97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」で本年の寿司納め
昨夜は年末恒例、寿司納めに「新ばし しみづ」。5時半の開店に入店したがカウンタは満席。商売繁盛だねえ。

席について常温のお酒を頼むと、清水親方が「今日、河岸で「つかさ」さんに会いましたよ」と。高橋親方は、大病で入院しており店を閉めたが、病気が治ったら再起すると語っていた由。

清水親方によると人相も変わり、急に老け込んだ印象だったと。11月初旬に店を訪問した際には、そこまでの印象無かったのだけれど。しかし本人が再起すると言っているのなら、私はそれを信じよう。店の住所宛に手紙出しておいたのだが、受け取ったとも伝言あり。復活の時は連絡貰えるとよいのだが。

お通しはなめこおろし。いつも通りつまみがおまかせで供される。ヒラメは深い旨みあり。タコはしっかりした身肉に滋味あり。牡蠣塩辛。サヨリは細造りで。ブリ炙りは辛子が添えられる。白子ポン酢も癖のない旨み。ミル貝と青柳。漬け込みのハマグリ。

アド街の影響か、「しみづ」でも鶴八流の鉄火巻注文が増えたことなど親方と雑談。せっかくだから出演したらよかったのにねえ。

お茶に切り替えて握りを。マグロは大間。どちらも脂のある部位を2貫。シットリして深い旨みあり。コハダは厚い身肉をいつも通りの厳しい〆でここの酢飯に素晴らしく合う。アナゴは塩とツメで各1。最後はカンピョウ巻で〆。いつも通り安定の旨さ。今年はあまり訪問できなかったが、来年はもっと通わないと。

勘定すませて「P.M.9」に。普通ならマティーニやらシングルモルトなど貰うのだが、「新橋鶴八分店」から「寄ってくれ」と携帯にメッセージ貰っており、寿司は食わないがあとで顔だけ出すことにしている。軽めにジン・リッキーを一杯。年末の景気の事など雑談していると携帯に「分店」から、席が空いて大常連O氏も待ってるのですぐ来いと連絡あり。忙しいな。よい年をと挨拶して「分店」に。

ニュー新橋ビルに移動すると既に大常連O氏が席で飲んでいる。もう寿司は要らないので、小柱をつまみに芋焼酎ロックを貰ってあれこれ雑談。

O氏が、もっと飲めよと片口に注いだ焼酎をこちらのグラスに注いでくるので、こちらも片口に焼酎を注いで貰い、まあそう言わずに先輩もどうぞと注いで逆襲。トイレに立った留守にも注いでおく。そうすると、こちらがトイレに立った時には逆襲で注がれている。

そのうちにすっかり酩酊。寿司も食わずに寿司屋で何やってるんだろうなあ(-。-;

大常連O氏も、飲みつつもつまみのあとは握りも食していたのだが、終わりのほうで出されたハマグリのお椀をひっくり返して、これがズボンにかかり大惨事に。

やはり飲み過ぎてはいかんなあと、もって他山の石として、一年を教訓で締めくくるような出来事であった(笑)

はて、しかし勘定払ったっけ(笑)

スポンサーサイト