97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座「二月大歌舞伎」、夜の部。高麗屋三代同時襲名披露公演。
日曜の夜は、歌舞伎座「二月大歌舞伎」、夜の部。

2018022020090751f.jpeg

歌舞伎座百三十年を寿ぎ、松本幸四郎改め 二代目松本白鸚、市川染五郎改め十代目松本幸四郎、松本金太郎改め 八代目市川染五郎の高麗屋三代同時襲名興行の二ヶ月目。

出かける前に録画していた、新幸四郎と草間彌生の対談番組を録画で。草間は今回の襲名祝幕の作者である前衛芸術家。

草間彌生の語りはパワフルで実に壮大だ。小さい頃から幻覚や幻聴に襲われていたというが、普通の人間が忘れ去った、神秘で原初な異世界とのチャネルが開いていたのだろう。既に老境に入った今でも、その存在感と作品の力強さには圧倒される。草間と新幸四郎が選んだデザインだという祝い幕に草間がつけたテーマは「愛を持って人生を語ろう」。歌舞伎座の大舞台でも違和感なく「歌舞いて」いる。

2018022020092823e.jpeg

201802202009464ad.jpeg

20180220201005041.jpeg

20180220201022c2f.jpeg

この日は団体客が多く入場前から歌舞伎座前はごった返している。入場後も実に劇場のあちこちが賑やか。三階食事所「花篭」も予約受付直後から既に借り切り状態で食事予約が入れられなかった。後の幕間で確認すると、旅行会社のツアー、農協の団体、なんとかフレンド会などで満杯。

最初の幕が開く前に、二階の売店で弁当を買い早めの腹ごしらえ。

最初の演目は、一谷嫩軍記「熊谷陣屋(くまがいじんや)」。人形浄瑠璃から歌舞伎に移された名作。幕が開く前、「ウニャワラワ~」という鶏が絞められる断末魔のような鶏爺さんの声。久々だな(笑) NHKの高麗屋三代襲名ドキュメント、お練りの場面での「高麗屋あ~ぁぁぁぁぁ」という声も、この鶏爺さんだと聞いたが、あれはカメラの近くだったからか結構声は聞こえた。しかし広い歌舞伎座では、蚊の鳴くような声にしか聞こえないのだよなあ。

「熊谷陣屋」は菊五郎の義経、魁春の相模、雀右衛門の藤の方、左團次の弥陀六、鴈治郎の堤軍次、芝翫の景高と超弩級のラインアップが脇で新幸四郎の熊谷を支える。襲名披露ならではの豪華な配役で悪かろうはずはない。余談ながら、子供の頃から神戸は須磨の隣、塩屋と御影に住んだ身としては、舞台設定がなんだか懐かしいな。まあ源平合戦の名所でもあるのだが。

菊五郎は柔らかく高貴ながらも「一子を切らせる」侍の顔を描く。相手への同情と母の情が交錯する雀右衛門と魁春も堂々たる出来。脇が揃い過ぎると主役が食われるものだが、幸四郎は隈取りの迫力ある顔での出も印象的。見得も立派でしっかりとこなした印象。

二ヶ月続けての襲名披露公演、新幸四郎は、先月は「車引」に「勧進帳」。今月は「一條大蔵譚」、「熊谷陣屋」と、高麗屋のみならず播磨屋の持ち役にまで芸域を広げる気概を見せて実に多才なラインアップ。器用な「歌舞伎職人」ぶりを観客に見事にアピールした。どうせなら「暫」もやったらよかったのでは。それは海老蔵が怒るか(笑)

この日、ちょっと困ったのは、上演中、後ろの婆さん二人がずっとヒソヒソと喋っている事。そもそも話す者などいないから、声を潜めているつもりでも回りに随分と聞こえる。聞こえた話の内容では、歌舞伎役者の血筋や家系など結構詳しいのだが、観劇のマナーだけは、お気の毒に誰にも教わらなかったものと見える。

30分の幕間の後、「壽三代歌舞伎賑(ことほぐさんだいかぶきのにぎわい)」木挽町芝居前

木挽町の芝居小屋前、高麗屋三代襲名披露を楽しみに待つ座頭や鳶衆、手古舞が並ぶ中、高麗屋3名が到着。男伊達と女伊達が両花道に並び、ツラネを渡り台詞で朗々と語って見せる。江戸奉行も登場して賑やかに観客と手締めをして襲名披露を寿ぐ。

菊五郎、仁左衛門、玉三郎、左團次、又五郎、鴈治郎、錦之助、松緑、海老蔵、彌十郎、芝翫、歌六、魁春、時蔵、雀右衛門、孝太郎、梅枝、東蔵、秀太郎、猿之助、楽善、我當、梅玉、吉右衛門、藤十郎、綺羅星の如く大看板が揃って襲名を祝う祝祭の一幕。今回の襲名披露興行は、新歌舞伎座開業以来一番出演俳優が多いのだとか。

番頭役の猿之助はずっと左手に風呂敷を持っていたが、やはりまだリハビリが続いているのだろうか。もっとも4月のワンピースでは復活するようであるが。役者魂には頭が下がる。我當さんも久しぶりに見た。退場は左右を人に介助されるが、それをそっと隠すように手古舞の二人が後ろに続くのも粋な気配りの演出。

賑やかな祝祭が終わると、舞台は一点して木挽町芝居小屋の内部の想定。二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎、八代目市川染五郎の3名だけが静かに舞台に現れ、襲名披露の挨拶を。賑やかな芝居前と対照的に、飾り気の無いすっきりした口上が良かった。

最後の演目は「仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)祇園一力茶屋の場」。いわゆる「七段目」。実は見物するのは初めて。

祇園花見小路入り口にある一力茶屋は、以前「鮨まつもと」を訪問した時に前を通ったが、史実で大石内蔵助が遊んで居たのは別の場所であったとのこと。

奇数日と偶数日で「七段目」の平右衛門/お軽の役者が「仁左玉」と「海老菊」と交代になる趣向。実は何の考えもなく偶数日を押さえたのだが、年期の入った観巧者は両方観るのだろう。人気としては奇数日の「仁左玉」のほうで、既に席は空いていないのであった。

白鴎の襲名披露演目であるが、「七段目」は、白鴎自家薬籠中の本役。祇園で風雅に遊ぶ酔態に色気も気品も感じられ、酸いも甘いも噛み分けた大人物であるが、実は討ち入りの本心をひたすら隠すという重厚な腹もある。秘密を悟られてはお軽を殺さねばならぬという暗い決断、しかし平右衛門の妹、勘平の妻であると知って夫の敵討ちをさせる侍としての大きさ。古今の名作であるから作品も良く出来ているが、白鴎の役者としての骨格の大きさも見事に舞台に映える作品。

お座敷遊びの部分は実に賑やかで昔の観客は自分もお座敷遊びをしているような感覚を楽しんだのだろう。「見立て」のお座敷遊びでは高麗屋三代同時襲名をもじった楽屋落ちが。

お軽は、一心に夫の早野勘平を思い続ける恋女房であり、夫の本懐の為と郭に売られて今は遊女であり、そして平右衛門の可愛い妹でもある。これは結構難しい役であるが、菊之助は可憐に、柔らかく、印象的に成立している。

平右衛門、海老蔵は、腰の軽い奴で軽妙な役どころ。可愛い妹と再会した嬉しい思いもあるが、討ち入りの事情を知った妹を、忠義のためには殺さねばという、暗い感情も湧き出る。海老蔵の眼力はなかなか印象的。

菊之助も海老蔵も、きちんと成立していたと思う。ただ、お軽を菊之助ではなく玉三郎がやる所は、なんとなくイメージできるが、仁左衛門が平右衛門やると海老蔵とどう違うかというのは、ちょっと想像できない気が(笑)勿論、二左衛門のほうが唸るほど巧いのに決まっているとは思うけれども。

スポンサーサイト
「二月大歌舞伎」昼の部。高麗屋三代同時襲名披露公演
土曜日は歌舞伎座で、「二月大歌舞伎」昼の部。

20180204093721c29.jpeg

201802040937480d6.jpeg

歌舞伎座百三十年記念公演であると共に、先月に続いて高麗屋三代同時襲名披露公演でもある。

松本幸四郎改め 二代目 松本白 鸚
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎
松本金太郎改め 八代目 市川染五郎

2018020409382286c.jpeg 20180204093841a8f.jpeg

20180204093904df1.jpeg 20180204093925ac2.jpeg

襲名祝い幕も先月とは変わり、草間彌生作、生の息吹を感じる大胆奇抜で力のあるデザイン。襲名披露役者の名前が入らない祝幕も珍しいが、確かにこのデザインは自己完結しており、作者の名前以外を入れる余地は無いかな。

仮花道が設定されている。昼の部では、最初の舞踊で一瞬使っただけ。夜の演目に使うのかな。熊谷陣屋や七段目で両花道使わないか。だとすると、襲名披露の挨拶演目? 今月も綺羅星の如き大物俳優総出演である。

この日、昼の部は団体客が多く、あまり歌舞伎座に慣れていない様子の人々が連れ立っている場面多数。三階花篭食堂は貸し切り状態のようで予約できなかった。

夜の部は、奇数の日が仁左衛門、玉三郎の組、偶数の日が、海老蔵と菊之助の組と交互に役を演じる。奇数日のほうが先に完売で人気あり。2月の歌舞伎座は、寸前まで予約を忘れており、チケット松竹にアクセスした際、奇数日と偶数日の意味が分からず、リンクも訳が分からなかったので、奇数日を昼の部、偶数日に夜の部という、なんだか妙な観劇予定になってしまった(笑) 奇数日の週末夜はなかなか戻らない。

最初の演目は、「春駒祝高麗(はるこまいわいのこうらい)」。新春の祝に江戸時代からよく演じられた曽我物。襲名を祝う祝祭の賑やかな舞踊。いつか討たれてやろうと、敵役が敵討ちの若者に将来自分が討たれる場所の通行手形を渡し、再会を約しての大団円。如何にも歌舞伎のお約束で様式的なストーリーだが、それが型にはまって良いのだよなあ。

梅玉の工藤祐経、又五郎の小林朝比奈が舞踊の力点となり、芝翫、梅枝、米吉、錦之助と華やかにかつ目出度く踊る。

二番目の演目は、新幸四郎が一條大蔵長成を演じる襲名披露演目、「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」。檜垣、奥殿の場。

イヤホンガイドを聞き、再度筋書きをチェックして気づいたが、この演目は高麗屋は殆ど演じていない。初代の吉右衛門が当たり役として、新白鴎の弟にして新幸四郎の叔父、二代目吉右衛門に継承された演目。

一條大蔵卿を演じる俳優になりたいというのは、新幸四郎の叔父さんへの尊敬と配慮であろうか。染五郎時代に最初に演じた際、当代吉右衛門は、最後の作り阿呆の場面で、「一條大蔵卿は、この先二度と本心を現す事なく生きてゆくのだ」と教えたという。確かに以前見た吉右衛門の大蔵卿には、討った首を弄ぶ中に、哀しき狂気の萌芽さえ見えている気がした。

新幸四郎も、作り阿呆の部分と本心を現す部分のコントラストはきちんと演じて端正に成立している。時蔵は流石に大物で、凛として堂々たる常盤御前。

秀太郎が成瀬、孝太郎がお京、松緑が鬼次郎、歌六が八剣勘解由と、芸達者が揃う襲名披露演目らしい堂々たる布陣。ただ、座った場所が悪かったのか、奥の御簾から長刀がゾワワと出て来る所は見落としたな。

30分の幕間は食事予約できなかったので、館内をブラブラと。

三番目の演目は、「歌舞伎十八番の内 暫(しばらく)」

20180204094115d6e.jpeg

成田屋、家の芸。DVDで見た事はあるのだが、舞台で観るのは初めて。ストーリーは殆ど無く、ただただ派手で賑やかで痛快な荒事。祝祭劇としても実に目出度いのだが、近年の上演は殆ど成田屋によるもの。歌舞伎座での前の上演は平成21年の海老蔵。それは観ていない。

海老蔵演じる鎌倉権五郎。花道での雄弁な台詞術を用いた「つらね」には、高麗屋三代襲名を寿ぐ台詞を巧みに埋め込んで客席を沸かせる。派手でサイケデリックで、江戸の小屋で大衆が熱狂した呪術性のある「荒事」が眼前に繰り広げられるのは、やはり圧巻というしかない。型がどうのとか鹿爪らしい仔細を気にするのが野暮の骨頂に思える。

鴈治郎、孝太郎、右團次、彦三郎、坂東亀蔵、尾上右近、九團次、男女蔵、左團次など、これまた襲名披露に相応しい豪華な布陣で。成田屋でなければ出来ない演目。海老蔵は途轍もない財産を承継している。

最後の演目は、「井伊大老(いいたいろう)」

新国劇から歌舞伎に移されてから、幸四郎と吉右衛門しか主演していない、まさに高麗屋と播磨屋の兄弟芸。吉右衛門演じる井伊大老は、流石に自家薬籠中の持ち役で、大老にまで登り詰めたが、貧しい彦根で暮らしを思い出し、お前だけが妻だとお静の方を労る情愛を情け深く演じる。死を覚悟して、時ならぬ雪を見ながら静かに酌み交わす故郷の酒が印象的な切り。二人きりの場面の時に上のほうから小さな声で「音羽屋」と大向うが聞こえた気がしたのだが空耳かな。時折、デタラメに「音羽屋」って言ってる人いない?(笑)

お静の方、雀右衛門も可憐で良い。井伊大老の書に死の運命を読み取り、風のように去ってゆく雲水、仙英禅師も、正に歌六の当たり役。梅玉の長野主膳も、腐ったものは深く抉り取らねばならぬと、安政の大獄を断行する鋼のような決意を語って要所を締めていた。自分の信じる正義のためには鬼にならんと言う台詞は、来世は決して大老にはならぬと言う、大詰めでの伊井大老の涙ながらの述懐と対称的に響きあう。本が良くできている。

打出しで外に出るとまだ明るい。銀座松屋上の鰻屋で一杯。うな丼も頼むと、「鰻は中国産ですが、よろしいですか?」と。4000円のうな丼で中国産。いよいよそんな事態になってきた。鰻絶滅を防ぐために食うなと言うのはたやすいが、本当は、スーパーの安売りや牛丼屋の鰻を規制して、良い物を昔からの仕事で供給する老舗の鰻屋を助けてほしいもの感あり。鰻は気軽に牛丼屋で食う物ではなく、4~5000円払って鰻職人のいる専門店で偶に食べるもので良いと思うけれども。

2018020409414092b.jpeg

メニューにも「中国産のため何時もと形が違う場合があります。ご了解ください」と書いてある。確かに身が分厚くて太い。これはかなり蒸して脂を落としているのではと思う仕事。それでも、そんなに悪くない。やはり蒸しや焼きの仕事で大分持ち上げているのだろうと、鰻職人の苦労が忍ばれる。夏場の土用の丑にかけて、果たして今年は大丈夫か。

一月歌舞伎座、「壽 初春大歌舞伎」高麗屋三代同時襲名の宴。
1月の歌舞伎座は「壽 初春大歌舞伎」。「歌舞伎座百三十年」と銘打って、

松本幸四郎改め 二代目 松本白 鸚
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎
松本金太郎改め 八代目 市川染五郎

の同時襲名披露公演が賑々しく行われている。江戸に歌舞伎座が出来て130年。高麗屋が前に三代同時襲名を行ってから、1代若返って再び3代同時襲名が37年ぶり。誠におめでたい話である。大物幹部俳優が揃って出演。

20180107151010b83.jpeg 20180107151036257.jpeg

20180116083620612.jpeg

松の内に昼の部も夜の部も観劇したのだが、それから風邪を引いたりして、更新をスッカリ忘れていた。

昼の部はまず「箱根霊験誓仇討(はこねれいげんちかいのあだうち)」

初代白鸚が演じた高麗屋ゆかりの仇討ち狂言だというが、新歌舞伎座になってから初演。イヤホンガイドを借りていなかったので、筋書きで筆助が愛之助だとは知っていたが、滝口上野と二役とは知らず、この役者は誰だったっけとしばし混乱した。同じ役者が二役を演じるには、善悪をコントラスト深く演じ分けて役者を目立たせるなど、興行上の理由があるはずなのだが、愛之助の二役には不思議とあまり理由を感じない出来。

勘九郎と七之助は、夫婦役で好演。七之助の初花は最後の亡霊もなかなか美しい凄みがあって感心した。

歌舞伎座も正月の雰囲気。襲名御膳もちょっとおせち風味あり。

2018011608340178d.jpeg

201801160834585f5.jpeg 2018011608353350d.jpeg

新染五郎が出て襲名披露の勧進帳や口上がある夜の部のほうが人気あるようだが、最初の観劇が正月3日だったのでさすがに翌日仕事で夜の部はねえ。1月は大相撲初場所観戦もあるので、歌舞伎の予定もなかなか立てづらいのだった。

「七福神(しちふくじん)」は、正月の目出度い雰囲気にもぴったりあった、賑やかでゆったりと新春を寿ぐ祝祭の舞踊劇。又五郎、扇雀、彌十郎、門之助、高麗蔵、芝翫、鴈治郎と豪華メンバー。大黒天の鴈治郎がのんびり酒を飲むさまが、春風駘蕩、旦那然としてよい。

25分の幕間を挟んで、「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」、「車引」と「寺子屋」。

車引でも中村屋兄弟が奮闘。最後の場面は錦絵のようで荒事の豪快さと歌舞伎の様式美に満ちで実に見事であるが、幕が開いてしばらくは、梅王丸と桜丸が笠をかぶっての台詞のやり取りが続く。何度か観たが、演目としてはこの辺りが若干長くてダレるか。彌十郎の時平は、大柄なのはよいとして、役者によっては、憎々しい怪異さがもっと際立つ時があると思うのだけれども。

「寺子屋」では、猿之助が涎くり与太郎役で歌舞伎座に復活。親父に引かれて帰る花道。左手は治ったのかいと聞かれて「目出度い高麗屋さんの襲名披露に間に合わせようと、精出してリハビリに励んだんだい」と言って観客を大いに笑わせ盛大な拍手が沸き起こる。手はちょっと不自然さは感じられない事もないが、ちゃんと動かせている。どうしても早く舞台に戻りたいという役者魂。早い完治を祈りたい。

忠義のためには自らの子を身代わりに討たせなければならない葛藤。しかも付いてきている春藤玄蕃に気取られぬ算段。そんなせめぎ合いと、最後に自分の子供が自らが身替わりになることを受け入れ従容と笑顔を見せて討たれた事を聞いた泣き笑い。義太夫狂言の名作。新白鸚の松王丸、最後の見得が大きく決まる。荒事役者の貫禄あり。高麗屋、大高麗、二代目と次々に大向こうの声が掛かる。

梅玉、魁春、雀右衛門、藤十郎と襲名ならではの豪華な布陣が脇を固める。

次の週末は、「夜の部」。

最初の狂言は、「双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)」、角力場。ちょうど大相撲初場所観戦を控えているので、舞台は大阪とは言え相撲興行の風情が良い(笑)芝翫演じる濡髪長五郎は、鷹揚にして大きい。愛之助は昼の部に続けて、つっころばし与五郎と素人力士放駒を二役で演じるのだが、上方世話の柔らかい可笑しみは十分あるものの、昼の部同様、二役の意味はあんまり良く分からない出来だったなあ。

そして「襲名披露 口上(こうじょう)」。藤十郎を中心に幹部俳優が列席してなかなか壮観。吉右衛門は、この後、「勧進帳」を御覧くださいと割と淡々とした挨拶であるが、要は舞台を観てくれという自信か。

そして新染五郎、新幸四郎、襲名披露狂言の「勧進帳」。弱冠12歳の染五郎が義経。歌舞伎の御曹司に生まれたら12歳で歌舞伎座で義経が出来る。駄馬はいくら演技が巧くとも出来ない。歌舞伎のこの非合理ではあるが予定調和の如き、しかし観客は喜んで愛でる美しき伝統。

偉大なる人間国宝にして怖い叔父貴(笑)、吉右衛門が富樫を付き合う。富樫の出は、実に口跡が朗々と響き、まさに主役降臨の如し。新幸四郎が染五郎として歌舞伎座で始めて弁慶をやった時は吉右衛門が義経。花道の出で並ぶと義経のほうが弁慶よりも背が高いという面白い現象があったが、富樫はいくら立派でも「勧進帳」は成り立つのであった。

新幸四郎の弁慶は、染五郎の時の一点一画を疎かにしない楷書の如き弁慶から、若干自分のニンに引き寄せている印象。悪く言えば崩れているのだが、良く言えば新幸四郎らしい弁慶を模索し始めているのだろう。新染五郎の義経は良い。初々しくも凛々しい高麗屋、12歳の御曹司が、歌舞伎役者として生きてゆく運命を従容と受け入れて歌舞伎座の舞台に立つ。観客はそれを一種、運命の物語として眼前に受け入れる。悪いはずがないではないか。

弁慶と富樫との山伏問答は、台詞ではあるのだがまるでアドリブのように感じる掛け合いのテンションがうねるように高まって行くところが見所なのだが、今回は新幸四郎が若干「置きに行っている」ところがあるのか、幾分迫力に欠けただろうか。四天王軍団は、鴈治郎、芝翫、愛之助、歌六と貫禄十分。

吉右衛門、富樫は弁慶の通行を許してから上手戸口への引っ込みの前、一瞬弁慶を振り返る。そして、涙を堪えて天を向く所作。これがなかなか良い。前回の染五郎弁慶で義経を勤めた時、吉右衛門は、花道引っ込みの際七三で、笠を上げて遠くを一瞬見つめてみせた。安宅の関は弁慶の機転で乗り切ったが、これから本当に陸奥まで落ち延びる事ができるだろうか。吉右衛門義経は自らの未来を遠い花道の先に一瞬幻視して、そしてまた笠を深くかぶり花道を走って行く。吉右衛門は細かい工夫が凄いよなあ。

新幸四郎弁慶の飛び六方は染五郎の時とちょっと違う。荒事風味が若干薄れた新幸四郎風味がする。海老蔵とも違う。しかし、それはそれでなかなか良い。まあ、おそらく一つは襲名を寿ぐ披露演目だというアドバンテージもあるのだろうけれども。

今年最後の歌舞伎。「十二月大歌舞伎」、第三部。
土曜日は、歌舞伎座の第三部。開演が6時半と遅く、そろそろ部屋を出る準備をするかという頃には日は暮れている。

20171224114305090.jpeg

第三部は食堂の営業が幕間ではなく、開演前。地下から別の入り口で三階の花篭まで行くのだが、どうも面倒なので夕食を済ませてから入場。場内は結構客が入っている。

2017122411432615e.jpeg 201712241143475b0.jpeg

何時もより前の席だったので、花道七三は見づらい。前列に座高高く、やたらに頭のデカいオヤジがいたので舞台正面はちょっと欠落するが、まあ大丈夫。

最初は、玉三郎、中車コンビで演じる長谷川信の新歌舞伎、「瞼の母」

「沓掛時次郎」や「番場の忠太郎」という名前は、芝居がもっと身近であった(というか、TVや映画やSNSが無かった頃の)昔の人々の人口に膾炙していたが、今では歌舞伎や大衆演劇好きでないと聞くこともない名前では。

しかし、博徒となりながらも幼い頃に生き別れた母親を探し求める忠太郎というのは、最初の設定がなかなか優れており、科白劇としても良く台本が練られている名作。中車は現代劇の自分の引き出しからでも様々な演技を取り出して使うことが出来ているのだろう。

実の息子であることに気づいたが、息子が堅気ではないことや、娘の将来を考えて、実の母であることを拒絶するおはま役を玉三郎が印象的に演じる。中車は、歌舞伎界に入る前の香川照之時代、実父の先代猿之助を訪ねたが、「僕には息子はいません」と拒絶された由。この辺りの実体験も舞台の演技に投影されているのだろう。

序幕、弟分の半次郎を必死で守ろうとする妹役の児太郎は健気で、母親の強さと深い情を見せる萬次郎も立派に成立。イヤホンガイドを借りていないので配役をあまり確認しておらず、序幕の半次郎と水熊の場での板前は同じ人物かと思ったが、確認すると彦三郎と弟の坂東亀蔵であった。きっぱりした口跡も良いし、やはり兄弟だけに似ているなあ(笑)← というか顔だけで分かれよ(笑)

三味線弾きの老婆、玉郎、夜鷹の歌女之丞など、忠太郎が母親の影を投影する脇役の女役達も実に達者で、舞台を印象的に盛り上げている。

最後は舞踊劇「楊貴妃」

能と京劇を取り入れた玉三郎の世界。夢幻の世界から仙術で現世に束の間呼び戻された楊貴妃が、たおやかに、艶やかに舞う。二枚の扇を使った舞は、爛熟と幻想が咲き乱れる美の一つの到達点を示している。

相手役の方士は中車。玉三郎は中車を随分と可愛がっているんだなあ(笑) 歌舞伎界のどこかアウトサイダー的な立ち位置が似通っているからでもあろうか。

舞踊は大向う無し。胡弓と琴、尺八に長唄だけが美しく響く。「瞼の母」は新歌舞伎で、あまり掛け声かけるような部分は無いが、最後、忠太郎が母への思慕を断ち切り、花道を見据える所で、オバさんの声で二階から「澤瀉屋~!」と一声あった。

これで十二月大歌舞伎は三部全部制覇。しかし、大看板が玉三郎だけで第三部にのみ出演。もちろん、松緑、愛之助、中車が大奮闘で大いに楽しんだが、三部全て切符買うと、普通の大歌舞伎よりも値段が高いというのは、ちょっとどうかと思うよなあ。八月納涼はあれこれ趣向もあって、夏バテの時期でもあり、三部制は好適だと思うけれども。

しかし、取敢えず、これにて本年の歌舞伎納めであった。新年は、高麗屋三代同時襲名披露の「壽 初春大歌舞伎」

歌舞伎座「十二月大歌舞伎」、第一部、第二部。
今月の歌舞伎座「十二月大歌舞伎」。先週は第二部、今週は第一部を鑑賞。

第三部では、玉三郎の横綱土俵入りがあるとはいえ、第一部、第二部を率いるのは、松緑、愛之助、中車。大相撲の興行に例えるなら、横綱大関が休場して、関脇、小結と、あとは前頭だけの本場所のような気がする(笑)もっとも12月の歌舞伎座は11月の顔見世が終わり、重鎮も地方の顔見世興行に散って行くので、例年ちょっと寂しい感じがあるけれども。

しかし松緑は、「土蛛」に「蘭平物狂」と、音羽屋家の芸と、祖父二代目松緑の当り芸の伝承を受けて大奮闘。格で言うと関脇かもしれないが、舞台では立派な大関相撲である。

先週土曜日は、第二部。

20171215184311f53.jpeg

最初は「らくだ」

今回は上方流で演じるという事だが、やはり上方落語と江戸落語の違いのような物が感じられる。前回歌舞伎座では、松緑が熊五郎、染五郎が紙くずやで、江戸前の鉄火な啖呵で笑わせたが、上方風だとやはりちょっと柔らかい。

それでも、元々が上方落語が原点とあって、上方風も面白い。愛之助の乱暴者、熊五郎も上方味があってなかなか良い。小心な屑屋から、酒を呑むうちに段々と目が三角になって酩酊してゆく中車は、元々が人物造形が達者な役者なだけに実に主揃い。

らくだを演じるのは片岡亀蔵。筋書きではもう何度もやっており、そろそろ卒業と思っていたとのことだが、やはり手練の技で軽妙に演じる。ただ、前回の歌舞伎座で見た、坂東亀蔵(当時亀寿)のらくだと比べると、若干動きにキレがないような。いや、死体に身体のキレを要求するのもおかしな話なんだけれども(笑)、役者としての若さの分が違ったのかな。

第二部の切りは、倭仮名在原系図「蘭平物狂(らんぺいものぐるい)」。前回歌舞伎座で見たのは、松緑の息子、三代目左近の初舞台公演。今回も松緑親子揃っての演目。最後の立廻りは名題下の若手が大勢出て、トンボも何回切っているか数えられないほどで怪我が心配な派手なもの。

「歌舞伎美人」の松緑インタビューでは、前回も名題下の若手に「今回が最後だから力を貸してくれ」とお願いしまくって人を集めたのだが「今回、またやるから」と言うと、冗談で「嘘つき(笑)」と言われたとのこと。

前半、刀を見ると狂乱する蘭平の踊りについては、確かに重要な部分。前回は随分と面白く観たが、今回のほうがちょっとサラリとしている印象。

後半の立廻りは、大勢の若手が出て、梯子を使った大掛かりな動きや、トンボもアクロバットのように、これでもかと重ねる実に迫力あって圧巻。歌舞伎の様式美に満ちて練り上げられた立廻り。最初に歌舞伎を見る外国人にもお勧めしたい。これはしかし肉体を駆使するから、松緑が「これが本当に最後」というのも無理は無い。誰か継ぐ者が出て来てほしいが。

本日は、歌舞伎座で一部。

20171216170532181.jpeg 20171216170546c62.jpeg
20171216170559eca.jpeg

心なしか客の入りは若干芳しくないような。二階のソファーも、私がビールを飲んでいる間ガラガラ(笑)

まず、源平布引滝「実盛物語(さねもりものがたり)」

歌舞伎座では、菊五郎と染五郎の実盛で以前に見たことがあるが、愛之助が歌舞伎座で実盛を張るようになった。松也も最近、TVにも歌舞伎若手スターとして随分出演している。大名題の老齢化もあるから、血統に拘らず人気者を次々に売り出して行くという松竹の戦略もあるのだろうか。

白旗を持った斬られた手を湖から釣り上げるとか、その手を繋ぐと女が一瞬生き返るとか、怪奇なムードもあり。古万を演じる門之助は。この怪異な雰囲気があってよい。

生締の凛々しくも情の深い武将い姿は愛之助に似合っている。血縁は無いけれども、化粧のせいか仁左衛門にもちょっと似ているよなあ。片岡亀蔵の瀬尾十郎も憎々しく、そしてモドリになってからの祖父としての情愛も感じられて実に良い。「平馬返り」は見事に決まった。

201712161706131a5.jpeg

お昼は花篭でステーキ丼など。

第一部、切りは「新古演劇十種の内 土蜘(つちぐも)」

能の風味を残した松羽目物の舞踊劇。蜘蛛の糸を模して舞台で投げる「千筋の糸」は流石に映える。松緑は眼光鋭く、謎の学僧実は蜘蛛の精を印象的に演じる。太刀持ちを演じた息子の左近は、親父の姿を目に焼き付けただろうか。

坂東彦三郎、亀蔵が脇を固める。彦三郎の息子、小さな亀三郎は石神の像で客席の大きな拍手を受ける。

歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」夜の部を観た。
先週土曜日は、歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」夜の部。仁左衛門、藤十郎、幸四郎と大看板が出て、間に「新口村」を挟んで忠臣蔵物が二題。夕方から風が強く吹いて寒いので、タクシー移動。開場は4時ちょっと前。

IMG_7256.jpg IMG_7258 (1)

最初の演目は、「仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)」。五段目の鉄砲渡しの場、二つ玉の場、六段目の勘平腹切の場。歌舞伎三大名作といわれる文楽由来の1本だが、歌舞伎座では最近、あまり出ていなかったのでは。

五段目、六段目は討ち入りとは直接の関係が無く、勘平切腹の顛末。

「神田鶴八鮨ばなし」によると、「柳橋美家古」の加藤親方は、カンピョウ巻を「勘平」と呼んでいたが、巧く巻かないと海苔が切れる。そうすると「勘平さんは腹切りだよ。お前の海苔巻は勘平だ。腹ァ切ってる」と当時の弟子であった後の神保町の師岡親方を注意したとの事。

私が学生時代によく行った居酒屋の大将は、「早野さん」という客を「勘平さん」と呼んでいたっけ。昔は、市井の人にも有名な芝居の内容はよく知られていたということなのだろう。

舞台は雨の降りしきる京都山崎の山中。仁左衛門の艶やかな二枚目ぶりが実に格好良く自然に成立。不運と勘違いが重なり、あれよあれよと云う間に勘平が転落して最後の悲劇に至るさまは、さすがに古今の名作とあって物語の筋として良くできている。

脇を固める松嶋屋勢、秀太郎のさすがの貫禄も、別れの哀切を表現する孝太郎のおかるも良い。勘平に食って掛かる義理の母親、吉弥の錯乱も印象的。染五郎が白塗り着流しの見栄えのよい悪人、斧定九郎を付き合い、短い出だが鮮やかな印象を残す。

IMG_7259.jpg

ここで30分の幕間。三階の「花篭」は団体客が入っているようで大入り満員。インターネット食事予約でも「芝居御膳」は早いうちに完売になっていたので、三色丼を予約。ここは何によらずキチンとしているのだが、この日はさすがにキャパを超えたか、栓抜きと醤油差が置いていなかったので、持って来てもらう。別に大した迷惑でもなかったが、出る際に丁寧にお詫びを言われて返って恐縮。

幕間後は、「恋飛脚大和往来 新口村(にのくちむら)」

近松門左衛門の作。飛脚屋に養子に入った若旦那、亀屋忠兵衛を大看板の藤十郎。元気ですな。廓遊びに入れあげ、商売で運んでいた公金に手をつける。公金の「封印切」は死罪。恋人である傾城梅川が扇雀。傾城を廓から身請けしたが、盗んだ金も使い果たし、最後に故郷で実父を一目見て死のうかという道行。

深深と降る雪が背景として美しい。柔らかな太鼓の音で雪を表現することを考えた先人は偉いね(笑)

扇雀は、好いた男の父親の難儀に思わず走り出て助けるその素直な誠がよく出て美しくも印象的。親父役の孫右衛門は歌六だが、息子を思う親の情愛を演じて、爺様役がなかなか良い。実年齢では息子役の藤十郎のほうがずっと年上で親子ほど年が違うと思うが、爺様の役は爺様に見えるための演技が必要。80歳過ぎの本当にヨボヨボの爺様には、おそらく出来ないのでは。まあ極端に枯れた味が好きなら別であるが。この辺りも歌舞伎の不思議。

歌舞伎でいう上方の和事風味というのは、スパっと竹を割ったような所がなく、良く言えば、はんなりおっとりした風味。悪く取るとネチネチ、イジイジ、ウジウジしている訳であるが、藤十郎もやはり和事風味をきっちり演じる。鴈治郎にも引き継がれた成駒家の芸。雪の降りしきる中、おそらくもう生きては会えない親子の今生の別れが詩情に溢れて表現されて終幕。これもまた古今の名作。

最後の演目は、真山青果作の新歌舞伎、「元禄忠臣蔵 大石最後の一日(おおいしさいごのいちにち)」。同じ幸四郎で以前観た際のおみのは孝太郎。今回は、児太郎が実に見事に演じてみせた。

討ち入りをした時点で死を賜るのは覚悟の上。驕ることなく初一念を貫いて全員を静かに死なせようと心を砕く大石内蔵助。「会わせては未練が残る。静かに死なせてやってくれ」という武士の道理と、「磯貝が自分をだましたのかどうか、それだけが聞きたい」という「おみの」の激しい女の情念がぶつかり、女の一念に武士の大石内蔵助が言い負かされてしまう台詞劇が一つの見どころ。

大石内蔵助を幸四郎、磯貝を染五郎、殿様の御曹司細川内記を金太郎と高麗屋三代が揃って同じ舞台を踏む。金太郎は、弥次喜多で團子と共演すると、相手の達者さに食われた印象があったが、大名の御曹司役ではピッタリはまっている。まあ実際に将来の高麗屋を背負って立つ正真正銘の御曹司であるから、はまるのが当たり前といえば当たり前か(笑)

磯貝が自分の琴爪を持っていてくれた事で明らかになった真心。「偽りも誠に返してみせる」とは、磯貝が静かに死ねるよう自分が先に自害する事であった。児太郎「おみの」の切ない女心が涙を誘う。全ての心残りは霧散し、磯貝も大石も「初一念」を貫き、堂々として死に向かうラストは、潔くも清清しい。打ち出しにも実によい演目。

彌十郎の堀内伝右衛門も情があって印象的に成立。仁左衛門の荒木十左衛門。出番は短いが、吉良の家もまた断絶になったと知らせてやり、赤穂浪士を安心して死なせてやる、人情味溢れ、しかもキリリと屹立した良い役。この演目も史劇の傑作であり、大看板出演の重厚な舞台を十分楽しんだ。打ち出しは9時を若干過ぎたところ。

歌舞伎座で、「吉例顔見世大歌舞伎」、昼の部を観た
先週金曜の祝日に、歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」昼の部。昔は11月に次の年の役者との契約を行い、こんな出演者で1年間興行をやりますよと宣伝したものらしい。そうか、もう11月なんだ。

20171106194320243.jpeg 20171106194341477.jpeg

昼の部は、高麗屋若旦那、吉右衛門と播磨屋軍団、菊五郎劇団と豪華な布陣。夜は夜で仁左衛門、藤十郎、幸四郎と大看板が勢揃い。しかしどの日も一等席はまだ空きがあり。通は3階席で観るからかな。

昼の部最初は「湧昇水鯉滝 鯉つかみ(こいつかみ)」

染五郎は、襲名の前最後の歌舞伎座登場。宙乗りもあって最後は本水。鯉の精は影が障子にプロジェクションされる。立廻り中の早変わりも随所にあって、染五郎は大奮闘。「かぶく」大スペクタクル。ラスベガスでも公演したニュースを観たが、歌舞伎のケレンに満ちて、外国人にも受け入れやすい演目。昔の芝居小屋では本水を使った演出は夏の涼を取るために良い趣向だったのだろうが、11月に本水はちょっと寒々しいね。お湯を使う訳にも行かないだろうから、染五郎も風邪を引かないとよいが。

随分疲れると思うが染五郎は夜の部にも出演が入っている。役者というのは大変ですな。

0019SUB97NS.jpg 001BD5TJOZT.jpg

幕間は35分。本水の片付けがちょっとかかるのだろうか。顔見世芝居御膳なるもので一杯。なかなか豪華なり。

次の演目は、人形浄瑠璃から移された丸本物。「奥州安達原(おうしゅうあだちがはら)」。いわゆる「袖萩祭文」。

「奥州安達原」は前半、袖萩の悲惨と悲しみに心打たれる。子役も好演。黒子は白衣装で出るのだが、ゴザを持ってきてもらって子役が思わず「ありがとうございます」とばかり小さくお辞儀。本来は黒子は舞台には存在しないお約束。ある意味トチリだが、ちゃんと躾けられた良い子なんだなと微笑ましかった。

吉右衛門が上使の桂中納言、実は安倍貞任。花道で、台詞の途中で思わず武士の台詞になり、また公家に戻るのは初代吉右衛門の工夫だという。

播磨屋では「双つ玉(ふたつだま)」といって袖萩と貞任を二役でやる場合も多かったというが、前半のしどころは殆ど袖萩だから、元気者が貞任だけでは力が余ったのでしょうな。

今回は吉右衛門は貞任だけ。袖萩は雀右衛門が演じて別れの場面もあり。時代物らしく、最後は戦場での再会を約して別れるお約束。筋書きを読んだ時は、登場人物の関係が複雑で、あまり面白くない演目かと思ったが、死を賜った父親の最期に一目だけでも会おうとやってくる娘。勘当され落ちぶれ果てて盲目の瞽女になった娘が雪の中で奏でる祭文の哀れ、そして自害する決意が実によく描かれてカタルシスあり。興味深く見物した。

そうして吉右衛門の登場。旗を大きく客席に振るケレン、衣装がぶっかえりになり大きく見得を切る吉右衛門は、さすがに当たり役、時代物の風格あり。

最後は、「雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりやのあぜみち)」。いわゆる「直侍」。以前染五郎で観たことがあるが、雪がしんしんと降り積もる江戸入谷の風情が良い。蕎麦屋夫婦も按摩も、雪の中を行き交う暗闇の丑松も、三千歳の情愛も、そして主役の直次郎も、江戸世話物の情緒にあふれている。

菊五郎が、片岡直次郎を熟練の芸で演じる。細かい型や段取りを感じさせずに、まさに目の前に粋な江戸の男が現れるというのが、やはり伝承された家の芸というものなんだなあ。追っ手を交わして一人落ち延びて行く。また会えるやら会えぬやら。世話物によくある切りだが、これまた冬の夜に、世の無常を感じるラスト。。

打出しで外へ出るとまだ明るく、勿論雪は降っていないが冬の寒さ。「直侍」観ると、やはり帰りは蕎麦屋だ。松屋のレストラン街、蕎麦屋に入り、熱燗で「天」。普段はかけ蕎麦は食さないが、牡蠣南蛮蕎麦など。しかし歌舞伎座帰りらしい客はあまり居なかったような。落ち延びる必要はないのでのんびりとw

001OMRWJUA1.jpg 001RFMTW8H5.jpg


新橋演舞場で「ワンピース」を観た。
土曜日は、新橋演舞場でスーパー歌舞伎II「ワンピース」を観た。

猿之助が先週、舞台の最後、花道すっぽんからの引っ込み時に衣装が昇降機構に巻き込まれ、左腕を複数個所開放骨折するという不慮の大事故に巻き込まれ、急遽、尾上右近が代演に。しかし、元々若手育成の為に、同じ演目を今月何回か、尾上右近主演で「マチネー」として公演する段取りになっており、右近はきちんと主役のルフェイ/ハンコックを稽古していた。これがなければ公演全体がキャンセルになっていただろう。なんという不幸中の幸い。

猿之助が怪我をした舞台。偶々、花道すっぽん近くに居た観客のtweetでは、異常を感じさせるような気配は何も無かったと。大声や悲鳴を花道下から聞かせては舞台が台無しになる。おそらく猿之助は、腕が機構に巻き込まれて大怪我しながらも、歯を食いしばってカーテンコールが終わるまで耐えて居たのでは。観客は、何故カーテンコールに猿之助が出て来ないのか不思議に思いながら打ち出しとなり、劇場の外に出ると既に救急隊が駆けつけていたのだとか。猿之助も、しかし、恐ろしい役者魂である。

201710152009020c3.jpg

新橋演舞場前で開場を待っていると、たまたま通りかかった初老の夫婦あり。
「ワンピースて何だろう?」
「ファッションかな?」
「さあ?」
「お笑いコンビにいなかった?」
「居た気がする」
と、どんどん推測が的外れにw

20171015200941344.jpg 20171015201005920.jpg

3列目だったので、座席の背には最初から、本水を使った演出のためにビニールが。本水も紙吹雪も、尋常では無い量で、宙乗りのタンバリンの演出もあり劇場は大盛り上がり。

原作も未読だったが、ベストセラーだけあって物語や人物設定に力あり。スーパー歌舞伎にした猿之助の演出力にも感嘆。いきなり全公演の代役となった尾上右近に課せられた現実世界の物語は、彼の歌舞伎人生をも変える重みがあるかもしれない。大健闘であり、観客の大歓声は実に暖かかった。

20171015201030e52.jpg
20171015201050a78.jpg
20171015201109be2.jpg
20171015201129407.jpg
201710152011519fe.jpg

公演は大歓声。右近や全てのメンバーが、猿之助不慮の事故で、どれだけ大変かは観客もわかっている。しかし流石に公演を重ねて練られた舞台。よく出来ており実に楽しんだ。

尾上右近の新しい冒険の始まりに立ち会って祝福しているような気分。右近はカーテンコールで拳を握りしめ、押忍とばかり気合いを入れた。大変だろう。しかし途轍もない勉強になる。事情を知る観客も、猿之助に届けとばかり、万雷の暖かい拍手。猿之助の早い復帰を祈りたい。

猿之助休演に伴い「ワンピース」公演は、通常料金から2000円の返金が可能。しかし尾上右近初め、全メンバーがなんとか穴を埋めようと奮闘した公演は十分楽しんだ。別に返金して貰う必要は無い。ただ、返金を求めなかった客の分は、松竹がそのままポケットに入れず、猿之助復帰と頑張ったメンバーに還元してもらいたいねえ。


歌舞伎座、「芸術祭十月大歌舞伎」、昼の部を観た
9F5E6559-95B2-4053-8E61-7D8BF8B5CD14.jpg

先週の日曜は、芸術祭十月大歌舞伎、昼の部。「極付印度伝 マハーバーラタ戦記」を通しで。日印友好交流年記念と銘打った新作歌舞伎、芸術祭参加公演。開演前に二階をブラブラしているとサリーを着た本場の人も。インド大使館も後援となっており、館内のチラシ置き場には、歌舞伎座付近のインド料理屋地図が。

そういえば、歌舞伎座横、「ナイル・レストラン」は歌舞伎役者ご用達の店であるが、オーナーのナイルさんも、日印友好の為、インドの神々で出演すればよかったのにな(笑)

世界三大叙事詩であるインドの大作「マハーバーラタ」に題材を取って見事に歌舞伎化して、長い上映だがまったく飽きない。先月見た野田版「桜の森の満開の下」に歌舞伎感が大変薄かったのに比し、これは新作ながらよく出来た歌舞伎だという印象。構想にも長い時間をかけたらしいが、演出の宮城聰や脚本の青木豪に、歌舞伎へのリスペクトと歌舞伎の演出を活かす知恵がキチンとあったのだろう。そして荒唐無稽な物語でも歌舞伎に仕立ててしまう菊五郎劇団の力。

553AA16F-DD3B-469B-8E8C-02E106D58B95.jpg

仮花道が設置された両花道の壮大な舞台。一番最初の開幕、定式幕の引き方が尋常でなくゆっくりなのは悠久たる時間を流れるガンジスの流れの如し。幕が開くと、全て金ぴか、絢爛豪華たる衣装でインドの神々が鎮座しており、なかなかの圧巻。両花道を使った「渡り台詞」「言い立て」の演出も、物語に大きさを与えている。

太陽神、左團次は最初は花道から出て、その後もすっぽんから何度か出現するのだが、顔がなかなか独特で面白い。

神々や戦士の格好はやはりどこかインド風なのだが、赤姫や江戸町人風も大勢出てきて、インドと歌舞伎が違和感無く融合しながら舞台は進む。随所で歌舞伎独特の人物造形と、インド叙事詩の登場人物が違和感無く交錯する部分は、やはり歌舞伎という表現の包容力を感じさせる。

もっとも、芸能全般、演劇や舞踊、歌唱や楽器演奏と云った人を魅了するテクニックは、シルクロードの昔から「芸能者」「かぶき者」によって国境を越えて伝えられて居ただろうから、インドの舞踊や芸能と歌舞伎に不思議な親和性があっても納得できるところ。仏教だってはるばる日本にまで来ている。

下座音楽も歌舞伎らしく劇にマッチしているが、上手床のインド風パーカッション軍団も実に印象的にリズムを刻み、物語に異国情緒を与えている。

シリアスなテーマや所作事、舞踊も内包され、壮大な歌舞伎劇狂言として、そしてドラマとしてきちんと成立しているのも見所。七之助演じる鶴妖朶(づるようだ)王女は、原作では王子らしいが、七之助に当てて女性に変更。「阿弖流為」や「桜の森の満開の下」同様、ミステリアスで突き抜けた強く妖艶な女性を演じた時の七之助は素晴らしい。そして主人公である菊之助の迦楼奈(かるな)も凛々しく高貴で、真っ直ぐで約束を違えない気品ある善人を見事に造型。無垢な善人であるが故に陥った闇も鮮やかに演じてみせる。

彦三郎の百合守良王子(ゆりしゅらおうじ)、坂東亀蔵の風韋摩王子(びーまおうじ)は、口跡鮮やかで印象的。御大菊五郎が那羅延天(ならえんてん)/仙人久理修那(くりしゅな)で長丁場を随所でしっかりと絞める。

武道大会の演出、象やチャリオット戦車等の歌舞伎版ギミックもよく出来ていた。

昼の花篭御膳には、カレーとナン添え。やはりカレーが無くては。この一手間が偉い! 本当はナイル・レストランが出張して、ムルギランチを営業すれば日印友好にはもっと良かったのになあ(笑)

87A83E4B-ACFD-4C7F-824C-BB5166D18094.jpg ACCEA612-FA87-4BFE-B841-013D6E1229F2.jpg

大詰めで幕が降りた後、一度だけカーテンコールがあった。これもまた、普通の歌舞伎をちょっと逸脱するが違和感無し。素晴らしい歌舞伎公演であった。


歌舞伎座、「芸術祭十月大歌舞伎」、夜の部を観た。
fb7c421c80281.jpg

先週の土曜日は、芸術祭十月大歌舞伎、夜の部に。最初の演目は、坪内逍遙作「沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)」

初演からもう100年経つのか。大阪夏の陣、落城を目前にした大阪城内。淀の方を玉三郎が初演で。

元々は派手な立ち回りなどが付いていたらしいが、原作には無かったとの事で今回は削除。全体として密室の台詞劇になっている。玉三郎は大向こうの会に、今回公演は大向こうを掛けないよう頼んだそうで、大向こうは一切無いちょっと歌舞伎としては珍しい舞台。逆に密室の心理劇に緊迫感が増す。

勘三郎は、著作読んでも大向こうには、結構あれこれ意見したらしいが、頻度から言って、やはり立役の方が声が掛かるのを歓迎する傾向があり、女形は掛け声を「うるさいわねえ」と思っているんじゃ無いかな。いや、待てよ、歌右衛門は大向こうの山川静夫と親交があって本も一緒に出していた。必ずしもそうでもないのか(笑)

落城の寸前、栄華から絶望へと突き落とされた淀の方の、怜悧で高貴な、しかし哀しい錯乱が主眼。全てに疑心暗鬼になり、周りを責め立てる一種鬼気迫る迫力を、玉三郎が見事に演じる。児太郎演じる常盤木も短い出だが印象的。

演者も殆ど女形で、極限状態での心理を描く台詞劇。普通の歌舞伎の様式美とはまた違った面白さに仕上がっている。やはりオッサンの胴間声は似合わないかな(笑)

ここで30分の幕間。花篭で芸術祭御膳なるものを。

IMG_7009.jpg IMG_7010.jpg

次の演目は、「漢人韓文手管始(かんじんかんもんてくだのはじまり)」 唐人話

実際に江戸時代に起きた、唐人殺人事件を元に脚色した脚本。歌舞伎座では四半世紀ぶりくらいの上演。あまり人気ある演目ではないということかな。上方歌舞伎を見慣れていないせいか、鴈治郎の和事味とか、「ぴんとこな」の役柄というのは、実にピンと来ないね(笑)

傾城役の七之助、米吉は綺麗だが、芝翫演じる幸才典蔵は、どうも人物につかみどころが無く、鴈治郎と一緒にバタバタやるのだが、あまり印象に残らない。話の内容は、実際の所、何が面白いのかあんまり分からなかったな。

最後は舞踊「秋の色種(あきのいろくさ)」

名曲すぎて振りがつけ辛いといわれた長唄が原曲。舞台は美しい秋の情景。梅枝と児太郎が、まず二人で琴を弾く。玉三郎に厳しく鍛えて貰って、いつかは阿古屋を伝授して貰えたらよいね。この演目も大向う無し。静かでよろしい(笑)

そして玉三郎が若手女形2名を両脇に従えて踊る。玉三郎は若手を従えて踊るのが好きだなあ。勿論、若手にもよい勉強になるだろう。中心で踊る玉三郎は、たおやかにそして優美に美しく舞うのだった。舞が終わった後の花道の引っ込みも印象的。

打出しの後、地下鉄の駅に向かうと、雲間に美しい月。

281C4523-9B8F-4716-99BE-B2F728AAE931.jpg



歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」、昼の部
本日は歌舞伎座秀山祭九月大歌舞伎昼の部に。台風の影響か随分と涼しくなった。

20170916195029da8.jpg 20170916195047892.jpg


若干早めに入場が始まる。そんなに混雑していない印象。二階売店は、以前パニーニなど売っていたが、何時からかまたテナントが変わったようだ。スパークリングワインを一杯貰って、前回夜の部で購入した筋書きなど読んで予習。まあ、毛谷村も幡随長兵衛も初めてではないけども、やはり忘れているところあり。

最初の演目が、「彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち) 毛谷村」

初代吉右衛門を記念する興行だが、養子である当代吉右衛門の甥、染五郎と、自らの娘婿の菊之助が主演。歌舞伎座しか定点観測していないが、染五郎は随分と出演している。御曹司で陽の当る場所ばかり歩いているから目立つんだ、という声もあるかもしれないが、それでも随分と忙しいと思う。まあ、それはそれで勿論、大変に幸せな事なのだろうが。

毛谷村はやはり、女武道のお園が目立つ芝居。以前、殆ど予備知識無く歌舞伎座で見た時に、花道から出て来た当然男だと思っていた虚無僧が、途中で「あれこれ女じゃないか」と違和感を感じ、その後の声が女形の声、笠を脱ぐと女の髪で、現れた時蔵の芸には実に感じ入った記憶あり。

その後で同じ「毛谷村」で見た孝太郎は、こちらの余計な先入観もあるのだろうが、最初から女女し過ぎていると思った。今回の菊之助は、声出すまであんまり女を感じさせない印象。人によって色々ある(笑)

古くからある義太夫狂言なので、ほぼ形は決まっており、染五郎と菊之助は上手く組み合っている印象。染五郎もこの六助はニンに合っている。

ただ、元々長い物語を切って出しているので仕方ないが、微塵弾正が関係ない老婆を母親と偽って六助を騙した後で殺した経緯や、その後を描くと物語としてのカタルシスがあると思うのだが、そうやると他の物語があれこれ流入してトータルとして退屈になるのだろうなあ。

お昼は何時も通り「花篭」で。本日はステーキ丼。 牛肉は上品なサシで、実に旨い。

201709161951094ea.jpg


次は舞踊。仮名手本忠臣蔵から「道行旅路の嫁入(みちゆきたびじのよめいり)」。仮名手本忠臣蔵から派生した舞踊は他にもあれども、本来の原作にある「道行」はこれだけ。それを歌舞伎に移した所作事なのだとイヤホンガイドで。勉強になるな(笑)

坂田藤十郎と孫の壱太郎が本舞台せり上がりから登場。祖父と孫の舞踊ということになる。孫が踊っている間、藤十郎の手が動いていたのは、あれはそういう形なのだろうかね。壱太郎は実に美しい若女形なのだが、なぜか不倫疑惑の山尾志桜里議員の顔が思い出されて困った。なんかちょっと似てるよねえ(笑)

最後は藤十郎老も孫と一緒に花道をそのまま歩いて下がり万雷の拍手。

20分の幕間を挟んで河竹黙阿弥作、「極付 幡随長兵衛(きわめつき ばんずいちょうべえ)」

最初の「金平」劇中劇。客席を巻き込んで、まるで江戸の芝居小屋での揉め事のように感じさせる花道と客席を使っての演出は、何時もながら良く出来ている。

イヤホンガイドでこの劇中劇解説の際、江戸の芝居小屋では桝席に半畳(座布団)売りが来て、芝居が面白くないと観客はその座布団を舞台に投げたのだと。相撲の座布団投げもルーツは同じ江戸の昔。やはり歌舞伎のように全部椅子席にしないと座布団投げは収まらないのかもしれない(笑)

しかし、江戸時代は殆ど同じような興行形態だった歌舞伎と相撲だが、今では大分違っており、大相撲のほうが良く言えば伝統を残しているし、悪く言えば古い。茶屋制度はまだあるし、枡席などの切符配分も不明解。そして、相撲取りOBが全部を取り仕切っている相撲協会が全てを決めているというのが、松竹株式会社が全てを仕切る歌舞伎と違うところなのだろうか。

そうそう、「幡随長兵衛」だった(笑) 

前にも、前橋之助の芝翫襲名で観た演目だが、さすがに吉右衛門が演じるともっと重い。死ぬと分かっていながらも、男伊達の面目を貫き通すために、どうしても死地に赴かなくてはならない男の背負った運命と、男の決断の重さがひしひしと分かって実に感動した。芝翫で観た時は、理屈では勿論分かるのだが、ここまで心は打たれなかったのだけれども。

そして、魁春がさりげなく巧い。町奴の分際で、揉めている旗本奴の水野十郎左衛門屋敷に呼ばれたのは殺されるという事。夫が早桶(棺桶)を既に頼んだと聞いた時のハッとした顔、一度言い出したら言うことは聞かない夫と知ってはいても、玄関に向かう後ろから、女の細腕で刀の柄を握り、行って欲しくない自分の心情を伝える。女形の芸というのは、なまやさしい「感性」とか言うものでやってるのではなく、受け継がれた形と、見物にどう見えるかの客観的な計算の歴史的蓄積で成り立ってるのだなあと感じ入った次第。

湯殿の吉右衛門も、ここで死ぬと既に恬淡と納得しており、しかしただでは済まさないという肝の座った覚悟も見せて実に良かった。

前回、歌舞伎座の芝翫ー長兵衛で観た時の旗本の水野十郎左衛門は菊五郎。単なる行儀の悪い悪党ではなく、武士としての胆力も鷹揚さも兼ね備えた男だが、自身の立場を考えるなら、この町奴は殺さざるを得ない。しかし「殺すには惜しい」と呟くところは、男が男を知るという大きさを見せて、ちょっと主役を食った感すらあった。これは役者の重さの差だろう。

今回の染五郎は、主役の格と考え合わせると、まあ順当な出来。主役を食うまでは行かない(笑) しかし、吉右衛門の幡随長兵衛を観れて実に良かった。


歌舞伎座 「秀山祭九月大歌舞伎」夜の部
先週の日曜日は、歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」夜の部。

ファイル_a000 ファイル_a002

最初は「ひらかな盛衰記(ひらがなせいすいき) 逆櫓(さかろ)」の段。

これは以前、橋之助の船頭松右衛門で見た事があるのだが、題名の影響か(笑)途中で船を漕ぎだす観客が多数。義太夫狂言はやはり筋をよく知ってたり言葉が聞こえないと難しい。

しかし、今回は、爺さまの権四郎役で歌六が奮闘して実に感心した。

取り違えた孫が返って来ると勘違いした無邪気な歓喜、人形の頭が落ちて感じる不吉な疑念、そして孫は実は死んだのだと聞かされた時の憤激と復讐心。しかし実は婿が身をやつした武士であった事を知り、その忠義に打たれ、気丈にも犠牲になった自分の孫の死を受け入れようとする諦観。未練を捨てる為「笈摺」を捨ててしまえと娘に云うのだが、樋口に「何の誰が笑いましょうぞ」といたわられて流す涙。そして全てを大団円に導く最後の機転。

物語の主役は、松右衛門実は樋口次郎兼光であろうが、この爺さま権四郎は、喜怒哀楽の全てを自在に操らなければならず、初代吉衛門も演じたという大役。やはり達者な役者が演じると実に迫力あり。

そして松右衛門が「実は」の正体を明かしてからの後半は、いよいよ時代がかってきて、吉右衛門が大きく迫力を持って演じる。播磨屋軍団は安定してますな。最後の左團次が畠山重忠で最後を締める。演者が変わったからか、こんな面白い演目であったとは新しい発見。

前の席は3人並んでドイツ系のように思える年配の御婦人3人。日本語ができるようにはさっぱり思えなかったが、筋書きも持たず、字幕ガイドもイヤホンガイドも使わないという勇気ある観劇。しかし「逆櫓」は、外国人にどこまで受け入れられるか。第二場の、遠見に子供を使って遠い船を表す演出はちょっと面白いし、第三場の碇を使った演出は、義経千本桜「碇知盛」がこの演目から拝借したらしい。櫓を使った立ち回りも歌舞伎の様式美に満ちてはいるが、予備知識もガイドも無しで筋書が分かるだろうか。

大向うには「鶏爺さん」が。なんだか久々な気が。「ウニャワヤ~」と元気にヘナチョコな声を。ご健在でなにより。大詰め、花道の引っ込みで一階席前列から「大当たり!」とデカイ声かけたオッサンは大迷惑。一階でデカイ声を出されると予想していないから、ビックリするんだよね。

「逆櫓」が終わってから幕間の休憩。

ファイル_a003 ファイル_a004

秀山祭御膳。真ん中の船は「逆櫓」にちなんでいるのだとか。食事の後席に戻ると、案の定、前列にいた外国人女性3名は戻って来ない。やはり、筋書き無し、イヤホンガイド無し、字幕ガイド無しで「逆櫓」観て、もういいやという気になったのかねえ。

もう随分前だが、出張で日本に来たアメリカ人女性を歌舞伎に連れて行った事があるのだが、英語のイヤホンガイド借りてあげて、観た演目の一本が「義賢最期 」。大広間で決死の形相で戦う歌舞伎の様式美に満ちた、しかし壮絶な立ち回り。戸板倒し、最後の仏倒れなど、スペクタクル満載。歌舞伎は江戸時代の映画だったんだなと思わせる演目で、評判が良かった。「逆櫓」でも立ち回りがあるし、イヤホンガイドだけでも借りていると、もっと興味深く観れたと思うのだが。

そして第二の演目は、歌舞伎座初演の「再桜遇清水(さいかいざくらみそめのきよみず)」。当代吉右衛門が「四国こんぴら歌舞伎」で上演するために、古い狂言を母体に脚本を手がけた歌舞伎。江戸の芝居小屋の雰囲気を残そうという趣向で書いたという。今回は主演を甥の染五郎に譲って、中村吉右衛門は監修に。

全く予備知識なく観たが、これが結構面白かった。外国人には義太夫が語る丸本物よりもこちらの演目のほうが、歌舞伎らしさのエッセンスがあれこれ盛り込まれていて、馴染みやすかったと思うのだが。「逆櫓」だけ観て帰って気の毒であったな(笑)しかし前方三席が空くと大変に舞台が見やすい。

吉衛門の甥に当たる染五郎が、桜姫の色香に惑い転落してゆく破戒坊、清水法師清玄と、奴浪平を二役で、早変わりも見せて大奮闘。清玄桜姫物というのは、歌舞伎における一種のモチーフで、僧清玄が高貴の姫、桜姫に恋慕して最後には殺される。その死霊がなおも桜姫の前に現れるという事らしい。女に恋焦がれて堕落する坊主というのは、「鳴神上人」にも似ている。

桜姫の恋の相手、千葉之助清玄を演じる錦之助は、爽やかな二枚目だが中身空っぽという役をやると実にはまるねえ(笑)

桜姫に雀右衛門、山路に魁春、小姓坊主に児太郎、米吉と新旧女形揃い踏み。小姓坊主は衆道の相手にされるわ殺されるわ、エライ目にあって気の毒であった。笑いも随所にあり、切って落とす浅黄幕、傘を使った様式美に満ちた立廻りやだんまりの場面など、随所に歌舞伎のエッセンスが詰め込まれており、気楽に観れてなかなか面白かった。




歌舞伎座、八月納涼歌舞伎第三部を観た
201708191529146b5.jpg

金曜日は、歌舞伎座、八月納涼歌舞伎第三部。食事予約は出来るが開演前になるので、別の入口から花篭に入り、食事してから開演となる。面倒なので先に食事を済ませてから入場。今回の納涼はどの部も随分と人出がある。

20170819152932dc7.jpg

今回はA2ブロック、花道近くの席。舞台中央方向の前列に座高の極端に高い人が居なくてよかった(笑)。

イヤホンガイドについては、今回の納涼は新作や見たことのある新歌舞伎なので、第一部、第二部は借りなかったのだが、Twitterで借りたほうが良いという意見を読んで三部は借りることに。やはり素人であるから、借りたら借りたで何かしら知ることがある。

演目は通しで、野田版「桜の森の満開の下」。

面白く楽しんだが、歌舞伎味は薄い。歌舞伎の演出や形式を殆ど使わないので、歌舞伎役者が歌舞伎座で単に野田戯曲を演じてると言う印象がある。第二幕の大詰めは実に幻想的で美しく、女形の海老反りなど、ここだけは歌舞伎の殺しシーンが若干投影されている。ただ通して見ると、やはり全体に野田秀樹演出の個性に歌舞伎が負けているような印象。

一般的に新作歌舞伎を見ても、大概「これもまた歌舞伎である」という感想を持つけれども、今回の「桜の森」はその感覚が少ない。やはり野田秀樹の引き出しに「歌舞伎」が殆ど無く(なにしろ筋書き読むと七五調の台詞が歌舞伎だと思ってる節があったりする)どうしても演出が野田節に寄って行く。野田節の台詞も、早口で言い立てる形式で、慣れている人には気にならないのだろうが、歌舞伎の台詞術とは合わないような。もしも勘三郎が存命であったら、どんな演出になっただろう。

もっとも歌舞伎風味が薄いからまったく面白くないかというとそんな事はなく、演劇としてはなかなか面白いものを見せてもらった。猿弥は大奮闘だし、高貴と奔放と異界の闇を演じ分ける七之助は後半になるにつれて凄みを増す。勘九郎は奮闘しているのではあるが、野田演劇にはあまり合わないのではないかな。


歌舞伎座、八月納涼歌舞伎第一部
木曜は歌舞伎座、八月納涼歌舞伎第一部。

20170819152822b4f.jpg

最初の演目は「刺青奇偶(いれずみちょうはん)」

長谷川伸原作の新歌舞伎を玉三郎と石川耕土が演出。筋書きを見ると十七代の勘三郎がよく演じた演目のようだ。今回の主役、半太郎を演じる中車は、歌舞伎界に入るかどうかの時、十八代勘三郎が「中車は「刺青奇偶」のような演目で力を発揮するだろう」と語ったと聞いて、何時かは演じたいと思っていたとのこと。

身投げしようとした酌婦お仲(七之助)を助けた博打打ちの半太郎は、悲惨な境遇から男を信用せず、どうせ自分の身体が目当てなのだろうと考えるお仲に「見損なうな」と突き放す。真実の親切心に気づいたお仲が半太郎を追いかけ、惚れるところはなかなか台詞も良く効いており、中車と七之助が好演。

二幕目になるとそのお仲は病に臥せっており、妻をいたわるものの博打から足を洗えない半太郎を戒めるために腕にサイコロの刺青を自ら彫る。中車も大詰めに至るまで実に達者な演技。

最後の場面でお仲を助けるための金欲しさに賭場荒らしを行った半太郎の事情を聞き、それでは自分と命を掛けた勝負をしようと申し出て、負けて有り金全てをくれてやる親分、鮫の政五郎は、酸いも甘いも噛み分けた大人物で、実に格好が良い。本来ならば、年取った大立者が演じる役であり、染五郎は若干貫禄不足にも思えるが、役そのものが実に格好良いので、十分成立している。

201708191528585a8.jpg

幕間は花篭でステーキ丼。丼ものは炭水化物過多な気がするが、まあご飯を半分残せば大丈夫(笑)

後半は短い舞踊が二題。

「玉兎(たまうさぎ)」は勘太郎が懸命に踊る。御曹司はこうやって舞台に慣れて行くのだなあ。後見のいてうは背筋が伸び、キリリと真面目に付き合って好印象。

切りは勘九郎と猿之助の「団子売」

妖艶に柔らかな踊りを見せる猿之助に、真面目な踊りの勘九郎の対比。軽妙な舞踊で打出し。






歌舞伎座、八月納涼歌舞伎第二部
夏休み後半戦は、歌舞伎座三連投。一日中歌舞伎座というのは大変なので3日に分けたのだが三部制だから、2日に分ける程度でもよかったか。何度も出かけて来なければならないので帰って手間な気も。

20170819152735719.jpg 20170819152753532.jpg

場内には一階の桟敷席や後方にカメラが入り、舞台の全面にはマイクが。公演を記録しているようだ。シネマ歌舞伎かな。

最初の演目は、初世坂東好太郎三十七回忌、二世坂東吉弥十三回忌 追善狂言。歌舞伎は初心者なのでこの二人は全然知らないのだが、好太郎の三男であり吉弥の弟である彌十郎が主役の夜叉王を務める「修禅寺物語(しゅぜんじものがたり)」。彌十郎の息子である新悟がその娘楓役。猿之助が姉娘の桂、勘九郎が源頼家を付き合う。

20170819152839f82.jpg

彌十郎の夜叉王は天才面打ち。貫禄もあって主役として立派に成立している。夜叉王が源頼家に頼まれた面をなかなか渡さないのは、死相が出て不吉だからではない。生きた顔の面にならないのが芸術家として不満だから。彼は家来ではないし、頼家に忠誠心など最初から持ち合わせてもいない。頼家の死を聞いた時、自分の面打ちの技は相手の運命までも移し取っていたのだと豪語する夜叉王は、芸術家の狂気を感じさせて印象的な場面。ただ、狂気の表現は若干薄いか。中車の時もそうだったが、娘の断末魔を写させてくれと言う場面で客席の所々で笑いが起こる。本当は笑える場面ではないのだが、役者にとってはなかなか難しいしどころでもあるのだろう。

猿之助は、気位が高く高貴な者の寵愛を得る事を望む姉娘の桂をキリリと演じて見事に成立している。高貴な者の寵愛を得た上は、敢然とその者の身代わりとなって面をつけて敵をひきつけて死に至る傷を追う。勘九郎はいささか茫洋として輪郭がはっきりしない感あり。

25分の幕間の後は「東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖(こびきちょうなぞときばなし)」

昨年の弥次喜多同様、猿之助、染五郎のコンビで弥次喜多の珍道中を。開幕直後、スクリーンに去年の弥次喜多のダイジェストが映写された後、弥次喜多が宙乗りで舞台に登場。今回は道中劇ではなく、「義経千本桜」四の切の開演を控えた歌舞伎座を舞台に、劇中劇と舞台裏、楽屋オチを取り混ぜた喜劇。

座元の釜桐座衛門が出て来た時は、猿弥がまた頑張ってるなと思ったが、よく考えてみると猿弥は既に同心役で登場済。アレ? イヤホンガイド借りてなかったので途中で筋書きで調べると、なんと中車であった。しかし勿論、演目にも依るだろうが、歌舞伎役者の中でも違和感感じなくなった。

途中で若干ダレるところもあるし、前回よりちょっと小粒な印象。だが四の切に拘った数々の趣向は実に面白い。客席は大いに湧いた。上手の義太夫を歌舞伎役者が弾いて語るというのも面白いところ。

弥次喜多と同様、今回も金太郎、團子の息子コンビが狂言回しで登場。客席を沸かせる。金太郎は御曹司らしくおっとりして、台詞にもまだまだ若い、そこはかとない大根風味が残る。まあ子供だから今はこれでよいのだと、そんな方針で舞台に慣れさせるために出しているのであろうか。歌舞伎が嫌いになっては元も子もないものねえ。

團子のほうは、声の張りも台詞回しも子役としては段違いに素晴らしく、親父の中車が相当シャカリキに仕込んでいるのではと思わせる所あり。本人もやる気があるのだろうからそれでよかろうが、ただ、何によらず子供の頃から激しく仕込みすぎると反動など悪影響もあるからなあ。

今回の弥次喜多は犯人探しのミステリー仕立てにもなってるのだが、怪しいのは最初から二人だけ。最後に観客の拍手でどちらを調べるかを決める「どっちを取り調べまSHOW」が開催され、その結果で結末が変わる。一度観客の拍手を募ったものの結果は伯仲。「どっちにも拍手してる人がいますよ~!」と染五郎が茶々を入れて再度観客の拍手合戦で結果は「A」。「裏方さん、いいですか~! Aですよ~!」と猿之助が舞台裏に声を掛けて次の段取りに。毎日交代にやってる訳でもなさそうだ。Bだと犯人が変わるんだろうなあ。

最後は猿之助、染五郎の弥次喜多が宙乗りで去って行く。気楽に観劇できて、歌舞伎の仕掛けなどの解説もお芝居に織り込まれ、劇中劇では「四の切」が演じられる。ちゃんと歌舞伎になっており、なかなか面白かった。







歌舞伎座「七月大歌舞伎」夜の部を観た。
201707242038353a4.jpg

土曜日は、歌舞伎座「七月大歌舞伎」夜の部に。奇数月は大相撲の本場所もあるので、歌舞伎観劇と日程がどうしてもコンフリクトを起こす。見物が大分遅くなってしまった。

名古屋場所の十四日目は後で録画で観戦することにして歌舞伎座へ。心配というと、碧山が負けて白鵬が勝つと歌舞伎を見ているうちに優勝が決まってしまうことだが、なんとか碧山に頑張ってもらおう(笑)

20170724203854fa8.jpg

開演時間は4時45分と普通の公演よりちょっと遅い。歌舞伎座前には4時10分頃には到着したが既に入場は始まっていた。今回は一階席に適当なところが取れず、二階席最前列を選択。写真入り筋書きを購入。

夜の部演目は、「通し狂言 駄右衛門花御所異聞(だえもんはなのごしょいぶん)」

白浪五人男に出て来る日本駄右衛門を描いた作品。宝暦11(1761)年に初演された『秋葉権現廻船語』(あきばごんげんかいせんばなし)というオリジナルが存在するらしいが、長く上演が途絶えており、市川海老蔵が新たな演出陣を起用して様々な新しい趣向を取り入れた、いわゆる「復活狂言」となっている。海老蔵は3役を早変わりで演じ、どの場面も出ずっぱりで大奮闘。

豪華絢爛たる舞台背景、壮大な場面転換、アクロバティックな動き、プロジェクションによる背景、早変わり、ゾンビ、宙乗りなど、伝統歌舞伎のケレンに、新作歌舞伎や演劇の大胆な演出、ギミックを自在に詰め込み、満艦飾に賑やかな狂言。

最初の幕で多用される早変わりは、マジックでもあるミス・ダイレクションの手法で観客を欺くのだが、花道に止めた船にスッポンから移動するなど、なかなか変わった場面もあり。

古今の歌舞伎名場面をはめ込んでいる演出は面白いが、基本的に成田屋による成田屋のための狂言。海老蔵を見物する劇。海老蔵が登場するたびに場内は割れんばかりの拍手に包まれる。

20170724203912b0b.jpg

序幕から1時間たったところで最初の幕間。花篭で「文月御膳」で一杯。

この演目の見所は、なんといっても秋葉大権現の場最後、海老蔵とその長男、堀越勸玄の親子宙乗り。

秋葉権現の使いである白狐に扮した堀越勸玄が、揚幕が上がって花道を一人でトコトコ歩いて登場。四歳児には花道は結構長い。そして一旦引っ込んだ後で、いよいよ宙乗り。

宙乗りにはお涙頂戴の湿った空気は全くない。演目は悲劇の前から既に決まっていたのだから。神々しいまでの白い衣装で、不思議な静かな笑みを浮かべて、先月最愛の妻を亡くした男が花道から中空に上って行く。同じく最愛の母親を亡くした年端もいかぬその息子を腕に抱えて。実に歌舞伎的な様式美。

海老蔵は成田屋伝来の「にらみ」を見せ、勸玄も宙空を移動しながら客席に手を振り、そして何やら叫んでいる。あれは台詞なのだろうか、いや多分台本にある台詞では無いよなあ。

役者という人生、歌舞伎という世界の隔絶性と突き抜けた非日常性。歌舞伎の世界が孤高に屹立する様を、観客の我々はただ唖然として目撃する。

館内は鳴り止まない嵐のような拍手。この場に立ち会えなかった観客の分まで届くように。この日は先月亡くなった麻央夫人の月命日だったのだという。どこかできっと見守っていただろう。圧巻の宙乗りであった。

児太郎はなかなか印象的。中車は堂々たる役者ぶりで、筋書きで語っているように、確かに「歌舞伎の筋肉」が着いてきていると思わせた。

しかしこんなに拍手の多い歌舞伎座は、今まで経験したことがなかった。


歌舞伎座「七月大歌舞伎」昼の部。
先週日曜日は歌舞伎座「七月大歌舞伎」昼の部。大相撲名古屋場所も初日なので、夜の部ではなく昼の部をまず選択。打ち出し後にすぐ戻って大相撲をTV観戦しなくては。

20170711185748bd0.jpg

歌舞伎座までタクシーで。外に出ると頭がクラクラするようなカンカン照り。それにしても、外でワゴン前に長い列作ってイヤホンガイド借りている人達がいるのだけど、入場してから二階の売店前カウンタで借りれば、殆ど待ち時間無くて便利だと思うんだけどなあ。まああまり余計な事書いて二階が混むと困るけれど(笑)

最初の演目は、「歌舞伎十八番の内 矢の根(やのね)」。紅梅白梅が咲き乱れる背景。おせちづくしの台詞、七福神への悪態、宝船の絵に初夢と、初春を寿ぐ目出度い要素ばかりの祝祭劇。

右團治演じる曽我五郎は、ゆったり大きく豪快で、荒事の雰囲気に良く似合っている。裃後見が帯を結び直すところは、相撲の巡業で行われる横綱綱締め実演の如し。顔の隅どりも独特で、江戸の暗い小屋で観ると、異形の人物が眼前に屹立しているように思えただろう。馬に乗った退場も祝祭気分を盛り上げる。笑也の曽我十郎は、ベルトコンベアで上手から登場し、すぐにまたコンベアで退場(笑)前に松緑の矢の根では曽我十郎は藤十郎。まるで置物のようであったが。

ここで30分の幕間。昼の部の終了が早く、夜の部の開演が普段より若干遅いのは、海老蔵が息子を迎えに家に帰る時間を見込んでいるからかな(笑)

三階花篭で「花車膳」で昼飯。紅白の膾が入っていたのは「矢の根」のお正月趣向を反映したのかな。

20170711185822702.jpg



次は、河竹黙阿弥作「盲長屋梅加賀鳶」。所謂「加賀鳶(かがとび)」。 冒頭の「勢揃い」、花道に鳶の男伊達が居並んでの「つらねの台詞」は誠に壮観。ただ鳶が出て来るのは最初だけで、その後の筋にはまったく関係無いという、良い所だけ取る実に歌舞伎らしい演出。通しで出すと、本当は色々と筋があるらしいが。

海老蔵の竹垣道玄は初役。眼光ギョロリと鋭いが、愛嬌も軽妙な所もあって、憎めない小悪党として不思議な存在感を持って成立している。松蔵にやり込められるところも面白い。笑三郎の女房おせつは道玄のDVに難儀する薄倖で善良な女の哀れな風情が心に残る。

日蔭町松蔵の中車は堂に入ったもの。世話物は、演技の引き出しに既に色々あるからある程度大丈夫なのだろう。もっとも蓄積した世界は違うから、舞踊や時代物は難しいだろうが。

そしてこの狂言は、「二代目 市川齋入襲名披露」。右之助改め齊入市川齋入は婆さんだけが持ち役かと思っていたが、女按摩お兼は、はすっぱなりに妙な色気があってきちんと成立している。さすが女形の技ですな。

20分の幕間で舞台には所作台が敷かれ、最後は海老蔵の「連獅子」。 加賀鳶に続いて出ずっぱり。花道からの登場する親獅子は、大きく豪快。踏みならす足音も豪快で舞台に鮮やかに映える。巳之助は踊りが上手だが、時として三津五郎の面影が見えるような。やはり親子だから似ている部分があるのだなあ。

この後、夜の部までちょっと休憩があるが、海老蔵は、夜の部も主演で大奮闘。演目が決まるのは相当前だから、海老蔵もある程度の覚悟はしていたかもしれないが、まさか息子が初宙乗りをする公演直前に、最愛の奥さんが旅立つとは思っていなかっただろう。 それでもなお劇場の幕は上がる。歌舞伎役者というのは厳しい稼業である。


歌舞伎座「六月大歌舞伎」、昼の部を観た。
土曜日は、歌舞伎座「六月大歌舞伎」昼の部。

201706181825082b0.jpg 20170618182528982.jpg

最初の演目は「名月八幡祭(めいげつはちまんまつり)」。前に吉右衛門、雀右衛門で観たが、花道を運ばれながら、「ウキャア~」と狂乱して二階席三階席に手を伸ばす吉右衛門の迫力が凄かったのを記憶している。

今回の「名月八幡祭」は、松緑が縮屋新助。これが実に印象的。縮屋新助の生真面目さも、陥ってゆく深い狂気も、おそらく松緑の引き出しには既に在り、それを取り出して見せているような。本水を使った大詰。芸者美代吉を惨殺した後に町鳶に担がれて「ダッハッハッハ」と笑いながら花道を去る異様な迫力。

猿弥の魚惣も人情ある大旦那として印象的に成立している。美代吉の男である船頭三次は猿之助。猿之助は小悪党をやらせると上手い。夏の江戸風情、永代橋が落ちた騒乱の場で起こる悲劇。無人の舞台に最後に上る満月。筋立ても良くできた新歌舞伎。

ただ、芸者美代吉を演じる笑也はあんまり良くない。美しい姿形は整っているのだが。粋で気風が良く情に厚い深川の芸者がこの舞台のもう一つの見所。男勝りだが、好きな男には徹底的に尽くす。悪気は無いのだが、廻りを引きずり回すのが美代吉。 しかし、笑也からは、この粋で艶やかで奔放な深川芸者が、役として立ち上がって来ないのだった。

「仲町の美代吉さんだよ!」、「あんた何言っんだよ!」などの鉄火な台詞に張りが無く、ことごとく地の台詞に埋没している。美代吉は福助、時蔵、雀右衛門などしか演じていない大役。筋書では「雀右衛門さんにお話を伺います」とある。普通は「○○のおじさまに教わります」とか書かれてあるものだが、やはり教わる人があまり居ないんじゃないかなと、気の毒な気がするのだった。

以前、TVの三津五郎追悼番組で「名月八幡祭」福助の美代吉が船に乗る場面がほんのちょっとだけ映ったが、「またちっとはお出かけなあ、待ってるヨ~」というたった一言の嬌態に感心した。福助にあって笑也には無いものが厳然としてある。不思議なものだ。

ここで35分の幕間。本水の片付けがあるので5分休みが多いのかな。花篭で花車膳。

20170618182548586.jpg

二番目は舞踊。「澤瀉十種の内 浮世風呂(うきよぶろ)」。猿之助は、身体能力が高く、アラヨッ!と粋に踊る役が実に似合っている。なめくじ踊りの種之助は妙に艶めかしくも美しい。風呂屋の三助というのは何時絶滅したのだろうか。

そして切りは「御所桜堀川夜討(ごしょざくらほりかわようち)弁慶上使」。人形浄瑠璃由来の時代物。吉右衛門の弁慶は荒事の隈取で登場するのだが、風格があって実に大きい。

弁慶が生涯でたった一度女性と契ったという伝説は、映画の「薔薇の名前」を思い出すな(笑) その時に出来た娘を忠義の為に切り、人生でたった一度の涙を流すという伝説を盛り込んだ筋立て。親子の情愛と忠義がせめぎ合う悲劇。雀右衛門は渋く安定感あり。米吉は二役だが、なかなか可憐で印象的。侍従太郎の又五郎もしっかりと脇を固める。安定感ある時代物であった。

20170618182604662.jpg


歌舞伎座「六月大歌舞伎」夜の部を観た。
先週土曜日は、歌舞伎座「六月大歌舞伎」夜の部に。

20170605191724511.jpg

まず最初の演目は「鎌倉三代記(かまくらさんだいき)」絹川村閑居の場。

時代浄瑠璃から歌舞伎に移された演目だが、「鎌倉三代記」は、赤姫役を演じる女形に色々としどころがあり、だから時姫が「三姫」のひとつに数えられているのだろう。ただ物語そのものは意外に平板で、「実は」の部分も「物語」として延々と義太夫に沿って科白劇で語られるので、面白い狂言かと言われるとそうでもないような。

幸四郎演じる佐々木高綱が、井戸から出てくるとガラッと雰囲気が変わっており、派手な見得を切ってぶっかえりに。ただ演出全体を通すと、あんまり派手さは感じられない演目。

去年の雀右衛門襲名披露でも同じく雀右衛門の時姫で観たはずなのだが、殆ど記憶に残っていなかった(笑) 松也は大物の中に放り込まれて結構大変なような。勿論「鎌三」も背景を無視して男女の愛の物語として見るならば、戦国の夜に敵方武将を愛した姫が、相手の母親を健気にも看病に行き、まだ夫婦の契りも交わしていない相手の男が今日、死地に赴きもう帰って来ないことを知って、今夜泊まって私を抱いてとかき口説く訳で、結構エモーショナルな話なのであった。

2017060519174640c.jpg

ここで30分の幕間。三階の花篭食堂であじさい膳で一杯。煮アナゴがふっくらして旨かった。そろそろアナゴも脂が乗る頃だなあ。

次の演目は、河竹黙阿弥作「御所五郎蔵」。これも以前菊五郎で観たのだが、あまり思い出せない(笑)

冒頭は両花道を使った出。満面の桜、吉原仲町を背景に、仁左衛門の男伊達が際立って格好良い。左團次も堂々たる本役。両花道を掛け合いで渡り台詞の応酬。黙阿弥の七五調が実に心地よいリズム。本舞台に来てから、歌六、甲屋与五郎のとりなしで、盃の応酬に見立てた扇の投げ合いも歌舞伎独特のギミック。

雀右衛門も、時姫に続けて傾城皐月という大役で出演の大忙し。まるで再び襲名披露が来たが如しか。夫の為に金を借り、そのために縁切りをする。首実検が本物の首ではないのと同様、傾城の縁切りは本心ではないのが歌舞伎のお約束。しかしその真意は通じずに物語は悲劇に突き進んで行く。

この演目でも、米吉が大立者達の間に放り込まれて、よい経験というか、ちょっと気の毒なような(笑)借金取り立てに付け馬で付いてくる松之介は、台詞が入っていない。この人は時々これがあるね。健忘症なのか老人特有の症状か。切りは歌舞伎の様式美に満ちた殺陣。

最後は、長谷川信作、「一本刀土俵入」

前回も幸四郎で見た。冒頭、取手の茶屋で、酌婦のお蔦は軽い気持ちで力士の駒形茂兵衛に声を掛け、聞くうちに思わずその境遇に深く同情してゆくという筋なのだが、猿之助のお蔦は、なんだかベロンベロンに酔っ払っているから気が大きくなって有り金全部と簪をくれてやったように思える。演技が酔っぱらいの方向にちょっと寄り過ぎじゃないかな。ホロ良いでからかっているうちに、「えっ、あんたも身寄りが無いのかい」と次第に本気で同情するという風でなければと思う。

しかし筋書読むと、猿之助が初役の時に習った七世芝翫は、茂兵衛が一生の恩と覚えているのにお蔦は覚えていない。それがこの芝居のミソで、それは酒で溺れていたからだと教えた由。個人的には大酒飲んでも全て忘れる訳ではないし、お蔦が心根優しく一本気な女だという部分を、最後につなげたほうが良いと思うのだが。前に見た魁春はどちらかというとそんな印象だったが。

ただ猿之助も後半は取手の酌婦であった時と、貧乏ながら真っ当に子供を育てている10年後の違いが鮮やかに目立って良かったと思うけれども。松緑も台詞がきっぱりとして印象的に成立している。

幸四郎にとっては自家薬籠中の役。部屋から追い出された情けない田舎者の取的が、十年経って凄みのある渡世人になっている。鮮やかにヤクザ者を蹴散らして、優しかった酌婦に昔年の恩を返すという筋立ても実に分かりやすくて、人情に溢れカタルシスのある物語。

時代物、時代世話、新歌舞伎と1時間20分くらいの作品が3本あって打ち出しが9時20分頃というのはちょっとしんどかったかな。


歌舞伎座五月團菊祭、夜の部。
土曜日は、歌舞伎座五月團菊祭、夜の部に。

17050601.jpg
17050603.jpg
17050602.jpg
17050604.jpg

開演前には係員が「携帯は主電源からお切り下さい」と案内して回るが、直前までスマホをいじってそのままバッグに入れる女性を何人見たことか。むしろ切ってない者のほうが多いのではないかと思うくらい。しかし、この日歌舞伎座で隣にいた杖ついた婆様は、開演前の係員の呼びかけに思い出したか、巾着袋からガラケーを取り出してちゃんと電源を切って居た。偉い! 電子音が鳴るのは電話かかって来た時だけじゃないからなあ。

渋い和風の祝幕。

最初の演目は「壽曽我対面(ことぶきそがのたいめん )」

初代坂東楽善、九代目坂東彦三郎、三代目坂東亀の 蔵襲名披露狂言であり、新彦三郎の長男、六代目坂東亀三郎の初舞台。江戸庶民が愛好した曽我物のうち、新年慶賀の演目として有名。大した筋書きは無く、派手で目出度い場面を寿ぐ狂言。

菊五郎の工藤祐経は初役なのだそうだが、懐が深く、兄弟の真剣さを見て取り、狩場の通行手形を渡し、お役目が終わったなら討たれてやろうと再会を約する大人物を堂々たる風格で演じる。

小林朝比奈を楽善、曽我五郎を彦三郎、近江小藤太を亀蔵と親子二代で演じる。この一家は皆声が良い。楽善も年齢に似合わぬ太いしっかりした声。彦三郎はもともとキッパリした口跡にもってきて、声が大音声で歌舞伎座隅々にまで響き渡るかのよう。ちょっとセーブしないとあの声では楽まで持たないのでは。

萬次郎は婆様という印象しかなかったが、大磯の虎で中心に来ると、これはこれで成立している。女形の凄み。梅枝も美しい。曽我対面はあれよあれよと大団円に。大詰めで全員が絵のように決まる場面は無く、そのまま移動して襲名披露口上に。俳優があちこちに散っている月でもあるし、襲名名籍の格ということもあるのだろうが、居並ぶのは菊五郎劇団中心の控え目なもの。しかし真情溢れる挨拶でキッチリまとまった。六代目坂東亀三郎は4歳なのだそうだが立派に同座。観客席からは温かい拍手が沸く。

ここで30分の幕間。いつも通り花篭で「お祝い御膳」。

17050605.jpg

次の演目は、「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」。御殿、床下、対決、刃傷。

今回は御殿での「飯炊き」無し。この後亀蔵襲名披露の舞踊もあるから時間短縮の意味もあるか。菊之助の政岡は9年ぶり2度目とか。貫目のある立ち女形の役であるから健闘なるも大変だろう。

乳人として仕える若君を護るために、自らの子供が殺され悲鳴を上げている時にも一切表情に表さずに耐えた気丈な政岡のドラマは原作が良く出来ているから実に印象的に成立しているのだが、玉三郎がやる時と比べると、何かサラサラとして八汐の歌六だけが目立ったなあという気が。

海老蔵の仁木弾正は、床下、すっぽんからの出などでは妖気漂い、凄みのある眼力もあって立派に成立しているのだが、対決で梅玉と一緒に出ると、急に軽量な気がする。梅玉が泰然自若として大きいのもある。まあストーリー上でもやり込められる役だから、そう見せているのかもしれないが。刃傷ではかなり迫力が復活するのだが。

以前の歌舞伎座、吉右衛門の仁木弾正を観た時に、「床下」花道の引っ込みは雲に乗っているが如く去るのだとイヤホンガイドで解説があり、観ていると本当にそう見えてオオと感心した。身体の微妙な上下動を、同じリズムでなくランダムに繰り返すような動き。書くと簡単だが実際に花道でやるのはとてつもなく難しい。ただ、本日の海老蔵はそんな風ではなく、ただゆっくりと花道を下がるようにしか見えなかった。まあ色々型があるのだろうか。

途中の休憩と次の演目との休憩がそれぞれ10分しかないので女性化粧室は混雑して大変だったのでは。ただ横の婆様は杖ついてヨロヨロと席を立つのだが、開演前にはキッチリと余裕を持って席に戻っている。手練である(笑)

最後の演目は、「四変化 弥生の花浅草祭(やよいのはなあさくさまつり )」

新亀蔵が松緑と共に早変わりで設定を変えて踊る舞踊。恥ずかしながら亀蔵を認識したのは「らくだ」からだが、身体能力が高く舞踊がきっちりしているのには感心。通人の軽やかな風情もよろしい。そしてこの舞踊劇を牽引するのは、松緑が実に楽しそうに踊っていること。最後の「石橋」毛振りでは、松緑は鬼神が乗り移ったかの如き奮闘。亀蔵も、観客が拍手に疲れるほど毛を振り続ける。45分の舞踊の最後に毛振りなんだから歌舞伎役者の体力には驚かされる。

一階席前方では、亀蔵のファンなのか、時折、「よいしょ~!」と女性の声。横綱土俵入りかと思った(笑)あんな掛け声もあるんだ。この女性は屋号以外にも、「待ってました」「大当たり」と好き放題に声を出していたが、ま、しかし色々規格外のような(笑)

夜の部打ち出しは9時を若干過ぎる。襲名披露も初舞台も團菊揃い踏みの大作もあるから盛り沢山でお得な気がする興行。

歌舞伎座、五月團菊祭昼の部を観た
GW終盤戦。木曜日は、歌舞伎座五月團菊祭昼の部に。

17050401.jpg

昼の部は3演目とも以前に他の役者で観た事あり。毎月歌舞伎座に通いだしたのは2014年の2月からだが、そろそろ二周目に入ってきた感じか。もちろん何周も回り続けて、ほとんどが何度も観た演目というのが歌舞伎通の見巧者という事なんだろうけれども。ほとんどの演目は観たという所まで来たら、二等席や三等席でもよいのだが。最初に勉強するにはコストがかかる。

今月は、明治期に始まった「團菊祭」であって、七世尾上梅幸、十七世市村羽左衛門の追善公演。そして、初代坂東楽善、九代目坂東彦三郎、三代目坂東亀蔵襲名披露。また、彦三郎息子が亀三郎を名乗って初舞台。そして、尾上菊五郎の孫、寺島しのぶの息子の寺嶋眞秀が初お目見得と、何が何やら分からないほど賑やかに満艦飾の公演。

17050402.jpg 17050403.jpg

二階の売店でスパークリングワインを貰ってソファに座り、筋書きを事前にチェック。最近、アバンギャルドな派手派手系が目立った祝い幕は、今回上品な和風であるが、真ん中の紋はなんだかJALを思い出すよなあ(笑)

最初は、楽善、彦三郎、亀蔵襲名披露公演。「梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり )」。鶴ヶ岡八幡社頭の場。人形浄瑠璃から移された歌舞伎でも人気演目の時代物。以前歌舞伎座で、幸四郎、吉右衛門で見ているが今回は羽左衛門型での上演とのこと。

浅黄の幕が切って落とされるとそこは鎌倉の鶴ヶ岡八幡。音羽屋軍団総出の演目。大向こうも「音羽屋!」の声の嵐で、誰への掛け声かタイミングでしか分からないほど。

九代目彦三郎は、特長である歯切れの良い明朗な口跡で印象的な梶原平三。今回が初役だが立派に成立している。この役は、上演記録を見ても歌舞伎座では立役の大名題のお歴々しかやっていない役。祖父の追善と自らの襲名披露という好機で掴んだ大役を立派にこなした。赤っ面の俣野五郎も亀蔵の朗々たる良い声が立派に響いた。右近の梢もなかなか印象的。

二つ胴の試し切り部分も、幸四郎で見た時とちょっと違う。舞台大詰め、手水鉢を後ろから割り、そこから手水鉢を飛び越えて前に出て来るのは初めて見た型。確かに客席に背を向けて手水鉢を切るやり方よりは、今回の型の方が派手で収まりがよい。

菊之助が奴、松緑が剣菱呑助でお祝いを兼ねて同座する。呑助は普通酒づくしの台詞だが、今回は襲名や追善、初お目見得など、賑やかでお目出度い数々の趣向を寿ぎ、各々の名跡を入れ込んだ祝福の台詞となっており客席が暖かく沸く。女暫の下足番や「どんつく」の曲芸でもそうだったが、松緑はこの手の役を滑稽にやるべく真剣に演じるので、きちんと成立している。ふざけてやったら逆にダメなのだろう。

兄の彦三郎が主役の梶原平三を張るが、二歳違いでも弟の亀蔵は赤っ面の俣野五郎。襲名の序列というのは、お互いに立役やる限りはずっと変わらないのだろうか。兄弟が生まれると片方は女形やる例が多いのも分かる気がする。

17050404.jpg

ここで30分の幕間。花篭で「襲名いわい膳」で一杯。

次は義経千本桜の内、舞踊劇である「吉野山(よしのやま)」の段。

藤十郎や染五郎が静御前を演じた公演を観たことがあるが、今回は舞台装置も演出もかなり印象が違う。というか毎回あれこれ違う気がするけれども(笑)團菊祭の次代を担う、海老蔵と菊之助が共演。意外にこの二人は共演が少ない気がするが。

吉野山全山に満開の桜と清流。静御前、菊之助の山道からの出は、美しいもののなんだか随分と動きがスローで年寄りじみた印象を受けたが、あれは山道を遥々やってきたという心持ちなのだろうか。しかし全体として静御前は比較的起伏に乏しく、淡々とやっている印象。

狐忠信、海老蔵は逆に元気で、踊りながら、妙に大仰に流し目くれたり目を剥いたり睨んだりと、顔面の演技が悪目立ちする程忙しい感があるが、他の役者もあんな風にやってたっけ。二人の絡みは一幅の絵のように美しく、全体として面白く、あっという間に時間が過ぎる。逸見藤太の男女蔵は、息抜きの軽妙な演技。花道七三の忠信から投げられる笠のキャッチはお見事。

切りの演目は、新皿屋舗月雨暈 「魚屋宗五郎 ( さかなやそうごろう )」

これも何度も観たことがある人気の世話物。菊五郎劇団のおハコ演目で、全員手慣れた調子で掛け合いもテンポよく演じられる。

菊五郎の孫である寺嶋眞秀が、初お目見得。酒屋の丁稚役。4歳だというが、しっかり台詞も言えて凄いね。菊五郎の宗五郎は自家薬籠中の役柄でこれまた手慣れたもの。時蔵の女房おはまも宗五郎との息がピッタリ。酸いも甘いも噛み分けた老練な家老、浦戸十左衛門には左團次が間然とするところなくはまり、松緑の殿様が最後を締める。

尾上菊五郎の孫、寺島しのぶの息子の寺嶋眞秀の初お目見得は、自分で酒樽を持って花道を歩いて登場。台詞もしっかり入っており大きな声で演じ、客席から大きな拍手が。4歳なのに凄いよなあ。

酒を飲み、酒に飲まれた酒乱の酔態とやらかす一大事が面白く、最後は目出度くハッピーエンドの大団円。打出しには好適な世話物狂言。若干時間は押したが、歌舞伎座を出てもまだ外は明るい。もう初夏だ。

歌舞伎座、四月大歌舞伎夜の部
土曜日は、歌舞伎座、四月大歌舞伎夜の部に。一階七列目だったのだが、前の席とその右がずっと来ないという実に見やすい環境。前の昼の部は、右前にとんでもなく座高が高い和装女性が座って往生したから、観劇の神様も帳尻合わせてくれたか(笑)

2017041613375178a.jpg 20170416133809c76.jpg

最初は、近松門左衛門作の時代物人形浄瑠璃から由来の演目。「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」土佐将監閑居の場。傾城も反魂香も出て来ない段だけを切り取って上演するのだが、題名はケロっと「傾城反魂香」というのが歌舞伎独特の豪快さ。

吃音者の絵師又平が主人公で、通称「吃又(どもまた)」。舞台の台詞でも「吃り(どもり)」という言葉が普通に使われるのも、古い芸能である歌舞伎独特の大らかさであり、また豪快さでもあるのだが、放送禁止用語なので、NHK「にっぽんの芸能」では放映できないよなあ(笑) イヤホンガイドでも、さすがに憚ったか、「吃り」という言葉は使われてはいなかった。

絵から外に出た虎を「書き消す」。手水鉢の後ろに描いた絵が石を貫通して表に「抜ける」など、絵画の持つ独特の呪術性を活かした演出。あの手水鉢は、いったいどんな仕組みになっていたのだろうか。なかなか興味がある。

浮世又平後に土佐又平光起を吉右衛門、その女房おとくを義理の息子である菊之助。筋書きでは吉右衛門が「若い女房が持てて幸せです」と冗談を言って居る。

吉右衛門は、弟弟子に先を越された無念と断腸の思い、言葉が思う通りに出ない苦悶や焦燥を、重みはあるが実に自然に演じている。菊之助の女房おとくは、亭主の吃音と対照的なポンポン良く回る台詞廻しで鮮やかな印象を残す。歌六の土佐将監は堂々たる貫禄。注進役の又五郎、狩野雅楽之助は短い出だが切れ良く演じて印象的。最後の大団円は、絵筆の持つ奇跡の力でハッピーエンド。

20170416133826b7e.jpg

ここで30分の幕間。花篭で「さくら御膳」で一杯。

次の演目は、山城屋、成駒屋三代が共演する「桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)」。いわゆる「帯屋」。

18世紀に実際に京都で起こった、親子ほど年の離れた男女の心中事件に題材を取った「桂川物」。この世話物浄瑠璃を歌舞伎に移した作品。帯屋の主人、長右衛門を藤十郎、恋仲になる14歳の信濃屋娘お半を孫の壱太郎が演じる。

藤十郎は最近、置物のような出演しか見たことがなかったが、花道から普通に出て来るし、舞台でも演技しているのに感心。座の中心に座ると、ちゃんと上方の柔らか味と存在感がある。夫をかばう女房お絹の健気さを、扇雀が印象的に演じる。憎々しげに義兄を追い出す算段をする弟儀兵衛は染五郎。上方役者の中で勝手分からぬままに孤軍奮闘という形であるが、軽妙さはあまり感じないものの、こんな役も立派に演じている。

死を覚悟して出てゆくお半を、自らも死を選ぶために長右衛門が追って花道を去る。長右衛門と心中の約束をしながら裏切られた藝妓が、あの世から若い女にとり憑いて呼んだのだという、和事風味の一種のスリラー的ラスト。

切りの演目は、三代猿之助四十八撰の内、「奴道成寺(やっこどうじょうじ)」

道成寺物は人気舞踊劇なだけに種々のバリエーションあり、これは白拍子花子が、実は狂言師左近という奴であったという趣向。最初に所化坊主が大勢出て、白拍子が求めに応じて次々と舞を披露するという趣向はどの作品にも共通する骨格。手ぬぐい撒きもあったが近くに飛んで来なくてよかった(笑) 

猿之助は舞踊が達者で、この演目のしどころである三面の舞も賑やかに演じる。ただ、まあ、簡単そうに演じるが大変だなと思うものの、やんややんやの喝采を送るほど面白いとは思わないなあ。まあこれは私に舞踊を理解する素養が無いからだと思うのだが。

引き抜きやぶっかえしなどの派手な演出も印象的。紀伊の国、豪華な満面の桜を背景に、猿之助が鐘の上から舞台を睥睨して極まって賑やかにかつ盛大に打出し。

歌舞伎座、四月大歌舞伎昼の部
日曜日は、歌舞伎座四月大歌舞伎、昼の部に。小雨が降っているので面倒になり、タクシーで歌舞伎座横まで乗りつける。

四月大歌舞伎は発売日をスッカラカンに失念しており1週間前に戻りで取った花道脇の席。

201704101538269db.jpg

花道の出入りは迫力あるけれども、舞台中央はちょっと遠いか。おまけに座高に底力ある着物姿の中年女性が斜め前の席だったので、役者が中央に立つと演技は見えない。まあこればっかりは運ですな。

最初の演目は、満開の桜が美しい舞踊劇、「醍醐の花見(だいごのはなみ)」。栄華の絶頂の秀吉が、京都醍醐寺に桜の樹を700本も各地から運ばせて、実際に開いた花見の大宴が題材。

前の日に桜を観に行ったこともあり、舞台に咲き誇る満開の桜はちょうど今の季節にピッタリ。鴈治郎は体型が福々しいから栄華を誇る役によく似合う。

秀吉の側室同士が恋のさや当てをしながら、次々に舞を披露するのだが、舞踊の最中も全員がゆるゆると酒を酌み交わすという祝宴の目出度い演出。しかし、最後の部分では秀吉の最期を暗示する、咲き誇る桜の陰には隠れた死のイメージが。実際の史実でもこの祝宴の後に秀吉は没したという。壱太郎、尾上右近がなかなか印象的。


30分の幕間は花篭で「花車膳」。

20170410153843a92.jpg

次の演目は、「伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)」

「追駈け」から出るのは珍しいらしいが、「地蔵前」と続くこの場面での隼人は、真面目さは伝わるが、可笑しさはあんまり伝わらない。この人は全体に動きがカクカクしている印象。以前何かで花道での大見得を見て、これが実に感心しなかった。その時よりも勿論進歩していると思うけれども、大男だけに軽妙な所はあんまり無いよなあ。

「油屋」「奥庭」の舞台装置は、以前、勘九郎、玉三郎で観た際には、祝祭都市伊勢の過去の栄華を納得させる豪華絢爛な印象だったが、前の舞台装置もあんなだったっけ。なんだかそんなに煌びやかに見えないのだが。桃色の暖簾は記憶にあるけれども。

染五郎はこの手の役にはよく合っている。猿之助は、仲居万野のネチネチ嫌味な所を鮮やかに演じる。上手いもんだね。油屋お紺を演じる梅枝は、いまいち印象が薄く、縁切りの場面でも、なにかサラサラと終わってしまった。私が睡魔に襲われていたのかな(笑)

20分の幕間の後で、時代物の人気狂言、「一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)熊谷陣屋」。結構登場人物が多い世話物の後に、時代物の重たいのを持ってくるというのもちょっと見物には疲れる印象。

そもそもが一の谷の合戦の頃の源平の話だし、熊谷直実の陣屋は神戸の現在の生田神社辺りというから神戸出身としては親近感が沸く。背景は六甲山系だなと思ったり(まあ全然そんな感じではないのだが)

