FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
守屋元次官、接待ゴルフ疑惑
防衛省の守屋武昌前事務次官について、東京地検特捜部は収賄容疑で立件する方針を固めた模様との報道。

衆院での証人喚問でも、11年で200回を超えるゴルフ接待やら、旅行接待、ゴルフクラブも貰い、賭けマージャンもやったと、呆れるほどアッサリと接待供応を受けたことを認めていたが、ただ一点、職務権限にからむ収賄の疑惑だけは全否定。確かに、ここを突破されると、守屋元次官も、たちまち塀の向こう側に落ちて行くことになるから、最後の防衛線だ。

そもそも、利害関係者から接待供応を受けるだけで、「国家公務員倫理法・倫理規程」違反だと思っていたが、防衛省の職員は、特別職の国家公務員なのでこの法律の適用外なんだとか。

ただし、同様の「自衛隊員倫理法、倫理規定」というのがあり、自衛隊倫理法でも、利害関係者からの接待供応、遊戯・ゴルフ、旅行全て禁止されている。便宜を図ってなくとも違反であるが、収賄となると刑法犯だから更に罪が重い。

まあ、しかし本末転倒ではあるが、ゴルフ接待で500万とも言われる供応を受けて、しかし便宜は一切図らないなんて人間もとんでもない訳で、なんらかの職務権限にからむ収賄は必ずあったと考えるのが自然だな。

もっとも、いくら防衛省の天皇と呼ばれた男とはいえ、お役人の権限にも、ある意味限界がある。防衛利権の暗闇には、本当はもっと大物が潜んでいるのでは。なんだか、昔の「ロッキード事件」、「ダグラス・グラマン事件」など思い出す。
スポンサーサイト