FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
ノーベル文学賞はダメでしたか。
昨夜は、「新ばし 久」で夕食。タクシーで帰宅する途中、Twitterでノーベル文学賞が中国の作家に決まったことを知った。村上春樹は残念だったなあ。受賞を期待していた人は大勢いただろうに。

まあ、国別の枠は無いと公式には言われているが、科学分野での業績と違い、文学作品に関しては、明確な業績というものの優劣がつきにくい。科学研究は先進国で盛んだが、文学に関しては必ずしも先進国だけで成果があるとは限らない。やはり世界のあちこちの作家をまんべんなく評価しようという事になると、同じ国から何名も出るのは難しいのでは。

日本では、すでに川端康成と大江健三郎が受賞しており、三島由紀夫も安部公房も受賞していない。日本人から文学賞3人目というのは、やはり難しいかもしれない。

まあ大江健三郎は、ノーベル賞は尻尾振って貰いにいったが、文化勲章は拒否した「日本嫌い」であるから、村上春樹は、大江を日本人受賞枠から除いて考えてもらうように運動したらどうか。二人くらいなら、日本から出ても不思議ではない気もするしなあ。

スポンサーサイト