97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「奇人変人料理人列伝」
「奇人変人料理人列伝」は日本で読了。

なかなか変わった題名に引かれ、手にとってパラパラ読んだら、これは面白いとピンと来たので購入したのだが、読み進むうちに著者が、「鮨を極める」(文庫化にあたり「鮨に生きる男たち」に改題)と同じ早瀬圭一であることが分かった。ああ、なるほど。

新聞記者、雑誌編集者としてグルメ記事も多く手がけた早瀬は、大の寿司好きでもあるが、荻昌弘や向田邦子などとの交流から、食全般について造詣が深く、この本は、早瀬が通いつめて懇意な飲食店の料理人を取り上げて、長年の深い付き合いから、その料理人としての人間像を描くノンフィクション。

祇園の割烹「川上」、同じく京都の和風中華「盛京亭」、渋谷の居酒屋「玉久」、神楽坂の大阪鮓「大〆」、大森のイタリアン「チャオ」など、取り上げられた飲食店の主人達は、誰も実に独特のキャラクターを持っているのだが、どこも実によい店であることが分かる。

同時に著者の随想は、上記の店にとどまらず、融通無碍にあちこちの店の追憶や食についての記憶を駆け巡り、この一種の脱線部分もまた実に味わい深く面白い。

この本に章立てされた店で訪問したことがあるのは、鎌倉の寿司「以ず美」だけであるが、確かによい店であった。

題名には「奇人変人料理人」とあるが、取り上げられた料理人は、自分の仕事に誇りを持って一途に取り組む一徹な職人ばかり。世間から見れば変人かもしれないが、むしろ職人としてはそれが真っ当であって、決して変人ではない。もちろん著者もそれは百も承知で書いており、店や料理人を描く筆致は愛情にあふれている。

この著者には、一度、「新橋鶴八」で隣り合わせたことがある。カウンタでの話の内容から分かったので、帰られた後に石丸親方に「鮨を極める」を書いた人ですねと尋ねたら、そうですよ、気さくな人だから頼んだら本にサインしてくれたのに、とむしろ石丸親方のほうが残念そうであったが、そんな事も懐かしく思い出した。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック