97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
今週分の寿司日記をまとめて
今週分の寿司日記をまとめて。

水曜の夜は、「しみづ」にいったん電話するも、遅い時間しか空いてないとのこと。次に新橋鶴八に電話すると親方が出て「どうぞ空いてますよ」というので、早速入店。

ただ、私の入店直後に予約無しで覗いた客を断わってたから、最後の一席だったかもしれない。タイミングよかったなあ。石丸親方によると、最近は早い時間が埋まっても、遅い時間の第二弾の山が無いのだとのこと。

「昔は、残業して寿司代が稼げたなんて人もいましたが、最近はねえ」と。まあ確かに遅くまで飲み歩く人も減ってるのかもしれない。昭和高度成長期の典型的な酔っ払いオヤジは、深夜に必ず寿司折持って千鳥足で盛り場を歩くなんてイメージがあったが、そんな連中も既に絶滅し、コントの中にしか残ってないのかもしれない(笑)。

お酒は菊正宗の冷やを貰って、ツマミは、まずヒラメ。肉厚のヒラメを豪快に切る。塩蒸しもいつもながらの美味さ。今回はブリも注文。しみじみ美味い漬け込みのハマグリでツマミ終了。

握りはいつも通り、中トロ、コハダ、アナゴ、各2。最後はかんぴょう巻。この店独特のふんわりした酢飯。肝臓に染み渡るお椀も美味し。お酒は菊正宗の冷やを三杯。この程度の酒でとどめておくのがよいかもなあ


金曜日は、会社帰りに「しみづ」。駄目モトで夕方に電話すると六時半から空いてるというので早速予約。しかしその後、お弟子さんから携帯に電話あり、もしなんでしたら早く入れるようになりましたのでどうぞとのこと。

仕事のほうも別に急ぎは無いので早速退社の支度。6時前に店に入ると、一番奥に勘定寸前の一人客はいるが、カウンタはガラガラ。親方の前に座ってのんびりと。

なんでも前回来た時、その場で3名分で本日の予約をして帰ったお客がいたのだが、来ないので確認の電話入れると、いや予約してないと言われたとのこと。

「店を出てからまたどこかで飲んで、記憶が吹っ飛んだんじゃないの」などと冗談言ってるうちにまたもう一本電話がかかり、更にキャンセルが。続く時は続くんですよと清水親方はボヤくのだが、他の予約を既に断っているのだから、機会損失は甚大である。

いつも通り常温のお酒をもらっておまかせのツマミから。ヒラメも仕入れたが身が薄くよろしくないとのことで、本日の白身はホウボウとアマダイ昆布〆。

塩〆した唐津の牡蠣も美味し。ウニもそうだが唐津産は小粒だが旨みが凝縮してるような気がする。タコは塩で。小皿で出されるここの塩は、結晶がやたらにガリガリと固い気がする。聞いてみるとイギリスの塩なんだとか。サヨリ、ミル貝、サバ、平貝炙りなども貰う。

なんだかんだで半時間以上カウンタに一人で座っていただろうか。金曜のこの店でこんなに暇なのは珍しい。しかし、そこへ当日の電話で入店してきた男性客あり。清水親方との会話を聞くともなしに聞いていると、古くからの馴染みのよう。

その後、今度はこちらが清水親方としゃべっていると、その男性から声をかけられたのだが、なんと、さとなお氏なのであった。昔からネットでは存じ上げてるしメールしたこともある。「しみづ」にたまに来られることは知っていたが、他にお客がいたなら気づくことはなかったかもしれない。金曜の夜、カウンタに2人だけという信じられないような僥倖かつ光栄な出会い。

twitterやってたら、早速、さとなお氏と会ったとつぶやくところだが、やってないので(実際にはアカウント取ったものの何やってよいのか分からんのでそのまま放置してある)つぶやけずに残念(笑)

白子ポン酢、サバ、カスゴ、アンキモ赤酒煮など食しながら、清水親方もいれてしばし歓談。世の中は実に面白いなあと感じた夜。

お茶に切り替えて、握りはいつもの通り。その後、仕上げに向いの「P.M.9」でカクテルを2杯。「しみづ」の後で必ずカクテル飲む習慣がつくと健康にはよろしくない気がするが、店が目の前にあるとついドアを開けてしまう。


結構酩酊して新橋駅からタクシーに乗ると、都内では珍しい女性ドライバー。銀座のタクシー規制のことなど聞いてみると、他のタクシー・ドライバーがいかに規則を守らないか、タクシー近代化センターの取り締まりがいかに役立たずか、悲憤慷慨してしゃべるしゃべる。まあ、世の中大変だけど、頑張ってくださいと励まして料金を支払う。


土曜の夜は銀座「小笹寿し」。連続で寿司にする気はなかったのだが、先方の希望でそんなことに。

冷酒を貰っておまかせのツマミから。まずヒラメ昆布〆。コハダはここ独特。小型のものを柔らかく〆てあり、これはこれで実に美味い。

定番のカワハギの薄造りは、親方が担当する常連と思しい客には出たのだが、弟子が担当するこちらには無し。何度も来てるが、こんなことはあまり経験ないので、まあ、仕入れが少なかったのかもしれない。

そういえば、今回、マグロのヅケも隣には出たがこっちには出なかったなあ。ただ、寿司屋というのは、時としてこういう事があるのは事実。

ま、私もこの店使うのは何年かに一回。顔がまったく効かないし、文句言える分際でもない。旅行で言うなら、いつも使ってないアメリカン航空を予約したら、最後部の狭い席だったようなものだろうか。ははは。

黙っててもしかるべき扱いを受けるためには、もっと頻繁にこの店に来なければいけないのだが、まあ、もうこれ以上巡回店を増やしてもなあ。おまかせを特段強いる訳でもなく、自分できちんと頼めば勘定もかさまない。実によい店ではあるのだが。

ここの必殺技、アナゴきじ焼きは、山椒が利いてこれまた実に美味い。握りよりもつまみ向きか。その他、ブリ、ハマグリの吸い物なども美味かった。握りでは、オボロとワサビ両方で出るコハダ、茹で上げの大車海老など美味し。しかし酒飲み過ぎて、内容はあんまり覚えてないのであった。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
twitter
twitterですが、もしiPhone等、スマートフォンお持ちでしたら、アプリを入れて、お寿司屋さんとかで、写真を撮って、つぶやいてみたらいいと思います。
2011/01/30(日) 16:46:22 | URL | norimaki #JalddpaA[ 編集]
アドバイス、誠にありがとうございました。
2011/01/30(日) 21:11:57 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック