97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「カラスヤサトシ5」


「カラスヤサトシ5」到着。若干マンネリ気味のところもあるのだが、日常に潜む小さな笑いを見つけ出す著者の観察眼にはいつも感心する。「キモかっこわるい」主人公の、関西風味ですべり気味の自虐的自己ツッコミが、実に味わい深いマンガ。お約束の編集T田氏とのいがみあいネタや、巻末の編集者対談もおかしい。笑いながら読了。

この「5」は、2010年9月発行。前にも書いたが、2巻目以降、ずっとAmazon.co.jpで購入しているのに、この「5」に関してもAmazonから何のお勧めメールも来ていない。発行されたのを発見したのはまったくの偶然。

ラチもない本のお勧めメールは多数到着するのだが、別に読みたくない本ばかり。Amazonで継続して買っている続き物については、新刊が発行されたら自動的にお勧めメールを送るのが親切なサービスだし、売上げにも貢献すると思うのだが、Amazonのお勧めメール自動作成のロジックは、いったいどうなってるのだろうか。そこが前から不思議だ。

そういえば、「サイバラ茸」シリーズも、新刊出てもAmazonから案内来たためしがないなあ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック