FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
裁判員に死刑判決を求めるのも過酷だが
裁判員裁判で初の死刑求刑がされた耳かき店店員殺害事件の判決は、死刑ではなく無期懲役。

裁判員裁判では、死刑判決が減るという推測は導入当時からある。人に死刑を宣告するというのは、普通の人間にはおそらく耐え切れないとてつもなく厳しい責務。

裁判官の場合には、法曹の一員として訓練された高い職業意識もあるし、その報酬にも峻厳な義務実行に対する対価が含まれていると考えるが、裁判員として偶然に呼ばれた市井の人が、なぜそんな過酷な責務を負わねばならないのか。この判決にしても、裁判員の心情の根底には、やはり死刑判決に対する躊躇があり、判決に影響したのではないかと思ってしまう。

「耳かき店」については、風俗まがいのサービスをしていたという噂もある。しかし風俗的サービスがもしもあったとしても、風俗嬢なら殺されてもしかたないのか、風俗嬢の命は普通の人より軽くてよいのかを問うならば、回答は当然ながら「断じて否」である。死刑忌避の理由にはまったくならない。

判決によると、「来店を拒絶されたことに困惑して、もう会えないとの思いから絶望感を抱き殺害を決意した」、「残虐ではあるが計画性のない偶発的なもの」、「犯行に至った経緯は極刑に値するほど悪質ではない」と述べられている。

しかし加害者の、本件犯行の動機そのものは、実に身勝手。勘違いな求愛への拒絶に絶望して殺人を決意したという動機は、果たして「極刑に値するほど悪質ではない」のか? しかも事前に3種類の凶器を準備しており、関係の無い祖母をめった刺しにして殺している事実に関して「計画性のない偶発的なもの」と認定しているのには若干の驚きすら感じざるを得ない。永山基準を参考にしたそうだが、あれは何十年も前の話。市民感情の反映で厳罰化が進んだ昨今では、死刑判決が当然であった案件だと思うがなあ。

そして、この判決が今後のスタンダードになるなら、女性から「もう会えない」と厳しく拒絶され絶望感から逆恨みしたストーカーが殺害に及んでも、よほどの計画性がなければ、2名までは殺しても死刑にならないということになる。当の相手だけを殺害したなら、ひょっとすると有期刑になるのでは。この判決を見て、「そうすると、恨み骨髄のあの女を殺しても、裁判員裁判なら娑婆に戻ってこれる訳だ」と考えるとんでもないストーカーがいなければよいのだが。

刑罰には本人に責任を取らせる以外に、将来の犯罪予防効果も期待されている。その観点からすると、この量刑の判断は、ちょっと納得しがたい気もする。

もちろん偶然の抽選によって過酷な判断を迫られた裁判員には深く同情する。私が裁判員であったら死刑を選択したと思うが、もちろん法廷で実際の犯人と対峙して話を聞いた上で、本当にそんな究極の判断を下せるのかと問われたら、確かに100%の自信があるわけではない。

アメリカの陪審制では、刑事事件に関して陪審員は有罪・無罪を認定するだけで、量刑の決定は裁判官の仕事。日本の裁判員制度では、量刑の判断に市民感情を反映することがひとつの主眼になってるので、量刑決定にも裁判員が関与する。

しかし、究極の刑罰である死刑の判断まで素人の裁判員にさせるのは、やはりどう考えても酷ではないか。例えば死刑求刑の案件については、裁判員制度の対象から外し、職業裁判官だけで結論を出すなどの制度改善が必要だと思うのだが。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
弁護士の作戦勝ち?
反省と計画性の無さを前面に押し出したところが裁判員の琴線に触れたんでしょうか。

どちらも納得行きません。

反省?ってそりゃ取り返しのつくことでの情状ならわかりますが、
ストーキングの果てに二人を惨殺ですからねえ。
そんな反省が何になるのか、って感じです。

計画性の無さ、という点も、
凶器を複数準備して家にまで押しかけて実行しているわけで、
とても偶発性とは言えない状況だと思います。
当然検察は控訴するとして、高裁は引っくり返すのか、差し戻すのか
、それともこのまま無期が確定するのか、今後も話題になりそうな裁判ですね。
2010/11/02(火) 18:06:45 | URL | nono #oPiqAFzQ[ 編集]
>nono様

裁判員には、裁判の過程で、なんとか死刑を忌避できる理由を見つけようとする心理が働いたと思うのですよねえ。

裁判官が職業でもないのに、目の前の人間に死刑という引導を渡したくないのは誰しも同じですから、同情しますが。

死刑求刑事件については、裁判官裁判は、市民感情よりも、かえって軽い判断をするようになるのではという気もします。
2010/11/03(水) 00:50:20 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック