FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
神保町「鶴八」訪問。
神保町「鶴八」久々の訪問。

先々週だったか昼間に電話したが出ない。アレ?と思ったら、定休日の水曜日だった。そうかそうかと思って仕事に戻ったら、知らぬ間に携帯に「鶴八」より不在着信あり。掛け直してみると「鶴八最後の弟子」が出た。休みでも何か仕事があって店に居て着信履歴を見たらしい。「今日はでも定休だよね」「はい、お休みです」「じゃあ、また電話します」という、なぜ掛け直したかサッパリ分からない会話であった(笑)

西大島「與兵衛」も水曜日定休だが、電話しようとすると、なぜか大抵、その日が水曜なんだなあ(笑)

この日は入店したらカウンタにはまだ誰も。菊正の冷酒を所望。お通しは、ハマグリの柱醤油づけ。のんびりと親方や女将さんと雑談など。台風やら仕入れの話。親方は、15号の時は計画運休が明けたので駅に行ったら3時間待ったとか。19号の時はさすがにキャンセルばかりで店も休業。まあ仕入れも大変だろうし。

いつも最初は白身の刺身と決めているので、親方が「鯛でいいですか」と切ってきた。ここで鯛があるのはそんなに高い確率ではないのだが、上品な旨味がある質の良いもの。身もまだプリプリに活かっている。

「鶴八最後の弟子」に豊洲の駐車場事情など聞くと、やはり足りなくて大変なのだという。彼はバイクで行っているのだが、「鮨竹」が自転車で豊洲市場から帰るのにすれ違ったと。配送は頼んでいるようだが、朝早くから仕事熱心ですな。「新橋鶴八」はタクシーで行っていると聞いたが。

つまみは、塩蒸し。旨味も香りも凝縮した仕事。北海道の天然ブリは癖の無い脂、噛み心地良し。サバはしっかり〆てあるが脂が乗って味わい深い。

お酒をお代わりしながら、台風の被害の事なども雑談。私自身は、武蔵小杉に昔、住んで居た事があるのだが、その当時は東横線の東側は、ちょっと荒んだような工場地帯で、JR横須賀線の駅も無かったしタワマンなど影も形も無かったなあ。ハザードマップ見ると浸水の予想されたエリア。元は川底などで地価が安いから工場地帯になっていたのかねえ。

この辺りで握りに。まず中トロ2。かなり脂のある部位。旨味もあり。ふっくらした酢飯に脂が溶ける。コハダも2。柔らかくネットリした身肉の旨味は、何時もながら鶴八伝来の美味。アナゴもトロトロでツメも旨し。最後はサッパリとカンピョウ巻で〆。店が立て込んで来たので早めの勘定。しかし美味かったな。

スポンサーサイト