FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
TV史上もっとも多くが見た番組
日曜のスーパーボウルはビール飲みながらTV観戦。Time of Possessionも拮抗してるし、総ヤードではコルツのほうが上回ってるのだが、ここ一番で攻め切れなかった印象。後は、セインツがファンブルやインターセプトなどのターンオーバー無しで最後まで切り抜けたのに、コルツのQBペイトン・マニングが終盤にパスをインターセプトされたのが大きかった。これで最後に以外な大差が。しかし、なかなか面白いゲームだった。

ハーフタイム・ショーの「The Who」は、実に懐かしい顔。ヴォーカルのロジャー・ダルトリーが65歳。ギターのピート・タウンゼントが64歳。いやしかし、まだ健在とは(笑)。 ちゃんと声も出るし、ギターも弾いている。

タウンゼントは、昔はもっと細面の馬面だったのだが、歳取って、だいぶ顔が太ったのか、あんまりそんな印象なかったような。 腕をグルグル回してギター弾くパフォーマンスは健在。しかし、還暦過ぎたロッカーを見るたびに思うけれど、白人というのはパワーあって元気ですな。

Super Bowl is most watched TV show everという記事によると、今回のスーパーボウル中継は、アメリカで1億6百万人が見た計算で、これはアメリカのTV史上、最も多くが見た番組の記録を更新したのだという。長らくTVドラマ「MASH」が王座を守ってきたのだが、王座交代。

要因のひとつには、もちろんアメリカの人口が増え続けていることもあるだろう。ハリケーン、カトリーナから復興をとげたニューオーリンズの代表と、2つ目のスーパーボウル・リングを目指すスターQBの戦いという構図もなかなか興味深かった。しかし、それでも、この試合が史上一位になるとは思わなかったなあ。

しかし、試合を決めたインターセプトまでは拮抗したよい試合。ペイトン・マニングは、試合終了後、勝利したセインツのQBを祝福せず、そのままスタジアムを去ったということで話題になったが、まあ、よほどフラストレーションがたまってたのだろう。

スーパーボウルではいつも金かけたCMが話題になるのだが、今年は、Kick Off Showの段階から、HYUNDAIが大々的なCMを展開。同じ自動車業界でも、GMやクライスラーはCM流れてなかったような。まあ、再建中ということもあり、目立つところのCMは自粛したのかも。通常シーズンのプロスポーツの試合では、結構CMは流れてるのだが。日本勢ではホンダのCMが目に止まった程度か。

大半のCMは、例年同じで、ビールやソーダ。今年はペプシがCM中止したのだという。スナック菓子のDritosはずいぶん流してたな。TVCMの効果はもう無いという意見もよく目にするが、例年スーパーボウルの広告は大きな話題を集める。

アメリカ人の半分は、田舎の小さな町に住んで、トラクター乗って、毎週教会に行くような人々。ワイオミングやネブラスカやサウスダコタなんかでは、i-PhoneやTwitterどころか、インターネットすら使ってない人が多いんじゃないだろうか。そうすると、今でも世界と繋がる窓はラジオやTVということになる。TVの前に座ってスーパーボウル見てるそんな層は、ビールのCMが流れれば、冷蔵庫に取りに行くし、DritosのCMが流れれば、袋を開けるだろう。相変わらず、TVのCMというのは、アメリカのそんな層には、それなりに有効なんではと考えたり。

スポンサーサイト