FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
天麩羅 なかがわ
なんだか突然に天ぷらが食したくなり、昨日土曜日は、久々に築地「天麩羅 なかがわ」。トンカツとかラーメンもそうだが、(いや、まあ、一緒にするのもなんだが)天ぷらは、急に食したくなる気がするなあ。

5時ぴったりに入ったのだが、すでにカウンタには先客が。散歩がてらブラブラと歩いて行ったので、まず最初にビール中壜。いつも通り、まず最初は海老と海老の頭。中心に軽く生の甘みを残す絶妙な揚げ具合。キスは逆に身の甘みを引き出すようにしっかり目に揚げてある。小麦粉がビスケットのような香ばしい香りで揚がった旨みである。

女将さんのサービスも、いつもながら明るく目配りが効いて、素晴らしいなと思う次第。

串に刺したぎんなん、そして山口産というマツタケは、まさに秋の味覚。スミイカは、もうかなり厚みが出ているが、中心にあの独特な歯ざわりを残す揚げ切り。はぜは身肉に十分熱を通して旨みが一杯。

ここのアナゴは、いつも一匹丸ごと実によく揚げ切ってから、目の前で箸でバスッと二つに切り、切り口から湯気が立ち上るのもご馳走なのだが、やはり実に美味い。

中川氏は一見寡黙な職人に見えるし、確かに無駄口は一切きかないのだが、お客から食材や調理について質問したら、分け隔てせず実に誠実にきちんと細かいところまでも答えている。まだ若い職人だが、自分の仕事に関する静かな自信が表れて、好ましいところ。

ここからは野菜の部。季節によって魚中心の時もあるのだが、この日は野菜も素晴らしかった。アスパラ、なす、さつまいも。そして、中川氏が故郷のつてで引いているシイタケが絶品。市場にはほとんど流通してないというが、肉厚で艶々した素晴らしい旨み。先に食したまったく知り合いではない隣のお客さんが、半分食して次にもう半分を食そうとしてた私に、「これ、凄いですよね!」と思わず話かけてきたほど(笑)。中川氏によると、マツタケの前に出すと、秋の主役マツタケが霞んでしまうので、順番考えて出すらしい。マツタケは香りが値打ちだが、旨みそのものはさほどないからなあ。このシイタケには実に感心した。

最後は、いつも通り大ぶりの小柱が入った掻き揚げの天丼。赤出汁とお新香と共に。白いご飯や天茶も選択できるが、天茶というのは美味いかねえ。それにしても、この最後の食事がまた素晴らしい。ただ、ちょっと食べ過ぎた(笑)。
スポンサーサイト