97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
あっという間にPhase 5に
WHOが、豚インフルエンザへの警戒レベルをフェーズ4に引き上げたのは米国時間の今週月曜だったが、本日、水曜、さらにフェーズ5に引き上げ。6が「地域を超えた大流行が発生している」という最終的なパンデミック認定だから、その一歩手前となるレベル。

今のところ、アメリカでも感染者の増加は収束する気配なし。Centers for Disease Control and Prevention(米国疾病予防局)のページで確認すると、アメリカ全土での感染例は91例で10州に渡っている。今週になってから連日増え続けているから、これからまだまだ増加するだろう。

California州での豚インフルエンザ感染認定は14例。13例はメキシコに近いサンディエゴ近郊。しかし、サクラメントで1例発生しており、すでに北Californiaにも飛び火しているのが不気味なところ。

あれよあれよという間に悪いニュースばかり続くが、比較的よいニュースというと、今回の豚インフルエンザは、意外に毒性が低い、普通のインフルエンザではないかとの観測が出ていること。もちろん未確認だが。

確かにメキシコでは多数死亡者が出ているが、アメリカではまだ死亡例が1例だけ。そのテキサスの死亡例にしても、メキシコから米国訪問中のメキシコ人幼児と伝えられるから、おそらくメキシコで感染している。

メキシコだけ突出して死亡例が多い理由は依然として謎だが、インフルエンザ・ウイルスは伝播の過程で次々に変異を起して行く。感染の過程で、毒性の低いウイルスに変異しているというのなら、それはそれで歓迎すべき話なのだが。
スポンサーサイト