97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
あれよあれよという間に菅直人内閣
ついこの前まで鳩山政権だったのだが、あれよあれよという間に菅直人内閣発足。叩く対象がいきなり面前からいなくなって、週刊誌の記事もまだ現実に追いついてない印象。

内閣の顔ぶれで、財務大臣が新任とあって、「はて、前はいったい誰だったっけ」と考えていたら、菅直人その人であった。副総理も兼任で重要閣僚に座ってた割には、このところ菅直人はほとんど表に出てこなかった。次は自分しかいないと踏んで、なるべく失敗しないよう、後ろに引っ込んで慎重に事態を静観してたというのだが。

地盤もカバンも看板も心配なく、親の財産で何不自由なく生きてきた浮世離れした鳩山よりは、市民運動家から何度も落選を経験して政治家として這い上がってきた菅のほうが、やはり現実的な政治家だろう。なにより目の前で、鳩山・小沢コンビの大失敗の数々を見ていたのだから、これらを他山の石に、政権もちょっとは現実路線へと軌道修正がかかるのではないか。

外交にしても、鳩山首相退陣はアメリカに一定の影響を与えており、当面の間、露骨な対日圧力は減るだろう。党の運営にしても、小沢が幹事長を降りた事により、内閣よりも党優先、選挙優先の小沢独裁体制は影を潜める。周りの諸条件は追い風であり、現実路線への転換を上手く進めれば、「ご祝儀相場」を超えて、ある程度の内閣支持率回復は不可能ではないような気がするのだが。

しかし、また失政が続き、内閣支持率が反落し、参議院選挙にも敗北、民主党代表任期が来る9月にまた新たな首相就任ということになると、日本の不安定な政権が、また世界の笑いものになってしまう。政策を現実路線に転換しながら、少なくとも1年以上は政権が続いてほしい気がするのだが。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
菅直人は拉致実行犯の共犯です。
“菅直人の正体”を検索してください。
過去の彼の悪行が書いてあります。

菅直人は拉致実行犯の共犯です。
2010/06/10(木) 00:58:34 | URL | とまた #JHiVQ306[ 編集]
>市民運動家から何度も落選を経験

そんな風には見えませんが、結構苦労人なんですね。
まあ個人的支配欲で政治をしようとする人よりかは全然よさそうですね。

>露骨な対日圧力

トヨタ叩きが凄まじかったですけど、あれも圧力のひとつだったんですかね。後、モナコが提案した大西洋・地中海クロマグロ輸出禁止法案ですが、確かアメリカは支持してたような記憶がありますが、あれも圧力だったのでは・・・。
アメリカは自分が困ったときには日本を味方にしようとしますが、日本を叩く時はなぜか欧州サイドに回る気がするのです。
2010/06/10(木) 09:36:13 | URL | あのん #VttPGAsU[ 編集]
>あのん様

このところ、自民党も含めて、地盤・看板・カバンを全て引き継いだ世襲総理が何代も続きましたから、菅直人はずいぶん毛色が変わって、ある意味良い面あると思いますね。

このところの自民党の歴代の総理も、実際のところ、あまりにもひどかったですから。

まあ、一番ひどかったのは、世襲で政治家になって、漫画やゲームばかりでロクな勉強もせず、お腹が痛いからと突然政権を放り出したボンボンですが。


2010/06/10(木) 15:17:02 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック