、「廓文章(くるわぶんしょう)」 吉田屋

幸四郎が伊左衛門、七之助が夕霧。イジイジ、ウジウジしたところは意外に幸四郎のニンにあるので、つっころばしを演じての和事は違和感無し。しかし鴈治郎の胸焼けするようなネチネチの上方コッテリ感は無い。筋書によると、元々清元による江戸式でやろうと澤村藤十郎に教わった由。上方式の本来では竹本・常磐津の演奏。全体として、上方風味の薄い、粋を感じる江戸風の和事として成立している。他の演目の都合か、上演時間を切り詰めたのも上方式のネチネチが短くなって良かった。七之助も美しく、くどきも印象的。最後は千両箱が運び込まれ、あれよあれよという間にお目出度いハッピーエンド。秀太郎が音頭を取る上方式の手締めも目出度い。

最後は、「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」

白鸚が大蔵卿を演じるのは47年ぶりとか。筋書によると、これからは久しく勤めていない役を順に勉強したいとのこと。しかしさすがに久々、開幕二日目とあって、吉右衛門に比べると、阿呆感がちょっと薄いような。むしろ「仮名手本忠臣蔵」一力茶屋の、大星由良之助を思い出す。しかし、作り阿呆から素に戻った部分は迫力あり。魁春、高麗蔵、雀右衛門、梅玉と実に重厚な布陣が付き合い。作劇はしっかりと出来ている。

打ち出しの後、本屋などブラブラして、年末に予約した「新ばし しみづ」で本年の寿司始めとなった。

歌舞伎座「十二月大歌舞伎」、夜の部。
土曜日は、歌舞伎座「十二月大歌舞伎」、夜の部を観劇。

20181226170809e3c.jpeg

昼夜ともに玉三郎が若手女形を鍛える公演。児太郎版「阿古屋」は先日見たが、なかなか立派に成立していた。この日のAプロは玉三郎自身の「阿古屋」。観たのは15年の10月に続いて二度目。

児太郎が阿古屋を演じたBプロでは、玉三郎が岩永左衛門役で同じ舞台に立った。玉三郎の赤っ面悪人は、いったい誰かと思うほど怪異なお面の如き化粧であったが、玉三郎が阿古屋を演ずるこの日、岩永左衛門に扮するのは松緑。こちらは文楽を意識した人形振りとはいえ、松緑の面影が残る。 玉三郎は足まで後見が動かす方式で、人形具合がより高かったが、松緑は自分で歩き、見得も自分の足で踏む。動作もやはり立役らしく大きくキビキビしている印象。

演目の主眼、琴、三味線、胡弓、三曲の演奏には歌舞伎座全体が静まり返り、舞台上には一種の結界が形成されたかのよう。三曲それぞれに聞き所があるが、悲しげな歌も良い。詮議を受ける苦しみではなく、自分もまた厳しく問われている恋人の所在を知らないのだという哀しみに溢れる。曲の終わりでは万雷の拍手。

玉三郎円熟の境地。しかし、歌舞伎俳優個人が蓄積した技芸は、歌舞伎俳優が個人の肉体の修練で獲得したもの。どんな名優であったとて、いつかこの世から去る時が来れば、長年かけて獲得した珠玉の技芸もその存在と共に呆気なく消え去る。しかし、伝統は世代を超えて継承されて行く。

「見て盗め」ではなく、若手にチャンスの舞台を与えて自らが同座して指導するという、歌舞伎の火を次々と若い世代に引き継ごうという玉三郎の新しい試み。これが終わりではなく始まり。承継する者が今後も精進を重ねれば、大きな成功となるだろう。

彦三郎は、同情深く理性的な裁き役、重忠を楷書の輪郭で明快に演じて印象的。何時もながら口跡は大変に明瞭で声量も歌舞伎座の壁がビリビリ響くのではと思うほど大きい。襲名披露の時は歌舞伎座で主役を張ったが、門閥が物を言う歌舞伎の世界では若干割を食う場面もあるのでは。もっともっと活躍を見たい役者ではある。

一階席前のほうだったのだが、数席横で、幕切れに「大和屋~!」と大声出す親父あり。びっくりするなあ(笑) 「阿古屋」の後の幕間は、花篭にて「芝居御膳」を。

201812261708333fb.jpeg 20181226170851f56.jpeg

後の演目もあるのだが、所用あり、食事の後は歌舞伎座を後に。「阿古屋」が今年の歌舞伎見納めとなった。

歌舞伎座「十二月大歌舞伎」昼の部を観た
先週日曜は、歌舞伎座「十二月大歌舞伎」昼の部に。客席後ろにはカメラが入り、舞台前には集音マイクが設置されていた。

20181217092132639.jpeg 20181217092154722.jpeg

まず最初の演目、「幸助餅」は、松竹新喜劇の演目を新作として歌舞伎に取り入れたもの。相撲取りに入れ揚げて身上潰す大店の主人を松也が。相撲取り雷を中車が演じる。

以前、大相撲九州場所に遠征した時に空港から乗ったタクシーの運転手は話好きで、相撲見るから福岡国際センターにやってくれというと、「私も相撲には昔凝って、貴闘力のタニマチやっていたんですよ」と言う。色々聞いてみると、化粧廻しもプレゼントして、写真はまだ家にあるはずだと。飯食わすのも、お目当ての力士だけでなく「誰それも連れていっていいですか」と聞かれるとダメだとは言えない。大体大勢で来て食べてまた飲むし、時には女もあてがわなくてはいけない。タニマチも大変な物入なのだとか。なんでそんなに羽振りの良いタニマチの旦那がタクシー運転手になったのかの顛末は聞き漏らしたが、人生の栄枯盛衰はさながら夢の如し。

という訳でこちらの新作歌舞伎でも、身上をつぶした松也の境遇には感慨あり(笑)恨みを買った雷との再会と「実は」という種明かしが松竹喜劇らしい人情モノ。中車はなかなか立派な関取を演じる。萬次郎の三ツ扇屋女将お柳も、人情味を感じさせて良い。

お昼は花篭食堂で「花かご御膳」

20181217092210f69.jpeg

次が二回の幕間を挟んでの大作、坂東玉三郎が監修した「於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)」。いわゆる「お染の七役」

この演目は初見と思っていたら、土手のお六が出る辺りでなんだか見覚えのあるシーンに遭遇。アレっと思って筋書で上演記録見ると、今年3月歌舞伎座で、「土手のお六」の段だけ、仁左衛門・玉三郎コンビで上演があったのだった。同じく3月の興行では、壱太郎が「滝の白糸」主演で同座しているから、玉三郎の土手のお六は見て勉強する機会があったろう。今回は早変わりも入れて自分が主演で「お染の七役」を歌舞伎座で演じる事に。玉三郎の若手女形育成計画は着々と進んでいる。

土手のお六が強請を働く段で鬼門の喜兵衛を付き合うのは松緑だが、目をギラリと剥いた迫力に、形勢が不利になるとこりゃダメだと引く粋な軽妙さもあって、なかなか印象深く成立している。

壱太郎の「土手のお六」は、「悪婆」という色々しどころのある役だが、3月の歌舞伎座、玉三郎と比べると、悪の貫禄と割り切った愛嬌にちょっと欠けて、人物造形の魅力という面では、やはりまだ一人では持ちきれない気がする。勿論、セリフ廻しなど玉三郎の教えを受けたのだと思える所も多々。

早変わりは、実に頑張っている。しかし、女形だと衣装が大変だろうなあ。奥女中竹川、芸者小糸などは壱太郎に良く似合って印象的。上手に消えて、別の人物が花道からまた出てくるというのは、奈落を走っているんでしょうなあ、体力勝負だなあ、セットになっているお染久松を一人でやるのも大変だなあ、と様々な感慨が沸く。

早変わりで出てくるとお客さんの拍手も集めてなかなか面白い見物。ただ早変わりモノでいうと、もっと動きがあって派手な作品があるよねえ。



歌舞伎座「十二月大歌舞伎」、夜の部
先週日曜日は歌舞伎座、「十二月大歌舞伎」、夜の部に。昼の部は壱太郎が、玉三郎の監修で「お染の七役」に挑む。そしてこの夜の部は、梅枝、児太郎が、玉三郎の教えを受けて「阿古屋」に挑む。玉三郎が若手女形を鍛える月間。

20181211222700c44.jpeg 20181211222858ed2.jpeg

夜の部の最初は、「壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)」、すなわち「阿古屋」。

玉三郎が遊君阿古屋を演じるAプロと、梅枝、児太郎が交代で阿古屋を演じるBプロの日程に分かれており、この日は児太郎が阿古屋を演じる日。

2017年歌舞伎座「芸術祭十月大歌舞伎」で出た「「秋の色種(あきのいろくさ)」。 玉三郎に従えられて踊る梅枝と児太郎が、まず二人で琴を弾いた。「玉三郎に厳しく鍛えて貰って、いつかは阿古屋を伝授して貰えたらよいね」とblogに書いたが、こんなに早く実現するとは。

筋書に「阿古屋」は「女形の大役」とあるが、昭和の初期から平成まで、歌舞伎座での興行で阿古屋を務めたのは、六世歌右衛門と玉三郎のたった2人のみ。琴、三味線、胡弓を舞台で弾きこなし同時に唄うという、かなりケレンの効いた「特異」な役とも言える。楽器演奏の蓄積が無ければ誰にでもできる役ではない。

玉三郎の阿古屋は、2015年の10月に歌舞伎座で観た。今回は、梅枝、児太郎が志願して玉三郎が伝授する場を歌舞伎座の興行として設けたという印象的な興行。

席は1階A3ブロックの3列目。演奏している阿古屋が真ん前に見える迫力あるポジション。

花道からの阿古屋の出。児太郎は華やかで気品ある登場。 裁きの場に出ての「琴責め」。 嘘をついていれば楽器の演奏に乱れが出るだろうという詮議方法は、いわゆるポリグラフ、うそ発見器の原理ですな。

児太郎「阿古屋」は大健闘して、大きな破綻なくやり終えたのに感心。琴や三味線のリズム感はなかなか良い。三味線や胡弓はギターと違いフレットがないから音階を取るのはなかなか大変だろう。独奏ならよいが、伴奏の楽器があるから、微妙な音階のずれも結構目立つ。もちろんプロの演者ではないので危ういバランスの所もあったように思うが、それでも児太郎の「阿古屋」としてきちんと成立している。演技についても、詮議を逃れるというよりも、愛する男の行方を自らも知らないという呆然とした哀しみも伝わってくる良い出来。

玉三郎が岩永左衛門役で同じ舞台に立って見守っているというのは、児太郎にとっては心強くもあり、緊張もする状況。玉三郎が赤っ面の悪人に扮するのも珍しいが、この容貌が怪異で、これが玉三郎かとびっくり。人形浄瑠璃を模した「人形振り」で演じる面白い役だが、ベリベリした、いかにも人形という大きな動きは無く、動作が心なしか控えめで柔らかいように感じるのはこちらが女形を投影して見ている故か。玉三郎が演じるAプロでは松緑が演じるようなので後日比較してみよう。彦三郎は、同情深く理性的な裁き役、重忠を楷書の輪郭で明快に演じて印象的。

最後の場面、疑いが晴れ放免となり、阿古屋が立ち上がりきまった絶妙のタイミングで三階席から子供の声で「なりこまや~!」と声がかかり、客席がどっと沸いた後は暖かい万雷の拍手が長く続いた。あのちびっこ大向うはいったい誰だったのだろう(笑)

伸び盛りの若手が玉三郎の胸を借りて果敢に挑戦した大役「阿古屋」は、今後の歌舞伎人生にとって貴重な財産になるだろう。

201812112235085ba.jpeg

ここで30分の幕間。花篭で「おでん御膳」で一杯。珍しいメニューなので頼んでみたが、見る限りでは他に頼んでいる客無し。やはり幕間は弁当系か。しかしこのおでんは土鍋で温度も保たれており、出汁もなかなか旨かった。

次の演目は「あんまと泥棒(あんまとどろぼう)」

元々はラジオドラマで、出来が良いのに感心した十七世勘三郎が新作歌舞伎として歌舞伎にかけたのだそうである。中車はあんま役だが、歌舞伎での汚い親父役は任せとけというくらいに掌中のもの。達者で滑稽な演技に客席が沸く。泥棒役の松緑も軽妙なやり取り。悪人に徹しきれない人の好さはきっとニンにあるのだろう。完成された台詞劇を舞台で面白く見せた。深みは無いが良く出来た小品の喜劇。

最後は、新作歌舞伎舞踊、「傾城雪吉原(けいせいゆきのよしわら)」。Aプロで玉三郎が「阿古屋」をやる場合には、梅枝と児太郎の「二人藤娘」がかかるのだが、Bプロでは玉三郎の舞踊。

紗になった幕の向う、ひな壇に長唄連中が並ぶ。雪が降りしきる吉原の怜悧な冬の景色の中、幻想的かつ優美に絢爛たる衣装をまとって傾城玉三郎が舞う。小品ではあるが実に美しい幽玄の舞踊。玉三郎は相変わらず美しい。

何の事情かは知らねど、歌舞伎座夜の部打ち出しが8時前というのは、早く帰れて日曜には特に良いのだった(笑)


歌舞伎座、「吉例顔見世大歌舞伎」昼の部
中国出張から帰国したのが先週の土曜日夜。次の日曜は、歌舞伎座、「吉例顔見世大歌舞伎」昼の部。顔見世興行の時だけ建てられる櫓が歌舞伎座の玄関に。さすがに出張疲れがありどうも調子悪し。

201811191712255f9.jpeg

最初の演目は「お江戸みやげ」。川口松太郎作、昭和36年初演の新作歌舞伎。湯島天神に隣接した芝居小屋と芝居茶屋が舞台。行商を終えて郷里に帰ろうとやってきた女商人二人が、江戸のみやげに芝居見物をする。

酒好きで陽気なおゆうを又五郎が演じる。又五郎の女形は、あまり見た記憶がないが、芸達者だけに、時蔵演じるお辻との滑稽で軽妙なやりとりは板についている。尾上右近のお紺もよい。

細かい性格だが酒を飲むと気が大きくなる酒乱のお辻が、芝居の女形、市川紋吉に一目惚れし、寡婦の淡い恋心も相まって、酒の勢いで行商で得た全ての金をはたいて紋吉の恋を成就させてやる。滑稽さの中にもほろ苦い、役者への叶わぬ恋がからむ。軽い演目だが、時蔵と又五郎の存在感で成立している。

30分の幕間は花篭で芝居御膳。

20181119171139d82.jpeg 2018111917120122c.jpeg

次の演目は、「新歌舞伎十八番の内 素襖落(すおうおとし)」

茂山千五郎家の「お豆腐狂言」がYouTubeに上がっており、見た事がある。歌舞伎では松羽目物にして、那須与一の物語を「入れ事」として全体を舞踊劇に。




滑稽な表情で太郎冠者を演じる松緑はさすがに踊りが達者で軽妙に舞う。しかし歌舞伎版は長い舞踊劇だけに、途中でダレる感あり。中国出張疲れもあり、ところどころ意識不明に(笑) 演目自体の滑稽さ、面白さとしては狂言のほうに軍配が上がるだろうか。

最後の演目は、「花街模様薊色縫 十六夜清心(いざよいせいしん)」

鎌倉が舞台とはなっているが、濃厚なまでの江戸の雰囲気。朧月夜に白魚漁は隅田川の風情。七五調の名セリフ。懐に手を入れてふと気づいた金のために女犯坊主が相手を殺し、殺人者の闇へと堕ちてゆく。「しかし待てよ」からの転換も実に鮮やか。「三人吉三」も思い出す河竹黙阿弥の世界。

菊五郎の清心に時蔵の十六夜。大ベテラン同士の揃い踏みで実に安定している。身投げした十六夜を助ける俳諧師白蓮は、世を忍ぶ仮の姿に隠れた悪党の重さを吉右衛門が大きく演じる。大幹部の共演だけあって安定した、江戸の香りが濃厚かつ鮮やかな仕上がり。

清元の浄瑠璃方の名跡を襲名した尾上右近が、親父の横で、清元栄寿太夫として初お目見得。清元だけの本職と比しても見劣りしない。昼の部は「お江戸みやげ」の女形に清元。歌舞伎でもMLBの大谷同様に二刀流が出現。




歌舞伎座、「吉例顔見世大歌舞伎」夜の部
すっかり忘れていたのだが、今月4日の日曜、歌舞伎座、「吉例顔見世大歌舞伎」夜の部を見物したのだった。

20181119171112323.jpeg

最初の演目は、「楼門五三桐(さんもんごさんのきり)」

吉右衛門と菊五郎の同じ演目は前にも見た。15分の短い演目であるが、最初の5分は大薩摩の演奏であるから、わずか10分程度。しかし満面の桜の中、絢爛豪華な南禅寺の山門がせり上がり、吉右衛門と菊五郎が上下に分かれて対面する。吉右衛門圧巻の台詞回し。錦絵のような豪華さ。歌舞伎の様式美に溢れた舞台。

夜の部、大幹部はこれで退場。その他の演目では全体に座組が軽い気もするが、浅草では平成中村座、南座でも顔見世、博多座でも花形歌舞伎、国立劇場でも大岡越前と、歌舞伎役者もあちこちに散っているから、まあ大変なんでしょうな。

次は短い舞踊劇、「文売り(ふみうり)」。雀右衛門が、恋文売りに扮して、せりふと清元のかけあいで人物を演じ分けるというのだが、当方に素養が無いもので、一体どうやって人物が演じ分けられているのだが、あんまり良く分からないのであった。興行的にはもうちょっと他の演目もあったんじゃないかな。

夜の部メインは、猿之助が主演を張る、「隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ)」、いわゆる「法界坊」。

有名な演目でもあり、多くの役者が演じているから、それぞれの家でも練り込まれた演出があるようだ。今回は澤瀉屋版。

猿之助の法界坊は、勘三郎版も思い出す、憎めない軽妙な小悪党。だが、考えてみると、実際には殺人も辞さない凄みのある大悪党のはず。もっとも「加賀鳶」の道元もそうだが、人を殺す極悪坊主であっても、歌舞伎で人気の役になると、やはり憎めない軽妙な面が強調されてゆくのだろう。

猿之助の楽屋落ちなどの笑わせる部分を見ていると、時折、中車が演じてるのかと思う錯覚が。親戚だけに、声や仕草が結構似ているもんだなあ。

法界坊というのは、あのキャラがしっかりと確立しているので、結構、中車がやっても大丈夫な気がする。歌舞伎ではさんざん汚い爺さん役の経験も積んだ訳だし。まあ、大役でもあり、やりたくともやらせてもらえるかどうかは別だけれども(笑)

霊となった法界坊の舞台上での宙乗りがあるのはやはり澤瀉屋流。舞踊「双面」では、法界坊と野分姫の霊を猿之助が一人で演じ分ける。女形もやる猿之助ならではの凄みあり。なかなかおもしろかった。


「平成中村座十一月大歌舞伎」、昼の部
本日は「平成中村座大歌舞伎」昼の部を。浅草寺裏なので、銀座線浅草駅から大して時間は掛からないと思ったが、仲見世を通ったのが失敗で、外国人観光客だらけでごった返しており、通り抜けに時間を要する。昔は花川戸に住んでいたし、近所の道は良く知っているのに失敗であった(笑)

20181103212226056.jpeg

20181103212248a85.jpeg

201811032123128f3.jpeg 2018110321233204a.jpeg

201811032123515f5.jpeg 2018110321241407b.jpeg

平成中村座は、以前も来たが、お茶子を始めとするスタッフが皆明るく親切で、キビキビ動き気持ちが良い。中村屋による事前教育も行き届いているのだろう。開演前の携帯電源落とすのを頼む時にも「演目が始まりますと中は江戸時代です。江戸時代には携帯電話ございませんのでよろしくお願い致します」となかなか洒落ている。

小屋は確かに江戸の昔はこんな大きさだったのだろうなという小さなもの。しかしこれが逆に客席と舞台との距離を縮めて、江戸の昔はこんなだったんだろうなという雰囲気に。座椅子に座布団で観劇というのも、あまり無い体験。

最初の演目は「源平布引滝 実盛物語(さねもりものがたり)」。勘九郎の次男長三郎が伜太郎吉を演じて、親父の勘九郎実盛が、いずれお前に討たれてやろうと約束するラスト。しかし五歳であれだけ舞台でちゃんと役をやれるというのもなかなか凄い。片岡亀蔵の瀬尾十郎は要所で舞台を締めた。

源氏の旗を握る切り落とされた女の手、実は源氏に心を寄せる実盛が物語るその経緯、そして死体に手を繋ぐ蘇り、実にオカルト風のプロット。そしていつか討たれてやろう、その日その場所、首が現れる池まで、まるで幻視したが如く太郎吉に語りかける実盛。老骨の実盛が討ち死にする合戦に髪を染めて出ていったという故事は当時有名で、それにかけた展開が物語として良く出来ている。

大歌舞伎とはいうものの、若干座組の軽さがあるのは、各都市でも歌舞伎公演を打っているこの時期、中村屋が主体の興行であるからある程度は仕方ない。

次の演目は「近江のお兼(おうみのおかね)」。以前の歌舞伎座中村勘三郎追善で扇雀が演じていたが、今回は七之助が。暴れ馬を片手で鎮めるという女強力が力強く、かつ若い女の恥じらいも見せて踊るのが眼目。下駄を履いて、両手の長い晒を新体操のリボンの如く振り回しながら踊るというのは結構身体能力が必要。なかなか印象的だった。

最後の演目は、「江戸みやげ 狐狸狐狸ばなし(こりこりばなし)」

元々森繁久彌、山田五十鈴、三木のり平などで演じられた舞台喜劇が歌舞伎に移入。悪坊主を十七世勘三郎が演じていた事もあってその後、歌舞伎の演目に。吉原のある江戸時代が舞台。間男がした浮気に悋気を起こした女に、夫を殺したら一緒になろうと適当に言う言う不良坊主。真に受けた女が本当に旦那を毒殺したのだが、その旦那が生き返って。と役者同士の楽屋落ちも満載のドタバタの喜劇。

七之助のおきわは、愛想をつかした旦那への倦怠、間男の悪坊主への娘のような純真や嬌態、嫉妬など演じ分けて実に達者なもの。扇雀の演じるおきわの旦那は、上方の柔らかい味でトボけた笑いを振りまき、実に面白い。

座組に幅が無いだけあって、中村座では何時も舞踊以外の演目には全て出演していると言う片岡亀蔵は、白塗りのブサイクな女方として登場。なんでもできるバイプレイヤーだけあって、便利にこき使われて大変ですな。

登場人物が客席から登場し、お客をいじったりするのも面白い演出。演者同士のアドリブと思える掛け合いや楽屋落ちのような部分も一興。

ストーリーは怪談風味を見せつつも謎解き風になり、そして最後はまたカタルシスあるドンデン返し。客席も大いに沸いて盛り上がった。

平成中村座を出ても、帰宅するにも夕食に出るにも早い。上野に出て、西洋美術館の「ルーベンス展」を。神話や聖書の物語に人間の肉体の躍動を与え、目の前に迫るバロックの圧巻。

20181103212609f40.jpeg 20181103212524e37.jpeg

2018110321250655e.jpeg

そして夜は御徒町に移動して、「ぽん多本家」にて、カツレツを頼んで日本酒を一杯。実に久々の訪問。昔はポークソテーばかり食していたが、カツレツを頼むとこれも肉の香りと旨味が素晴らしい。ただ、低音で柔らかく揚げる代償か、衣の油切れが若干悪い来がする。もっともロース肉だが周りの脂肪をすべて切り落としているので、全体としてはバランスが取れているのかも。隣に来た一人客は相当な婆さんだったが、カツレツ頼んでいたからなあ(笑)

201811032125493ea.jpeg






歌舞伎座、「芸術祭十月大歌舞伎」、夜の部
先週土曜日は茨城で仕事関係のゴルフがあり、その後で会食もあるというフルコース。飲んだ後に常磐線特急で東京まで戻り、帰宅したのは9時過ぎという大消耗した一日。次の日曜日は、歌舞伎座「芸術祭十月大歌舞伎」夜の部を観劇。十八世中村勘三郎七回忌追善公演。

20181015152430b17.jpeg 20181015152450c7c.jpeg

20181008140850c6b.jpeg

チケットを取る時に、最初に昼の部を取るのに時間を費やしたのが敗着。夜の部を押さえる時には、既に土日一階のA2、A3ブロックは全て完売に。仕方ないので花道と西の桟敷の間にあるA1ブロックを選択。通称「ドブ」というそうであるが、なかなか言いえて妙な気がする。

しかし七三での見得は迫力あるし、「宮島のだんまり」でも「助六」でも花道の演技は、すべて東側を向いている訳ではないので、これが結構見応えあり。

最初の演目は「宮島のだんまり(みやじまのだんまり)」

「だんまり」というのは、周りが真の闇だという想定で、実は明るい舞台の上で俳優たちが手探りで目を凝らし、暗がりで回りを確認する風情でゆっくりと動く、歌舞伎独特の演出。俳優をゆっくり見せる意味もあって、豪華な配役の時など面白いのだが、「だんまり」だけで独立した作品になっているものが何本もあるというのはイヤホンガイドの解説聞くまで知らなかった。

宮島を舞台に、大勢役者が現れて錦絵のよう。ぶっかえりの衣装替えもあり、実に賑やか。まあ、ゆったり賑やかにやる演出法。萬次郎が侍の役というのも珍しい。巳之助は、夜の部3本全部出演という大忙し。

扇雀が傾城浮舟太夫実は盗賊袈裟太郎という男女二役。花道、幕外の引っ込みでも、上半身は荒事の六法、下半身は花魁の歩く姿という「傾城飛び六法」という珍しい型を見せる。衣装も独特。

