97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
大相撲三月場所 初日観戦写真日記 その1
先週土曜日は、歌舞伎座昼の部の後、一路東京へ。前泊して、日曜は大相撲三月場所初日に。稀勢の里の本場所初土俵入りと初勝利をこの目で観るのが目的。

ホテルは新大阪付近だったので御堂筋戦でなんばまで。去年だって来たのだが、地下を歩いているとエディオンアリーナに向かう出口が分からなくなった。もう一度案内板に戻ろうと思ったところ、三人組のお相撲さんに遭遇。あ、彼らについて行けばよいやと後ろから同行。無事に体育館到着。

001CU6EXP06.jpg sm17031101.jpg

1年ぶりの大阪場所。懐かしいね。

sm17031102.jpg
sm17031103.jpg

入り口門の後ろ歴代横綱の掲示板には稀勢の里の名前も燦然と輝く。

001GJPPMBQT.jpg
0018Q1VF9ZQ.jpg
0012D68K2BJ.jpg

本日は東京から持ってきた天皇賜杯と優勝旗の返還式も行われる。

001XA4Y7561.jpg

取組表を見ると、新横綱初日とあって、ご祝儀で懸賞は稀勢の里の方が結びの白鵬よりずっと多い。新入幕の宇良にも異例の10本かかっている。まあご当地のご祝儀ということだろうけれども。遠藤は新入幕の時から大人気。懸賞が多過ぎて、先輩力士の反感を書い、発奮した相手がことごとく賞金目当てに馬鹿力出して来たから苦戦したと言う説があるのだが、宇良が潰れないように願いたい(笑)

sm17031104.jpg

椅子席Sだが土俵までの距離は短く、席の傾斜が随分とついているので前の観客が「前ノメラー」でもあまり気にならないのが良いところ。ただ席は座布団がくくられているものの、体育館のプラスティック製で、両隣に男性が来るともう身動きできないほど。また国技館は相撲女子も多いが、どうしてか、大阪場所は早く来る汚いオッサン連中が多い。早く来て、全体としては空いているのに、自分の席の両隣だけ既にオッサンが座っていると、なんだかガックリくるが、この日はそんな事なかった。

sm17031105.jpg

10時半頃入ったのでまず腹ごしらえ。売店で「横綱弁当」なるものを。三段重の立派なもの。ただ、内容的には弁当だし、まあそこそこかな。そして椅子席で食べるには向いていない(笑) 隣が空いていたからよかったが。

sm17031109.jpg

本日も当然ながら満員御礼が出た。協会ご挨拶、優勝杯返還、横綱土俵入りなどの取組中の写真は、写真日記その2で。

sm17031110.jpg sm17031111.jpg

この日は、稀勢の里は盤石の相撲で横綱初戦を飾り目出度い。宇良も勝利。しかし、白鵬、日馬富士が敗れるという波乱あり。春場所は意外に荒れないという説もあるが、この場所は既に初日から荒れる気配。

打出しの後、新大阪まで戻り、一路帰京へと。忙しいが面白い週末だった。

スポンサーサイト