FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
年末寿司屋巡回、最後は「新ばし しみづ」
昨日の夜は「新ばし しみづ」で本年の寿司納め。

「もうお休みですか」と清水親方から聞かれたので、金曜から休みで10連休だと答えると親方は「うちは31日と1日の2連休です」とぼやいてみせる。来年も新年2日から正月営業をするのだ。まあしかし売上が上がる訳だからなあ。

そして今年から、「しみづ」は定休日の月曜に加えて、月1回は日月火の3連休を取ることにしているのだとか。今年はさほど通わなかったので気づかなかった。「久兵衛」も週休二日だとか、寿司屋の働き方改革談義(笑)

お酒はまず常温で。お通しはなめこおろし。毎年定番のお通しだが、なぜか今年はこれが妙に美味い。不思議だ(笑)

つまみはまずヒラメ。塩で食しても旨し。スミイカ細造りはネットリ甘い。タコは脚と頭の身。サワラは皮目にさっと火を入れて焼霜に。塩とワサビで食する。ネットリした脂が美味い。

親方が行った矢沢永吉のディナーショーの話やら、女将さんが行った「ナウシカ歌舞伎」の話なども。

サヨリは結構大型。独特の爽やかな旨味。ブリは煮切をつけて軽く炙り、辛子を添える。白子ポン酢。一品温かいものがあるとこの季節には嬉しい。赤貝に青柳。サバは軽めの〆で身肉はトロりと柔らかい。最後にウニもつまみで。

ここでお茶を貰って握りに。中トロ2貫。身肉はシットリと柔らかく、マグロの旨味がこの店の強めの酢飯に溶けてゆく。コハダも2貫。水分を極限まで飛ばした強い〆がここの酢飯に抜群の相性。アナゴは塩とツメと1貫ずつ。カンピョウ巻は半分で。「しみづ」の寿司を堪能して、「良いお年を」と挨拶して店を出る。

見送りに出てきた摩宙君は正月の営業を手伝った後、デンマークで働くために店を去る。真面目で良いお弟子さんであった。昔は親方が留守で彼が稽古で握る特別営業に客として立ち会ったこともある。頑張りなよと激励。

せっかくなので向かいの「P.M.9」も、今年最後の訪問。まずドライ・マティーニを貰ってバーテンダーM氏と雑談。この店は年内30日まで。新年は6日から営業とのこと。シングル・モルトもおまかせで2銘柄飲んで結構酩酊。こちらも「よいお年を」と挨拶して店を出る。これで本年の寿司屋巡回は全て終了した。

本年のblog更新もこれにて終了。皆様、どうかよいお年を!






スポンサーサイト