FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「水木しげる 超1000ページ」
「ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘」を読んだ時、帯に広告の載っていた、「水木しげる 超1000ページ(上)」を日本に発注。赤塚不二夫や手塚治虫も、同じく「超1000ページ」シリーズが出ている。過去の広範囲の作品から短編を抜粋したもの。

「ゲゲゲの娘~」では水木しげるの娘が、父親の漫画は「だいたい最後は棺桶が出てくるような話になる」と語っていた。この作品集は、マイナーな小編も多数収載されており、水木しげる作品の、実に一風変わった不気味さを堪能できる。飄々とした筆致ながらも、この基調に流れているのは、「死」あるいは「異界」のイメージ。

昔、「墓場の鬼太郎」も読んだことがあるのだが、原作を読むとTVのアニメになった「ゲゲゲの鬼太郎」は、水木作品の香りを残しつつも、ずいぶんと万人向けにモディファイされてたんだなと感じる。この作品集では、より一層深い、水木ワールドの香りが味わえて、それがなかなか面白いのであった。

スポンサーサイト