FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
暇な正義漢の正義
最近は、だいぶ普通のCMも増えてきたが、地震直後のTVでは、やたらにACジャパン(旧公共広告機構)のCMばかりが流れていた。これが気に食わない人がいて、TV局やACジャパンに、「流しすぎだ」、「状況にそぐわない」などと苦情が殺到したらしい。

しかし、いつも通りおバカタレントを起用した能天気なCMなど流し続けたら、それはそれでTV局に抗議が殺到したに違いないのだが。金子みすゞの詩を題材にしたCMなんか、子供の日々を思い出して、なかなか印象的だがなあ。同じものが続くとうんさりはするけれども、だいたい抗議する奴もTV見過ぎなんでは(笑)

考えてみると、わざわざTV局に抗議の電話をかけるのは、いったいどんな輩なのだろう。TV局の電話番号調べるのも手間だろうに。そして文句つけるのには、いったいどの部署に回してもらってるのだろう。あるいは電話に出た受付を、いきなり怒鳴りつけてるとか(笑)?

まあ、こんな種類の人間は用意周到であるから、あらかじめ各局の電話番号は調べてあり、電話機の前に張り出してあるのかもしれない。あるいは携帯に登録してるのか。TV見て、気に入らないことがあると即電話。新聞への投書なども好きそうだから、新聞、雑誌各誌の住所もちゃんと事前に調べてるだろうなあ。気に入らないことがあると、葉書を突き破らんばかりの筆圧で抗議の手紙。

仁科明子母娘のCMでも、娘のブログに「出すぎだ」、「状況を考えろ」と抗議が殺到して炎上。まあ、本人の責任でもないし、真面目なCMに出演して怒られては、実に気の毒なお話。そもそも、災害の時などにとても流せないような、バカで下品でラチもない民間企業のCMが多すぎるのが一番の原因だと思うのだが。CM製作者には、どんな状況であっても流せるCMかどうか、完成前に深く胸に手を当てて内省することを勧めたい。もちろん金出すスポンサーにも。

しかし思うに、こんな風にどこにでも抗議ばかりする「暇な正義漢」というのは、唯我独尊で自己愛の強い人間なのではないか。そして、厚顔無恥で自己中心の人間であるから、散々買占めした物資が並ぶ部屋に、金使わずにぬくぬくと引きこもってTV見て、気に食わないことがあるとすぐさま抗議の電話ばかりしてるのでは。

そんな「暇な正義漢」の「正義」にはいつもながら辟易するのだった。

スポンサーサイト