97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
水曜日は、日中はバタバタしていたのだが夕方になって一段落。「分店」に今夜は空いているか携帯でメッセージ送ると「明日6時にお待ちしています」と。ははん、明日大常連O氏が来るんだな。じゃあ明日は行くのを止めよう(笑)

「新橋鶴八」本店のほうに電話。お弟子さんが出てしばらく調べていたが、「7時までなら大丈夫なんですが」と。滞在時間が短いのはむしろ望むところ。

会社帰りに入店してみると、カウンタにはもう結構な数のお客が。皆始めるのが早いねえ(笑)あと数席しか空いてないのに、7時からまた満席とは、大繁盛ですな。その後からも何名かやって来たが、「分店」の客。結構、間違えて入店してくるんだよねえ。「分店」は本日団体で満席のようだ。

菊正冷酒を所望。お通しは軽く湯通ししたスミイカのゲソ。まず白身を。本日はホシカレイ。立派な身で、舌にコツンと来る旨味がマコカレイよりも濃く強い。アワビ塩蒸しは実に立派なもの。煎り付けたような香ばしい香りが独特の仕事。弾力のある身肉に深い旨味あり。

石丸親方と夏休みの事など雑談。親方は車で九州方面に行って来たとか。大旅行ですな(笑)関東から九州というのは、そういえば直行のフェリーは無いんだっけか。

アジも実に肉厚。ふっくらいした身に脂が乗る。くどくない旨味。漬け込みのハマグリもつまみで。

この辺りでお茶を所望して握りに。握りはまず中トロを2貫。コハダも2。ネットリした旨味。アナゴもトロトロ。最後はカンピョウ巻で〆。

つまみを少々切って貰って酒を3杯。ホロ酔いで何時も同じ種を握ってもらい、立て込む前に小一時間で席を立つ。何時も安定した江戸前の伝来仕事。浮世の憂さを忘れて帰宅する。実に良い店である。


スポンサーサイト