FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
ライブドアが680億円の配当
赤字のライブドア、配当に680億円という報道。まだ事業やってたのかという感もあるが、ニッポン放送株の売却や子会社を次々売却して、1,000億円以上のキャッシュがあるのだという。

今回の配当は、純資産のおよそ半分を配当として株主に払い戻すもの。上場廃止時に売り抜けることができず、そのまま持ってる株主にとっては朗報ではないか。投資ファンドからも、早く配当よこせと強い要求があったのだろう。

しかし、有り余るキャッシュ持ってるのに、ずっと業績は赤字だとか。多発する訴訟問題の火消しが忙しくて、新規事業など立ち上げる余裕もないのかもしれない。

いや、手元に潤沢な資金さえあれば、赤字が継続しても当面倒産する可能性はない。現経営陣としては、ずっと居座って高額の報酬貰いながら、会社が倒れるまで会社を食い物にすればよい訳で、考えてみると気楽なポジションかもしれない。上場も廃止されてるから、うるさい規則もない。もっとも、08年度の当期損失は576億円。何年も同じ赤字を垂れ流すほどには、時間は残されていないかもしれないのだが。

株主総会での説明では、17%持ってる元創立者で大株主のホリエモンには、配当を払わないという。

しかし、種類株式を発行してる訳ではないだろうし、特定の株主だけに配当を払わないということが、会社法上可能だろうか。支払を求めて訴訟沙汰になったら、ライブドアが負ける気がするが。

なんだかんだで、結局のところ、ホリエモンにも117億円支払うことになるのでは。ご本尊は、ますます焼け太りである。投資ファンドは自分が貰えるものだけ貰ったら、ホリエモンに払おうがどうしようが別段文句はつけないような気が。

まあ、しかし、もはや誰も期待してない会社であるから、早期に会社清算したらよいと思うのだが。

スポンサーサイト