FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
ブルーレイ・ディスク・プレイヤー購入
実は、恥ずかしながら、ブルーレイ・ディスク・プレイヤーというのは、従来のDVDは再生できないものだとずっと思っていた。日本にもずいぶん買い集めたDVDソフトがあるので、ブルーレイに移行するのはそれがネックだなあと考えていたのだ。

ところが本日、日本製の家電を扱う日本人向けの店で、リージョン・フリーのブルーレイ・プレイヤーを見ていると、ブルーレイでもDVDでも、どちらのディスクも普通に再生できることを発見。

確かにPCのマルチ・ディスク・ドライブなどでは再生できるフォーマットがたくさんあり、互換性があるのが当たり前といえば当たり前。ブルーレイ・ドライブがDVDを再生できても何の不思議もない。しかし、長年とんでもない勘違いをしてたもんである。

通常の機器にはリージョン・コードのチェックが入っており、米国で買ったソフトは日本では視聴できない。しかし、このリージョン・フリーのブルーレイ・プレイヤーを購入すると、日米どちらのブルーレイでもDVDでも視聴できることに。電源を確認すると100Vから240V対応とのことで、米国だけでなく、日本に持って帰っても使用に問題なし。

現在、アメリカで購入したDVDは、アメリカで購入したプレイヤーで液晶TVに接続。日本のDVDは再生できないので、その際はPCで視聴していた。逆に、日本帰国の際は、プレイヤーも持ち帰らないとこちらで購入した米国DVDが見れない。

どうしようかと考えていたのだが、リージョン・フリーのブルーレイ・プレイヤーを購入すれば、問題は全て解決することが分かり、値段も350ドルなので、そのまま衝動買い。そもそも2年前にアメリカ仕様のDVDプレイヤーを購入する時に、もっと検討しておけばよかったのだが、後悔先に立たず。今使ってるDVDプレイヤーは用無しになったが、まあいずれ処分することにしよう。

帰宅途中で、Wal-Martで安いブルーレイ・ディスクを試しに購入。新作には高いのがあるが、安売りのブルーレイは10ドル程度。以前、ケーブルのオンデマンドで見たのだが、「ノウイング」を安売りしてたので購入。

帰宅してから新しいプレイヤーで、こrを47インチ液晶TVに映してみると、DVDとは格段に画質が向上した印象。航空機事故シーンや、円盤の飛来など、迫力が格段に違う。ソフトが若干高いのが難点だが、今後は、欲しいものがあればブルーレイで揃えることにするか。

しかし、ケーブルTVの通常番組に戻ると、この画質がとんでもなく荒いことに再度気づく。アメリカもだんだんとHD放送に移行しつつあるのだが、普通のケーブルTVの画像は、全然駄目だなあ。

スポンサーサイト