97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
今週は酒が続いていたので、金曜日は休肝日にして帰ろうかと午後からは思っていたのだが、夕方になると何時もながらちょっと心が揺らぐ(笑)一軒だけ寿司屋に電話して、満席だったら潔く真っ直ぐ帰ろうということに。まあ金曜だしどこも一杯じゃないかな。

ということで「新橋鶴橋」に電話。「最後の弟子」君が出て「少々お待ち下さい」というので、やはり満席かと思ったら「大丈夫です」と言う。やっぱり一杯やる事に。まあ、人生そういうものだなあw

時間は切られてなかったが、遅い時間から立て込むような印象だったので早目に退社して入店。扉を開けると本日最初の客。

最初に冷酒を頼んで、親方や女将さんとあれこれ雑談しつつ、電話した顛末を話すと石丸親方は「でも何時も通り日本酒は三杯飲むでしょ」と笑う。まあ結局飲んでしまうけどね。相撲の話やら、海外進出した寿司屋の話などあれこれ雑談しながら。

お通しは、細切りのコハダを叩いた大葉と合わせて胡麻を振った小鉢。握りのコハダとはまた違い、酒が進む酒肴。最初のヒラメだけは注文しなくとも切られてくる。春になったとはいえ肉厚の身にはまだ脂が乗る。今年は春の気温が低かったからかな。石丸親方によると、今年は逆に貝類があまり良くならないと言う。

塩蒸しもつまみで。房総産は5月以降か。のんびりとやっていると一人客が二組ほど。まだまだ早い時間の店は余裕あり。

トリ貝もつまみで。「ちょっとまだ身が薄いんですよね」と親方。確かに全盛になるともっとフカフカの肉厚になるが、まるで柑橘のフルーツを思わせる甘酸っぱい風味はちゃんとトリ貝。シーズンまでもうちょっとかな。

つまみでアジを追加。これは肉厚で脂も大分乗ってきた。

この辺りでお茶に切り替えて握りに移行。まず中トロ。脂の乗った部位。コハダは何時もながらネットリとした旨みが乗る肉厚のものだが、そろそろシーズンは終盤に近づいてきた。アナゴも悪い時期だとは言うが、トロトロに煮て軽く炙って脂を戻すと相変わらず美味い。ツメが濃厚なのもあるだろうか。お椀はアジのつみれ汁。これはこれで実に旨い。最後はカンピョウ巻。今日は静かだったし、のんびりと安定の江戸前仕事を堪能した。

さて帰るかと「新橋鶴八分店」の前を通りすがると、店からバイトの女性が飛び出して来て「Oさん来てますよ! どうぞどうぞ」と引っ張られる。別に大常連O氏が来ていても寄る義理は無いんだけど、見つかってしまっては仕方ないかなと店内に(笑)いつも通り一番奥の席に、大常連O氏がトグロを巻いている。

「寂しいでしょう」と冷やかし交じりに励ますと「別に寂しかないよ」と強がりを言うのが面白い。バイト女性によると「でも最初は沈み込んで、何を聞いても心ここにあらずでしたよ」と。まあ、「分店」に来れば優しく迎えてくれるんだから、居場所があってよしとしなければ(笑)

O氏は、「あんたが面白可笑しく色々ネットに書いたろ」と言うんだけど、いやいや何にもブログには書いていない。むしろ五十嵐親方が面白がって常連にあれこれ語ったんじゃないかなあ(笑)

O氏と話していると五十嵐親方が、「本店で親方に、Oさんの事を聞いてみました?」とまた面白半分でちょっかいを出す。こっちだって気を使って話さないようにしてるんだよ。巻き添え喰っても困るし(笑) まあしかしO氏も元気そうなので一安心。ちょっとだけ立ち話して失礼した。


スポンサーサイト