FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
飛行機はムヤミに安全?
先週のシカゴ訪問をもって、本年の出張は全て終了。緊急案件でも飛び込んでこない限り、今年中に飛行機に乗るのは、一時帰国で成田に向う今月後半のフライトだけ。1年ぶりの日本。いやはや、もう今年も終りだなあ。

前も書いたのだが、今年のユナイテッド航空のEQM(ステイタス決定に使用されるマイル数で、カードでのマイルなどは加算されない)は、104,852マイル。UAを使い始めてもう10年以上だが、今年初めて10万マイルを超えた。

ダブルマイル・キャンペーン・ボーナスなども含まれているので、実際の飛行距離は7万5千マイルくらい。キロにすると、およそ12万キロ。地球をちょうど3周に当たる。考えてみると、ずいぶん乗った。今年は日本に出張する機会がなく、このマイルは、ハワイ2回、オーストラリア1回を除けば、すべてアメリカ国内の出張によるもの。アメリカも、むやみに広いのですな(笑)

飛行機の平均時速を400マイルとして換算すると、今年、飛行機の中で過ごした時間が187時間。あまり長く乗ると事故に遭いやすいようにも思うが、10万飛行時間当たりの死亡事故発生確率は0.07回だという。換算すると143万時間に1回ということであるから、私の年間搭乗時間でいうと、7647年に1回死亡事故にあたるということになる。

う~む。以前にも同様の計算をしたことがあるのだが、統計を信じるなら、飛行機というのは、ムヤミに安全なんだなあ。なんだか、ちょっと信じられない気がするが、ひょっとして、私も、計算を間違えてるのだろうか(笑)

スポンサーサイト