FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
Honolulu空港にて
ホテルのチェックアウトが11時で、フライトが夕方5時というのは、やはり少々時間が余る。

ホテルのカウンタで荷物を預ければ、飛行機へのチェックインをやってくれ、ボーディングパスも発行してくれるEasy Flyというサービスがあるので、TUMIのラゲージだけチェックイン。ボーディングパスをもらったところで、I-94のフォームをくれと言おうとして、あ、そうか、これはアメリカ国内便だったと思い出した。

時間つぶしに街をブラブラ。同じアメリカ国内だから、別にDuty Freeが使える訳でなし、買い物といっても、本土にある店ばかりだから、特段何か買うものもない。そもそもほとんどの物品を島外から持ってくるため、ハワイは米本土よりも物価が高い気がする。まあ、観光地値段という側面も勿論あるのだが。

アラモアナ・センターにも立ち寄り。ダイエーの中内氏は、この施設の売却には最後まで抵抗したとか。焼け跡世代の彼にとって、外国といえばまずハワイ、その外国での壮観なショッピングセンターのオーナーという立場は、彼のひとつの成功の勲章であったのだろう。今はダイエーの手を離れ、北側にはノードストロームが新たに建築中。なかなか繁盛しており、そのまま持っておいても収益は生んだようにも思えるが、確かにあの借金ではなあ。戦後高度成長期に、餓鬼のごとく拡大と成長を求め続けた中内の夢の残滓は、もうここには残っていないのだ。

去年の9月に来た時は、「京都王将」の店が準備中だったのだが、いざ完成した店は、日本料理ビュッフェ・スタイルの結構高級感ある店。カウンタでラーメンとチャーハン頼める中華の店ではないのにはビックリ。

ブラブラしたが、買い物するでもなし、適当なところでタクシーで国際空港まで。まだ搭乗まで2時間ほどある。Red Carpet Clubでビール飲んでネット接続。それでも時間あるので、今度は赤ワインに切り替え。お酒飲んで搭乗して、ずっと眠って行こうとの計画。

今日のHonoluluも晴天。本土の天気予報は、摂氏2度の雪模様。考えてみると、今着てるシャツは半袖だ。長袖はチェックインしたバッグに入れてしまった。うかつだったなあ。睡眠時間調整に、わざわざ持ってきたメラトニンもよく考えると預けたバッグの中。何を考えていたのやら。

本土では、入国審査がないからドメスティックのゲートに到着してすぐに出れるはずだが、駐車場に停めた車はずいぶん冷えているだろう。まして到着は早朝だし。まあ、雪が降らないことを祈りたい。

しかし、終わってみればつかの間の休暇。RCCの窓から見えるダイヤモンドヘッドはもうずいぶん遠くに感じる。マハロ!
スポンサーサイト