FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
Gmailへの集約とiTUNESデータの移行
Windows7というOSについては、VISTAより改善されているという以外、まったく事前知識なかったので知らなかったが、メールソフトがついていない。

使いたいなら、Windows Live Mailというのを無料でダウンロードして使ってくださいというのがMicrosoftの方針なんだとか。今まではやたらに余計なものを最初からあれこれ同梱してきた印象だが、どういう心境の変化かね(笑)。

ソフトも含めてメールをどうするか検討。私がメインに使ってるDTIのアドレスは、もう10年以上前から変えていないのだが、スパムメールが毎日大量に届いている。現在のOutlook Expressにメールを落とす際は、Norton Internet Securityが、ほとんどのスパムを別ホルダーに振り分けてくれるので、あまり影響は無いのだが、やはり無駄である。

考えていたところ、Gmailにメールを集約する方法を教えていただく。Gmailには強力なスパム判別機能があり、スパムはほとんど別ホルダに分類してくれるらしい。自分のPCにわざわざ要らないスパムを落としてから削除せずとも、ネットの「向こう側」で分類してもらい、スパムは「向こう側」に残置して、普通のメールだけ読めば良いわけだ。なるほど、Google偉いぞ(笑)。

DTIにも、メールの転送サービスがあるので、以前からもってたGmailのアカウントに全て転送する設定に。半日経ってみると、面白いほどスパム・ホルダーに叩き込まれている。これで、DTIのアドレスを生かしたまま、スパムを自分のPCに一切取り込まずにメールが読める訳である。昔からのアドレスを変える必要もない。教えてもらうまで気づかなかったが、快適だなあ(笑)

メールについては、旧PCに残ったOutlook Expressの過去メールをどうするかが、残った検討課題。どうも、Windows Live Mailを導入するのが、旧PCからエクスポートした過去メールを持って来る最善の方法のようなのだが、しかし、それもなあ。

iTUNESについては、My Musicのフォルダ下にあるファイル全てをいったん外付けHDDに落とし、新PCにコピー。そしてiTUNESをアップルのサイトから新PCにダウンロードしてインストール。立ち上げると、全楽曲、ポッドキャスト、映画が全て旧PCと同じ状態で、一瞬のうちに復活する。この簡易さは素晴らしい。Windowsに間借りしてるようなソフトでこの万全の気配り。Macだったら、さらにどれだけ快適だろうか。いやはや、アップルは偉大だ(笑)

そして、iTUNESのパスワード入れろという画面が立ち上がり、「認証は最大5台までですよ」とメッセージが出る。やはり有償の曲があるから、無制限にコピーできないようチェックがかかっているのだ。しかし、それにしても、この移管は実にスムースで、感心した。Microsoftも、こんなところを、もうちょっと真似したほうがよいと思うなあ。



スポンサーサイト