FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
iPS治療虚偽発表事件
iPS細胞で山中教授がノーベル賞という偉業を達成した直後に報道された、日本人医師がアメリカでiPS細胞を臨床医療に使用したというニュース。

アメリカの研究はさすがに進んでるなと、そんな呑気な印象しか抱かなかったが、疑念を抱いた専門家が大勢おり、調べるうちに実はこの発表は虚偽だったということが次第に明らかに。

今朝の情報番組では、どの局も、発表をした森口尚史氏がNYで行ったインタビューを大々的に流してその虚偽発言を叩きに叩いている。
Wikipediaにも、森口尚史で項目が立つという人気者に(笑)

この人は、何年か前からメディアとは接触があったようで、熱心に検索した人によると、研究成果についての記事が何本もメディアに紹介されているのだとか。おそらく昔の報道も、だいぶ「盛って」いるというか、虚偽なのでは。

まあ、最初に報道した読売新聞が、裏取りを怠ったということになるのだろう。報道する際に裏取りするのは報道機関の義務。ただ、本人が意図的に嘘をついている場合、記者の段階で発見するのは容易ではないと思うけれども。同じく本人から接触があって記事にしなかった新聞も、虚偽だという証拠があった訳ではない。どうも怪しいというレベルらしい。

今回の場合はアメリカの会見に本人が出てきて吊るし上げ状態になったので、日本でもアメリカでも医師免許が無いことや、就労ビザを持っていない事などが明らかになったのだが、普通に大学教授が外国との共同研究結果を発表した場合、記者は、医師免許あるのかとか、ビザは、手術した国への入国日は等とチェックしたりはしないよねえ。まあ、一人のホラ吹きのおかげで研究者全体への信頼が揺らいてはいけないと思うが。

なんでこんな事をしたのかは不明だが、研究者として華々しい業績を残せなかった事に、本人が抱いた劣等感というかルサンチマンが、やはりホラに結び付いたのではないかとも思える。

昨年行った最初の手術だけは本当だとまだ言い張ってるらしいが、本人の人格が崩壊しかねない最後の一線なのでは。もしも研究話に金出した出資者がいるなら別だが、ホラだけであれば実害はあまりなく、これ以上叩くのも大人げない。すでに研究者としての生命は絶たれた。あまり追い詰めず、「はいはい」と聞いてお引き取り願うのがよいと思うのだが。

スポンサーサイト