97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
当然ながら殺人罪で訴追を
大阪のマンションで、23歳の母親に放置された幼児2人が死体で見つかった事件は、実に悲惨で言葉もない。幼児は事情が何も分からず、最後まで母親を呼び続けたに違いないのだが。

児童相談所には、近隣住民から以前にも虐待ではないかと何度も通報があったが、結局のところ何も対応できてなかったという事実にも唖然とする。

アメリカの場合は、そもそも下層住民の子供への虐待が多いからだと思うのだが、幼児だけを家に置いて両親が外出して通報されると、児童相談所なんていう甘いものではなく、警察が直接介入してくる。ヘタすると親が手錠かけられて逮捕されるし、虐待が事実なら、裁判所で子供の親権が剥奪され、子供は施設送りに。しかし、実の親に虐待され殺されるよりも実はそのほうがずっと幸せだ。

「Cops」なんて番組にもよく出てくるが、酔いどれて自分の家でDVふるう親父も、通報があればアメリカの警察は家に踏み込み逮捕、手錠をかけて留置所に連れて行く。文句があれば後はいくらでも裁判でやってくれという姿勢。

日本の警察は刑事事件が起こってからなら対応するが、自宅で人が暴れてるとか、幼児が泣いてるという程度では普通は腰を上げない。だからこそ検挙された刑事事件の有罪率が99%になるのであって、犯罪の予防機能は無きに等しい。まあ、ストーカーを通報しても、実際は被害者が殺されるまで対応してくれない組織なのだから。

アメリカでは貧しい母親のほうに対するセイフティネットもあり、子供の無い夫婦の養子縁組も盛んだから、育てられない場合、実の子供を施設に手放すことも比較的容易にできる仕組みが存在するようだ。これまた、実の親に殺されるよりも、子供にとってはそのほうがずっと幸せ。

それにしても、日本の児童相談所も、もう少しマシな仕事ができないものか。通報があったら一応訪問するが、ピンポン押して不在なら、「不在ですね」とそのまま帰って終わり。このあきれ返る無責任さはどうだ。税金を無駄使いして実に無能な職員しか雇っていないのではと邪推してしまう。虐待の疑惑あるものについては、警察の出動を義務化してはどうか。

もっとも一義的に責められるべきはこの愚かな母親。しかし、まともな職歴もなく、若くして結婚して子供2人を産み、夫の実家に住んでた女性が、離婚して子供2人引き取り夫の実家を追い出されたら、生きて行くのは困難。結局のところ流れ着いたのは風俗業界。それは子育てだって嫌になるだろう。この事件は、日本の社会が、弱者に対してあまりにも過酷になりすぎているひとつの象徴だ。

この母親の所業も鬼畜で、子供を放置し、声が漏れないようドアをテープで目張りしている点については、明らかな殺意が感じられる。子供を捨てて逃げてもよいが、なぜ玄関の鍵を開け、子供が自由に外に出れるようにしてゆかなかったか。幼児が泣きながら外を歩いてれば、保護する人は必ずいる。無残に死なせることはなかったのだが。

日本の裁判は、なぜか子供を殺した母親には甘い判決が出るのだが、自ら生んだ子供だからといって、その命を自由にできる権利など地球上のどこにもない。社会から必要な支援を受けることができなかった事に関しては実に気の毒に思うが、この母親の行為には、未必の故意や過失致死を超えた殺意が感じられ、当然ながら殺人罪で訴追されるべきではないだろうか。検察は死体遺棄容疑で送検したと報道されているが、死体遺棄が問題ではないだろう。

もちろん、愚かな親から子供を救う、社会のセイフティネット整備も重要。子供手当てなど、花咲かじいさんのように無駄な金をばら撒くより、最底辺の暮らしで子供が殺されないよう、手を打つ事はもっとあるのでは。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
殴られて死ぬのももちろんですが、餓死するのも本当に可哀想です。日本の裁判は執行猶予付きの判決のこともありますし、虐待の母親に甘いですよねぇ。
虐待とは違うのですが、そういえば一度日本で立体駐車場に車を置いて出かけようとしたら、誰かの車に子供3人だけでいるのが見えて、駐車場の管理人さんに時々見てあげたらいいのでは…と言った事があります。管理人さんがちゃんと見ると言ってくれて、子供が無事のようで良かったな…と
おっしゃるとおりアメリカは児童虐待に厳しいですね。日本ももっと虐待に厳しくすべきだし、後、ベビーシッターさんの人数が増えれば離婚した家族の負担も減るし、子供だけで部屋に放置することも減るのでは…と時々思います。
2010/08/02(月) 21:32:55 | URL | あのん #VttPGAsU[ 編集]
小さな子供は母親しか頼るものがないのに、その母親に見捨てられて餓死というのが実になんとも悲惨です。

駐車場といえば、昔、母親が子供を車内に残してパチンコに興じてたら、子供が熱中症で亡くなったという事件が多発しましたが、最近あまり聞きませんね。おそらく、郊外型の大規模パチンコ店では、警備員に駐車場巡回させたり、託児コーナーを設けたりしてると思いますね。まあ商売第一ですから。

そういえば、ベビーシッターというのは、アメリカの学生では割とポピュラーな小遣い稼ぎらしいですが、あんまり日本では聞きませんねえ。確かにもっと普遍的になれば、よいかもしれませんね。


2010/08/03(火) 00:39:17 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
同じ年ごろの子供がいるが、こういう話を聞くと、なけてくる。
2010/08/03(火) 17:43:30 | URL | shiro #-[ 編集]
子供はどんなにか怖く、寂しかったことでしょうか。まあ、実にむごい話です。
2010/08/04(水) 07:06:11 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック