FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
英語版Windows7搭載機を購入
もう5年も使ったソニーのノートブックが壊れかけている。アメリカでPC購入を検討していたのだが、このたび、英語版Windows7 Plemium Home edition搭載のVAIO-SRを購入。

以前からVAIOのバッテリーにはひどい目に遭っており、ソニーのことはこのサイトでもボロカス書いたのだが、また性懲りも無く、同じVAIOを選択してしまった。わはは。

まあ、バッテリーさえ目をつぶれば、扱いも慣れてるし、デザインもなかなかよいのだよなあ。当面の繋ぎであって、今度の買い替え時期には日本にいるだろうから、Mac乗り換えは、日本でじっくり考えようという方針。

最初の立上げで、Locationを間違えて選択したため、ケーブルモデルからネット接続できないという問題が発生したが、もう一度クリーンインストールして解決。

英語版Windows7でも、IEで日本語のページはそのまま読めるし、標準でIMEが搭載してあり、コントロール・パネルからキーボードの設定を変更すると、日本語の入力ができるようになる。メニューやシステムメッセージは全部英語のままだが、特段困ることもない。

しかし、インポートしたIEのブックマークの日本語は、すべて文字化け。日本語のソフトをインストールすると、ここから吐き出されるテキストボックスは全部文字化け。このあたりは、Microsoftも、Windows3.1の頃から、あんまり進歩してない気がするなあ。 日本語入力のIMEは、画面が変わる都度すぐに英語に戻ってしまい、使いづらいことおびただしい。やはり日本語版というのは、使い勝手高めるために、細かい調整を施してあるのかもしれない。

しかし、アメリカで購入したipodは、アメリカ版のiTUNEに接続して使ってるのに、日本のCD読み込ませたからか、使ってるうちに自然と表示が日本語になり(これも不思議な話だが)、一切文字化け問題が無いのとは大違い。まあ、このPCも、設定を触れば使い勝手改善するのかもしれないが、ボチボチといじってゆこう。

しかし、CPUの速度が倍、DRAMが6倍、HDDが10倍と飛躍的にスペックがあがって、値段は5年前の半分。スクリーンが13.3インチと、若干大きいのが気に入らないが、まだ中身もスカスカ故、スイスイと動いて起動も早い。やはり新しいPCはよいなあ。

スポンサーサイト