FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座前に「新橋鶴八」、急いで訪問
大相撲仙台巡業見物の仙台から戻った次の日の火曜日。夜は「八月納涼歌舞伎」第三部観劇の予定。前週に「新橋鶴八」に連絡を取るとこの日の早い時間が空いているというので予約してあった。

歌舞伎は6時半開演なので、「新橋鶴八」5時に入店して、6時10分には出ないといけない。5時2分前位に入店。まだ他のお客はなし。「しみづ」なら時間だけ告げれば、その通りきっちりおまかせでやってくれるのだが、この店は万事のんびりしているので、こちらでコントロールしないと時間通りにゆかない(笑)

随時こちらから注文して進行を急かしながら。まず冷酒「酔鯨」純米。日本酒は眠くなるので、次からは焼酎水割りに切り替え。お通しは新イカのゲソ。あとで握って貰わなくては。今日は河岸が営業しているが明日から店はお休みで土曜日は開けるとか。

まず白身を注文。カレイ。次は塩蒸しを注文。

某常連客氏が予約の電話しても出ないとボヤいていた事に関して、神保町「鶴八」の石丸親方が「私が電話しても出ませんよ」と言った事を伝えると、五十嵐親方は「出ない事ありませんよ。親方からの電話は履歴に残ってませんよ」と反論。とんでもない弟子だと話が盛り上がったんだがなあ(笑)一人で仕込みをしているから電話が取れない時間もあるということらしいが。しかし一人でやってる店だって電話は普通出るけどねえ(笑)

「しみづ」の錦木が辞めたとの話を聞く。そういえば前回訪問の時も居なかったな。この業界も人の出入りが激しい。この店も募集しても弟子は来ないとか。

漬け込みのシャコもつまみで所望。ここまでは自分で頼んで急かせたが、カツオが出てくる。腹の身。皮目を焼き霜に。もっちりした旨味あり。生姜醤油で。

前に「しみづ」に居たのが水天宮に出した店を知っているか聞くと、早川光の番組を見たという。「あれは破門されたんじゃないですか。変わった奴だったなあ」と。私自身は彼と殆ど口をきいたことが無いが、馴染みの客が来ると、親方を差し置いて勝手に自分からあれこれ話かけて盛り上がり、店の雰囲気を壊していたしなあ。まあよくわからんけども(笑)

注文を忘れていたら、新イクラが出てきた。そうかもう出ているのだ。ただ粒はまだ小さく旨味は軽い。この辺りで握りに。早く終わらせねばならないので(笑)、こちらも自分から注文。

まず昆布〆を1貫。昆布の旨味が染み込んだネットリした身肉。酢飯は米の旨味が残るフックラしたもの。実に結構である。これで親方が電話に出て予約が取れて、1時間ちょっと位でおまかせが終わったらもっと通うがなあ(笑)

次は新イカを注文。一杯丸づけの大きさ。淡い甘みが口中で酢飯に溶ける。雑味がまったく無いのが良い。味わいの点ではコハダ新子よりも新イカのほうが旨いかもしれない。

珍しくイワシがあったので次に頼もうと思っていたら、コハダが勝手に出される(笑)まあ何時も食すけれどもねえ。この後は何時ものアナゴ。干瓢巻を半分だけ。お茶を貰ってさて勘定だ。五十嵐親方の見送りを受けて店を出たのは6時5分くらいかな。歌舞伎が終わったら戻ってきて、飲みに行きましょうよ、というのだが、それは疲れるので丁重にお断り。

都営浅草線新橋駅から東銀座に行く予定だったが、新橋駅でタクシー客待ちあり。これに乗ると歌舞伎座前まで殆ど信号待ち無く乗りつけて、悠々と6時15分の到着であった。

スポンサーサイト