97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
火曜日の夜は、「新橋鶴八」。夕方電話したのだが、席は準備できますとのこと。

入店するとカウンタには先客が一人いるだけで空いている。その先客も始まるのが早かったとみえてもうお吸い物が出て、お茶を飲んで、締めの鉄火巻をハーフで頼むところ。

お通しはホタルイカ。もうシーズンは終わったかと思っていたが、まだ濃厚な旨味あり。まったく口に触るものがないのはくちばしやら骨を事前に掃除して取っているからだが、前に「分店」で聞くと結構下処理が面倒臭いとのことであったが。

石丸親方が、「あっちに座布団引いてあったでしょ」と「分店」のほうを指差して笑う。そういえば入り口の席に引いてあったな(笑)大常連O氏は本日も「分店」なのか。

GW中のはお店は5連休ほどお休みで、親方は新潟の温泉に行ったとの事。よいですなあ。「相撲は行ったんですか」と石丸親方に聞かれたので、初日の相撲の話などあれこれ雑談。「高安ってのは、熊のぬいぐるみに似てるよねえ」と。確かに似ている

冷酒を貰ってまずはつまみから。最初はカレイ。初夏にぴったりの軽めの脂。旨味あり。

後から入って来たカップルは、「初めて来るんですが、ここはおまかせとかあるんですか?」と質問。昔ならば「札の下がってるものからおっしゃってください」だけだったが、最近は、「品数をおっしゃってもらえば、こちらでお選びして出すこともできますよ」と円熟の対応である。一見客でもストレスはなかろう。

つまみで塩蒸しも。房総の立派なものだが、まだ本格解禁ではないとのこと。「カツオが旨いですよ」と親方が囁くのでカツオを注文。普通、この店でお勧めなんて言わないが、何故かカツオだけは親方が「今日はいいですよ」と呟くんだなあ(笑)

生姜醤油で。実に分厚い立派な身。まだくどい脂ではなく爽やかな香りと旨味。最近は随分と早くから出るが、歌舞伎の「髪結新三」に出て来る江戸のカツオというのは、やはり青葉のこの時期だ。

注文しようとすると、とり貝は今年は小さくてあまり良くない由。ミル貝をつまみで。こちらは実に立派な身で甘味あり。

この辺りでつまみ終了。お茶を貰って握りに。まず中トロ2。コハダは何時もながらネットリした旨味。米の旨味を残す酢飯と一体となって、他に比類がない。アナゴも何時もながら素晴らしい仕事。最後はカンピョウ巻。

勘定して店を出ると「分店」には大常連O氏がトグロを巻いている。寂しかろうとちょっとだけご機嫌伺いに顔を出すと「今日は稀勢の里危なかったな」と。帰宅して録画見るまで情報遮断してたのに、ロクでもない情報を伝えるなあ(笑)ということで二言三言交わして店を出て、タクシー帰宅。

スポンサーサイト