FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
硫化水素による自殺
硫化水素による自殺が急増して、ずいぶんと話題になっている。有名なトイレ洗浄剤と、ある入浴剤を混ぜると劇毒物の硫化水素が発生し、自殺できるという情報が、ネット経由でこの1月あたりから広く有名になったことが原因とか。

試みに、「硫化水素」+「有名なトイレ洗浄剤の名前」で検索すると、自殺関連のサイトが次々ヒットするし、組み合わせる入浴剤の名前もすぐに分かる。私自身は聞いたことがない名前だが、成分に硫黄が入っており、皮膚病などに効能あると昔から販売されている商品らしい。確かに、このトイレ洗浄剤の使用上の注意には、他の薬物と絶対に混ぜるなという厳格な注意書きが書かれてたような記憶あり。

一部の県警は、自殺を助長するとして、プロバイダに、当該情報が書かれている関連ページの削除を要請したと聞いた。ヒットするページで、ところどころプロバイダによりアクセス制限がかかってるのは、それが原因か。もっとも無法地帯「2ちゃんねる」が言うこと聞く訳ないから、ほとんど実効性のない要望か。

しかし、この情報を知らしめなければ自殺が減るという短絡な判断で、情報の検閲に近いことを行うというのは、やはり本当の解決にはならない気がする。この知識によらずとも、自殺の方法は数多く知られているのだし。

では、自殺を減らすにはどうすればよいかと問われても、もちろん名案など浮かぶわけはない。昔、高校の同級生が自殺した時に感じた、「死とはいともたやすく人にとりつくものだ」という苦い驚きと哀しみは、今でもただ胸の深い底に沈殿している。

スポンサーサイト