20分の幕間を挟んで次の演目は、「義経千本桜 吉野山(よしのやま)」。

満開の吉野桜を背景に静御前と狐忠信主従の道行きを描く華やかな舞踊劇。玉三郎が静御前、勘九郎が狐忠信。狐忠信は、十七世も十八世もよく演じた役。

忠信、すっぽんからの登場は、間近で見たので迫力あり。勘九郎は、キレのある達者な動きに、狐であるが静御膳を警護役であるという芯が感じられる印象的な出来。巳之助の早見藤太。軽妙でコミカルな役をやると、この人は舞台で映える気がする。玉三郎は凛として、かつ艶やかに美しく、気品を持って舞台で輝く。勘九郎を引き立て、良い追善になった。

ここで30分の幕間。花篭食堂で「芝居御膳」など。


20181015152522420.jpeg 20181015152507fdf.jpeg


最後の演目は、「助六曲輪初花桜(すけろくくるわのはつざくら)」

成田屋の家の芸で、成田屋がやる時は、三味線浄瑠璃は「河東節連中」、外題も「歌舞伎十八番の内 助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」となるが、他の役者が助六を演じる時は、題名も浄瑠璃も違う。

十八世中村勘三郎自身は「助六」を演じた事はなかったのだが、仁左衛門に「やる時は教えて」と頼んでいた由。仁左衛門は20年ぶりになる歌舞伎座での助六を、旧友の息子である勘九郎に伝えるために演じ、七之助を相手役の揚巻に抜擢して経験を積ませようとしているのだろう。

仁左衛門の助六は、出端から鮮やかで堂々たる色男ぶり。そして艶がある。助六を演じる役者として最高齢だと聞いたが、美しく色気のある見事な助六。しかし今回で演じ納めか。

勘九郎の白酒売りは、18世勘三郎を彷彿とさせる愛嬌。意休は単なる悪役ではなく、堂々たる風格の侍でもあるのだが、歌六の意休もなかなか立派である。

七之助の揚巻は、初役だが、傾城の堂々たる風格と煌いた美しさを体現して、見事に成立している。児太郎の三浦屋白玉も良い。くわんぺら又五郎は、小悪党の滑稽な憎々しさをきっちり演じている。弥十郎通人が股くぐりして、勘三郎への追善の台詞を述べると客席は暖かい拍手に包まれた。

追善にこれだけの役者が揃って二人の息子を支える。誰からも好かれた十八世中村勘三郎の人徳。仁左衛門の姿を目に焼き付けて、いずれ勘九郎は、親父が演じる事のできなかった助六に挑戦する事になるだろうと感じさせる印象的な舞台。






歌舞伎座、「芸術祭十月大歌舞伎」昼の部を見た。
先週の土曜日。歌舞伎座、「芸術祭十月大歌舞伎」昼の部に。十八世中村勘三郎七回忌追善公演。売れ行きから推察すると、人気は仁左衛門が助六を演じる夜の部のほうだろうか。筋書も秋の雰囲気。時の経つのは早いなあ。

20181008140803e2b.jpeg 20181008140823b3d.jpeg

201810081424550fd.jpeg 20181008140850c6b.jpeg

お昼の花篭食堂は一杯で予約が入らなかったので、団体客が多いのだろうか。二階のソファは開場直ぐに一杯になるのだが、この日は割と空いている。何時もの客層と違うのかもしれない。

最初の演目は、河竹黙阿弥作、「三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)」から大川端庚申塚の場

黙阿弥の七五調の名セリフに乗せて、春の朧月が浮かぶ大川端。たまたま顔を合わせた同名の悪党3名が意気投合して、最後は義兄弟の契りを結ぶという、歌舞伎の様式美に満ち溢れた場面。

「月もおぼろに白魚の、篝もかすむ 春の空」の語り出しは有名。隅田川での白魚漁は当時は春の風物詩だったのだろう。昔は白魚の寿司なんてものも絵に残っている。弁天山美家古でも出してたっけ。「こいつは春から 縁起がいいわえ」というセリフも歌舞伎を離れて慣用句化している。

七之助のお嬢吉三は美しく、女の風情から、夜鷹から百両を強奪する場面で急にドスの効いた男の悪人の声に変わるコントラストが印象的。ただ、夜鷹が金を取られる所はえらくアッサリした段取りで、鶴松はあまり抵抗する間もなく川に消える。

お坊吉三の巳之助、和尚吉三の獅童共に歌舞伎のアイコニックな作品で頑張っていると思うが、以前見た、海老蔵、松緑、菊之助の「三人吉三」のほうがより鮮やかで印象的だったかな。着物の紋や台詞の端々にも八百屋お七があれこれ投影されている物語とはイヤホンガイドの説明。

次の演目は、「大江山酒呑童子(おおえやましゅてんどうじ)」

松羽目物のしつらえ。花道の出などには「勧進帳」のイメージが投影されている。四天王を従えて、扇雀の源頼光は義経の如し。鬘桶の蓋で酒吞童子が酒を飲む場面などもそうだ。

酒吞童子、最初の登場は白塗りの童子姿。勘九郎は来年のNHK大河ドラマの関係で減量したと聞いたが、確かに顔がほっそりしたような。身体が絞れたからか舞踊の動きも心なしか大きく迫力があり、キレが増しているような。酔いが段々と回りつつ、軽妙に踊るところはなかなか面白い。

酒をしたたかに飲んで酩酊した酒吞童子は酔いつぶれて休んでいる停でいったん舞台から消えるのだが、後シテとして鬼神の姿で再び登場。酔いと毒が両方さんざんに回ってふらつきながらの立ち回りが面白い。勘九郎の舞踊には親父のDNAが流れているんだね。

鬼は最後に退治されるものと物語では決まっている。しかし、歌舞伎では見物がガッカリするから、主人公は死なない。酒吞童子は討ち果たされた後、またムクリと起き上がり、赤い台に乗って大見得を切って大団円。竹本に語らせるのが趣向だというが、歌舞伎らしい派手さで飽きさせない舞踊だった。


最後の演目は、「佐倉義民伝(さくらぎみんでん)」

初代吉右衛門の当たり役で、18世勘三郎もコクーン歌舞伎で主演。下総佐倉の領主の厳しい年貢と圧政に苦しんだ農民のために、名主、木内宗吾が命を掛けて江戸の将軍に直訴した事件を扱った歌舞伎。

20181008140914efd.jpeg

歌舞伎座2階ロビーには、主人公のモデルになった佐倉惣五郎を祀る、千葉成田市の宗吾霊堂ご本尊が出開帳しており法要も行われたとか。

荒廃する村とそこに残った農民の塗炭の苦しみに胸を打たれ、領主に訴えるが容れられない。かくなる上は、たとえ死を賜っても江戸の将軍に直接訴え出なければならないと決死の覚悟をする木内宗吾男を白鸚が印象的に演じる。

奥方のおさんが七之助で年齢的には若干つり合いが取れないが、これはまあ仕方がない。歌六の渡し守甚兵衛は、実のある親父として木内宗吾に人情をかけ、印象的に成立している。

「子別れ」のところでは子役が盛大に「泣き」を入れて大奮闘であった。ただ派手さのない筋書であるから、あんまり泣きばかりだと全体に舞台が暗い感じになるのは致し方ないか。

木内宗吾も、自らの死だけではなく罪が一族郎党に及ぶ事も腹の底では覚悟しているはず。正義は一種の狂気でもある。村人を助けるために直訴したなら、今、自分との別れを泣いている妻も子供達も罪を得て死ぬ事になる。子供と抱き合う涙だけではなく、そんな黒光りした覚悟が一瞬でも見えるともっと凄みが増したと思うが。

封建社会では直訴はご法度。訴状を返したように見えて実は返したのは表書きだけ。中身は受け取ったという、知と情に溢れた貫禄を見せるのが高麗蔵演じる松平伊豆守。 これも面白い作劇の手法だが、イヤホンガイドで聞いていたから分かったものの、何も知らずに見ていたら分かったかな。

最後の場面では、勘九郎が白塗りで江戸の殿様、徳川家綱役。ただ、あまりしどころのない役柄という印象あり。






歌舞伎座、秀山祭九月大歌舞伎、昼の部
大相撲九月場所が千秋楽を迎えた次の祝日、歌舞伎座にて「秀山祭九月大歌舞伎」、昼の部を。大相撲本場所観戦の時は、大概日中から飲みながら観戦しているので、千秋楽の次の日に観劇というのも結構疲れる。

20181003201837705.jpeg

予約も大相撲チケット取りにかまけて、ゴールド会員発売日を忘れていたので、いつもの一階ブロックが取れず、今回は二階席正面から。オペラグラスを持ち込み。

201810032019020ee.jpeg 201810032019316ab.jpeg

最初の演目は「祇園祭礼信仰記 金閣寺(きんかくじ)」。「三姫」と称される女方の大役、「雪姫」を児太郎が初役で務める。病気療養中であった父親の福助も同じ演目の最後に登場。

