FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座、「六月大歌舞伎」昼の部。
先週末、日曜日には歌舞伎座で「六月大歌舞伎」昼の部。

20190605204642a0a.jpeg

まず短い舞踊が2つ続いてお昼の幕間という、割と珍しい構成。

最初は、「寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)」

イヤホンガイドで最初に出てきた翁役の東蔵が人間国宝だと知ってビックリ。知らなかった(笑) 知っとけよという感じですが。能がかりの舞踊の後、幸四郎と松也の三番叟が揃って踊る。幸四郎は舞踊への出演が多いが、松也は三番叟初役だとか。確かにあまり舞踊で見ないが、なかなか息が合っている。五穀豊穣を願い、邪気を払う。まあお祓いを受けているような目出度い演目。

10分の幕間の後、「女車引(おんなくるまびき)」

「菅原伝授手習鑑」にある、荒事の豪快さと歌舞伎の様式美に満ちた有名な段を、松王丸、梅王丸、桜丸のそれぞれ女房が踊るという、「女暫」や「女鳴神」のような趣向。そもそもは吉原の郭で演じられた芸に由来するとか。実に短い舞踊劇。魁春と雀右衛門という大ベテランに挟まれて、児太郎がまだ初々しい若い女房役で踊って頑張っている。

ここで30分の幕間。花篭にて海鮮重など。

201906052047002d6.jpeg 20190605204719967.jpeg

次の演目は、吉右衛門の、「梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)」。鶴ヶ岡八幡社頭の場。

梶原平三景時は普通歌舞伎では悪役だが、この演目では智と情を兼ね備えた爽やかな武将。初代吉右衛門から当代に受け継がれた当たり役であるが、播磨屋は実に機嫌よく、格好良く演じて結構な話である。

歌六の六郎太夫は、源氏再興を心に秘め、娘婿の為に二つ胴で切られて命を捨てようとする腹の座った親父役が堂に入っている。長男の米吉が娘の梢を可憐に演じる。

又五郎の大庭三郎、息子歌昇の俣野五郎も大きく脇をしっかりと固めた。よく出来た演目だけあって、最後の「石切」はやはりカタルシスあり。

最後の演目は、「恋飛脚大和往来(こいびきゃくやまとおうらい) 封印切」

実話を元にした上方和事の有名な演目。この段に続く大詰めの、「新口村」はちょっと前に歌舞伎座で出た。雪の降りしきる中、おそらくもう生きては会えない親子の今生の別れ。静かな詩情に溢れた美しい幕切れ。

イジイジウジウジした上方和事の若旦那というのは、ガンジロはんがやるとデップリ太り過ぎて色男に見えないのだが、仁左衛門がやると若々しくも可愛げのある色男に見えるのが素晴らしい。場内の拍手を一身に集める。

秀太郎も孝太郎も出て松嶋屋結集。秀太郎の井筒屋おえんは流石に上方歌舞伎の貫禄あり。大向うでは、鶏爺さんの声が微かに聞こえたような気がしたが、あれは空耳だろか。

愛之助が、傾城梅川を金にあかせて身請けしようとする丹波屋八右衛門。彼に嘲られ、追い詰められて亀屋忠兵衛は飛脚業にとっては死罪となる、公金の封印を切ってしまうのだが、愛之助はペラペラよく口は回るが、憎々しい敵役としてはちょっと軽い。あの煽りで、死を覚悟して封印を切るまで行く気がちょっとしないというか。

八右衛門と梅川が手を取り合って花道を去るラストは、死への道行き、あの雪の降りしきる「新口村」へとつながっているのだった




スポンサーサイト