97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
角を矯めて大相撲を殺してよいのか
学者が得意満面で正義の鉄槌をを書いた後、ワールドカップに気を取られてるうちに、あれよあれよという間に大相撲の賭博問題に関する処分がs進んでいる。

特別調査委員会が名古屋場所開催の条件として、大規模な処分案を提示。相撲協会も場所中止を避けるために、その提案を丸呑みするとのこと。

それにしても、大相撲協会トップの武蔵川理事長が謹慎して代行を立てるというのは前代未聞。理事長が謹慎ではそもそも協会が崩壊ではないか。この特別調査委員会というのも、どんな権限あるのか知らないが、ちょっとやりすぎのような気がするがなあ。

処分の発表の分類も、実に分かりづらいのだが、琴光喜と大嶽親方は除名か解雇。時津風親方は降格以上。その他、名古屋場所を休場させる謹慎力士名には、豊ノ島、雅山、豊響、豪栄道、隠岐の海、若荒雄などが挙がり、他に十両や幕下の力士数名も謹慎とのこと。

親方の謹慎では、理事長以外に、出羽海、九重、陸奥、八角、尾車、佐渡ケ嶽、境川、春日野、宮城野、木瀬などの親方の名が挙がっており、その他、野球賭博以外に賭け事をした力士大勢の氏名も今後公表予定だとか。

特別調査委員会の伊藤滋早大特命教授は、「どんな悪も絶対許さん」とばかり、正義の鉄槌を思う存分振るって、まさに内心、得意満面というところだろう。本人はそれでよいが、好き放題に振り下ろす鉄槌が大相撲崩壊の序曲になりかねないことの自覚はあるのだろうか。

大相撲は昔は熱心に見たので愛着は残っているが、最近はすっかり積極的な関心を失ってしまった。朝青龍を寄ってたかって公開リンチにして追放した時から、メディアが相撲界を扱うやりかたにもほとほと愛想がつきている。

相撲は神事でもあり、格闘技でもあるが、同時に伝統芸能の興行でもある。相撲取り全員に、清廉潔白な聖人君子たれと要求するのは、角を矯めて牛を殺す部類の話で、そもそも間違っていると思うのだが。歌舞伎役者に聖人君子を求めるものなど誰もいないだろう。相撲が国技であるという主張についても、法的な定めはどこにもないし、国技だからと余計に罰を受けるのであれば、相撲協会も国技館という名前をつけなおしたほうがよいのではないか。

もっとも、相撲協会が公益法人で税金等の減免を受けているという点が、品行方正を求められる根拠のひとつ。ただ相撲協会は、お役人が次々天下る特殊法人のように税金を食い物にしている訳ではない。基本的に自分達の興行の稼ぎで食えている団体。

批判が相次ぐのなら、公益法人資格を返上して単なる営利団体に改変したらどうか。今のままで外部理事などを大幅に増やしたとしても、文科省のお役人や暇な学者等が、今度は食い物にするために天下ってくるだけで、相撲の発展には一つも役立たないのは明白だ。

しかし、単なる営利団体にしたら、例えて言えばプロレスと同じ扱いになるのだが、そうするとNHKの本場所中継など現状のままで維持できるだろうか。公益団体の返上も、それはそれで、結局は衰亡の道ということになるかもしれない。

メディアは「国民が納得しない」などとよく使うが、「大相撲はけしからん」と電話かけたり投書したりするのは大半が暇をもてあました正義漢であって、大部分の国民が本当に、大相撲という存在を集団リンチで吊るし上げて廃止に追い込むのが正しいと思ってるだろうか。今の調査委員会の厳罰傾向やメディアでのリンチが続けば大相撲消滅まで行きかねない。それが国民の納得する道なのか。どうにも疑問。メディアはさんざん焚きつけるが、結果に対しての責任は絶対に取らないのだし。

大相撲という伝統ある古い世界を、相撲の世界とは関係なかった余計な正義漢が寄ってたかって鉄槌を振るって壊してしまう。もしもそうなったら、それは日本の文化的にも実に大きな喪失で、実にもったいない話ではないかと思うのだがなあ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>伊藤滋
彼がこうだ、と決定したらきっと覆ることはないんでしょうね。

>国民は 大相撲という存在を集団リンチで吊るし上げて廃止に追い込むのが正しいと思ってるだろうか
伊藤滋のwikiみたら冒頭に「荒らしを理由として新規ユーザーによる編集禁止」の忠告文が添えられており、以前は一般に知名度があったとは思えないので、以前は荒らしは存在せず、おそらく最近の件でお怒りモードの人たちが荒らしをやってるのかなとか、またくだらないことを考えてしまったのですが(笑)
・・・まあ信頼性の高い根拠ではありませんが、国民の中には彼の仕方を好意的に捉えてる人たちだけではない、という気がします。
2010/07/01(木) 20:41:54 | URL | あのん #VttPGAsU[ 編集]
>あのん様

Wikiを荒らしてはいけませんが、荒らしたくなる気持ちも分かるなあ(笑)

野球賭博やったからクビ、謹慎となってる訳ですが、本来は野球賭博の背後に本当に暴力団がいたのかを警察が取調べして賭博罪で立件し、顧客に関取がいたと立証されてから相撲協会でも処分になるというのが順番のはずで、自己申告しただけでクビという処分は、民間会社だったら、本人から訴えられたら負けますね。

まあ、相撲取りも知恵が回りませんから、学者とかヤメ検とかに好き勝手やられて、右往左往してるのでしょうが、実に気の毒です。

相撲というものを身体を張ってでも守ろうという外部理事がいないのが、まあ一番寂しい話でしょうか。外部理事の選択を間違えたとしか思えない。
2010/07/02(金) 00:59:22 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
伊藤滋の父と弟のページも荒らしておいたし、他の特別調査委員会のメンバーのページも荒らしといたから見とけ
2010/07/05(月) 20:46:20 | URL | 伊藤滋はカス #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック