97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」お弟子さんの独立
火曜の夜は「新橋鶴八」。当日夕方電話すると7時半までならとのことだったが、そんな長居はしないので十分余裕だ。

19年修行して、鶴八系弟子修行最長不倒記録を更新中の、眼鏡のお弟子さんが独立する話は「しみづ」でもこの店でも聞いていたが、いよいよ来月に店が開くのだとか。他に来ていたカウンタの一人客二組はまったく初耳だったようだから、まだあんまり知れ渡ってないのかな。ということでせっかくだから宣伝しておこう。

独立して奥さんと一緒に店をやるのだが、同じニュー新橋ビル、同じフロアの2軒隣。「新橋鶴八」の分店という形で店を出すという驚愕のロケーション。マッサージ店を挟んで隣にバーが廃業したので、そこを改装中だという。

石丸親方は親方で、今までは仕入も任せていたが、来月からは始発で店に出て、自分自身で再び若い方の弟子を連れて市場に仕入れに行き、あれこれ教えるんだと意気軒高で張り切っている。

河岸の店は、フラっと言っても良い物は奥にあって表には並んでいない。それを出させるためいは、やはり最初は自分が連れて行って顔つなぎをしてやらないとダメなんだとか。「しみづ」も最初の5年くらいは自分で連れていって教えましたよと、なんだか懐かしそうに。また朝早くから仕込みするのは大変だと思うが、偉いもんですな。

お弟子さんに寿司の仕事は変えるのかと聞くと、勝手に変えると横から飛んできて叱られますよと。

分店の名前については、ビルの名前にちなんで「ニュー新橋鶴八」にしろと名案を出してけしかけていたのだが、どうもそれは不採用のようだ。新しくて古く感じるよい名前なんだが残念だなあw 石丸親方は、「鶴八」と言う名前は、目出度い字に末広がりで実によい名前なんですと。確かにそうだ。

お通しはスミイカゲソ。新イカのゲソは爽やかな甘味。

つまみはまず白身。肉厚のマコカレイ。アワビ塩蒸し、肉厚のアジ、漬け込みのハマグリともらった。握りはいつも通り、中トロ、コハダ2枚づけ、アナゴ、カンピョウ巻。どれも結構。新しい店の話で親方と雑談が盛り上がって面白かった。お弟子さんの店が来月開いたら、早速行ってみないと。これ以上巡回先が増えると、もうちょっと回りきれないのだけれども(笑)



スポンサーサイト