97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
築地「鮨 つかさ」訪問
火曜日は「新ばし しみづ」に電話したのだが満席。結局のところネギ味噌ラーメン食べて帰るという、いったい元々は何が食いたかったのかという話だが、翌日はさてどうするか。連日同じ店に電話するのは、なんとなく気が進まないので、本願寺裏「鮨 つかさ」に。こちらはカウンタ空いてるというので早速入店。

お酒は白鷹常温を。まだ他のお客さんがいないので、高橋親方と、食品偽造のことやら、昨今景気のやら、寿司屋の代替わりのことやら、あれこれ雑談しながら。10月は台風が何度も来て商売にも影響あった由。もっとも台風前後でも来る人は来ると(笑)

お通しは数の子。珍しいでしょうと。確かにここでは初めて食べた。いつも通りおまかせでつまみから。サバは肉厚で旨味あり。ヒラメも上質の脂。赤貝ヒモは香りがよい。

白イカは細く切って。アナゴは軽く炙って塩で食する。大型ではないが、上品な旨味のあるアナゴだ。白子ポン酢が出ると、もう冬も近いなと感じる。

この辺りでお茶貰って握りに。まずマグロは大間産の大トロ。しっとりして脂も旨味も乗っている。昆布〆のキス。「しみづ」ほど強くは〆ていないが、ここのスッキリした軽めの酢飯によく合っている。スミイカも一貫。平貝の握りは久々に食したな。

茹で揚げの車海老。「これはバナメイ海老?」「いいえ、もちろん車海老です(笑)」とお約束の冗談を。勿論寿司種に使う場合は、ブラックタイガーと車海老は見ただけで分かるよなあ。茹でたての殻を剥く店も多いのだし。分からないのは中華系か(笑)

アジ、コハダと光り物を。ナメコの味噌汁が出る。イクラ軍艦は、くどさがなくサラッと酢飯に溶ける。マグロ脳天スモークは濃厚な美味さ。ネギを噛ませて。穴子が一貫の後は、いつものマグロ筋間の身で巻いた鉄火。ここの酢飯と海苔には、マグロが実によく合うのだった。

スポンサーサイト