FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」、夜の部
先週の土曜日は、歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」夜の部。昼の部の「袖萩祭文」のような泣きの幕が無いので、全体に雰囲気は明るく正月気分。

20200116192214a5f.jpeg 20200116192234b38.jpeg

最初の演目は、「義経腰越状(よしつねこしごえじょう)」。義経が鎌倉に入る前、腰越から頼朝の許しを乞うた書状を出した故事に由来。元々は人形浄瑠璃だが、徳川幕府を題材にしていたので上演禁止になり、時代を鎌倉時代に移して台本を書き換えたというのは歌舞伎では良く聞く話。しかし徳川のどんなエピソードが義経の物語に仮託されたのかについては、イヤホンガイドの解説でも筋書読んでも、あまりよく分からないのであった。

前半部分には確かに義経が出てくるのだが、物語の主眼は後半、白鸚演じる五斗兵衛盛次が酒に酔って踊る「五斗三番叟」。今月の公演では、昼に吉右衛門が「素襖落」で、夜には「義経腰越状」で白鸚が、へべれけに酒を飲んだ酔態の演技を披露している事になるが珍しいな。吉右衛門は明るい酒だが
、白鸚は目が据わったアル中気味に見えるのも面白い。

「義経腰越状」はそれほど上演が無い演目で、白鸚も初役。この年齢で初役に挑むというのは見上げたもの。上演記録を見ると以前に吉右衛門が演じている。白鸚は自分もやっておかないとと思ったのかもしれない。

酒が注がれるそばから飲み干す「滝飲み」はアル中一直線に見える大技(笑)。名軍師の大酔態は、割とお正月気分でなかなか面白かった。

次の演目は「連獅子」

市川中車の息子、團子が、父親の従弟にあたる当代猿之助に指導を受けて「澤瀉十種」に挙げられたこの演目を踊る。前シテの親子獅子の踊りは、團子が教わった事を一点一画おろそかにせず真面目に踊る姿勢に好感が持てる。猿之助も親父ではないものの親戚の若者を指導している訳で眼差しは真剣だ。

合間の宗論では、福之助と男女蔵が、なかなかテンポよい掛け合いで客席を沸かせる。

後シテで毛振りの装束に着替えてまた親子獅子の踊り。子獅子が両手を伸ばして花道を後ろ向きに後退して行く振りがあるのだが、花道横で見ていると、被った長い毛は股を潜って前に伸びている。一つ間違えて毛を踏むと たちまち花道で仰向けに転倒しかねない。よく見ると大変に難しい技。なんでも踵は上げて歩を進めるよう教えられるのだそうである。

切りの最後の毛振り。猿之助は若干身体のキレが重いように思えたが、子獅子役の團子が若さ爆発で「大丈夫か、首か背骨が折れないか」と心配になるくらい毛を振るので、猿之助もさすがに煽られたか後半少し盛り返した印象。経験浅く技能も高くはないとしても、やはり若さは素晴らしいですな。

20200116192251c84.jpeg

ここの幕間で食事休憩。6時44分からであるから結構遅い。おでん定食など頼んでみた。

最後の演目は、三島由紀夫作の新歌舞伎、「鰯賣戀曳網(いわしうりこいのひきあみ)」

今日はたまたま花道横だったのだが、以前「十七世十八世中村勘三郎追善十月大歌舞伎」で同じ演目「鰯売」を見た時も花道横。その時は、父親の追善初日が無事に終わって感極まったからか、勘九郎が花道幕外の引っ込みで、滂沱の涙を流しており七之助が驚いていたのだった。

勘九郎の声は、追善の時はもっと勘三郎に似ていた記憶があるのだが、意図的にちょっと寄せていたのだろうか。あちこちに笑いが起こる全体的に気楽な世話物で、新年に気楽に見るのにふさわしい演目。割とデタラメなストーリーであるが、目出度くハッピーエンドで終了。
スポンサーサイト