FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
本日は写真日記など
一時帰国寿司日記等、書くネタはたくさんあるのだが、本日は、デジカメから、年末の2日間だけ宿泊した「コンラッド東京」の画像を。

日本到着時からずっと第一ホテル東京に宿泊していたのだが、昨年最後の2日だけ予約が取れなかった。他を探した際、ヒルトンのポイント使用して、タダで宿泊できるため予約。ヒルトンの高級ブランドで、宿泊料金はずいぶん高い。閑散期は若干安いが、年末のレートは6万円を超えるようだ。出張でも自腹でも、こんな値段のホテルは泊まったことがないし、ポイントが使えなければ、お金払ってまではまず利用しなかっただろう。

conrad01.jpg

宿泊したのは35階の高層なのだが、天井も高く、内装も重厚。三井ガーデンホテル銀座プレミアをフルサービスホテルにして、内装を更にグレードアップしたような印象。前日まで滞在した第一ホテル東京も悪くなかったが、更に高級感あり。ルームサービスやハウスキーピングの要員がやたら廊下を歩いており、ずいぶん人をかけたオペレーションやってるのだなと感心。まあ、レート高いから、当たり前といえば当たり前なのだろうが、しかし、この値段で、誰が普通に泊まってるのだろう。

conrad02.jpg

「バカと煙は高いところに上る」というけれども、やはり高層階は景観がよい。窓辺のソファーは、寝椅子代わりにも使える。読書灯もあるので、ここで寝転んで読書すると、昼夜とも、なかなか気分がよろしい。

conrad03.jpg

浴室は、いわゆるビューバス方式。浴室と客室の間に電動のブラインド設置。客室のブラインド、カーテンもすべてベッド脇のスイッチで動くようになっている。

conrad04.jpg

浴室内部から外を眺める。お台場方面、レインボーブリッジに面した部屋。シャワーブースも設置され、アメニティ類も充実。ブラインドを開けてると、浴槽からTVを見て長風呂したりもできるようになっている。

conrad05.jpg

冷蔵庫やウィスキーの備えもなかなか充実。夕食に出て部屋に戻ってみると、ベッドサイドにはアイスペールが置いてあり、部屋でもう一杯やりたくなるという、なかなか心憎いサービス。もっともすでに結構飲んでおり、ミニバーは利用しなかったのだが。

conrad06.jpg

羽田に出発する直前、清々しい2009年、新年の朝焼け。世の中の景気も清々しくならないかね(笑)

実に立派でよいホテルではあるのだが、汐留というロケーションは、やはり若干不便に感じる。レートもずいぶん高く、ポイント使った宿泊でもなければ、自腹ではちょっと利用しないかなあ。仕事の出張で使うには、あまりにも高い。

そうそう、余談ながら、汐留からJR新橋駅に向って地下を歩いてる際、なんだか見覚えのある男が歩いてると思ったら、東国原宮崎県知事であった。秘書役みたいなのが付いてたが、ひょっとしてTV局に行く途中だったのだろうか。
スポンサーサイト