児太郎は、柔らかで気品ある美しさ。縄で縛られた姿も印象的に成立している。若手の女方の中では頭一つ抜けた感あり。親父さんもなんとか復活。白塗りで動きも無いので回復度合いは分からないが、声はちゃんと出ている。右手はただ使えてないのではないか。とはいえ、歌右衛門襲名直前であった親父さんが、健在でまだ睨みが効くうちに、良い役をどんどん得て、先輩に教えを請うて、伸びて行かないと。人生の時間は何時でも短い。

江戸時代の興行から、二層になった金閣が一層分沈むというアイデアのセットだったらしいが、当時の観客は度肝を抜かれたろうなあ。まさに絢爛豪華。歌舞伎座二階から観ると、とてつもなく大量に降り積もった桜の花がまた美しい。前に一階で見た時は気付かなかったが、足であの桜の花でネズミを書いている訳なんですな。

松緑の松永大膳は怪異に大きくも舞台に映えてはまり役。梅玉の「此下東吉実は真柴久吉」も、扇子を広げる様子が実に目出度く、これも間然とするところのない適役。幸四郎はこの演目を含む昼の部3つ全部出て、夜の部の舞踊にも出るという働きぶり。元気者ですな。

二つ目は、能に題材を取った「鬼揃紅葉狩(おにぞろいもみじがり)」

松羽目の松に紅葉をあしらった背景。鳴り物と竹本と常磐津、大薩摩のかけあい。幸四郎が女方で鬼女を演じるというのが面白い。鬼女の侍女として、高麗蔵、米吉、児太郎、宗之助が出て、賑やかに踊るのだが、鬼女になってからは、誰が誰やら分からないのだった。

幕間は、三階の花篭食堂で芝居御膳を。

20181003201957265.jpeg 2018100320202656e.jpeg

〆の演目は、天衣紛上野初花 「河内山(こうちやま)」

吉右衛門が河内山宗俊を実に上機嫌でやっているような印象。

「河内山」は、以前、海老蔵で観た時は、いかにも「昨日覚えました」感がある上滑りするペラペラした台詞が気になって、いったい何が面白い狂言なのかと思った。ただ、河内山の胡散臭さだけは伝わった。

しかし、吉右衛門で観ると、これはこれで、江戸の庶民は河内山の活躍を見て、実に痛快だったろうなあと得心がいって、実に面白かった。役者の力はエライもんですな。

歌舞伎座、「秀山祭九月大歌舞伎」夜の部
日曜は歌舞伎座、秀山祭九月大歌舞伎。

20180904161023c01.jpeg 20180904161046deb.jpeg

奇数月は大相撲の本場所もあるので、歌舞伎座に行く週末の選択は限られて来る。しかも9月は、チケット松竹の発売日を失念しており、気づいた時にはいつも取る一階席のA3ブロックには空きが無くなっているという事態に。

戻りを待つかどうか思案したが、結局、取ったのは二階の桟敷席。この席は実に久しぶりだが、前にはテーブルがあり、缶のハイボールをちびちびやりながら見物できるし、一階席よりも隣との距離があるので割とゆったり。しかし舞台とはやはり上下の距離があるし、役者も横から見る事になる。花道も身を乗り出して上から観る事になるので、やはりちょっと調子が狂う。二階席正面だとこれまた舞台から遠い。見巧者から三階からで良いのだろうが、こちらは素人だからなあ。

20180904161122b1c.jpeg 20180904161145684.jpeg

歌舞伎座まではタクシーで。本日初日。二階席からは観客席が見渡せて、客の入りがよく分かる。一階前方はほぼ満席。後方はところどころ空きあり。二階席桟敷と後方も所泥子空きあり。

最初の演目は、「松寿操り三番叟(まつのことぶきあやつりさんばそう)」

操り人形が三番叟を踊るという趣向。人間が操り人形の動きを模すというのは、西洋の大道芸やパントマイムにも似ている。幸四郎は、八月納涼歌舞伎も三部とも出ずっぱりだったが、九月秀山祭も昼夜の部に出演。この舞踊は結構体力使うと思うが、歌舞伎役者の身体能力は流石。元気者ですな。後見は吉之丞。

次の演目は、近松門左衛門の名作、「平家女護島 俊寛(しゅんかん)」 鬼界ヶ島の場。

元々は文楽の作品だが、先日、TV「にっぽんの芸能」でやっていたのを観たばかり。新橋演舞場では現右團次で観たことあり。先代吉右衛門もよく演じた当たり役。

遠島になった悲哀、苦しい暮らしの中のささやかな喜び、赦免船を見た時の喜びと自分の名前が無い時の絶望と落胆、しかし丹左衛門が携えた別の赦免状で備前までの帰国を許された突然の歓喜。しかし都で待つと思っていた妻は既に殺されていた。

目まぐるしく変わる状況と俊寛の感情の起伏が観客を飽きさせずに最後まで引っ張って行くのは近松門左衛門、作劇の冴え。

喜びと絶望、怒りと友情。そして自己犠牲の果ての諦めと未練など、人間の喜怒哀楽が典型的に凝縮しているからこそ、あまり表情の無い人形浄瑠璃としても俊寛の感情が観客に手に取るように分かり、昔からの人気演目なのだろう。物語の中心に、きちんとしたカタルシスとドラマがある。

赤っ面瀬尾の又五郎もきちんと憎々しく、歌六の丹左衛門も爽やかに成立している。「思い切っても凡夫心」。自ら納得して島に残りながらも去り行く船に未練を残す最後の有名な場面。

吉右衛門はどこか押さえた淡々とした演技。幕切れの場面では、実父からは「石になるのだ」と教えられたというが、演じるうちに「弘誓の船」が空から降りてくるのを眼前に見たように演じる事にしたと「ほうおう」のインタビューみあった。その岩山に上る前、船を追って俊寛は波打ち際まで走る。舞台では花道七三の辺りまで走り引き返すのだが、花道には波模様のシートが敷かれていた。これは一階から見ていては気付かなかったな。

雀右衛門の海女千鳥も安定した好演と思うが、二階の西側の上から見下ろすと泣き伏す後姿に随分と貫禄があって、女形の演技はやはり正面から見るのが一番綺麗に見えるのだなと妙な感慨が(笑) 菊之助 錦之助が丹波少将成経と平判官康頼。

鬼界ヶ島は平家物語に俊寛が流されたと出てくるが、現実の場所は、喜界島か硫黄島か、はっきりと同定はされていないらしい。 吉右衛門、仁左衛門、幸四郎、勘三郎などの大名題も何度も主役を務めた、近松門左衛門作の歌舞伎時代物の名作。海外公演でも人気の演目と云うが、確かに外国の観客にも理解できるだろう。もう一度観たいと思ったが、今週日曜からは大相撲九月場所も始まるしなあ。

ここで35分の幕間。「花篭」にて「海鮮重」。なかなか結構なり。

201809041612099d1.jpeg

最後の演目は、坂東玉三郎、花柳壽輔演出・振付 「新作歌舞伎舞踊 幽玄(ゆうげん)」

玉三郎と、佐渡を拠点に活動する太鼓芸能集団「鼓童」は以前からコラボレーション共演を行っており、TVのドキュメンタリーでも観た事があるが、今回は、「羽衣」、「石橋」、「道成寺」という歌舞伎でもお馴染みの能狂言を題材に、玉三郎と「鼓童」が共演する演目が歌舞伎座に「新作歌舞伎」として、初お目見え。

舞台美術や照明は実に美しい。「鼓童」の演奏者が一糸乱れずにまるで群舞のように舞台を巡り、寄せては返す波のような太鼓のうねりで舞台の基調音となってゆく。その中に浮かび上がる玉三郎も、まさに幽玄な美を象徴している。

松羽目の背景や物語など、歌舞伎のフォーマットが背景にあり、義太夫三味線も入るのだが、やはり太鼓が目立つせいか、歌舞伎ではなく、「鼓童」の舞台に玉三郎が客演しているという感が否めない。歌舞伎座での公演だからこそそう感じるのだろうか。もっともコラボレーションの舞踊であると割り切れば、なかなか印象的な舞台ではあった。

初日の打ち出しは9時ちょっと過ぎか。ブラブラと地下鉄帰宅。



歌舞伎座、八月納涼歌舞伎、第二部を見た
お盆休みの連休二日目は、歌舞伎座の八月納涼歌舞伎、第一部と第二部を続けて。三部制なので普通興行の昼夜を通すよりも時間は短いが、やはり注意力が持たない気がする。ただ第二部のメインは、

市川猿之助 演出・脚本の「東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)」という新作のドタバタ喜劇だけに、気楽に見物できて助かった。

幸四郎と猿之助がコンビを組む「弥次喜多」は今回で三作目。猿之助の喜多八が亡くなって幽霊として登場するということもあり、おそらくシリーズはこれで最後だろう。

金ピカのラスベガスへの旅行、スポットライトの中でダンスしながらの主人公紹介など、歌舞伎を超越したケレンに溢れ荒唐無稽な前作までとはちょっと雰囲気が変わり、今回は割と歌舞伎風味が色濃く出ている。

