FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
スノーボーダーの品格
本日がバンクーバ冬季五輪の開会式だというのをすっかり忘れていた。開会式は夜7時半からNBC系でTV中継。今度の月曜はPresidents' Dayの祝日で、アメリカは3連休。この週末は、TV中継でウィンター・オリンピックを堪能しよう。

日本のメディアでは、スノボ国母「腰パン」で注意という記事。この後、記者会見でも「反省してま~す」と発言、開会式も出席できない事態に。まあ、身から出たサビではあるが、スノーボードの代表というのは、だいたいあんな連中じゃなかったっけ。頭パーでもスノボが巧ければ代表になるわけで。

昔モーグルで、里谷多英がメダル獲った時のTV解説も、ヘンなアンちゃんで、「やった~、多英~!すっげ~! すっげ~!」と叫んだし、里谷そのものもお行儀のよいほうではない。まあ、あのあたりの競技は、だいたいそんな人達がやってる訳で、いちいち目くじらたてるのもどうか。外国選手だって皆同じようなもんだろう。

この服装問題では、なんでも電話でスキー連盟やオリンピック委員会に抗議した人達がいるらしい。昔から新聞に投書なんかする奴は、ヒマな正義漢と相場が決まっている。もちろん、建前の正論にはそれなりの意味もあって、この世から無くなるとまた困る。しかし、最近の日本は、メディアも含めて、一億総「小姑化」してるのではないか。一挙手一投足にケチをつけ、叩けるものは何でもしつこく叩く。

相撲を引退した、モンゴル大草原生まれのドルゴルスレン・ダグワドルジを、ハワイでゴルフ行ってる、クラブで酒飲んでる、功労金が多すぎると、いまだに追い掛け回してるメディアを見ても、つくづくそう思うのであった。

まあしかし、せっかくだから、スキー連盟も、大相撲と同じように、やくみつるや内館牧子を顧問にして、スノーボーダーの品格向上でも図ったらよいかもしれないな。競技の発展には、何ひとつ役立たないのは確実なのだが。

スポンサーサイト