やはり何度も演じられた名作だけあって筋は良くできている。「一枝を切れば一指を切るべし」という制札一枚で主君の真意を「忖度して」(←最近また流行ってますなw)忠義のために敦盛を助け自らの子供を手にかける悲劇。日本人は昔から「忖度」が得意。勿論史実とは違うけれども昔の人形浄瑠璃作者は、このフィクションを源平の戦いに持ち込むことで、悲劇が交錯する壮大な物語を作り上げた。

集まった町人が制札を読むのはいつもの段どりだが、「弥陀六が来ている」だのどうだと言うのは初めて聞いた気がする。

何度も手掛けているだけあって、熊谷直実は、幸四郎が手慣れたもの。猿之助はここでも熊谷妻相模を熱演。一門も率いて、宙乗りもやって、女役の大役もこなすというのは実に大変だろう。女形一本でもいけるのではとも思うが、なかなか事情が許さんのでしょうな。女形で宙乗りというのもあんまり例がないだろうし(笑)

藤の方、高麗蔵も高貴さがあり相模との格の差を見せて無難に成立。染五郎の義経も似合っている。御曹司はよいよねえ。弥陀六の左團次も掌中に納めた本役。義経を昔助けたことによって平家の滅亡を招いてしまった後悔がよく分かる円熟。

熊谷最後の花道では、「高麗屋!」の大向うが嵐のよう。ただ「大当たり!」という調子乗りがいたが、あれは余計なんじゃないかな。「たっぷり!」というのも本来はかけるべきではないと聞く。まあ、大向こうは調子に乗ると失敗するのだろうなあ。

しかし、あんなに大向こうから声がかかったら、それはやはり気分が宜しくなって、さすがの幸四郎もやり過ぎるのでしょうな。大仰な泣き顔はちょっとクサいほどにくどかったかも。前回観た芝翫型が割とアッサリした切りであるから余計に花道が目立つのかな。

そういえば、大向うの中に、「鶏爺さん」が復活したような声を聞く。しかし人間、あれほど声の張りと声量が回復するものだろうか。やはり、若い世代の別人、「二代目鶏爺さん」なのだろうか。まあ、元より私も素人であるから、大向うの事情はサッパリ分からないのだが(笑)



赤坂大歌舞伎 「夢幻恋双紙 赤目転生」を観た。
土曜日の夜は「赤坂大歌舞伎」を見物に。TBS赤坂サカス辺りは出来てから初めて来た。天候はよろしくないが、桜があちこちで満開。

201704091935203e1.jpg 20170409193542307.jpg

会場は赤坂ACTシアター。付近は建物が入り組んでおり、何故かやたらに行列している人が多く、最初は違う列に並びかけた。

20170409193557766.jpg 20170409193614cf8.jpg

劇場は割とこじんまりとしている。中村座の定式幕。設備も新しく綺麗だが、椅子は席間も狭くちょっと貧弱な印象あり、歌舞伎座の座席は素晴らしいなあと再認識。

演目は、蓬莱竜太 作・演出の新作歌舞伎「夢幻恋双紙(ゆめまぼろしかこいぞうし) 赤目の転生(あかめのてんせい)」

江戸時代の貧乏長屋に住む太郎(勘九郎)は、隣に越してきた貧乏一家の歌(七之助)に恋をする。病に伏せる父親と、与太者の兄に苦労する彼女を救いたいと夫婦になった太郎は、実は気が弱く、言い訳ばかりでやる気もなく、仕事をやっても続かないダメ男。どんどん転落してゆく太郎と歌の前に歌の兄が現れ、太郎は殺される。しかし太郎が意識を取り戻すと、彼は歌と初めて出会った子供時代に戻っていた。

それ以降も太郎は転生輪廻を繰り返す。勝ち気で上昇欲と支配欲の強い男、誰にでも好かれる他人思いの控え目な男。しかし何故か歌との関係はいつも上手く行かずに彼は転生を繰り返すことになる。勘九郎は違ったキャラクターの男を見事に演じ分ける。七之助と勘九郎の息もピッタリ。猿弥、鶴松、いてうも活き活きと幼馴染の友人たちを演じる。

舞台の背景は江戸世話物。登場人物の拵えも江戸世話物。切り絵調の舞台美術は斬新。回り舞台や花道は無いのだが、建物の方が別々に動かされて組み合わされたり、客席から観客が登場するなどの趣向が目新しい。病に苦しむ父親の横で七之助が衣装を何枚か脱いで行くだけで、時間の経過と生活の転落ぶりを現す演出にも感心した。歌舞伎の立廻りや肝心な見得で打たれる「ツケ」についてはちゃんとあって、やはり歌舞伎だなあ、と満足した。

一瞬下座音楽風の三味線が鳴ったが、基本的にバックグラウンドはピアノで。嵐の雨などは現代的な効果音が録音で流れる。それでも随所に歌舞伎らしさが散りばめられた、一種のパラレルワールド、あるいはタイム・パラドックス物。

そして最後に観客は、歌と兄の関係性の本質、兄源乃助が何故眼帯をしており、太郎を執拗に殺しに来るのか、赤目を巡って運命の輪が回る転生輪廻の真相を目の当たりにする事になる。エンディングがオープニングへとループする実に印象的な演出。

赤目と共に回る因果と転生に、「バタフライ・エフェクト」も思い出した。新作歌舞伎というのは、歌舞伎であって狭義の伝統歌舞伎ではない。しかし何事も受け入れるという根本の進取の精神において、やはり歌舞伎の本質を受け継いでいるのだった。歌舞伎好きでなくてもまったく問題無く楽しめる劇でもある。

終演しても観客は通常の演劇のように当たり前のように帰らず、拍手を続け、カーテンコールは3回あったかな。しかし、大向うは無かった。無くてもまったく違和感は無かった。まあ新作だと要らない気もするよねえ。




歌舞伎座、「三月大歌舞伎」昼の部を
土曜日は歌舞伎座で「三月大歌舞伎」昼の部を観劇。

031101.jpg 0311002.jpg

ここしか取れなかったが、席は若干前過ぎたかな。

歌舞伎座では開演前に売店でスパークリングワインを一杯やる習慣。ただ本日は飲み疲れもあり生ビールにしようと思案しつつ店頭へ。しかし注文する前に既に売店の美人のおねいさんがスパークリングワインを注ぐ態勢に入っている。「あ、あ、スパークリングワイン」と初志貫徹しない情けない注文w 寿司屋でも、今日は飲むまいと思っても、「常温ですね」と酒が自動的に出て来る。覚えてもらうと言う事は、自由が制限されることでもあるんだなあ。

まず真山青果作の新歌舞伎「明君行状記(めいくんぎょうじょうき)」。歌舞伎座では16年前に同じ梅玉主演で出ているが、久々の公演。

亀三郎も大奮闘。梅玉の池田光政は、陽明学者として学問ばかりの大人しい高潔の士という雰囲気で出るのかと思ったら、割とくだけた感じのざっくばらんな殿様。しかし人間の大きさがあり、若い者の血気に逸り過ぎた自分への疑念を爽やかに受けとめて、見事な裁きで放り投げるという機知と教養溢れる人物の豪快さを存分に見せる。

真山青果の新歌舞伎らしい、火を吐くような台詞の休みない応酬が特徴的。梅玉は人物としてはしっかり成立していたが、台詞が多いためか結構トチっていた。口跡が明瞭であるため逆にトチリが目立つとも言える。吉右衛門ならムニャムニャ言って切り抜けるし、幸四郎なら妙な声色でごまかすと思うけれども(笑)

ただ、座組みとしては、横綱大関が居ない相撲の巡業のような地味さが感じられるもの。まあ、こればかりはあれこれ配役の都合があるだろうから仕方ないか。

関係無いが、最近は鶏爺さんの大向こうを聞いてない気がする。顔も知らないが、聞こえないとなると元気なんだろうかと気になるな。

30分の幕間がここで。花篭で「さくら御膳」。

0311003.jpg

次の演目は、「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」より、渡海屋・大物浦の段。いわゆる「碇知盛」。渡海屋銀平実は新中納言知盛を仁左衛門。源義経を梅玉。この人はやはり義経役に座りが良い。女房お柳実は典侍の局が時蔵。典侍の局になってからが実に高貴な雰囲気が出てよろしい。安徳帝は、去年の染五郎「碇知盛」でも当時まだ武田タケルだった市川右近が演じていたっけ。

昨年の歌舞伎座の染五郎でも観たが、仁左衛門は生まれついての立ち役というか、知盛は大きく輪郭がクッキリしており圧巻の迫力。演出としては物語が分かりやすい。義太夫狂言で分かりやすいのが良いかどうかはまた難しい問題かもしれないが。

うちの主人は天候観るのが得意でと女房が語る部分は、義経主従を騙してこれから嵐になろうとする日に出港させ、それに乗じて船を襲う算段であったという部分は、今回初めて理解した。なぜか染五郎の時は分からなかったな。イヤホンガイドが教えてくれなかったからか(笑)

渡海屋奥座敷、注進に来た家来たちが伝える戦の劣勢と、沖の船から明かりが次々と消えて行くのを見て、知盛の奇襲が失敗した事を知り、平家の女官達が驚愕し慄いて泣く場面は、歌舞伎の様式的な美に満ちて印象的に成立している。

西国に落ち延びる義経の船が嵐に会い、平家の亡霊のせいだと言われた噂。戯作者はここに、史実では、壇ノ浦で平家滅亡と共に死んだ平知盛と安徳帝が実は生き延びていたと言う虚構を巧みに持ち込んだ。

復讐の鬼となった知盛は、最後には父清盛の悪行を振り返り、昨日の敵は今日の味方と、安徳亭を義経に託し納得して死んでゆくのだが、壇ノ浦で平家を滅ぼした大殊勲の義経さえも、今や頼朝と不仲になり落ち延びる身。運命の輪が巡る歴史の無常の中に、虚構を見事に挿入した悲劇。

切りの演目は、十世坂東三津五郎三回忌追善狂言。

0311928.jpg

「神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきょくまり)」 いわゆる「どんつく」

舞踊劇だが全面に出て狂言回しの役をする、荷持どんつくを三津五郎の長男巳之助。親方鶴太夫を松緑。どちらも踊りの流派の家元であるから、舞踊は流暢であるが、神楽というのは歌舞伎の舞踊とはまた違って結構大変なのでは。。海老蔵は、夜の助六だけだと誤解していたが、この「どんつく」にも、大して見せ場ないものの、若旦那役で出演。「助六」は夜の部切りであるが、これがあるから昼の興業にも来なければならない。人気あるからと楽してサボらず、役者として精勤せよとの松竹のメッセージであろうか(笑)。

松緑が毬を使った大道芸を見せるのだが、この日は調子が悪かったか、「アレ?」っとやたらに毬を落として、逆に観客が沸く。あれはしかし確かに本職の大道芸人でも無いのだから難しいだろうなあw

彌十郎、團蔵、時蔵、魁春、彦三郎、菊五郎、尾上右近。大御所も花形も、「どんつくどんつくどんつくどんつくどどんがどん」とみんな楽しそうに賑やかに踊って面白かったのだが、床机に座って出番を待つ時の肝心の巳之助は、あんまり楽しそうではなかったのが少しだけ気になった。親父の面影でも脳裏をよぎっただろうか。江戸の風俗を偲ぶ舞踊劇。

打出し後、地下のロッカーから荷物を出して東京駅まで。大丸地下で弁当を買って新大阪行きの新幹線に乗り込む。大阪エディオン・アリーナで開催される大相撲三月場所初日の観戦が翌日に控えているのだった。忙しい(笑)

歌舞伎座三月大歌舞伎、夜の部
土曜日の夜は、歌舞伎座三月大歌舞伎夜の部に。

qwe111.jpg

昼の部の終了が遅いこともあるが、夜の部はほぼ満席で、入口はごった返している。

最初の演目は、「双蝶々曲輪日記 引窓(ひきまど)」。人形浄瑠璃から歌舞伎化された狂言だが、その八段目。二段目「角力場」は前にも歌舞伎座で観た。

相撲取りの濡髪長五郎は「角力場」にも登場していたが、今回は彌十郎が演じる。役者が大柄であるから、相撲取り姿がよく似あう。義理立てから止むなく人を殺めてお尋ね者となり、今生の別れに昔、養子に行かされて別れた実の母親を訪ねてくる。そして、その母は再婚し、相手の先妻の子である南方十次兵衛(幸四郎)が村の役人に取り立てられ、濡髪長五郎を捜索しているという状況。

実の息子を逃がしたい、しかし昔の忠孝の常識では義理の息子こそ立てねばならない。板ばさみになった母親の葛藤。そして、義理の母親の苦しい心を察知して、濡髪を逃がしてやろうとする十次兵衛の思いやりが、引き窓を小道具に交錯する。派手な動きは無く、主役が引き立っているとは言い難いが、台詞劇としてなかなか印象的に成立している。十次兵衛の女房役魁春が、義理の母親を立てなければという心情に溢れる。

ここで15分の幕間を経て、「けいせい浜真砂(けいせいはまのまさご)」

石川五右衛門を主人公にした歌舞伎狂言も多いが、主人公を女に変えた女五右衛門物、長編の「けいせい浜真砂」から「南禅寺山門の場」だけを上演。

上演わずか10分。浅黄幕が切り落とされると豪華な山門。藤十郎は煌びやかな衣装が見所。あとは山門がせり上がり、仁左衛門が出て来て、それで幕となる。上演わずか10分。藤十郎はこの10分の為だけの歌舞伎座出演。贅沢なもんですな(笑) 仁左衛門は、昼の部が「義経千本桜」で終わった後、この10分の為にだけ、「どんつく」、昼と夜の入れ替え、「引窓」と、3時間以上も待っていることになるのだから、歌舞伎役者も大変だ。海老蔵は、夜の部「助六」出演のみで、夕方に歌舞伎座入る前までは子供と朝飯食べたり歯医者行ったりメンテに行ったり、ブログをせっせと更新する余裕すらあるみたいだけど。

ここで30分の幕間。三階花篭にて「さくら御膳」を。ホタルイカや飯蛸、桜餅など春の彩り。

qwe115.jpg

さて、最後の演目は、本日夜の部メイン、「河東節開曲三百年記念」と銘打った、「歌舞伎十八番の内 助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」

河東節は、成田屋が主演する「助六」の伴奏にしか使われない江戸発祥の三味線浄瑠璃。今では素人の旦那衆や奥方がやっており、助六が上映される時は、その時だけの「名取」となり、歌舞伎座の舞台でも交代で勤めるのだとか。確かに看板には当日の出演者が。「ぼたん」とあるのは海老蔵の妹。

qwe112.jpg qwe117.jpg

筋書きには当月の出演者一覧があり、大勢名前が挙がっているが、「ナイルさん」というのは、歌舞伎座向かいの「ナイル・レストラン」オーナーじゃないかな。

裃姿の右團次が口上を。この最初の口上も、成田屋が上演する助六にしかない伝統ある所縁の演出。

絢爛豪華な吉原を背景に、粋で洒脱で鉄火で女にモテモテ。江戸っ子の理想を体現したような花川戸助六が、「どうだ格好いいだろう」と大見得を切って舞台で活躍する。昔の江戸で人気であった曽我兄弟の設定も重ねて。

「出端(では)」と呼ばれる助六の登場は、幕が開いてから45分ほど経ってから。そして花道で延々と15分程、花川戸助六の男伊達と格好良さをたっぷりと舞台一面に振りまく。土曜は、西の桟敷と花道の間、いわゆる「ドブ」の4列目だったので、花道はもう手が届くほど。助六登場は実に迫力あり。ただ、意休さんやくわんぺらは遠かったが。

海老蔵にとっては何度も演じた助六。成田屋の御曹司に生まれなければ、若いうちから助六を主演することはまずなかろう。成田屋の成田屋による成田屋のための、当代の團十郎、あるいは海老蔵が劇の中心に屹立する煌びやかな一大プレゼンテーション。演者も多く、だからこそ、そんなに度々演じられる演目ではない。

海老蔵は、時として良い歌舞伎役者だとは思わない面もあるのだが、この花川戸助六に関しては、鼻筋がスッと通った見事な男伊達で台詞にもまったく上滑るような癖も無く、劇場全体を手の内に睥睨して、寸分の隙もなく煌めいている。成田屋の当代や御曹司が一番映えるように考えられた伝来の演目なのだから当然といえば当然か。

qwe113.jpg

江戸の昔、一日千両の金が動く場所というのは、歌舞伎と魚河岸、それに吉原くらいとイヤホンガイドで。お互いの世界は深い付き合いがあり、「助六」がかかる時は、今でも江戸紫の鉢巻を魚河岸の旦那衆から貰う仕来りに。さすがに最近は吉原も、江戸の昔ほどの一大遊興地ではなくなったから、こちらからは唐傘などは贈られないのだろう。もっとも浅草界隈の旦那衆とは、平成中村座や襲名のお練りなどもあり、今でも歌舞伎界とは結構付き合いがあるのだろうが。

江戸情緒に溢れた傾城達の揃い踏みが賑やか。華やかに次々登場。髭の意休は、元々ニンに合った左團次が手慣れた体で演じる。しかし、あれは床几に座ってずっと背を伸ばして役の大きさを見せねばならず、結構大変な役だ。

女形大役の三浦屋揚巻は雀右衛門が初役で。悪態の初音は、普段はおっとり上品な大夫でそんな事は決して言わないのだが、愛する間夫をけなされ、意を決して悪口をきくという風情が良い。ただ品格はあって立派に成立しているが、匂い立つような艶やかな色香には、ほんのちょっと欠けるか。まあこれは役者の個性というものかもしれないけれども。くわんぺら大王は達者な歌六。

