FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし 笹田」。本年最後の訪問。
月曜の夜は、「新ばし 笹田」。

同行者が居たので、ちょっと遅めのスタート。お酒は「醸し人九平次 純米大吟醸」でずっと通す。

まず供されたのは、すっぽんの茶碗蒸し。小さな器で。すっぽんの出汁は雑味が無く純粋な旨味だけが深く輝いている。不思議だなあ。香箱蟹には、松葉ガニの味噌とほぐした脚の身も少し添えて。強めの蟹酢が淡白な身肉の旨味を引き立てる。

ナガス鯨の尾の身。アイスランド産。牛肉に近いが癖のない濃い旨味。生姜醤油の後、胡麻油塩で食しても負けない旨味がある。赤身やベーコンなどは別に食べたくないが尾の身だけは時折食したいと思う。捕鯨反対の世界的潮流からすると困った話である。しかし近海のイルカ肉など食したくはない。日本の一部沿岸でだけやっている、イルカ追い込み漁は廃止したほうが良いと思う次第。

氷魚釜揚げ。氷魚とはシラスのような大きさの稚鮎の事だそう。琵琶湖産。見た目はまるで釜揚げシラスだが、若干鮎の風味ある苦みを感じる。大根おろしを添えて。何時もの定番、壬生菜と油揚げの煮物は何時もの如くしみじみと美味い。

お造りは青森のヒラメ、スマガツオ、横須賀のタコ。スマガツオはあまり食した事がないが、カツオの荒々しさが無く中トロとの間のような身肉の旨味。ヒラメもタコも上質。

お椀は鯛の身が散らされた鯛にゅうめん。そうめんは奈良、三輪産のごく細いもの。鯛の出汁が柔らかい麺に溶け込んで、冬の夜の至福。丼一杯でも食せる気がするけれども、他のものが食えなくなるからなあ(笑)

焼き物は白甘鯛、いわゆる「白川」の塩焼き。皮目が香ばしく、ふっくらと癖が無く、ただ旨味だけが焼
きあがった身肉という気がする。

最後の煮物はブリ大根。これもコッテリして、ブリにも力があり大根にも味が染みて美味いのだが、この辺りになるとさすがにお腹が一杯になってきた。
ここで食事に。

炊飯土釜で炊き上げたばかりのご飯。イクラ、ちりめん山椒、お新香、ワサビ漬け、赤出汁というラインアップで迎え撃って、幾らでも食えるのだが、さすがにそこまでは。いささか食べ過ぎと思ったが、一膳だけ軽めでご飯をお代わりしてお焦げももらうフルコース。最後は煎茶が出て冷製の白玉ぜん
ざい。

勘定を終えて外に出ると、小雨が降って来ていたが、傘を差しかけてくれる笹田氏の見送りを受けて満ち足りた気分で店を去る。この店の良さを体感して。


スポンサーサイト