籠釣瓶花街酔醒をモチーフにした設定では猿之助が女形として登場。目まぐるしい早変わり。大勢での所作立て、だんまり。歌舞伎により近づいて、しかし歌舞伎のケレン味が増している。

弥次喜多と対になるコンビが、幸四郎と中車のそれぞれ息子、染五郎、團子であるというのは前作までと同様だが、地獄の閻魔役を右團次が演じる場面では、息子の市川右近が登場。閻魔大王がスマホを出して、息子が台詞を述べ見得を切る場面で、満足気に見てフラッシュ炊いて写真を取るなどという楽屋落ちの場面も随所にあって観客を笑わせる。

早変わりが多いので役者も大変だが、大勢出る場面で、珍妙な顔の中車を振り返った獅童が大笑いして、台詞が満足に言えない状態に。花道でも「ちょっと見てよ」と前の役者の肩を叩いて促すなど、和気あいあいと気楽にやっているのが分かってそれもまた面白い。

最後は歌舞伎座初という、幸四郎、猿之助、染五郎、團子の4人同時宙乗り。あのケーブルは何人まで支えられるのかね。

大詰めの舞台側では、門之助演じる基督のタガの外れたキレっぷりがなかなか面白かった。

第二部の切りは、舞踊劇「雨乞其角(あまごいきかく)」

俳人の其角が雨乞いをすると雨が降ったという逸話を背景に、隅田川の其角の船、お大尽の賑やかな太船、土手の雨乞いの場と美しく場面が転換してゆく。

洒脱な二枚目として其角を演じるのは扇雀。15分程度の短い舞踊劇だが、歌昇、虎之介、新悟、廣松、橋之助、福之助、歌之助、鷹之資、などなど若手が大挙して踊るので、実に賑やか。ただ興行的には三部にそれぞれ演目を詰め込みすぎなので、無くてもよかったような気もするなあ。

この後、銀座「鮨 み冨」訪問したのであった。


歌舞伎座、八月納涼歌舞伎、第三部を見た
お盆休みに入った先週土曜日は、歌舞伎座、八月納涼歌舞伎第三部へ。午後6時の開演で、事前に食事は済ませてから入場。今回の納涼は演目を詰め込み過ぎの感あり、二部終演時間と三部開演時間があまり空いておらず、二部観客の退場に時間がかかり入場は遅くなる。

20180813183941fe2.jpeg 2018081318395621d.jpeg

三部の演目は、通し狂言、「盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)」。四世鶴屋南北作の生世話物。長く上演が途絶えており、昭和になって復活したとの事だが、前回の歌舞伎座での上演は、仁左衛門が主演した10年前。それほど頻繁にかかる演目でもなさそうだ。

忠臣蔵と四谷怪談が、歌舞伎の世界では隣接した物語であった事は知らなかったし、願掛けの「五大力」の趣向も取り入れているというが、昔の作者の「実は」の転換もいれた、いわゆる「洒落のめした物語の趣向」というのは、結構、現代に見るともう事情が分からない事が多いよなあ。

序幕第一場は、大川が流れ込む佃沖。歌舞伎で良く出てくる鉄砲州もそうだが、近所なので、隅田川の場面で船が出てくるとなんだか和むな(笑)

獅童演じる船頭の笹野屋三五郎と夫婦である七之助の芸者小万が、小万に入れ揚げる幸四郎の薩摩源五兵衛から悪巧みで金を引き出すというもの。

騙された事に怒った源五兵衛の「五人切」は、背景にある四谷怪談風味もあって、納涼風味。もっとも納涼歌舞伎ではもっと凄惨な演目も以前にあったから、比較的様式的で大人しい。ただ幸四郎は不気味な破滅の美に落ち込んで行く美しさを出してなかなか印象的。獅童と七之助のやり取りは江戸の風情がそこかしこに感じられてなかなか良い。因業な大家家主を演じる中車も、歌舞伎の汚い親父役はもう持ち芸なので、まったく違和感無い。

しかし全体の筋立てはというと、やはりあれこれ趣向は凝らしているものの、何かこう「洒落のめした趣向」が仇となって、イマイチ一本芯の通った面白さを感じないのも事実なのであった。

打ち出しは9時ちょっと過ぎ。
歌舞伎座、「七月大歌舞伎」、夜の部
先週土曜日は、歌舞伎座、七月大歌舞伎夜の部。昼夜共に市川海老蔵が座頭を務める公演。夜は通し狂言 「源氏物語(げんじものがたり)」。

20180709195932347.jpeg 20180709200141421.jpeg

当代海老蔵の祖父に当たる十一代目市川團十郎が、九代目市川海老蔵を名乗っていた頃、光源氏を演じて大当たりを取ったのがこの新作歌舞伎「源氏物語」。「海老様」と呼ばれて大変な人気になり、ファンの女性は「海老はとても口に出来ない」となって、銀座の寿司屋や天麩羅屋で海老の売上が減ったというエピソードがイヤホンガイドで。亀蔵が大人気になるとスッポンの売上が減るかな(笑)

同じ成田屋ゆかりの「源氏物語」だが、海老蔵が自主公演で演出を練り直し、海老蔵の宙乗りあり、息子の堀越勸玄の登場あり、オペラ歌手も能楽役者も出て、壮大なプロジェクション・マッピングがあり、華道もありという、満艦飾の煌びやかな舞台。

イヤホンガイドでは、「海老蔵公演のお客様にはあまり歌舞伎座に慣れていない方も多いようでございますが」などと語られていたが、確かに、開演前に歌舞伎座前で待つ人数や、イヤホンガイドに並ぶ人数も尋常では無く、地方からの団体ツアーのお客が多いのではないかと思える。反面、幕見の列は短い。

歌舞伎界の事情には明るくないので理由は分からないが、海老蔵が座頭の公演は、なんとなく座組が軽い感じが。まあこの公演は、オペラ歌手、能楽者など客演が多く、歌舞伎以外の面で実に賑やかな舞台。

「源氏物語」は、学校の古文で教材になったりして、大概の日本人には大筋は知られているものだが、天皇の子に生まれながら、とめどなく女性遍歴を繰り返す光源氏の、承認欲求と心の深い闇、そして最後に訪れる父への理解と許しの物語が、オペラや能楽を自在に使いながら語られて行く。ストーリーや登場人物がある程度頭に入っていると、ストーリーは分かりやすく飽きない舞台の進行。

筋書きを読むと、テナーとカウンターテナーのオペラ歌手はどちらもアメリカ出身で、筋書き記載の歌詞も英語なのだが、歌っているのを聞くと全然英語に聞こえない。まあ義太夫や浄瑠璃にしても普通の日本人が聞くと日本語に聞こえないから、そんなものなのかねえ。発声が違うからか。オペラにはまったく明るくないが、実に不思議だ。「Never Never Never」と繰り返す部分だけ英語に聞こえた(笑)

序幕の後で30分の幕間。3階の花篭食堂で刺身御膳を。

20180709200159739.jpeg

ふと見ると、前の列に「スカルノ・デヴィ」という名札あり。しばらくすると、本物のデヴィ夫人が10名ばかりのご一行と共にやってきたのであった。

オペラ部分を担当する、アンソニー・ロス・コスタンツォとザッカリー・ワイルダーは、客席からも登場して舞台前でも歌うのだが、目前で聞くと鍛え上げた艶のある肉声の迫力は凄い。

能と歌舞伎の競演というのも、江戸時代の人が見たら度肝を抜かれたであろうが、現代の歌舞伎ならではのコラボ。プロジェクション・マッピングも実に派手であるが、ちゃんと新作の歌舞伎に馴染んでいる。

最後は出演者全員でカーテンコール。最後まで海老蔵息子の出番があるせいか、打ち出しは8時5分と実に早いのが助かる。これが歌舞伎かと言われたら、やはりそれでも歌舞伎なのであろう。めまぐるしく変わる舞台の演出に、なかなか飽きずに楽しめた。



歌舞伎座、「六月大歌舞伎」、昼の部
先週の土曜日は、歌舞伎座「六月大歌舞伎」昼の部。10時半前に入場が始まる。そんなには混んでる印象無いね。

20180613192818d7e.jpeg 20180613192836d49.jpeg

入場する時にはまだ「六月大歌舞伎」の垂れ幕が下がっていなかった。そんな事もあるんだ(笑)

最初の演目は、「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)三笠山御殿」

「妹背山婦女庭訓」は、人形浄瑠璃から移された何段もある長い芝居。舞台は大化の改新辺り。細かい風俗は江戸の物を援用しているとは言え、やはり上代独特の雰囲気も感じられる「時代物」。

「吉野川」も見たし、「杉酒屋」から「三笠山御殿」までの通しも見たが、今回は「三笠山御殿」のみ。「杉酒屋(すぎざかや)」、「道行恋苧環(みちゆきこいのおだまき)」など前の段が出ないと、なんで「苧環」持っているのかとか、恋の争いの背景とかがやはりちょっと分かりづらいが、まあそれが歌舞伎の興行。長くなったら長くなったで寝てしまうし(笑)

冒頭の入鹿は楽善。彦三郎、亀蔵の息子2名を左右に従えて。台詞がみんな明晰で良い。玉三郎で見た時の漁師鱶七実は金輪五郎は、今回も松緑だったが、荒事味あり、豪放磊落でかつ可笑しみのある演技が舞台に映えて実に印象的。

杉酒屋娘お三輪は時蔵。嫉妬に狂った「凝着の相」から、切られた後、自分の死は無駄ではなく愛する者を救うのだという安堵、しかし最後に一目会う事はかなわないという哀しい結末まで芸の力で見事に演じる。

本質とは関係無いが、時蔵の頬骨が張っている所を見ると、いつもメリル・ストリーブを思い出して、小娘に見えなくなってしまうのでいかんな(笑)

お三輪を虐める官女達は立役がやるのがお約束なのだそうだが、前回見た時ほど印象的では無かったかな。「三笠山御殿」のみだが幕間無しで2時間近いというのは、最初の演目とはいえちょっと疲れる。

6-1-3.jpeg

ここで30分の幕間。今回は昼も夜も幕間が少なくギチギチに演目が詰まっており、30分の幕間が昼夜とも遅い。三階の花篭食堂はガラガラ。だって午後1時近いものねえ。

次の演目は舞踊。六歌仙容彩「文屋(ぶんや)」

先月も菊之助が六歌仙の一幕を踊ったが、今月も続けて。詰め込み気味の時間表だけを見るなら、公演としては無くともよかったが、まあ色々と事情があるのでしょうな。最初の演目で官女が大勢出るので、舞踊にも出そうとか(笑)幕開きと同時に清元に「延寿太夫!」と声が掛かる。人気ですな。「たいめいけん」や「雷門おこし」の若旦那達の如く真っ黒だが、サーファーなんだろうか(笑)

15分の幕間を挟んで、河竹黙阿弥作、「野晒悟助(のざらしごすけ)」

あまり深い展開は無く、男伊達の粋と女にモテモテの格好良さを菊五郎が見せる、気楽な世話物。歌舞伎座では20年ぶりの上演。背景は大阪だが雰囲気は江戸の下町。

住吉神社鳥居前、与太者の乱暴狼藉に会った土器売りの貧乏な親娘を助けて金を与え、敵はきっと打ってやるという颯爽とした菊五郎は、同じく参拝に来ていた大店の娘も助けて、両方の娘から惚れられる事になる。この野晒悟助の出が何のことは無いけれども格好良くて印象的。

児太郎演じる薄幸な娘お賤と、米吉演じる大店のおっとりした娘小田井の対比も良く効いている。その後もドタバタがあり、娘二人が押しかけ女房に来て、嫁の座は先に来た小田井のものに。この辺りも、「もう少し早く来てくれれば」と結構エー加減な埒もない風味である。

そして制裁を加えた与太者の親分、左團次がやってきて揉め事になり、百両が要る事になるが、お賤が身を売って百両を用立てる。自分のために苦界に身を落とすお賤の手を取って「来世はお前と夫婦に」と言う悟助の台詞に「えええ!」と驚く米吉が面白い。米吉は、ポワンとちょっと抜けているような娘役が似合うよねえ。

百両を手にして提婆仁三郎(左團次)を追いかける悟助の立ち回りで大団円。菊五郎劇団の大立ち回りは、大勢がチームワーク良く音羽屋の柄が入った傘を使い、トンボも何度も派手に切って全員の息が合っている。

河竹黙阿弥が五世尾上菊五郎のために書き下ろした作品だそうであるが、菊五郎が粋で格好良く見える、小難しい所のない気楽な世話物。なかなか面白かった。

歌舞伎座、「六月大歌舞伎」初日、夜の部
歌舞伎座六月大歌舞伎初日、夜の部を見物。

2018060317522685f.jpeg 20180603175244f37.jpeg

午後4時に歌舞伎座前到着したが、まだ昼の部の客が大勢出てきているところ。昼の部の打ち出しが3時52分で、入場は4時5分からとのこと。

結構昼の部も遅い終わりだが、夜の部も演目は2つで幕間は15分と30分の2回だけ。夜の打ち出しが9時15分というのもやはり遅い気が。比較的長い演目が2つ続く。

最初の演目は、「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」

人形浄瑠璃由来の世話物作品。以前海老蔵で観た時は、話の筋があまりよく分からず、人物の関係もイマイチ納得ゆかなかったのだが、さすがに二回目に見ると筋がある程度良く分かる(笑)もっとも、お梶が徳兵衛に気付くところなどは、前の段から出ないと分からないが、まあ歌舞伎は長い狂言を有名な所だけ切り取って出す上演が普通だからしかたない。

吉右衛門演じる団七九郎兵衛の最初の出はムショから出たばかりのヨレヨレ。ちょうど「石切梶原」の二つ胴を切る際に牢から引き出された罪人の如し。しかし着替えて出てくるとパリッとしてその差が際立つ。久しぶりに会う息子の一松役で、娘婿である菊之助に連れられて孫の寺嶋和史が出演。デレデレの様子に客席も沸く。米吉演じる傾城琴浦も可憐な感じで良い。

「鳥居前」での立ち回りは、様式的にあれこれ面白い形がつけてあり興味深い。「三婦内」で雀右衛門お辰が焼けた鉄串を顔に押し当てる演出は、なかなか印象的。

今は念仏三昧の好々爺だが、昔はさんざん喧嘩もして悪かった強面の爺さんである釣船三婦が、訪ねてきたごろつき権と八を待たせて昔の鉄火な着物に着替えながら「分かっとるわい、ちょっと待っとれ」「やかましいわい」等と関西弁で怒鳴る。歌六が新喜劇のように軽妙に演じており、実に面白かった。

吉右衛門は初日ながらさほどアーウーなく台詞は殆ど入っており存在感あり。歌六の重厚と軽妙を交差する演技も印象的。大阪のうだるような暑さの下町の情景が描かれていると、どの解説にも書かれているのだが、あんまり夏の風情を感じないのが不思議なところ。江戸下町の夏を感じさせる演目はたくさんあるのだけれどもねえ。

大詰めの「長屋裏」橘三郎演じる三河屋義平次は、憎々しい爺様としてなかなか印象的に成立。もみ合う内にうっかり傷つけてしまい、更に憎々しく騒がれたために、義父であってももはやこれまで、殺さねばならぬと深みに嵌ってゆく焦燥と絶望。そして祭りのダンジリの賑わいを背景に風のように去る団七九郎兵衛を吉右衛門が印象的に演じる。あれこれと決まる型もあり、吉右衛門は立ち回り大奮闘。

ただ、汚い爺さん相手の立ち回りであって、情景としてあまり華は無く、立ち回りは全体として長過ぎる気がしないでもないかな(笑)団七内の場、大勢の立ち回りはカット。

6-1-1.jpeg 6-1-2.jpeg

途中に15分の幕間を挟んで最初の演目が終わった所で30分の幕間。花篭食堂はガラガラ。6時55分から食事というのはちょっと遅い印象だが、やはりそのせいだろうか。

切りの狂言は、「巷談宵宮雨(こうだんよみやのあめ)」

宇野信夫作、十七世勘三郎の当たり役を芝翫が演じる。24年ぶりの上演なのだそうで、まったく予備知識無かったが、実に面白かった。

笑いを誘う軽妙な世話物から、後半は怪談風味に。松緑は、愛嬌も人情味もある悪党、虎鰒の太十を印象的に演じる。ニンにあるんだね。芝翫も、金に汚い因業な破戒坊主の爺様、龍達役であるが、時代物の男臭い立役よりも世話のこんな軽妙な役のほうが合っているような気もしないでもない。白塗りではなくあまり化粧っ気を感じさせない雀右衛門も、世話物の女形として印象的。

隠していた金を掘り出した分け前で怒鳴り合いの喧嘩になる所もおおいに笑わせるが、怒り余った虎鰒の太十が龍達に毒を盛った所から舞台は急にサスペンスあふれる怪談風味に。前半とのコントラストも面白い。亡霊となった龍達が現れ、背筋が寒くなった所で幕。ただまあ、夜の切としては、ちょっと後味悪いかな(笑)

夜の部は、最初から、鶏爺さんの声も「空耳アワー」の如く、時折幽かに聞こえる。そして、前回の歌舞伎座もそうだったのだが、今回も一階席前方から声掛けるオッサンが。

イキった声で「二代目!」「キオイチョ!」など実にウザいんだ、これが(笑)そして、「巷談宵宮雨」の最後の場面、芝翫が亡霊として立ち尽くす所でまたイキった声で「ン~ナリテヤ~!」とデカイ声を。あの場面に成田屋出てたとは知らなかったな(笑)