福山かつぎの巳之助、国侍や奴、通人の股くぐりや楽屋落ちを散りばめたお笑い部分も、白酒売新兵衛を演じる御大菊五郎の和事風味もあって実に和やかに成立している。普通の狂言というよりも、一大祝祭としての成田屋宗家の「家の芸」。今度「助六」が歌舞伎座でかかるのは、海老蔵の團十郎襲名披露興行だろうか。 観れる内に観ておこうと、日曜の夜も「助六」だけ観に行ってしまった(笑)

qwe118.jpg


歌舞伎座、「猿若祭二月大歌舞伎」昼の部を観た
江戸歌舞伎390年を記念する歌舞伎座、「猿若祭二月大歌舞伎」昼の部に。

20170212125440f28.jpg 20170212125504690.jpg

歌舞伎そのものは、京の河原で出雲の阿国が始めた「歌舞伎おどり」が原型というのは良く知られた話。江戸歌舞伎は、初代猿若勘三郎が390年前に京から江戸に下り、官許を得て今の京橋辺りに「猿若座」を常設歌舞伎小屋として開設したのが始まりだとか。

猿若勘三郎が中村勘三郎の初代だが、血統は明治になって断絶して松竹創業者の預かりとなっており、これを時を経て襲名したのが十七世中村勘三郎。新歌舞伎座開場前に早世した十八世勘三郎を経て、中村屋の当代は勘九郎、七之助の兄弟。猿若祭は夜の部に勘九郎子息の初舞台もあり、昼の部も勘九郎、七之助が大活躍。

最初の演目は、「猿若江戸の初櫓(さるわかえどのはつやぐら)」

30年前の「猿若祭」が初演の舞踊劇。出雲の阿国と猿若勘三郎が一緒に江戸に下ってくるというフィクションを導入部に、猿若が官許を得て猿若座を設立するまでを華やかな舞踊と共に見せる。猿若は勘九郎が軽妙に、出雲の阿国は艶やかに七之助が演じ、彌十郎、鴈治郎が脇を固める。華やかかつ目出度く踊る江戸の風情が印象的。歌舞伎はやはり相撲と共に江戸の華ですな(笑)

20分の幕間を挟み、「大商蛭子島(おおあきないひるがこじま)」

歌舞伎が大いに発展した江戸天明期に江戸中村座で初演された演目で、長く埋もれていたが昭和37年に復活。しかしその後、昭和44年に初演と同じく二世松緑主演で再演されて以来上演が途絶えていたという珍しい演目。

頼朝が伊豆に蟄居して、手習いの師匠となり、しかも好色で習いに来る娘達に、妻の門前でもエロエロなちょっかいを出すというのが江戸の大らかな風情を感じさせて面白いが、歌舞伎お馴染みの「実は」の設定が、入り組んでしかも荒唐無稽な気がして、これが継続して上演されなかった一因でもあるのでは。しかし、髑髏や女房おふじの燃え上がる嫉妬の演出には奇妙なオカルト色もあり、なかなか興味深い。

当代松緑が、正木幸左衛門実は源頼朝を好演。好色な手習い師匠が、実は源氏の総大将であり、決起する覚悟をする最後の場面まで、なかなか印象的に成立している。勘九郎が地獄谷の清左衛門実は文覚上人、七之助が、おます実は政子を演じる。

嫉妬する古女房おふじは、時蔵が熟練の技で演じるが、糟糠の妻の門前で(源氏挙兵の為に北条氏の力を得なければいけないとはいえ)政子と祝言し、初枕を交わすために寝室に入る頼朝はとんでもないな(笑) まあ、これはこれで当時の観客は喜んだのだろうが。

しかし、なんだかんだあっても、最後は賑やかに頼朝挙兵となり、目出度し目出度しで幕というのが、おおらかな天明歌舞伎の趣。

20170212125535a74.jpg

30分の幕間に花篭で「猿若祭御膳」で一杯。

次の演目は、「四千両小判梅葉(しせんりょうこばんのうめのは)」。河竹黙阿弥が盗賊を描いた「白波物」。菊五郎が江戸城の御金蔵を襲う盗賊、野州無宿富蔵、梅玉が同じく盗みに加担する藤岡藤十郎。その他、菊五郎一座が出演する気楽な世話物。左團次が牢名主松島奥五郎を演じる江戸時代の牢屋風情は、黙阿弥が色々取材して盛り込んだらしいが、珍しくも実感があって面白かった。一種のピカレスク・ロマンだが、日常から離れた悪漢を描く物語は、古今東西を問わず、一種の「Sence of wonder」を刺激する。

最後の「扇獅子(おうぎじし)」は、石橋の舞台を江戸に移した清元舞踊。江戸の風情を背景に、鳶頭と芸者が機嫌よく踊る舞踊というのはあれこれあるが、どれも賑やかで切りにはよい。華やかに打出し。


歌舞伎座、「猿若祭二月大歌舞伎」夜の部
土曜日の午後は、歌舞伎座、「猿若祭二月大歌舞伎」夜の部を見物。

201702050740427aa.jpg

中村屋御曹司の初舞台とあって早い時期から夜の部は土日完売。平日も一階席は空き無しという販売状況が続いていたが、1週間ほど前にポロっと数席出た戻りを拾ったもの。しかしTVで報道されたからか、今では平日も夜の部は全席完売。席が拾えたのはラッキーだった。

前日に、録画していた「中村屋ファミリー5歳と3歳、兄弟初舞台SP」を観て予習済み。しかし、歌舞伎俳優の家に生まれるというのは大変な事ですな。

20170205074110305.jpg 20170205074127a15.jpg

祝い幕はゴシック調のフォント。普通はゲージツ系で有名な書家が書いたりするものと思って居たが、なんだかパワポのプレゼンのようで逆に新しい感じがする。初舞台を寿ぐ企画が劇場のあちこちに。

20170205074153add.jpg
2017020507421168d.jpg
20170205074229437.jpg
20170205074242b2a.jpg

最初の演目が、「門出二人桃太郎(かどんでふたりももたろう)」

御曹司達の親父である勘九郎もその弟の七之助も30年前にこの演目で初舞台。そしてその父である十八世勘三郎も、昭和34年に「桃太郎」で初舞台であったらしいから中村屋代々のお披露目演目。

勘九郎の長男と次男が、三代目中村勘太郎 二代目中村長三郎を名乗って兄弟桃太郎を演じる。幹部俳優から若手花形まで総出で舞台に出て、御曹司の門出を祝福する。3歳と5歳でこの大舞台を踏むというのは、まさに銀の匙をくわえて生まれて来た特別待遇だが、本当に役者の道を選ぶのかどうかについてはこれから思春期を経由して、様々な葛藤が生じてくるだろう。簡単な決断ではないが、折角生まれついて宝船に乗っているのであるから、盛大な航海の無事を祈りたい。

幼い兄弟が登場すると観客は万雷の拍手。幹部俳優が列座した口上も心温まるもの。この日は特に大きなトチリは無かった模様。梅玉は相変わらず面白い。初お目見得や初舞台、襲名披露というのは、何時観ても予定調和の目出度さが実に良い。

犬彦、猿彦、雉彦も軽妙に祝祭を盛り上げる。花道近くの席だったので桃太郎兄弟を間近で観れてなかなか面白かった。演目のせいなのか、1階席前方には子供連れの客が多し。これはこれで珍しいが、中村屋御曹司の同級生とかなのか。

25分の幕間の後、「絵本太功記(えほんたいこうき) 尼ヶ崎閑居の場」。いわゆる「太十」。

武智光秀を芝翫が。以前、吉右衛門で観た時は、登場の時の異形の迫力が素晴らしかったが、芝翫にはイマイチ迫力が無い気が。顔は大きいのだがなあ。

デップリ太ったガンジロはんが武智光秀の息子、悲劇の若武者という設定もちょっと。肉体ではなく芸を見るんだと言われればその通りではあるのだが、それにしてもねえ。

魁春、錦之助、孝太郎、鴈治郎、秀太郎と堅実かつ錚々たるメンツが揃っているのだが、観てさほどのカタルシスを感じないのは演目としてのストーリーがイマイチなのだろうか。時代物狂言として淘汰され、この段だけが生き残っているのだが。橋之助は最後にちょっと出るだけだが、声も朗々としてなかなか良かった。ガンジロはんの役やらせればよかったのに(笑)

20170205074258bb2.jpg

ここで30分の幕間。三階の花篭で「猿若祭御膳」。きび団子付き。しかし、6時40分から食事というのは若干遅い気がする。席に戻ると、空いている席も散見される。まあ最初の演目だけみて、遅くなるから帰る人もいるのか。子供連れは最後まで居れないか。

最後の演目は、「梅ごよみ(うめごよみ)」。向島三囲堤上の場より深川仲町裏河岸の場まで。最初の幕では花道にも水面を描いた敷物が引かれているが、船が花道を去って行くしかけ。江戸深川の情緒溢れる場面。

気楽な世話物だが、許嫁がいるにも関わらず芸者にも惚れられて、あっちにフラフラ、こっちにフラフラとモテモテの優男丹次郎を染五郎が演じる。全ての揉め事はこの人のフラフラが原因なのだが、染五郎はこんな役も上手くなかなか印象的に成立。丹次郎を挟んでいがみ合う恋敵の深川芸者、仇吉、米八を菊之助、勘九郎が。

菊之助花道の出は実に妖艶で美しい。諸事情あろうが、ずっと女形で行けばよいのになあと思わせる。勘九郎は先月も女形だったが、男勝りの辰巳芸者としてはきちんと成立。児太郎は素人の町娘がよく似合っている。

羽織を着て男名前、男勝りの気風が売り物であった辰巳芸者同士の鉄火なやり取りが実に小気味よく、最後は茶入れも戻って大団円。気分よく打出し。予定よりもだいぶ早めであった。

壽新春大歌舞伎、昼の部を観た
先週土曜日は、歌舞伎座で壽新春大歌舞伎、昼の部を観た。結構団体客が入ってるような。

20170117110423cab.jpg 201701171105301af.jpg


最初の演目は、「大政奉還百五十年」と銘打った、「将軍江戸を去る(しょうぐんえどをさる)」

江戸城明け渡しと征夷大将軍辞任を直前に控え、謹慎中ではあったものの、主戦論者の意見に傾いて行く徳川慶喜に染五郎、将軍を諌める山岡鉄太郎を愛之助が演じる。刀のつば競り合いで火花が散るような真山青果独特の会話劇。

「松浦の太鼓」の殿様よりも、こちらの徳川慶喜のほうが、まだ染五郎には合っている印象。尊王と勤皇の違い、水戸藩の心得違いを命を掛けて箴言する山岡鉄太郎というのは史実とは違うらしいが、愛之助が口跡良くなかなか印象的に演じる。

ここで将軍が辞さなければ、大勢の無辜の江戸の民が戦火の犠牲になることになる。そう説得されて江戸を去る決意をする徳川慶喜。オリバー・ストーン監督の「ニクソン」。ウォーターゲート事件で罷免に直面したニクソンは補佐官に最後の打開策が無いか尋ねる。「軍を使いますか? そうした大統領も過去には居ました」と進言され、「それでは内乱だ」とニクソンは大統領職を辞する決意を固める。そんなシーンも思い出した。

栄華を誇った徳川家の将軍が、東京の外れ千住橋から江戸を去ろうとする寂しい朝。江戸から東京に変わろうとする新しい時代の夜明けに、ひっそりと消えていった最後の将軍。なかなか印象的なお話。爺さまの俳優でやるとまた味があるかもなあ。

20170117110604481.jpg

30分の幕間で花車膳。花篭食堂も大混雑。ほうおう膳よりも軽めでお昼には結構。

二番目の演目は、「大津絵道成寺(おおつえどうじょうじ)」

「京鹿子娘道成寺」を本歌に派生した道成寺物、河竹黙阿弥作の舞踊劇。愛之助が五役を早変わりで演じる。

大津絵というのは仏教画で、そこに描かれた絵が題材で、藤娘も有名な題材なのだとか。見たことないから分からないなあ。舞台のほうは、本家の狂言同様、引き抜きの衣装替えなどもあるが、「早変わり」や「傘下の入れ替わり」、「見台抜け」、「御簾への飛び込み」など、歌舞伎ならではのギミック満載。最後は「押し戻し」で染五郎演じる矢の根の五郎が登場するなど、飽きさせない演出に満ちている。

愛之助演じる藤娘の女形は初めて観たが、目元もクッキリ、結構印象的に成立している。その他、早変わりで鷹匠、座頭、船頭、鬼を演じ分ける。

最後の演目は、伊賀越道中双六「沼津(ぬまづ)」

呉服屋十兵衛を演じる吉右衛門は、花道からの軽妙な出が良い。駄賃稼ぎに荷物持たせてくれと持ちかけてくる雲助平作の歌六も、滑稽ながら味のある演技。客席に下りて楽屋落ちを取り交ぜて観客を笑わせながら歩く様も良い。そして花道に戻り、怪我をした平作に、十兵衛が印篭から妙薬を取りだして塗ってやるとたちどころに治り、雀右衛門のお米と行き会って家に招くところから、既に悲劇の萌芽が始まっている。

貧乏なあばら屋の風情に雀右衛門のお米のクドキが可憐に映えて、歌六の親父も実に人情味があり、安定感がある。雲助平作が実の父であると気付いた吉衛門十兵衛の思い入れも胸に響く。

最後は先に旅立った十兵衛に父娘が追い付き、暗闇の千本松原での、親子の情と義がせめぎ合う悲劇となる。ここでも吉右衛門の親を思う悲嘆が見事に成立している。近松半二作、義太夫狂言の名作。円熟の名優揃いで実に見応えがあった。

歌舞伎座壽初春大歌舞伎、夜の部で本年初歌舞伎
先週末三連休の初日は、歌舞伎座、壽初春大歌舞伎、夜の部を観劇。

201701112032420f0.jpg

歌舞伎座もお正月の雰囲気。

20170111203410f73.jpg
2017011120343688a.jpg

最初の演目「井伊大老」は、以前、吉右衛門で観たが今回は幸四郎。御両人の実父白鴎の当たり役。しみじみした情感は、なんとなく吉右衛門の方が優っていたような印象もあるが、最初の幕、裃で屹立する井伊大老の幸四郎は威風堂々として威厳あり。足軽の娘だった昔から、何一つ変わらず井伊直弼をひたすらに愛し続けるお静の方を可憐に玉三郎が演じ、故郷彦根の酒を酌み交わす場面は圧巻。

屏風に書いた井伊直弼の字に剣難の相と死に向かう運命を見抜き、「一期一会」とだけ書き残して、一目も会わずに風のように去る禅の高僧、歌六演じる仙英禅師は格好良いですな。そして禅師の態度から、自分は日本の将来の為に、その礎となって死なねばならぬのだと天命を悟り、生まれ変わったら大老にはなるまいとお静の方に静かに語る井伊直弼。小品だが印象的な筋立て。

2017011120331803c.jpg

次の幕間では、花篭食堂で『ほうおう膳』を。ごく少量ながら紅白なます、いくら、数の子、黒豆など随所にお正月の雰囲気。まあ、雰囲気のものだから、ほんのちょっとで良いのだよね。

次は舞踊。五世中村富十郎七回忌追善で長男の鷹之資が踊る「越後獅子」。

20170111203346a6f.jpg

鷹之資は、筋書きの写真でも実に若い。孫でもおかしくない年格好だが、富十郎がエラく年取ってからの子供なんですな。調べると、中村鷹之資は平成11年4月11日生まれ。父親の5代目中村富十郎は、昭和04(1929)年06月04日生まれ。没が平成23(2011)年01月03日。70歳の時の子供。

梨園では血縁が物を言うが、逆に親父が早く亡くなって後ろ盾が無いと子供は大層な苦労をする。富十郎が亡くなった時には、まだ11歳の小学生。富十郎もこの世を去る時はさぞや心を残しただろう。しかし播磨屋が後見役になっているとのこと。七回忌追善で歌舞伎座の舞台に上がれて幸せな話。

「天王寺屋」という大向うは、普段あまり聞かないので珍しい気がするけれども、親父が亡くなって残された若者を応援する自然な気持ちは誰だって持っている。随分と大向うも賑やかにかかっており観客の拍手も盛大。荒波だが、頑張れよと観客は誰も分かっている。追善には良かった。舞踊も若々しく達者な印象。ただ、こう言ってはなんだが、華はあんまり無いのかなあ。

もっともこの舞踊は上下に分かれており、後半は玉三郎の「傾城」。まあ、好意的に考えれば鷹之資だけでは持ち切れないので、助っ人に強力な玉三郎を置いたとも言えるが、やはり玉三郎の存在感は素晴らしく、後から出て全てを浚って持って行くのだった(笑)

「傾城」の玉三郎は実に美しい。傾城と呼ばれる最上級の花魁は背高が条件で、当時でも五尺五寸、165センチあったとイアホンガイドで。江戸時代では、今で云うスーパーモデル級。高い履物もあるから花魁道中に出くわした慣れない人は口をポカーンと開けて魂消ただろう。まさに「籠釣瓶花街酔」の世界。

20分の幕間の後、切りの「松浦の太鼓」は染五郎。来年は幸四郎襲名であるから染五郎は今年限り。ラストスパートか最近は、実に出演演目も多く、まさに獅子奮迅の活躍。シンプルでカタルシスのある良い狂言。これも前に吉右衛門で観た。

ただ、染五郎は達者できちんと成立しているのだが、やはり若い俳優でやると松浦の殿様が若干「バカ殿」に見える。爺さまが演じると「なんで討ち入りしないんだ」という焦れた憤激が、赤穂浪士贔屓の江戸の雰囲気を伝え、物語に逆に興味深い陰影を与えるのであるが。

しかしどの演目も面白かった。新春初歌舞伎を楽しんだ一夜。