97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
火曜日の夕方、「新橋鶴八」に電話。お弟子さんが出てしばらく調べていたので混んでいるなと思ったのだが、7時15分までならというのだがそれで大丈夫。分店行くと大常連O氏が必ずいて、同じペースでダラダラやられるから困るのだが、ポンポン出してくれれば1時間で飲んでつまんで握ってもらって、ストレス無く全て終わるのが私の流儀。寿司屋で長居したりその後でカラオケ行くよりも、早く帰って自分の時間持つほうがずっと良い。

会社を出て店に直行。カウンタには既に一組。ほどなく別に二組到着、奥の座敷も客が入る。盛況ですな。

お通しは新イカのゲソ。1.5センチ角程度でとても小さい。身もまだペラペラですとのこと。スミイカ本来の旨味はまだ出ていないが、癖のない仄かな甘味が口中で溶ける。季節モノだ。

白身はホシカレイ。マコカレイよりも最初にコツンと来る旨味が濃い。ヒラメに似ていると親方。確かに脂があるのだが、夏場の白身で、ヒラメよりもちょっと乾いたような脂の風味。

塩蒸しも立派なもので旨味が凝縮。アジでもつまみに頼むかと思ったら、石丸親方は「今日はサバが旨いですよ」と。回遊するサバは冬が旬だが、例えば松輪辺りの根付きのサバは夏でも旨いのだと昔この店で聞いたっけ。確かに肉厚で冬よりも脂が乗っている気がするほど。伝来の〆の技術でネットリした旨味あり。ハマグリもつまみで貰う。

余裕持って店を出るつもりなので、この辺りでスパートしてお酒を切り上げ握りに。

普段、スミイカを頼んだりしないが、季節物でもあり、最初にスミイカの新子を一貫だけ。「まだペラペラですよ」と石丸親方は笑うのだが、まあ初物ですから。2匹分つけて1貫だから相当小さい。スミイカ特有のスカッとした歯触りは無いが、淡い甘味が口中で溶けるよう。まさに走りの一貫。

後はいつも通り2貫ずつ。まず中トロ。コハダは3枚づけの新子と片身づけの大きいのを1貫ずつ。これまたネットリした鶴八伝来の仕事。アナゴは実にトロトロ。ツメも素晴らしい。最後はカンピョウ巻で〆。

夏休みは8月の11日から17日まで。18日、19日は市場も空いているので営業すると言ってたかな。江戸前伝来の技と季節の種を堪能し、いい気分でタクシー帰宅。

スポンサーサイト