97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
日本滞在寿司日記最終 最後はいつも「しみづ」
日本最後の日曜、昼はいつもの「しみづ」。

いつもここでお会いしてたAご夫妻とまたカウンタでご一緒して。

お酒は冷たいのを貰い、いつもの夜のごとくツマミから初めてもらう。あれこれ親方やAご夫妻と談笑しながら。しかしやはりお酒のペースは、疲れもあって日本到着時よりもだいぶ遅くなったような。

ツマミは見計らって次々に供される。

上品な脂のヒラメ。これがアメリカでは無いのだよなあ。スミイカも爽やかな歯ざわりと甘み。カツオは腹の部分だが旨味あり。アワビ塩蒸しもこの店のスペシャリティだが、いつも美味い。シーズンは終盤で年末に来る時にはもう無いだろう。

サワラは皮目を軽く炙ってある。軽めだが独特の旨味ある身肉。平貝も軽く炙って。シャコは実に立派な身を漬け込みに。シャコも久々に食したがこれまた懐かしくも美味い。

そして珍しくブリが置いてある。北海道産で今シーズンの出始めとのこと。これまた天然独特の癖の無い甘い脂が美味い。そして脂よりも旨味が勝る赤ウニと新イクラでお酒フィニッシュ。今週始めの訪問時には無かった種を何種も楽しんで、このあたりでツマミ終了。

握りは最初にキスを1貫。その後はいつも通り。それにしてもこの店独特の酢飯と種のマッチングはいつもながらしみじみと美味い。お酒も回って実によい気分。始めたのが遅かったので店を出るのは2時頃と最後の客に。最後はいつもの通り、ばらちらしをお土産に貰い、清水親方の見送りを受けて店を後にする。年末にまた訪問できるとよいのだが。

という訳で、アメリカ帰国後に怒涛の連続更新をしたのだが、今回の日本滞在寿司日記はこれにて終了の巻。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック