FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
銀座「鮨 み富」訪問。
先週、金曜日の夜は、銀座「鮨 み富」で一杯。当日夕方に電話すると席が空いていた。

カウンタは他に一組4名。入店して昨今の景気を三橋親方に聞いてみると、どうもコロナの影響で銀座の人出が少ないのではないかとのこと。出張や会食の自粛などが客足に影響ある模様と。確かに、金曜の夜というのに、銀座を歩く人出は何時もより明らかに少ない気がする。

この店は「食べログ」でのネット予約も受け付けているのだが、これも最近キャンセルが多いらしい。やはり世間の自粛ムードか。

豊洲の市場でも、中国人の団体で賑わっていた店に打撃があり、仕入が減っているのだという。「み富」は中国人依存比率が殆どないので、まだ大丈夫との事であったが。

お酒はお勧めの純米吟醸の新酒を貰う。爽やかな飲み口。

まずお好みでつまみを。ヒラメは大振りの個体。シマアジ。タイラギ。ミル貝。ヒモは炙ってスダチを添える。香ばしくてなかなか美味い。サヨリ。まだ産卵はしていないが最近閂の大きさがあまり出てこないと。皮は串に巻いて炙って供される。

煮たヤリイカもつまみで。ツメ、煮切りを半分ずつつけて。大きいのは大味な気がするので、小ぶりなのを選んでもらった。

このあたりでお茶を貰い握りに以降。まずタイ昆布〆。昆布の旨味が良く効いている。マグロヅケも一貫。軽めの酢飯に良く合う。カスゴ、コハダと〆ものを。酢〆の仕事は古式を残す新富寿司伝来。漬け込みのハマグリも1貫。これも江戸前特有の仕事。ツメが効いて美味い。最後はこの店名物のカンピョウ巻。甘辛の味にしっかり煮られたカンピョウがたっぷりと入る。この店に来た客の8割は最後に頼むのだとか。

店を出て銀座を歩いてもやはり人出は少ない気が。ほろ酔い気分でタクシー帰宅。




スポンサーサイト