97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
確かに異常な人物ではあるのだが
舞鶴女子高生殺害で中勝美は無罪主張

やはり警察には犯行を裏付ける直接の物証は無さそうだ。容疑者もそれを知っており、自供も一切してないからこそ無罪を堂々と主張してるのだろう。防犯ビデオに人物が映ってるというが、当初は確か「一緒にいたのは少年」とも報道されており、人物が判別できるほどのものなのか実に疑問。

ただ以前、本当に確たる証拠があるのだろうかでも書いたが、2名殺人や監禁などの前科があるこの男は、はっきり言って世間のモラルを逸脱した根っからの犯罪者であり、その言動は信用できない。この記事でも、
さらに、「真犯人を知っている」と別人の名前を挙げる不規則発言をし、職員にうながされて着席。警察官への尋問では「この人に暴力を受けました」と叫び、裁判長が制止する場面もあった。
と書かれている部分には、捜査もしてないお前がなんで真犯人を知ってるのかと呆れかえる。やはり到底まともな人間ではないのだ。

しかしそれでもなお、「疑わしきは被告人の利益に」の原則は守られなければならない。彼が犯人だということを検察側がどこまで立証できるのかが注目される。「被告がいつもは買わない日刊紙を買っていた」などという点がまず出てくるあたり、どうも殺人の動かぬ証拠があるようには思えないのだが。

もうひとつの注目は、これが裁判員裁判ではない点。直接の物証がなく、被告が頑強に否定している場合、裁判員には有罪判決に対するためらいが出るのは、無罪判決が出た先日の鹿児島老夫婦殺害事件でも見たとおり。プロの裁判官だけで下す判決が、どのような事実認定をするのか、裁判官裁判とどう違うのか、その点も注目される。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック