FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
久々に「新ばし 久」訪問。
東京を出る前日、土曜日に夜は、実に久しぶりの「新ばし 久」。夕方5時丁度に店の前まで来ると、「P.M.9」M氏が店の前に立っており「行ってらっしゃい」と店の引き戸を開けてくれる。

入店するとカウンター奥には既に爺さん二人組が飲んでいる。常連さんで金も持ってるご様子だが、全般に品が無いね。

実に久々の訪問。手伝いのお弟子さんも両名共交代している。

店に入ってしばらくすると「しみづ」の親方が店に顔を出して「いらっしゃい」と。しみづグループの顧客管理はシッカリしている。

扶桑鶴冷酒。スッキリした軽い旨味。先付けは白子茶碗蒸し。

次はお造り。
ヒラメは上品な旨味。メジマグロは爽やかで軽い脂が良い。〆鯖は、しみづの締めにも似てしっかり。

お酒のお代わり。「いつもこちらの方がお好きだったんじゃ無いですか」と久志氏が経木の飲み物メニューをひっくり返すと、黒龍「龍」と獺祭「二割三分」が。値段も結構するけれど「龍」を選択。良き酒は清水に近づくという話が頷ける飲み口。

ここの香箱蟹はジュレになった蟹酢をかけるのが特徴。味噌に外子と内子。最後は甲羅に酒を入れて殻を炙って蟹酒を供する。これで食べ納めだなあ。

肉は合鴨の治部煮。脂が濃厚な味付けの出汁に溶けて濃厚な旨味となる。野菜も旨し。

魚は鰆のしゃぶしゃぶ風。大振りの鰆を薄く引き、軽く湯に潜らせた後でポン酢をかけた一皿。魚の爽やかな旨味。

この辺りで店が満席になり調理場が立て込んできた。隣の客がフライを頼むので、タイミング合わせて注文。

車海老、小柱、牡蠣。洋食での修行経験と和食の素材仕入れ力がコラボした、洋食屋のフライを凌駕するこの店の得意技。本当は炊きたてのご飯と共に食すと最高だが、ちょっとカロリーがねえ。

最後に甘味とお茶を一服。和食と洋食の素晴らしいフュージョンを堪能。

その後「P.M.9」に顔を出す。まずドライ・マティーニ。アイラ島のシングルモルトは、個人携行輸入品で日本未発売とか。二番手だったイケメン君は、客あしらいが上手かったが、今年で店を上がり、神田でバーを開くのだとか。人生色々ですな。

スポンサーサイト