97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
タイガー・ウッズの復活
日曜夕方、アパートメントのフィットネス・ルームのトレッド・ミルで軽いジョギング。トレッド・ミル付属の液晶TVをつけると、全米プロゴルフ・ツアー、「アーノルド・パーマー・インビテーショナル」の中継中。13番ホールで、首位のオヘアを、タイガー・ウッズが1打差で追う展開。

ウッズはこの最終日、猛チャージで首位に迫ってきており、あと1打で並ぶところ。走りながらずっと観戦。ただ、発見したのは、ゴルフの中継は、ジョギングのリズムには合わないなあということ。

アメリカン・フットボールや、バスケットボールなどは、走りながら見ていても、なかなか面白いのだが、ゴルフのプレイは、一打打ったら歩いて行き、しばらくたってまた一打という具合で、どうにも間延びして、運動しながら見るにはあまり適していない。ソファで観戦するにはよいのだが。

フィットネスルームには、壁掛け型の大型液晶TVもあるのだが、床に座り込んで運動もせずに、ずっとそのTVでゴルフの中継を見ている男性あり。おそらく、部屋でのチャンネル争いに敗れ、ここまで来て見ているのではないか(笑)

30分ばかり運動した後、部屋に戻ってビール飲みながら続きを観戦。ウッズは、後半、長いパットがうまく決まってたが、並んでいたオヘアを突き放して勝利を決めた、最終ホールのロング・パットは、実に鮮やか。

昨年6月の全米オープン、延長戦による死闘で古傷の膝を痛め手術。今年の復活後も精彩無く、限界説も囁かれていたのだが、実に見事な復活。

やはり、アメリカのプロ・ゴルフは、タイガー・ウッズが出てこないと面白くない。マスターズでの活躍も期待したいなあ。


スポンサーサイト