FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
セグウェイを見た
昨日が暑かったからか、本日は朝から気温が高い。ランニングのため外に出たのが、9時半頃。すでに気温は80度を突破。やはり、もっと早目に出るべきだった。しかも、どんどん気温が高くなり、4マイルの最後のほうは、もうバテバテ。やはり気温が100度F近くなると外で運動するのは厳しい。

困るのはこの辺りに木陰を走れる場所が無いこと。考えてみると、森の中を走れたシカゴ郊外は実に便利な環境であった。

アパートメントに戻り、廊下を歩いてると、曲がり角の向こうから、なにやらモーター音が近づいてくる。何だろうと思ってると、廊下の角を曲がって現れたのは、Segwayに乗った女性であった。このモーター式自走機は、アメリカではダウンタウンの警官や、ショッピングセンタの警備員など、乗ってるのをよく見かける。こんな乗り物。

segway2.jpg

そういえば、シカゴのダウンタウンやホノルルでは、観光客向けにレンタルもやってた。

しかし、個人で自家用のセグウェイに乗ってるのを見るのは初めて。乗ってる若い女性はずいぶん太っている。道を譲ると、「ありがと」と手を振って、プイーンというモータ音と共に出口のほうに向かっていった。確かにあれに乗ると、もう歩くのは嫌になるだろうなあ。大きなお世話だろうが、ますます運動不足になるのではと心配である。

昔は2万ドルとかしたらしいが、最近は5千ドルくらいで販売されているようだ。まあ、しかし、歩いて行く場所なら使えるが、車で行く場所を、最高時速20キロのセグウェイで移動するのは結構時間がかかる。彼女も、いったいこの辺りでどこに行くのに使ってるかが不思議なところ。

車社会のアメリカ、しかも郊外では、使用場所が限られるが、逆に東京の都心の移動なんかには便利ではないか。しかし、米国での発売当初、日本では運輸省が、ナンバー・プレートが必要だとか、車検が必要だとかウルサイ事を言い出したのを覚えている。最近はどうなったのだろうか。

まあ、お役人は規則作って守らせる事によって自分達の食い扶持の仕事をセッセと作っているわけで、相変わらず規制は厳しいのではないか。基本的に歩道を走るので、原付バイクよりも安全な気もするのだがなあ。

まあ、しかし、どこに行くにもこれに乗って行ったら、たちまち運動不足になるような気も。


スポンサーサイト