この日の打ち出しは9時15分。翌日以降の時間表をwebで見ると、進行がちょっとだけ早くなったようだ。


歌舞伎座、團菊祭五月大歌舞伎、昼の部を観た
ゴールデンウイーク最後の週末、土曜日は、歌舞伎座にて團菊祭五月大歌舞伎、昼の部。

20180506175738001.jpeg

十二世市川團十郎五年祭と銘打ってあり、昼の部は「雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)」の通し狂言。

「市川海老蔵五役相勤め申し候」とあるが、海老蔵が鳴神上人、粂寺弾正、早雲王子、安倍清行、不動明王を一人で演じ、江戸時代に市川團十郎が定めた成田屋「歌舞伎十八番」のうち「毛抜」「鳴神」「不動」と3つが出るというお得なパッケージ。

同じ十八番の中の「押し戻し」というのも筋書は無く、花道で怪異な物の怪を剛力が押し戻す「ひとつの場面」なので、「鳴神」の後に入れたら4つも出る更に更にお得なパッケージになるのだが、主要な立役のキャラクターを全て海老蔵が演じている興行なので、海老蔵の鳴神上人を押し戻す役が居ないのだった。

最初は幕が開くと舞台付きで海老蔵が座り、十二世市川團十郎五年祭が開催できるお礼の口上を。今年は成田山開基1080年。成田屋所縁の新勝寺から「大本山成田山新勝寺 不動明王勧請」と不動明王の出開帳が2階ロビーに行われており「ご利益があると思いますのでどうぞお参りください」と口上に。次の幕間ではお参りの列が出来ていた。

201805061757582b6.jpeg

最初は、発端、序盤で20分の幕間に。2014年12月にも海老蔵で観ているが、この部分を観ていると、磁石と笄のセットを与えたり、序幕に小磯が殺されて短冊を奪われる場面があったり、干ばつの説明があったりなど、後に続く「毛抜」や「鳴神」の説明になっている。

そして次の幕は「毛抜」。海老蔵演じる粂寺弾正が、大らかに色好みの所も見せ、悪人の奸計を見破り征伐するという荒事特有の筋書き。海老蔵が座頭ということになるのだが、ただ雀右衛門が出てくると浮くほどに、他にあまり大物が出ていないのだった。

「毛抜」が大団円となって30分の幕間。

花篭で「花車膳」で一杯。

20180506175821654.jpeg

次は「鳴神」。天下を旱魃に導いた鳴神上人の封印を解くために、色仕掛けで海老蔵演じる鳴神上人を籠絡する雲の絶間姫を菊之助が演じる。ただ此処でちょっと眠気に襲われ、白雲坊、黒雲坊と掛け合いで艶かしくもエロティックな場面を語る絶間姫の「クドキ」と、素知らぬ振りで聞き耳立てていた上人が引き込まれて興奮し、庵から転がり落ちる部分、そして癪を起こしたのも絶間姫の胸に手を入れて解放するという、江戸時代の観客が大興奮で観ていたと思しい見所を全て寝落ちしてしまった(笑)目が覚めると上人が酒を飲む盃事の場面。しまったなあ(笑)

高僧がメロメロになって堕落するという設定は、いわゆる久米の仙人の寓話にも似て、江戸時代のエロティック・コメディーの雰囲気。還俗したら名前を「市川海老蔵」等という辺りの海老蔵の軽妙な演技にも客席が沸く。

大詰めの派手な大立ち回りは観客を飽きさせずに実に凄い。花道で梯子を使った演出は「蘭平物狂」を思い起こす。最後の「不動」は、歌舞伎十八番とはいえキチンとした形が現存してないらしいが、筋書きではなくシーンを表すものらしい。最後は幻想的な演出で切りとなる。

「雷神不動北山桜」通し狂言は、海老蔵自身が五役主演で組み上げて何度も演じており、実に手慣れたもの。まさに成田屋の芸。

最後の演目は「女伊達」。時蔵が踊る短い舞踊。賑やかな新吉原仲之町の絢爛を背景に、気風の良い女伊達時蔵が、時に強さを時に女らしさをあしらって踊る。時蔵に華を持たせるような演目か。粋で洒脱で上手い。

歌舞伎座、「團菊祭五月大歌舞伎」夜の部
團菊祭五月大歌舞伎夜の部を観た。「十二世市川團十郎五年祭」とも銘打たれており、2階ロビーには成田屋所縁の成田山新勝寺から不動尊が祀られている。

20180504190539f7c.jpeg
20180504190723cb5.jpeg 2018050419074063a.jpeg

最初の演目は、「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)」

「知らざあ言ってきかせやしょう」で有名な、河竹黙阿弥原作の所謂「白波五人男」。幕の間のストーリーは厳密には繋がっていないが、細かい事には拘らないのが歌舞伎。様式美に満ちた役者が、格好良い場面だけをつないでいる、いかにもこれこそ歌舞伎といった音羽屋家の芸。勿論大旦那の菊五郎が弁天小僧を演じるのだが、前髪の小僧というよりも「弁天親爺」と呼ぶべき貫禄。まあ本来は役名通り菊之助に譲るべきなのかもしれないが、歌舞伎役者は死ぬまで現役だからなあ。

浜松屋の場は、娘に化けて因縁をつけて金を強請り取ろうとする弁天小僧が、正体を見破られ、開き直って啖呵を切るのが有名な場面。煙管を使った粋な所作や鉄火で粋な台詞、花道坊主持ちの引っ込みの軽妙さも手慣れたもの。丁稚役で菊五郎の孫、寺嶋眞秀がちょこまか出演して会場は大いに沸いた。

「勢揃いの場」は、花道での五人衆のツラネ、本舞台に立ってからの渡り台詞と、黙阿弥の七五調の名台詞と絢爛たる歌舞伎の様式美に満ちた舞台。まさに一幅の錦絵のよう。ストーリーのほうは、なにやら良く分からないのだが、ただただ威勢が良く格好が良い。海老蔵も菊之助も舞台に映える。

立腹の場は、立廻りでの若手奮闘と、がんどう返しなどの派手な演出。菊五郎御大も結構大変だと思うが怪我しないようにやってもらいたいものである。
大詰めの極楽寺山門の場は、海老蔵の華に良く合っており、梅玉は、この手の何やら訳が分からないが取り敢えず大団円になる時の扇の要として、実にピッタリとハマる役者だ(笑)

この日の客席は、一階のトチリ列の辺りだと思うのだが、随分とヘナチョコな声で大向うを掛ける年配の観客が、しかも明らかに妙に何人も居た。一階席で大向うというのは珍しいし、偶に一人会うかどうかだがこの日は随分多い。マナー的にはアカンという説もあるが、ちゃんと声が出て芸になっていればさほど気にはならない。しかしこの日、一階で何名も掛ける大向うは、全部どういう訳かヘナチョコな声(笑)「菊畑」では、しまいには「紀尾井町!」とまでやるのも居たが、屋号も満足に掛けられないのに、応用問題に手を出すと必ず失敗すると思うがなあ(笑)音羽屋の後援会筋か何かの客が競って声を掛けていたのだろうか。しかしもっと練習するべきではと思うなあ。

20180504190820b6c.jpeg

幕間には花篭で「芝居御膳」。新緑の頃が献立にもきちんと反映されている。

次の演目は、「鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりゃくのまき)」から「菊畑」。以前にも同じ松緑で観た。物語の三段目だが次の段が「一条大蔵譚」。

開幕前から花道にも菊の花が置かれ、定式幕が開いた後で浅黄幕が切って落とされると、菊が盛りの大きなお屋敷の庭が広がる。秋の雰囲気にあふれ気持ちのよい風景。

表には見せないが実は源氏に心を寄せる主人公や、源氏再興のための秘宝探索、他人と思えば実は生き別れた兄弟だったというのは歌舞伎ではお約束の設定。別の人物に扮しているがその正体実はというのも時代物ではよくある設定。

知恵内役の松緑は力が強く、忠義に厚く、洒落っ気もあるという「色奴」と呼ばれる格好良い役を粋に演じて立派に成立している。ただ物語的には、ストーリーにあまり大きなカタルシスが無く、若干膨らみがないようにも感じる演目でもあるかなあ。

最後は短い舞踊、六歌仙容彩「喜撰(きせん)」

長唄と清元の掛け合いで、賑やかに踊る。菊之助は喜撰法師が初役というが、坊主姿で踊るというのは、丁度出演中の「西郷どん」月照役を時節柄意識した配役なのでは(笑) TVでの月照役はきちんと成立しているが、女形と美麗な二枚目を得意とする菊之助に、ヒゲの剃り跡青々しく軽妙に踊る坊主役はあんまり合っているとは思えないけれども。時蔵は手練で洒脱で粋で上手いものである。まあ時蔵に華を持たせる演目という位置づけなのかもしれない。