97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
次々と解約処理を
そろそろアメリカ側のUtility関連のサービス解約手続きに着手。

シカゴの経験では、ガスや電気の会社のWebのカスタマーサポートは実に出来が悪く、やたらにあれこれ入力させては最後にエラーが出る。電話すると、自動音声でたらい回しにされてなかなか人間が捕まらない。ようやく人間が出て依頼しても、なかなか実行されなかったりする。

シカゴで借りてた部屋のオーナーは、以前のガス料金の返還が来ないとさんざん問い合わせしており、私のところにも間違ってチェックが送付されてないか確認のメールが来たりした。アメリカ人が交渉してもラチがあかないのであるから、外国人が電話するとなかなかうまくゆかないのは推して知るべし(笑)

ガスや電気の会社というのは、競合がおらず、顧客を捜し求める必要もない。頼まれたら供給してやるという殿様商売だから、最初から顧客満足度なんて考えてないのだよなあ。サポートに配置してる人材の質も悪いのだろう。

ということで、まず、おそらく難物であろうガス・電気から解約の手続きに着手。ところが驚くべきことに、PG&E(Pacific and Electricity Company)のWebには「Stop Service」という項目があり、そこから入力するとスイスイと来年の退去日にてのサービス解約依頼が成立。シカゴの場合、ガスと電気は会社が違ったのだが、こちらは一社なので手間が省ける。PG&E偉いぞ。疑って悪かった(笑)

ケーブルTVのCOMCASTは手間取った。Webでカスタマーサポートに接続しようとすると、Invoiceの契約番号を何度入れてもエラー。お前が送ってきた番号を入れてエラーというのはいったいどうなってんだと腹立たしい。しかたないのでサポートに電話。すると、また自動音声で電話番号入れろと要求する。これが自宅、会社、携帯のどれを入れても「存在しません」と答えが返ってくる。契約番号を入れることを選択しても、これまたエラー。いったい顧客データの管理はどうなってるのだろうか。何度も繰り返してようやく人間に到達。SSNや住所など聞かれるのだが、今度は話が早く、解約手続きに。TV見なくても不自由ないが、インターネット接続があるので、解約日は1月第一週に設定。モデムをサービスセンタに返せというのがちょっと面倒だが。

固定電話もキャンセル。AT&Tのwebではサービスキャンセルの項目が見つからず、サポートに電話。こちらは愛想のよい女性が出て、スムースに話が運ぶ。国外に出ても、もしも出張で頻繁に来るのであれば、番号を残しておけるサービスがあるとも案内を受けたが、まあ必要ないので全てキャンセルすることに。

途中で何度も「私のファーストネームはキャシーです」とうるさいほど繰り返していたのだが、最後にも、「私のファーストネームはキャシーです、AT&Tはお客様に最高のサービスを提供することを常に目標としております。本日の私のサービスにご満足いただけましたでしょうか」と問う。カスタマーサポートの電話は従業員教育や評価の目的でモニターされたり記録されたりしてるので、実に態度がよろしい訳である(笑) 「どうもありがとう、助かりましたよ、ハッピー・ホリデー・シーズンを」と挨拶して電話を切る。

携帯や車は会社契約であるから私のほうでは手続き必要なし。アパートメントのレンターズ・インシュランスも契約解除の手紙を送りつけてある。

契約の解除関連は、これでだいたい終了した。まあ、本当にサービスが停止しているか、請求が継続して来ないかは慎重にウォッチ必要。That's all set! No Problem!と言われて安心してたら、実はなにも処理されてなかったということが、アメリカではごく普通の事。何度も痛い目にあっている(笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
引越し大変ですね!ですが、結構順調に進まれているのでは…。
ケーブルTVの解約は大変でしたね。アメリカは結構いい加減なところが多いですね。

AT&Tには良くない思い出と良い思い出があります。同じ市内で一度引越ししたのですが、その件で電話した時に「国際電話が安くなるプランがあるけど、どう?」と聞かれて申し込みしたのです。ところが翌月$400ちょっとの請求が来て驚いてカスタマーセンターに電話しましたが埒が明かず、結局支払うことに。
良い思い出の方はAT&TのU-VerseというサービスでTVジャパンが視聴できると聞き、インターネットで確かめると私の地域では視聴できないことになっていました。諦めきれず電話で聞くと、視聴できるとの事。
それで契約したのですが、それでも今でもインターネット上では私の地域は視聴できないことになっているのです。(結構いい加減ですね)
2010/12/23(木) 12:40:34 | URL | shu #QRWCEyE2[ 編集]
引越しというのは何度やっても面倒です。まあ、しかし、勤め人ですから、社命とあれば異動せざるを得ませんし。

私の場合、AT&Tは最初何のプランもついてない普通のに加入したのですが、たまたま日本に長電話したらえらく高い請求が来まして、あわててアジア10カ国か何かへの通話が格安になるとかいう追加プランに申し込んだ記憶があります。電話の料金プランというのも、なんだか複雑でよく分からないですねえ。



2010/12/23(木) 15:41:55 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック