97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「1Q84」の続篇がある?
3日発売の雑誌で村上春樹は、「1Q84」の続篇を書く可能性はまったくないとは言えないと語ったとのこと。

彼は素晴らしい小説を書く作家であるが、同時に商売人でもある。芸術家と商売人は両立しないなんて事は無い。両立してる人はたくさんいるのだし、おそらく、まだ売れると思ったら必ず書くだろう。

「いまの段階で言えるのは、あの前にも物語はあるし、あのあとにも物語があるということ」

こう語った言葉も実に意味深である。物語は1984年の、いわゆる第二四半期、4-6月に始まってるから、第一四半期、1-3月の物語もありうる。これは出版されたら「1Q84 Book 0(Zero)」ということになるだろう。

もしもBook3より後の物語なら、以前書いたことがあるが、年が変わるので、ジョージ・オーウェルに気兼ねして「Q」を使う必要なく、「1985 Book1」でよいのではないか。

私の単なる邪推だが、多分、もう構想があるか、かなりの部分書いてあり、あとは「1Q84 Book3」の売れ行き推移を見つつ、上記のようなインタビューで観測気球を揚げ、どこで続編執筆中であることを発表するのが売上を最大化するかをご本人も考えているところではと思うのだが。 違うかなあ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
遡って
一冊目発売前にイスラムの方で物議をかもす発言をしたのも、宣伝のためだったんじゃないかなって個人的には感じました。
お久しぶりです。帰国されたらゼヒ一緒に東京マラソン走りましょう。待ってます。
2010/07/02(金) 20:54:49 | URL | ハヤブサ・ジェッター #USldnCAg[ 編集]
続編があるとしたら、主人公たちの子供(実際にそうなのか、違うのかどう言っていいのか迷いますが)が主人公の物語になるのではとか想像しました。子供が狙われて青豆と天吾が命がけで守るとかそんなストーリー。子供は特殊能力とか持ってそうですが。
まあ読者というか消費者に情報を少しづつ公開して購買意欲を高めるのは娯楽に関する商をする人々にとっては何というか、定番なのかもしれませんね。
2010/07/02(金) 21:15:37 | URL | あのん #VttPGAsU[ 編集]
>ハヤブサ・ジェッターさん

これまた懐かしいお名前です。ジェッターさんも走られてるのですか? 

まあ、私の場合は体調管理のために週末走ってる程度なので、マラソンは長距離すぎるかもしれませんが。またオフでお会いしたいですね。
2010/07/03(土) 03:44:11 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
>あのん様

確かにいったん完結したようにも思いますが、広げようと思えば、まだまだ未回収の伏線もあって、いくらでも続けることができそうな気もしますよねえ。
2010/07/03(土) 03:46:40 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
下世話な想像ですが、「ノルウェイの森」の映画の公開が今年の終わりになので、そこと1Q84 のプロモーションがリンクしているような気がしています。
2010/07/03(土) 11:20:06 | URL | ある #-[ 編集]
>ある様

村上春樹の商魂については、過去ログでも同じこと書いた気がするなあ、と思って探したら、見つけました。

http://www.wafu.ne.jp/~windtown/books/b030731.html

ノルウェイの森の表紙の色は、今でも思い出します。
2010/07/03(土) 15:33:09 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック