FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
コンチネンタル航空での出張雑感
今回の出張は、Continental航空のフライトを利用。Unitedは中南米路線があまり飛んでないから、どうしてもコードシェアのCO便を使うことになる。

SFOの国内線ターミナルは半円状をしてるのだが、Continental航空のターミナルはUnitedのターミナルのちょうど反対側。こちらのターミナルを使うのは初めて。駐車場の位置やAir Trainの駅の配置などが、いつも使ってるUnitedのターミナルとちょうど鏡面対象のように反対。最初は方向がどちらか分からずに迷うところであった。

Continentalのラウンジ、President's Clubは、初めて使ったが、バーでジン・トニックを注文して金を払おうとするとComplimentaryだというのでビックリ。なんでも、一部のプレミアム銘柄を除いてはタダなのだとか。

ジンでは、ビーフイーターならタダ、ボンベイ・サファイアは6ドル。ワインも普通のはタダ、ただしStag's LeapのLeapのカベルネは12ドルなどと細かく値段が違う。UAの場合は何頼んでも6ドルだが、高いワインは置いてない。同じStar Allianceメンバーでもずいぶん違うもんだよなあ。

smx003.jpg

試しにStag's Leapをお金出して頼んでみたが、芳醇な香りが素晴らしい。グラスもタダのものより上等。UAは6ドル払ってプラスチックのグラス(笑)

また、IAH-SFOの機内では、エコノミー席でもサラダとパンの軽食が出る。Unitedのエコノミー座席では、お金出して買わないと食物は一切無し。ドリンク・サービスの頻度もContinentalのほうが多い印象。全般的にサービスはContinentalのほうが優れてる気がするなあ。というより、United Airlineのほうが優れている点がサッパリ思い浮かばないというか(笑)。ただ、Continentalは、基本的に私が用事のある所にはほとんど飛んでないのだが。

UnitedとContinentalは今回合併を発表したが、このようなサービスの格差はどちらに揃えるのだろうか。まあUA流に合わせると、Continentalの顧客には改悪ということになって、さぞや文句が出るのでは。

ただ、Unitedでは1Kのステイタスが効いて、エコノミー・プラス座席がアサインされるしアップグレイドもできるのだが、Continental便ではUAのステイタスが効かず、座席はエコノミーのずいぶん後ろのほうなのが難点であった。

ヒューストン行きは3人がけの真ん中というひどい席であったが、隣に来た中国人の女性が、母親を横に座らせたいので席を替わってくれないかという。見るとずいぶん高齢の老婆でもあり交代することに。交代したのは更に後ろだが窓際だったので逆に楽でよかった。

メキシコに空路で入国するのは2度目だが、到着してバゲージ・クレームでピックアップした荷物を、また更に搭乗の際のようなX線の機械に通す。出発空港でもやってるのに、なぜまたメキシコ側で入国の際に繰り返すのか、これがちょっと不思議。

X線に荷物を通した後、今度は係員に大きな機械の真ん中についた赤いボタンを押せといわれる。押すと、上の緑パネルが点灯。そのまま行ってよしとなったが、私の一人後のアメリカ人がボタン押すと今度は赤のパネルが点灯。横の机に連れて行かれて荷物を全部開けさせられている。要するにランダムに赤のパネルが点灯する機械らしいのだが、単純な機能の割にはこの機械の箱がやたらデカイ。前回もそうだったが、あれもメキシコの不思議だなあ。

利用したのは、メキシコの田舎空港なのだが、出国の際の係員は、私のパスポートを見て、「コニチハ、チョトマテクダサ~イ」と日本語を話す。この空港に、そんなに日本人の観光客が来てるとも思えないのだが、これまた不思議。

メキシコ出国便では、機内で配られたアメリカ入国書類(I-94)が全てヒスパニック表示。英語が併記されてないので、これがサッパリ分からない。氏名の欄には、「Nombre」と「Apellido」とあるのだが、ハテ、どちらがファーストネームでどちらがラストネームか。「Sexo」というのは性別だな。「Numero De Pasporte」はかろうじてパスポートナンバーだと分かる。「Fecha en que expira el pasporte(DD/MM/YY)」というのは日付のようだが、expiraというのはexpireのことだろうか。だとすると有効期限で、その隣の日付は「発効日」だな。などと持てる推理力の全てを総動員して(笑)欄を埋めることに。

Unitedの機内誌には、I-94の記載要領のページがあるのだが、Continentalには無いので参考になるものがない。今までアメリカ再入国の際に幾度となく書いて来た書類だが、意外にどこに何を書いたか覚えてないものである。

最終的に、どうも場所を示すと思しき欄が2個残ったのだが、どちらに何書くか分からない。ヒューストン空港に到着してからイミグレの前で英文フォームと比較対照すると、現在の住居国とフライトに乗った国であった。いや~、しかし、スペイン語はよく分からん。

スポンサーサイト