FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「つかさ」と「久」
「つかさ」

今週月曜夜は会社帰りに築地「つかさ」。

早い入りだったが、すでにカウンタには先客あり。先週の台風の日は、もう駄目だと早々と臨時休業したのだとか。まあ確かにあの日は大変だった。

お通しは新イクラ。年々出るのが早くなってるような気もする。

お酒は常温の白鷹。つまみをおまかせで。まずカワハギ。肝を添えポン酢で。ここでカワハギを食するのは珍しい気がする。寿司種ではなく、つまみにしか使ってないとのこと。サバは甘み十分。産地三陸というのが若干気になるが、まあ海のセシウム汚染は福島、茨城以外は大したことないからなあ。白イカは細切りで。ヒラメも旨みあり。イナダはブリの小型だが北海道で揚がっていると。ウニ、アナゴ炙りなどもつまみで。

このあたりでお茶を貰い握りに。カレイ昆布〆、大トロ。コハダは一匹丸付けの大きさに。スミイカも独特の食感がある厚みになってきた。茹で揚げのクルマエビ、ウニ軍艦、マグロ脳天スモーク、アナゴなど。ナメコの味噌汁が出て、最後にはヒモキュウ巻で〆。

「久」

水曜夜は、「新ばし 久」。しみづは先週前半お休みだったのだが、こちらは営業してたとのこと。水曜も一応開けてたのだが、予約はすべてキャンセル。しかし、常連の帰宅難民が食事取りに訪れたりして、ちょっとはお客があったらしい。少人数なら当日でも電話すれば入れる日が多いようだ。この日も予約無しで来店した客あり。使い勝手よいのも結構。

先付けにアナゴ飯蒸し。山椒が効いており実に美味い。「笹田」は鱧でこれをやっており参考にしたとのこと。刺身は、青森のヒラメ、一切れは昆布〆。ここの白身もいるも厳選されており美味い。メジマグロとサワラ焼き霜、どれも上質。

魚料理は太刀魚塩焼き。上品な脂が乗った身をじっくり焼く。お椀は海老しんじょ。シイタケ、焼きナスを添えて。肉料理はベーコン、トリ肉とキノコのホイル焼。このご時世では、ついキノコの産地を確認してしまうが哀しいが、栽培物とのこと。まあ露地物でなければ大丈夫だ。

おきまりが終わった後は、ぎんなんの素揚げをもらう。〆にオムレツ。酸味をつけたトマトソースが結構。ホロ酔い加減で気分良くタクシー帰宅。最近、飲んだらすぐタクシー使ってしまうよなあ。いかん(笑)


スポンサーサイト