FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
銀座「新富寿し」
先週末日曜の夜は銀座に出て、松坂屋裏「新富寿司」で軽く一杯。

本日は二番手の職人が入口近くに立ち相手をしてくれる。相変わらず、悪く言えば威勢が悪い、よく言えば静かに客を放っておいてくれる接客。まあ、懐具合をあれこれ詮索されたり、ポンポン手を鳴らしながら、さあ、次は何を握りましょうかと押し売りされるのも嫌なもんだから、こんな素っ気ない接客も快適ではある。

日本酒冷酒を貰い、いくつかつまみを切ってもらう。余談ながら、ここの飲み物出しのオペレーションはなかなか面白くて、冷酒の瓶やビールの瓶は職人がカウンタ越しに渡す。しかしグラスは奥から運ばれてくるのだった。まあカウンタ下の冷蔵庫を飲み物にも有効活用してるということなんだろうけど。

最初に切ってもらったのはヒラメ。若干小型だが質は悪くない。サバは〆た酢に若干砂糖が入ってる感あり甘味が強い。ここの光り物は皆そうだが、まあ昔風の仕事ということなんだな。酢飯には砂糖を使っておらずサッパリとしているが、光り物は酢締めの仕事のせいか若干酢飯の味が甘く感じる。

ヒラメの縁側がサービスで出て来た。ブリもつまみで。北海道余市の天然ものだとか。これもこれからだんだん大きくなる。アワビ塩蒸しも貰って。

握りはお好みで一貫ずつ。ここの握りはかなり小ぶりで、一貫ずつ頼んでも嫌な顔をしないのであまり腹が減ってない時など便利。

まずタイ昆布〆とスミイカ。コハダとイワシ。アナゴに最後はカンピョウ巻。このカンピョウ巻きも甘辛の味が濃い。まあ、昔風の味なんだなあ。お盆と正月以外は無休でやっており、お昼から通しの営業。銀座でフラッと入るにはなかなか便利な店だ。


スポンサーサイト